「X-MEN:フューチャー&パスト」大作映画として満足、でも反則技が気になる

2014年06月14日(土) 10時22分
「X-MEN:フューチャー&パスト」★★★★
ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マカヴォイ、
マイケル・ファスベンダー、パトリック・スチュワート、
イアン・マッケラン、ハル・ベリー、
ジェニファー・ローレンス出演

ブライアン・シンガー監督、
132分 2014年5月30日公開
2014,アメリカ,20世紀フォックス映画
(原題/原作:X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「2023年、バイオメカニカルロボットの
センチネルの攻撃により、
X-MENと地球は危機的状況に向かっていた、
プロフェッサーXは宿敵のマグニートと手を組み、
1973年にウルヴァリンの“魂”を送り込み、
この危機の根源を絶とうする。」



かつて「ターミネーター」や
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で行った
禁じ手とも言える
過去に戻って現在を変えてしまうと言う
実に乱暴な解決方法
で、
それが出来れば誰だって
変えたい過去くらいある、
「あの日」に戻ってやり直したい・・・って。


1973年の地球ではまだ
ミュータントは認知されておらず
他人と違う能力を彼らは
ひた隠しに隠していた。
政府の一部もその高い能力を
軍事等に利用できないものかと
巻が始めたばかりの頃だ。


つい先日「プリズナー」で
ひとりの親として苦悩する
ヒュー・ジャックマンを見ていたので
このウルヴァリンとしての
突き抜けた強烈キャラを
乗りに乗って演じている姿に
思わずニヤけてしまう、役者だなぁと。



今回は過去に戻ったウルヴァリンが
仲間とともに、皆の力を結集して
巨大な敵に立ち向かっていく、
これって社会の構図をそのまま
絵空事に映しているだけに感じる、
だからなのか、結局あり得ない
全体の設定をすんなり受け入れて
戦いのシーンにはハラハラし
いくつかの見せ場では興奮し
そして仲間と力を合わせる大切さなんかを
教訓くさくなくさりげなく見せてくれる。



まあ、良く考えたものだ、
でも次は現代のX-menの姿で
次の次の展開をみせてもらいたい

まあ、どーでもいい事なんだけどね。


★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2256
トラックバック
トラックバックURL:




全米公開初日に惹かれ、早速チェックしてみた。
するとIMAXは深夜までソールドアウト、辛うじて通常版3Dで鑑賞。

劇場は満員、で初日なので、かなりX-MENに入れ込んでいる人たち。
このため、ツッコミがかなりのシーンで入り、相当面白い。

一番ビックリしたのは...
日々 是 変化ナリ ? DAYS OF STRUGGLE ?  2015年04月26日(日) 19時28分

2014年/アメリカ/132分
監督:ブライアン・シンガー
出演:ヒュー・ジャックマン
   ジェームズ・マカヴォイ
   マイケル・ファスベンダー
   ジェニファー・ローレンス
   ニコラス・ホルト
   パトリック・スチュワート
   イアン・マッケラン

■概要
原題は『X-Men: Days of Future Past』。新生『X-MEN』シリーズの第...
偏愛映画自由帳  2014年11月27日(木) 1時17分
【概略】
2023年、バイオメカニカル・ロボット「センチネル」によって地球は壊滅へと向かっていた。プロフェッサーXは宿敵のマグニートーと手を組み、1973年にウルヴァリンの「魂」を送り込み危機の根源を絶とうする。50年前の自分の肉体に宿り「センチネル・プログラム」の開発を阻止しようとするウルヴァリン。しかしその間も、2023年では暴走するセンチネルの過酷な攻撃で、地球滅亡へのカウントダウンが進んでいた。2023年と1973年。2つの時代が同時進行する激しいバトルは、想像を絶する結末へと向かう――。
SFアクション



面白いんだけど、唐突感も感じさせられた作品。
でも。X-MENシリーズは好きだけど、これで色んな事情がなくなったことになっちゃったし、一体いつ終わるんだろ?でも続きも見たいしでジレンマ!
作品の面白さでいえば「ファースト・ジェネレーション」がやっぱり好きかな。
クィックシルバーの活躍っぷりなどはよかったしだんだん派手になるアクションはやっぱり見どころ。
しかしホントにやめようよ…吹き替えで作品を台無しにするのは。ごうりきー。脇キャラならいいですよ、でもミスティークですよ?それでも最後まで吹き替えで...
いやいやえん  2014年11月24日(月) 9時21分
9日のことですが、映画「X?MEN:フューチャー&パスト」を鑑賞しました。

2023年、センチネルの攻撃により地球は危機的状況に陥る、そのためプロフェッサーXとマグニートー共闘していた
この状況を打破するべく1973年にウルヴァリンの魂を送り センチネル・...
笑う社会人の生活  2014年11月13日(木) 8時05分
X-MENたちの生存をかけた戦いを、
未来と過去の2つの時間を舞台に描く。

【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞)

原題:X-Men: Days of Future Past
cinema-days 映画な日々  2014年06月27日(金) 0時51分

2023年。
バイオメカニカル・ロボット“センチネル”の暴走により、地球は危機的状況に陥った。
ミュータントに不信を抱くボリバー・トラスク(ピーター・ディンクレイジ)が開発した最強兵器だったが、いまや、センチネルはミュータントばかりか人類にも牙をむき始めていた。
プロフェッサーX(パトリック・スチュワート)は、宿敵マグニートー(イアン・マッケラン)と共闘し、センチネル・プログ...
心のままに映画の風景  2014年06月20日(金) 16時08分






 X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST

 2023年、対ミュータント兵器として開発されたロボットが暴走し、人類は滅亡
の危機に瀕していた。プロフェッサー(パトリック・スチュワート)とマグニートー
(イアン・マッケラン)は、過去へ遡ってこの事態を招いた元凶を排除すべく、
ウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)を50年前に送り込む。

 20...
真紅のthinkingdays  2014年06月19日(木) 20時10分
未来を、諦めない。

マーベルコミックの人気ヒーローシリーズ「X-MEN」の第5作は、シリーズ初の時間SFだ。
あらゆるミュータントの特殊能力をコピーして増幅できる自立型ロボット兵器、センチネルが暴走し、ミュータントのみならず人類までもが存亡の淵に立たされた近未来。
運命を変えるべく、ウルヴァリンが過去の世界へと送り込まれ、プロフェッサーXやマグニートらとの共闘を試みる。
前作の「...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2014年06月17日(火) 20時36分
スピンオフ的に「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」で若かりし頃のプロフェ
はらやんの映画徒然草  2014年06月17日(火) 6時49分
 今日・明日は、久々の連休です。かといって、何か予定があるわけではありませんが、やはり気分が落ち着きます。まあ、DVDでもレンタルしてくるかな。ちなみに、本日紹介する作品
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  2014年06月16日(月) 21時13分
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 連敗中の敵に対抗するために過去に遡り修
うろうろ日記  2014年06月16日(月) 20時37分
『X-MEN』の前日譚を描いた『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』の続編。シリーズとしては7作目ということで、現実という時間は経過しながら、過去になったり、未来になったり、なかなか目まぐるしく
たいむのひとりごと  2014年06月16日(月) 9時14分
'14.05.27 『X-MEN:フューチャー&パスト』(試写会)@TOHOシネマズ六本木ヒルズ

ヒュー・ジャックマン舞台挨拶つきプレミア試写会! これは行きたいってことで、応募しまくった。Movie Walkerで当選! ありがとうございました❤ ということで、喜んで行ってきたー!! ちなみに、舞台挨拶の様子はコチラ

ネタバレありです!結末にも触れています!

「2023年バイオメカニカル・ロボット センチネルによるミュータント絶滅計画により、ミュータントや彼らに協力する人間たちが次々と殺害されていた。思念を過去に送ることができるキティにより、センチネル計画が実行されるきっかけとなった事件を阻止するため、1973年にウルヴァリンを送り込む。彼はそこで若き日のプロフェッサーXに接触するが・・・」という話。面白かった! イヤ、細かく言えばいろいろツッコミどころがあると思うんだけど、圧倒的なスピード感と映像によりねじ伏せちゃう感じ。でも、粗くてスカスカということではなく、いろいろな要素を時には説明不足に感じるほど、当然のこととして見せられるけれど、それで理解できないってことはない。その辺りの潔さと、見せ方の上手さが良かったと思う!
...
・*・ etoile ・*・  2014年06月16日(月) 0時00分
『X-MEN -フューチャー&パスト-』 を先行上映で鑑賞しました。

でも・・・日本橋3回目にして3回目のスクリーン6という・・・違う箱に入りたいw

【ストーリー】
 2023年、バイオメカニカルロボットのセンチネルの攻撃により、X-MENと地球は危機的状況に陥る。プロフェッサーX(パトリック・スチュワート)は宿敵マグニートー(イアン・マッケラン)と共闘し、1973年にウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)の魂を送る。しかし、1973年の地球でセンチネル・プログラムの開発を阻止しようとする間も、2023年では地球滅亡の危機が迫っており……。


期待値は高かったのに遥か上空を軽ーく超えてしまった映画だった。

それぞれのキャラクターで見どころもしっかりとあるし
ストーリーも面白い。
やっぱり、前作は見ておかないと駄目ですね。
それぞれの背景や関係性が分かった方がより楽しめます。
というよりは、細かい説明は無いので、時代背景や前作であったことなどは
理解しておいた方が良いです。

前にあったインセプションのような感じもあるけど
そんな難しくもなく、分かりやすい内容になっている。
エレン・ペイジも頑張ってたし、ハル・ベリーもだし、
ジ...
自分たちと少しでも違う特色を持つものを脅威に感じるには、どの時代でもあり得る。2023年から50年前に戻って迫害の元を除去するプロセスが興味深く描かれている。でもネアンデルタール人の例え話は科学的ではない可能性がある。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2014年06月15日(日) 22時16分
2023年、最強のバイオメカニカル・ロボット「センチネル」の攻撃によってX-MENの仲間たちは次々に犠牲となり、滅亡へのカウントダウンが進んでいた。 プロフェッサーXは宿敵マグニートーと手を組み、センチネルの開発が始まった1973年にウルヴァリンの「魂」を送り込んで、危機の根源を絶とうと画策する。 たった一人で50年前の世界に向かったウルヴァリンだったが…。 近未来SFアクション。
象のロケット  2014年06月15日(日) 21時03分
ヒュー・ジャックマンも「剛力彩芽の声はミステイク」?
公式サイト。原題:X-Men:Days of Future Past。ブライアン・シンガー監督。ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マカヴォイ、マイケ ...
佐藤秀の徒然幻視録  2014年06月15日(日) 20時43分
過去を変え、未来を救え…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201405300000/


[CD]JOHN OTTMAN サウンドトラック/X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST (ORIGINAL MOTION PICTURE S...価格:1,689円(税込、送料別)
...
日々“是”精進! ver.F  2014年06月15日(日) 20時25分
ラストシーンにて感動して エンドロール後に鳥肌が立った! X-MEN:フューチャー
ヤジャの奇妙な独り言  2014年06月15日(日) 20時23分
 X-MENシリーズは遂にここまで進化した!
 X-MENはミュータント(突然変異体)であり、シリーズの背景には人類の進化への考察がある。
 だが、『X-MEN:フューチャー&パスト』で驚かされるのは、映画そのものの進化だ。変容と云ってもいい。
 このシリーズは他のスーパーヒーロー物と同様に、正義のヒーローが悪役を倒す物語だった。これまでは。
 ところが本作に倒されるべき悪役はいない...
映画のブログ  2014年06月15日(日) 10時44分
2014年06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf