「LIFE!」一歩踏み出す勇気、そして映画的な創造世界

2014年04月07日(月) 23時09分
「LIFE!」★★★★☆
ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、
ショーン・ペン、シャーリー・マクレーン出演

ベン・スティラー監督、
115分 2014年3月19日公開
2013,アメリカ,20世紀フォックス映画
(原題/原作:THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「雑誌『LIFE』の写真管理部で働く主人公が、
雑誌の最終号の表紙の写真がないことに気づき、
カメラマンを探す波乱万丈の旅に出る。
予告編を見た時から楽しみにしていた作品、
内容も予想を裏切らず、
とても勇気をもらえる作品となっている」



先日電車で帰省した、
普段は気がつかないが
これほど多くの桜の木があり
春を告げるとばかりに咲き誇っていた、
毎年見ているものなのに
その時々で見るこちら側の受け止め方は
同じで花ことに気がつく。

さて、映画ですが
決まりきった日常から飛び出してみたい!
誰だって思う瞬間はある、

地下鉄の中吊り広告は
ここではない別の場所へと誘っている、
できるのは、短い旅行へ行くくらい
そして戻ったらまた同じ毎日を繰り返す。

主人公は預金の残高を常に計算し、
判で押したような生活を送っているが、
空想好きでもあり、
ふと日常を逃避し
ありえない状況の自分を夢想する、
その夢想する彼の行動が
超現実離れしていて
こういうところは映像の出番だ。



日常空間から一気に空想の世界へ。
地上に縛りつけられた体は
一気に現実から飛び出していく。



雑誌「LIFE」が休刊し
ネット媒体となることで
大きなリストラが行われることになる、
時代の変化に生身の人間が追いつけず
「便利」や「効率」は
確かに良い言葉だけれど
そのことで切り捨てられる大切なものもある、
良いものは残っていくというけれど、
残す努力も必要不可欠なのだろう。



主人公は最後の雑誌のネガを
カメラマンから受取るべく
今まででは考えられなかった
冒険に出るが、
最後は探していたものは
自分の手の中にあったのだと
知る事になる。
何かを示唆しているようにも感じる。

ラストは高名なカマラマンからの
雑誌作りを支えた平凡な一社員への
最大限の賛辞が贈られる
胸がジーンと熱くなるシーンだ。



「今までネガを無くした事は一度もない」
仕事なんだから当然の事だけれど、
当然のことを毎日毎日、長く続けていくことが
本当はとても大変で大切なこと、
自分の仕事の姿勢を問われているようだ。



★100点満点で90点

公式サイト→http://www.foxmovies.jp/life/

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2241
トラックバック
トラックバックURL:
JUGEMテーマ:洋画&nbsp;



&nbsp;

 ウォルター・ミティの妄想が凄過ぎて

&nbsp;

SFかと思ってしまうくらいです。

&nbsp;

ウォルターがショーン・オコンネルを探す旅は

&nbsp;

過酷だけどとても良い風景。

&nbsp;

シンプルな冒険ものを見ているような映画でした。

&nbsp;

&nbsp;

&nbsp;

 とても感動してとはいえないが、平凡な人生を送っていた

&nbsp;

ウォルターが旅する姿は、勇ましく頼もしい。

&nbsp;

見ていて心和む映画でした。

&nbsp;

&nbsp;

&nbsp;

2013年 20世紀フォックス

&nbsp;

キャスト

 ウォルター・ミティ・・・・・ベン・スティラー

 シェリル・メルホフ・・・・・クリステン・ウィグ

 ショーン・オコンネル・・・・ショーン・ペン

 テッド・ヘンドリックス・・・アダム・スコット

 エドナ・ミティ・・・・・・・シャーリー・マクレーン

 オデッサ・ミティ・・・・・・キャスリン・ハーン

 トッド・マハール・・・・・・パットン・オズワルト

&nbsp;

&nbs...
こみち  2014年09月02日(火) 20時46分


下記全部に○がつく私、主演は大好きなベン・スティラーで、それだけでも満足しちゃうんだけど、空想というか妄想というか、私の人生にもこうだったら良かったのになと思うところがたくさんあるので、実は楽しみにしていた本作。
 ○ 毎日毎日同じ生活を繰り返していますか?
 ○ 仕事で大きな失敗をしたことがありますか?
 ○ 空想することはありますか?
 ○ 大切な誰かのために、夢を諦めたことがありますか?
 ○ 変わりたいと思っていますか?

BGMがぐっとくる。心癒され勇気がもらえる作品で、凄く良かった!持っている&知ってる楽曲も数曲使われており、なんとなくニヤニヤ。
ウォルターの誇張した空想は、普段の生活から一歩踏み出してみるというちょっとした新しい事に挑戦する勇気を、自分の「LIFE」を豊かにするという意思を感じます。これは、「イエスマン “YES”は人生のパスワード」でも感じたことなんだけど、なんでも、自らポジティブに一歩進むだけで、周囲も自分も変化して行くんですよね。「その一歩」はここでは空想からだったわけですが、生きている間に生まれ変われるんじゃないかって気がしてくる。実際には難しいけど。
そ...
いやいやえん  2014年08月14日(木) 10時13分
13日のことですが、映画「LIFE!」を鑑賞しました。

試写会にて見ました。

廃刊が決まった雑誌「LIFE」の最後の表紙に使用する写真のネガが見当たらないことに気付いた
写真管理部の地味で平凡な人生を送る冴えない男ウォルター・ミティはカメラマンのショーンを捜す旅へ...
笑う社会人の生活  2014年06月25日(水) 0時06分
これは、すんばらしかったですね!
或る日の出来事  2014年04月24日(木) 22時30分
» LIFE!

雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、思いを寄せる同僚のシェリル・メルホフ(クリステン・ウィグ)に話しかけることさえままならない臆病者で、唯一の特技は妄想することだった。
ある日、「LIFE」最終号を飾るはずだった写真のネガがないことに気づいたウォルターは、カメラマンのショーン・オコンネル(ショーン・ペン)を捜すため、ニューヨークからグリーンラン...
心のままに映画の風景  2014年04月21日(月) 0時17分
 「フォレスト・ガンプ」のような作品だと聞いたので、どこまで虚で実なのか気になっ
Doing-on-the-fly  2014年04月14日(月) 16時00分
2013年・アメリカ/サミュエル・ゴールドウィン=ニューライン・シネマ 配給:20世紀フォックス映画 原題:The Secret Life of Walter Mitty 監督:ベン・スティラー 原作
いや?良い映画だった。
一歩踏み出す勇気だよね。
自分も頑張らねばなぁと思うワケですよ。

今までベン・スティラーをナメてました。
「そこそこ面白いけど劇場に足を運ぶほど ...
時間の無駄と言わないで  2014年04月13日(日) 13時59分
リアルを楽しむ。それが人生だ!
「人生は美しい」。この使い古されたフレーズを妄想癖のある凡庸な主人公を介して描く試みは面白いものの、どうも妄想過多な前半、世界を旅する ...
こねたみっくす  2014年04月12日(土) 23時02分
これは素敵!
胸が熱くなり、わくわくして心弾み、さらに高揚感が増していく。
そして最後にこの映画と自分自身が愛おしくなる。
まさに『その一歩』を踏み出したくなる、生きている間に生まれ変われる映画☆
ノルウェー暮らし・イン・原宿  2014年04月11日(金) 23時56分
» LIFE!
トム少佐。みかんケーキ。Stretch Armstrong。
悠雅的生活  2014年04月11日(金) 22時32分
» LIFE!
LIFE!

LIFEの写真管理部に勤務するウォルター・ミティ。
シャイな青年だった。
それは、好きな女性が居るのだが、口をきくことも出来ずにいた。

特技は妄想と、ちょっと他の人とは違うらしい。

そんな彼に試練が訪れる。

表紙用のネガが紛失してしまったようなのだ。

カメラマンを探して、世界をさまようことに。
今の時代、携帯を持っていないのか?

まぁ、時代が、現代であるとは限らないけど。

彼は、この旅でどのような成長を遂げるのか。

キャスト
ベ...
映画情報良いとこ撮り!  2014年04月11日(金) 14時00分
» LIFE!
LIFE!@よみうりホール
あーうぃ だにぇっと  2014年04月11日(金) 6時35分
『LIFE!』 を試写会で鑑賞しました。

上映後に拍手があったが、そこまでの映画だったかな
まさか仕込みじゃないよね

【ストーリー】
 雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。唯一の特技は妄想することだった。ある日、「LIFE」表紙に使用する写真のネガが見当たらない気付いたウォルターはカメラマンを捜す旅へ出る。ニューヨークからグリーンランド、アイスランド、ヒマラヤへと奇想天外な旅がウォルターの人生を変えていく。


前に大分長い予告を映画館で観ていて、その予告はとても面白そうだった。
だから、本編にはそれなりの期待をして鑑賞した。
結果は可もなく不可もなく、無難な映画になっていた。
ショーン・ペンはエンドクレジットで分かった(笑)

やっぱり目を見張るのは面白い妄想壁の映像である。
最初の方は多用されているので、何が本当なのか困惑する。
ただ、この映画のラストは希望なのか、受け手により違うんだろう。


以下はネタばれですので、気になる方は避けてください。




最後には、
 LIFEの表紙を飾ることになる。
 それに、彼女も手にする。
 しか...
長い歴史を持つ雑誌LIFE誌の廃刊が決まり、社員は新しいボスが断行するリストラに怯えていた。 そんな時、写真管理部門で働く空想好きな男ウォルター・ミティは、最終号表紙の写真のネガが見つからないことに気づく。 撮影したカメラマンのショーンは世界放浪中で、どこにいるのかもわからない。 クビを恐れたウォルターは、ショーンを探す旅に出ることに。 それは想像を絶する大冒険だった…。 ヒューマンドラマ。 ≪生きてる間に、生まれ変わろう。≫
象のロケット  2014年04月09日(水) 17時08分
» LIFE!
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 妄想だらけだった主人公が、ネガを無くし
うろうろ日記  2014年04月09日(水) 8時25分
 【ネタバレ注意】 

 いったい、どうしろと云うのだ!?
 映画が進行するにつれ、私は居心地の悪さを覚えはじめた。

 『LIFE!』は1947年のダニー・ケイ主演作『虹を掴む男』のリメイクだが、2007年に70年の歴史に幕を下ろしたグラフ誌『LIFE』を絡めることで、現代的になっている。
 雑誌そのものを手に取ったことはなくても、『LIFE』の名を知る人は多いだろう。マンガ家...
映画のブログ  2014年04月08日(火) 23時07分
'14.02.17 『LIFE!』(試写会)@よみうりホール

気になって試写会いくつか応募。 海外ドラマNAVIさんで当選! 『ホビット 竜に奪われた王国』に続いての当選。ありがとうございました! ということで、よろこんで行って来たー

ネタバレありです!

「LIFE誌の写真管理部に勤務するウォルター・ミティは、気になる相手に声もかけられない中年男。彼の唯一の楽しみは空想世界でヒーローになること。ある日、LIFEが休刊となることが決定し、大掛かりなリストラが行われることが発表される。最終刊の表紙を飾る写真のネガを無くしてしまったウォルターは・・・」という話。これは、なかなかおもしろかった。ちょっとやり過ぎかなと思う部分もあったけど、個人的にはギリギリOK。ただ、ちょっとおとぎ話的な部分もあるので、そういう感じが苦手な人はダメかも? 個人的にはこちらもギリギリOK(笑) ってダメなのかというと、そんなことはなく、見ている間は楽しめた。見終わった後にも、何かが残る作品だったと思う。

そもそもはスティーブン・スピルバーグ監督が製作に関わるという話もあったそうだけれど、ベン・スティラーが主演と監督を兼ねている。2013年映画見本市"シネコン...
・*・ etoile ・*・  2014年04月08日(火) 22時51分
主人公ウォルター・ミティは雑誌「LIFE」の写真の管理をしています。 日々実直に
はらやんの映画徒然草  2014年04月08日(火) 20時59分
人生って…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402130002/


【送料無料選択可!】「LIFE!」オリジナル・サウンドトラック[CD] / サントラ価格:2,520円(税込、送料別)

[CD]VARIOUS ヴァリアス/SECRET LIFE OF WALTER MIT...
日々“是”精進! ver.F  2014年04月08日(火) 16時03分
ベン・スティーラーが製作・監督・主演と大活躍して、映画の醍醐味を十二分に魅せてくれた。特殊効果に大金をかけて映画を作らなくても物語がよければ、観客を感動させることができる。すばらしい映画だった。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2014年04月08日(火) 14時41分
2014年04月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf