「それでも夜は明ける」本年度アカデミー作品賞作品の実力

2014年03月29日(土) 10時55分
「それでも夜は明ける」★★★★
ウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、
ベネディクト・カンバーバッチ、ポール・ダノ、
ポール・ジアマッティ、ルピタ・ニョンゴ、
ブラッド・ピット、アルフレ・ウッダード出演

アレクサンダー・ペイン監督、
134分 2014年3月7日公開
ギャガ
(原題/原作:12 YEARS A SLAVE)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

第86回アカデミー賞で、見事「作品賞」を受賞した.。
ブラッド・ピットが製作に携わったため
受賞のスピーチを興奮気味にしていたが、
彼が主演男優賞を取る日はくるのか?



「1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク、
自由の身でありながら白人に騙され、
南部の綿花農園に売られて、
12年間も奴隷生活を強いられた
黒人男性の実話を映画化した伝記ドラマ」



自由黒人と言う、なんとも不思議な
階級があったことを初めて知った、
アメリカで黒人が
自由や平等を獲得するまでには
段階がいくつもあったんだなと実感、
でも疑問に思ったのは
当時その優遇されていた黒人は
同胞の奴隷黒人をどう見ていたのか、
そのあたりは描かれていなかった。



自由を奪われて南部に奴隷として売られ、
12年間の過酷な日々が描かれている、
なかには心優しい白人の領主もいたが
だからといって彼らを解放することはなく、
人間を商品として
売り買いしていたのは事実だ。

相当ひどい事が行われただろう、
この映画はその歴史の一部を見せている。



映画を見る前にこの映画が
「作品賞」を受賞したのを
wowowで見ていたので
この作品のどんなどころが
「今年のベスト」に選ばれた理由なのかも
考えながら見た。



しかし自分にはそのあたりは分からなかった、
この作品が他の候補作と比べて
突出して秀いでていたとは思えなかったからだ。


特にラスト
主人公は自由黒人と証明され
解放されるシーン、本来なら感動のシーン。
苦労を共にした黒人たちの
切ない視線を浴びながら
決して振り返らない演出

これでは「あー、良かった!」とは
単純に感じられない。


もちろん何もかも解決されて
ハッピー!なんてあり得ないのが現実
分かっているが釈然としない。


彼はその後黒人の解放運動に
尽力したという、真実の物語。
やはり黒人の人種差別の歴史は
自分には理解しきれないと痛感する、
大変な歴史の再認識は出来たが
人間の物語としては
どうにも未消化で納得出来なかった。



★100点満点で75点

スティーヴ・マックィーン監督作品
ハンガー Hunger (2008) 監督・脚本
SHAME -シェイム- Shame (2011) 監督・脚本
それでも夜は明ける 12 Years a Slave (2013) 監督・製作

公式サイト:http://yo-akeru.gaga.ne.jp/

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2239
トラックバック
トラックバックURL:
【概略】
突然誘拐され、奴隷として売られた黒人音楽家・ソロモン。差別と虐待を受ける日々を耐え忍ぶが、ある男との出会いが彼の運命を大きく変えることになる。
ドラマ



黒人差別問題が題材の映画は昔からあったけれど、表面上はなくなったとは言え根強く残っているからこそ何度も取り上げるのでしょうね。アメリカの負の歴史にスポットをあてた重厚で見ごたえのある作品です。しかし映画としては見ても苦しいだけでそこに憤怒の気持ちはわいても、特別この作品だけに、というものでもなくて、そういう意味では無難な仕上がりの作品ともいえる。
実話ですから仕方がないのですが、主人公が「自由黒人」と言う設定は、(奴隷黒人の話であれば、もっと過酷な見るも無残なとでもいいましょうか、物凄い差別問題を提起する作品になってたでしょう)自分は自由なはずなんだ、家族の元へ帰れるはずなんだ、というのが希望になっていて、もうその考えこそが自分は「自由黒人だから奴隷黒人とは違うんだ」という考えが見え隠れしているような気もするし(そこまで意地悪く考えなくてもいいんですが^;)。その考えこそが、また一つの差別になっていて、二重の差別にな...
いやいやえん  2015年09月02日(水) 8時29分
14日のことですが、映画「それでも夜は明ける」を鑑賞しました。 

1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク、家族と一緒に幸せに暮らしていた黒人音楽家ソロモン
彼はある日突然拉致され、奴隷として南部の綿花農園に売られてしまい・・・

重厚な重き作品、やはり作品賞...
笑う社会人の生活  2014年09月28日(日) 21時56分


映画 『それでも夜は明ける』 (公式)を3/7の劇場公開日からだいぶ経ちましたが、やっと先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。







ざっくりストーリー


舞台は1841年、南北戦争によって奴隷制度が廃止される以前のニューヨーク。家族と共に幸せに暮らしていた黒人音楽家ソロモン(キウェテル・イ...
ディレクターの目線blog@FC2  2014年04月13日(日) 19時41分
生き残る…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201404120001/


【送料無料】「それでも夜は明ける」オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドト...価格:2,592円(税込、送料込)

[Blu-ray] SHAME -シェイム- スペシャル・プライス価格:...
日々“是”精進! ver.F  2014年04月12日(土) 17時00分
11月になりました。映画賞レースの第一陣トロント映画祭も終わり、前哨戦が本格的にスタート。10/24にはゴッサム賞のノミネートが発表されました。今月はオスカーに絡みそうな作品を ...
シネマ・クレシェンド  2014年04月02日(水) 8時46分
第86回アカデミー作品賞、助演女優賞、脚色賞の3部門の受賞作品。奴隷制度が廃止されるまでにはまだ30年近い年月が必要な1841年のお話で、自由な身分にも拘らず意図的に誘拐され、南部の農園に売られた黒人
たいむのひとりごと  2014年04月01日(火) 13時20分
アカデミー賞作品賞を見事勝ち取った作品は、映像も素晴らしい、役者の演技も本当に素晴らしい、テーマも見事だ。
場面展開もよく、134分の長さも感じさせないストーリーは、観る者の心をつかんで離さない。
ノルウェー暮らし・イン・原宿  2014年04月01日(火) 0時38分
1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク。
生まれながらの自由黒人である音楽家ソロモン・ノーサップ(キウェテル・イジョフォー)は、妻子とともに、白人を含む多くの友人に囲まれ幸せな日々を送っていた。
ある日、2週間の興行に参加したソロモンは、興行主に騙され拉致された末、ルイジアナの奴隷市場に送られてしまう。
自由黒人だと必死に訴えるが、南部の奴隷オーナー、フォード(ベネディクト・カ...
心のままに映画の風景  2014年03月31日(月) 0時57分
映画「それでも夜は明ける」を鑑賞しました。
FREE TIME  2014年03月31日(月) 0時34分
1841年、まだ奴隷制度が廃止される前のアメリカ・ニューヨーク。 生まれた時から自由黒人(自由証明書で認められた奴隷ではない黒人)で、妻子と幸せに暮らしていたバイオリニストのソロモンは、拉致されニューオーリンズの奴隷市場で“奴隷”として大農園主に売られてしまう。 何でも器用にこなすソロモンだったが、白人から容赦ない差別と暴力を受ける毎日が続いた…。 実話から生まれたヒューマンドラマ。
象のロケット  2014年03月30日(日) 23時35分
もう一度、家族に会いたい。

奴隷制度がはびこる時代のアメリカで拉致され、人生のすべてを奪われたうえに、南部の農場で奴隷として働かされた男の、苦難の12年間を描く実話ベースの人間ドラマ。
原作となったのは1853年に出版されて、当時ベストセラーとなったソロモン・ノーサップの回想録だ。
自由を謳歌していた男が突然奴隷の身分へと落とされ、屈辱的な服従と絶望を余儀なくされる中でも、最後まで...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2014年03月30日(日) 18時29分
これは黒人監督による黒人奴隷を描いた映画。それゆえに他の作品とは全く違う世界に到達した映画。
辛い、苦しい、怖い、逃げ出したい。でもこの人類の負の歴史を見なければなら ...
こねたみっくす  2014年03月30日(日) 16時27分
所有物。チランドシア。Rall Jordan Rall。 
悠雅的生活  2014年03月29日(土) 23時27分
南北戦争前のニューヨークで暮らしていた自由黒人が誘拐されて南部で奴隷として12年間を過ごした過酷な体験を描いている。娯楽性は全くなく、下手なドキュメンタリー映画が逃げ出すくらいの衝撃を受けた。黒人奴隷が歌う葬式の歌がゴスペルの発祥だったのだ。必見だ。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2014年03月29日(土) 20時23分
監督: スティーヴ・マックィーン   
出演: キウェテル・イジョフォー、マイケ…
映画@見取り八段  2014年03月29日(土) 20時21分
本当は気が優しいエドウィン・エップス
公式サイト。原題:12 Years a Slave。 スティーヴ・マックィーン監督。キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カ ...
佐藤秀の徒然幻視録  2014年03月29日(土) 18時32分
 仮面ライダーは何のために戦うのか? 平和のため? 正義のため?
 そのいずれでもない。
 『仮面ライダー』のオープニングで、ナレーションの中江真司氏はこう述べている。
 「仮面ライダー本郷猛は改造人間である。彼を改造したショッカーは世界制覇を企む悪の秘密結社である。仮面ライダーは人間の自由のためにショッカーと戦うのだ!」
 そう、仮面ライダーは自由のために戦っているのだ。

 ...
映画のブログ  2014年03月29日(土) 15時28分
『それでも夜は明ける』 を鑑賞しました。

劇場をみゆき座からスカラ座に変えてくれたのはラッキーだけど
初日の夜の回にしては意外と空いていた。
アカデミー賞効果を狙っての劇場変更だろうが、効果は乏しい。
もっとお客さん来てくれてもいいと思うのだが・・・

【ストーリー】
 1841年、奴隷制廃止以前のニューヨーク、家族と一緒に幸せに暮らしていた黒人音楽家ソロモン(キウェテル・イジョフォー)は、ある日突然拉致され、奴隷として南部の綿花農園に売られてしまう。狂信的な選民主義者エップス(マイケル・ファスベンダー)ら白人たちの非道な仕打ちに虐げられながらも、彼は自身の尊厳を守り続ける。やがて12年の歳月が流れ、ソロモンは奴隷制度撤廃を唱えるカナダ人労働者バス(ブラッド・ピット)と出会い……。


人の優しさに騙されてはいけない
この映画は奴隷制度の映画としては黒人監督が描くのは初めてであるとのこと。
かなり痛々しいシーンや辛いシーンが多い。
12年という歳月生きていたのが奇跡である。

どうして奴隷になってしまったのか、そして、どうやって奴隷生活から抜けられたのか
その辺は映画本編で確かめてください。
おぞましいこ...
2014年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf