「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」何も得るものが無くても、旅は良いものだ

2014年03月23日(日) 16時54分
「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」★★★★
ブルース・ダーン、ウィル・フォーテ、
ジューン・スキッブ出演

アレクサンダー・ペイン監督、
115分 2014年2月28日公開
ロングライド
(原題/原作:NEBRASKA)

<リンク:http://blog.with2.net/link.php?38257">>

<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

主演のブルース・ダーンは、2013年カンヌ国際映画祭で
「最優秀主演男優賞」に輝いた。
そしてアカデミー賞「主演男優賞」にもノミネート。



「『100万ドルが当選しました』という
インチキなDMを信じ切って、
はるか彼方のネブラスカまで
賞金を受け取りに行こうとする
父親ウディ(ブルース・ダーン)と、
不本意ながら同行する
息子とのロードムービー」



暖かくなったと思ったら
また寒さが戻ってきて
風の強い夜なんて
その寒さにどうなってるんだ!と、
それでも春の日差しを感じる昼間は
新しい季節を感じたりもする。


さて、映画ですが、
劇場で予告編を見た時から
モノクロの映像と
険しい表情を見ただけで
頑固オヤジと分かる主人公の風貌に
劇場で見ようと思っていた作品。


もう真っ直ぐ歩くのにも苦労してるのに
歩いて何処かへ行こうとしている、
高速道路を歩こうとして警官に止められ
引き取りに行った息子に
「100万ドルが当選したから、受取りに行くんだ」と。

誰が見ても、よくあるDMのい手口で
「当たるかもしれない」という手紙なのに
何としてでも手に入れて
ピックアックトラックを買うんだと、
息子の静止にも耳を貸さない。


仕事がうまくいっていない息子も
それなら付き合うと
モンタナからネブラスカまで
父と息子の4州をまたぐ車での旅、
途中、立ち寄った父の故郷で
若い頃の父親の意外な過去を
息子は知る事になる



なんというか、もう死にそうな親父
ボロボロのガタガタ
でもネブラスカに行くと言う
堅い信念だけは
見てるこちら側にも伝わる、

ちょっとボケてるんだろうなー、
それとももう、意地になってるんだか、
そのあたりは曖昧なまま
特別な出来事は起こるべくもなく
淡々と進んでいく。




道路沿いに貼りついたような街
経済不況にあえぎ
ズブズブな沼に足を取られたように
酒で何かを忘れるような停滞感に満ちて
それでも何処かへ向かおうとしてる
主人公が眩しくさえ感じる。



当選してなかった事実を知った父親
肩を落とす姿に
息子は出来るだけの
ささやかなプレゼントをする

真新しいピックアップトラックで
かつての故郷をゆっくりと走る主人公、
そのピカピカの車を見送る視線。


ファンファーレでも欲しいとこだけど
それほど劇的な勝利でもない
でも彼の満足感をその時
自分達も共有した、確かに。


人間は年を取り
誰もが残りの時間にため息をつく、
何が良くて何が悪いかとか
誰の為にとか
そんなまだるっこしい事抜きにして
やりたい事をが出来たら
とりあえず、そんないくつかを、
並べて数えて、
暖かい春を待つってのが正解。

モノクロ映画って時々見ると
そのザラついた画面から
セリフ以外の何かが伝わる気がする。


★100点満点で80点

公式サイト:http://www.nebraska-movie.jp

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2238
トラックバック
トラックバックURL:
【概略】
100万ドルの賞金に当たったと信じ込む父・ウディを見兼ねた息子のデイビッドは、骨折り損だと分かりながらも彼を車に乗せて旅に出る。
ドラマ



頑固者で少々痴呆気味の父親ウディと、彼の無茶旅に付き合う事になった息子との物語。
全編モノクロなのですが、これが味わいがあってよかった。
ただ、なんかなあ。息子デイビットの献身が、あまりにも優しすぎると言うか普通ここまで出来ないよというのが、一番の感想かもです。
郷里に至って、大金が当たったという「でまかせ」が広まって厄介な事になったり、近親者とお金の事でもめたり、次第に明らかになる父親の過去、母と結婚する前に付き合っていた女性の存在、朝鮮戦争で撃墜された話、不倫による離婚の危機。それらを乗り越えていまの夫婦があること、母の手厳しい口調はここからきたのかなと思わせられるものもあり…。当たり前だけど、父親も一人の「男」であり人生を生きてきたんですよね。そういうのを吸収して、父にたいする気持ちが徐々に変わっていく息子。
「町中の男が母さんのスカートの中を狙ってたのかよ」というツッコミは笑えた。
じんわりとはする。ただ…みているこちらは、ふ...
いやいやえん  2015年04月11日(土) 8時12分
4日のことですが、映画「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」を鑑賞しました。

どう見てもインチキな100万ドルが当たったという通知を受け取ったウディ、信じるウディに息子のデイビッドは付き添うことに
こうして始まった父と息子の4州をまたぐ車での旅が始まるのだが・...
笑う社会人の生活  2014年09月28日(日) 18時09分
14-30.ネブラスカ、ふたつの心をつなぐ旅■原題:Nebraska■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:115分■料金:1,800円■観賞日:3月23日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)□監督:アレクサンダー・ペイン◆ブルース・ダーン◆ウィル・フォーテ◆ジューン・ス...
kintyre's Diary 新館  2014年06月01日(日) 22時25分









 Nebraska

 モンタナでAV機器販売店を営む、冴えない中年男デイヴィッド(ウィル・フォ
ーテ)は、父ウディ(ブルース・ダーン)とネブラスカを目指してドライヴする。
ウディは100万ドルの懸賞に当選したと思い込み、歩いてでもネブラスカに行
くと言い張るのだ。根負けし、渋々ながら父に寄り添うデイヴィッドだったが・・・。

 アレクサンダ...
真紅のthinkingdays  2014年04月09日(水) 21時11分
 



 
 
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163964/
↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。
 
映画レビューです(ネタバレ表示ですが核心は避けたつもり)
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id347524/rid20/p1/s0/c1/
 
 ...
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**  2014年03月30日(日) 19時54分
2013年・アメリカ 配給:ロングライド 原題:Nebraska 監督:アレクサンダー・ペイン脚本:ボブ・ネルソン撮影:フェドン・パパマイケル 頑固者の父親と、そんな父とは距離を置いて生きてきた息子が
アメリカ・モンタナ州ビリングス。 老いた父親ウディが、出版社からの「100万ドルに当選した」というインチキの手紙を信じ、賞金を受け取りに遠く1500km離れたネブラスカ州リンカーンまで歩いて行こうとする途中で警察に保護された。 次男デイビッドは父親にクジがハズレだと納得させるため、一緒に車でネブラスカへ向かうことを決意する。 途中、母ケイトと長男ロスも合流しウディの故郷ホーソーンへ寄ることにしたのだが…。 ロード・ムービー。 モノクロ。
象のロケット  2014年03月26日(水) 17時46分
全編モノクロだしー、ゆるそうな映画だしー、こりゃ寝ちゃうかも?と思ったら大間違い。
ゆる〜く笑える老おいた父と息子の心に沁みる作品は、今こそ是非とも観たい作品。
ノルウェー暮らし・イン・原宿  2014年03月24日(月) 17時35分
ミリオンダラー・ファザー
公式サイト。原題:Nebraska。アレクサンダー・ペイン監督、ブルース・ダーン、ウィル・フォーテ、ジューン・スキッブ、ステイシー・キーチ、ボブ・オデン ...
佐藤秀の徒然幻視録  2014年03月23日(日) 18時27分
2014年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf