「大統領の執事の涙」タイトルが感傷的すぎる、実際は骨太な作品

2014年03月02日(日) 15時13分
「大統領の執事の涙」★★★★
フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、
ジョン・キューザック、ジェーン・フォンダ、
キューバ・グッティング・Jr、テレンス・ハワード、
レニー・クラヴィッツ、ロビン・ウィリアムズ出演

リー・ダニエルズ監督、
123分 2014/2/15公開
2013,アメリカ,アスミック・エース
(原題/原作:THE BUTLER )




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「実在したホワイトハウスの黒人執事の
人生をモデルにしたドラマ。
奴隷から大統領執事となり、
7人の大統領に仕えた男の
波乱に満ちた軌跡を追う。
黒人の近代史と重なり
シドニー・ポワチエがアカデミー賞を受け、
オバマ大統領誕生が
いかに歴史的なことか実感できる」



タイトルが感傷的すぎるのが気になるが
内容は骨太な同情さえさせないような
美しい魂の物語だ。



ケネディを含めて7人もの大統領に
仕えた主人公の人生は
アメリカの人種差別の歴史と重なり
執事でとして働く間は
個人の意見を持たず
ひたすら家族を育てることに
心を注いできた普通の男が描かれる。


のほほんと暮らしている
自分なんかに本当の苦しみは
実感出来ない
でも怖さは分かる気がする。


常に周囲に気を配り
最高のおもてなしに努める黒人執事たち、
人種差別撤廃をうたいながらも
そのホワイトハウスの内部でも
黒人は白人に仕え続ける。


公民権運動、キング牧師の暗殺
大きなうねりの中で
変わらず仕事をしながらも
息子は運動に深くかかわり
そのことで父と息子は距離を置いてしまう。
どちらもが正しく
だからこそ相容れないのは
とても悲しいことだ。



歳月が経過し
49歳のオバマ大統領が誕生
信じられない歴史的瞬間、
主人公は感慨深く見つめる。


ただ自分なりに正しく生きてきた男、
家族を守り、仕事を忠実にこなし
多くを語らず
そんなごく当たり前の事が
彼の穏やかな表情から伝わる
それがどんな大変なことだったか。
食い入るように見つめた。



映画としても
アメリカの近代をひとつの視点で網羅し
興味深い内容だった。


★100点満点で85点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2230
トラックバック
トラックバックURL:



☆☆☆☆− (10段階評価で 8)
4月3日(金) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。
みはいる・BのB  2015年04月18日(土) 21時17分
【概略】
ホワイトハウスで7人の大統領に仕えた黒人執事の視点から、揺れ動くアメリカとその時代に翻弄される家族の物語を、実話をベースに描く。
ドラマ



非暴力による誇りと戦い。
早足で中途半端な感じは否めない。黒人の虐げられてきた歴史や、歴代大統領の事など、アメリカの歴史を知っている人は楽しめる作品になっていると思う。私は詳しくないので(大統領の名前と政策、順番さえわからないっす^;)多分普通の人よりも楽しめなかったように思う。ただ、アメリカにおける黒人の立場の変遷を、セシルと息子との葛藤を通じて感じ取れるようにはなっている。
ストーリーは綿花収穫の黒人小作人から大統領の執事となった黒人のセシルを主人公に、そのセシルの家族関係の再生と、アメリカにおける公民権運動の歴史が描かれていた。
歴代大統領と一人の黒人執事とのエピソードを時にコミカルに時に感動的に描いていると思っていた私とすれば、肩透かしをくらった感じでもあるけど…キューバ危機、ケネディ暗殺、ベトナム戦争など歴史が大きく揺れ動く中、どんなに蔑まれようとも、真摯に自分の「仕事」をこなすセシルの姿には力強い意思を感じた。
劇中、キ...
いやいやえん  2014年11月11日(火) 8時14分
黒人差別が当たり前だった時代のアメリカ南部。 綿花畑の奴隷として生まれた少年セシル・ゲインズは、ハウス・ニガー(家の中で働く奴隷)に昇格した後、ホテルのボーイとなり、遂には大統領の執事にスカウトされる。 1950年代から7人の大統領の下で約30年間を、世界の中心とも言えるホワイトハウスで過ごしてきた。 白人に仕える父の仕事を恥じ、大学生の長男デヴィッドは公民権運動に身を投じてゆくのだが…。 ヒューマンドラマ。
象のロケット  2014年03月12日(水) 9時58分
 西洋で発明されたものはたくさんある。
 映画にラジオにレコード、蛍光灯に冷蔵庫に洗濯機、さらに自動車、飛行機、潜水艦といった物質的なものはもとより、大航海時代には遠方への航海のために多くの人から出資を募る株式会社の仕組みが考案され、統治システムとして議会政治も発達した。
 西洋の発明品の中でも、私がもっとも重視しているのは「人権」だ。
 この発明はあまりにも斬新すぎて、まだ世界に充分...
映画のブログ  2014年03月09日(日) 22時31分
その時、執事は見ていた。

「プレシャス」「ペーパーボーイ/真夏の引力」など、ハードな人間ドラマを得意とするリー・ダニエルズ監督の最新作。
ホワイトハウスで34年間に渡り執事を勤めた実在のアフリカ系アメリカ人、ユージン・アレンの生涯にインスパイアを受け、人種解放闘争の視点から合衆国現代史を俯瞰した重厚な歴史ドラマだ。
アイゼンハワーからレーガンまでの7人の大統領の傍らに、執事としての...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2014年03月06日(木) 22時48分
この作品のような黒人の公民権運動を題材にした作品を観ると、これがたった1世代前の
はらやんの映画徒然草  2014年03月03日(月) 20時54分
「大統領の執事の涙」を鑑賞してきましたリー・ダニエルズ監督が、フォレスト・ウィテカーを主演に迎えて贈る感動の伝記ドラマ。ホワイトハウスで歴代大統領7人に仕えた黒人執事セ...
日々“是”精進!  2014年03月03日(月) 6時38分

奴隷解放後も差別が日常的に行われていた時代。
南部の農園で両親と働くセシル・ゲインズは、農場主に父親を殺された後、ハウス・ニガーとして作法を叩き込まれる。
やがて町に出たセシル(フォレスト・ウィテカー)は、幸運な出会いと努力の結果、高級ホテルのボーイとなり、仕事ぶりが認められ、ホワイトハウスの執事に抜擢された。
空気のように存在を消して的確に仕事をこなし、歴代大統領たちの信頼...
心のままに映画の風景  2014年03月03日(月) 1時16分
 



 
 
 
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163357/
↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。
 
 
ホワイトハウスの執事として、アメリカ大統領数名に仕えた執事セシルを
大好きな フォレスト・ウィテカ― が演じるというので、楽しみにしていました☆
 
 
実話を元にして...
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**  2014年03月02日(日) 23時38分
結局、全てはバラク・オバマのために
公式サイト。原題:The Butler。リー・ダニエルズ監督、フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、デヴィッド・オイェロウォ、マライア・キ ...
佐藤秀の徒然幻視録  2014年03月02日(日) 22時25分
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】子供時代から執事を終えるまでの出来事を追
うろうろ日記  2014年03月02日(日) 22時18分
『大統領の執事の涙』 を試写会で鑑賞しました。

リー・ダニエルズ監督が来日していて急遽登壇いたしました。
陽気な監督でした。(ちなみに黒人です)

【ストーリー】
 綿花畑で働く奴隷の息子に生まれた黒人、セシル・ゲインズ(フォレスト・ウィテカー)。ホテルのボーイとなって懸命に働き、ホワイトハウスの執事へと抜てきされる。アイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン、フォードなど、歴代の大統領に仕えながら、キューバ危機、ケネディ暗殺、ベトナム戦争といったアメリカの国家的大局を目の当たりにしてきたセシル。その一方で、白人の従者である父親を恥じる長男との衝突をはじめ、彼とその家族もさまざまな荒波にもまれる。

この映画は監督が舞台挨拶でも言っていたが、メジャー系の配給会社からは
総スカンを喰らい、配給はメジャー会社では無い所で公開にこぎつけたとのこと。
アメリカでは今でも人種差別のことを描かれるのはタブーなんでしょうかね。
日本の靖国のように触られたくないということなのかな。。。

この映画は主人公の執事なる男の子供のころから壮年までを描いている。
子供のころには人種差別まっさかりで、父親が銃殺されてしまう。
...
2014年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf