映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」壮大な物語も、つまりは兄弟の内輪揉め?

2014年02月08日(土) 11時19分
映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」★★★
クリス・ヘムズワース、トム・ヒドルストン、
ナタリー・ポートマン、ジェレミー・レナー、
クラーク・グレッグ、浅野忠信出演

アラン・テイラー監督
112分、2014年2月1日公開
2013,アメリカ,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(原題/原作:THOR: THE DARK WORLD)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


前作の評価はコチラ↓
映画「マイティ・ソー」★★★
神話の世界と現実の融合の映像はスゴイがストーリーは薄い
2011年07月11日(月)



「劇場の予告編も光が眩しいほどの演出、
過剰なくらいのVFX映像、
美しいし異次元を感じさせてくれるけど
視覚効果ってヤリ過ぎると
ちょっとうるさい、
やはり内容で勝負して欲しかったが
兄弟の確執とその顛末や
親子の関係も見どころはあった
でも『それだけ?』って気にもなったな」



マーベルコミックスの人気作をの実写化、
ほぼ全て成功していて
観客として充分に楽しませてもらっている、
ストーリーが弱い!とか言いつつも
ハリウッド大作はやはり好き

映画館で見るべき作品、
見終わってそこに何かしらの
教訓とか、目からウロコなんて無くて良い、
その時間楽しめるんだからね。

とは言っても。
せっかくなら、そこに何か新しいもの
知らなかった世界は見たい、
お金も出すから、要望くらい言っても良いだろう。



朝、窓からの光が明るいので
ブラインドを開けてみると雪が積もってた、
いつもと全く違う世界
こんなふうに映画にも日常から
どこかへ連れて行ってくれる楽しさがある、
その点ではこの映画は神話の世界と
現代を慌ただしく行き来し
次第にその世界がグニャリと繋がって
奇妙な感覚になる、とても面白い



いかにもヒーロー然とした兄と
上昇志向しかないような弟
彼らの確執はさらに深まり
意外な方向へと展開していく。




全く関係ない所で感じたのは
ロンドンの大学の図書館らしき建物の
絢爛たる内装、
ゆるやかなカーブの天井には
これまた歴史を感じさせる天井画があり
映画とは関係ないけど
文化ってこういうものだよなーと。


でも今は機能や費用対効果なんかが
重視されてるから
このような建物や内装はムリなんだろうな、
まあ、せめて映画であり得ない映像を
見る事で壮大な無駄遣いを楽しもう



映画の内容としては前作と同様
心躍るものは無かったが
でもやはり劇場でみれば
単純に楽しめる、
まあそれで十分なんじゃないかな。


★100点満点で70点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2222
トラックバック
トラックバックURL:
【概略】
地球の命運をかけた『アベンジャーズ』の戦いから1年。ロンドンに原因不明の重力異常が発生。アベンジャーズ最強の男・ソーとその弟にして宿敵・ロキの、全宇宙の存亡を賭けた戦いが始まる。
アクション



宿敵でもあり兄弟でもあるロキとソーがタッグを組むけれど、どのタイミングでロキが裏切るんだ!?と分からないドキドキ感が見ものかも知れません。
さて「アベンジャーズ」の戦いから1年、ロンドンに原因不明の重力異常が発生。ソーの恋人である天文物理学者のジェーンは、調査の過程で地球滅亡の鍵となるダーク・エルフの力「エーテル」を自らの身体に宿してしまうのだが…。
狡猾で卑劣、でもなんか憎めないロキが、相変わらずいいですよね。また、偉大な王よりも偉大な男になりたいと言い切っちゃうソーの男ぶりも以前より増してて、やっぱり良い。
ジェーンをアスガルドに連れて行ったせいで、母親が亡くなってしまうくだりの、ロキの怒りは本物だった気がしますね。なんだかんだいって、やんちゃな(一般の見識とは桁違いだが)ロキは愛情の中で動いていたのかも。
見どころはやっぱり兄弟2人の共闘でしょうか。あっそういう作戦だったの...
いやいやえん  2015年02月10日(火) 10時12分
 「アベンジャーズ」で終りかと思ったら、まだまだ続くらしい。 少年ジャンプみたい
みんなシネマいいのに!  2014年03月05日(水) 0時56分
 「マイティ・ソー」の続編であり、「アベンジャーズ2」への第2弾だ。 こう言っち
Doing-on-the-fly  2014年03月04日(火) 19時42分
 映画『ファミリー・ツリー』の記事では日米のポスターの違いについて述べたが、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』でも日米の違いが興味深い。
 日本のポスターでは、中央にソーとジェーンが立ち尽くし、二人をあざ笑うかのようなロキの顔が虚空に描かれている。ヒーローとヒロインをポスターの手前に配し、背景に敵の顔を大きく描くのは、『スター・ウォーズ』でもお馴染みの構図で珍しいものではない。
 米国...
映画のブログ  2014年03月01日(土) 18時27分
 今日の広島は、久々に冬らしい一日となっております。こんな日は、こたつにもぐり込んで、映画でも観たいものですね。では、本日紹介する作品はこちらになります。


【題名】
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  2014年02月14日(金) 20時39分
『マイティ・ソー -ダーク・ワールド-』 を鑑賞しました。

映画の日2本目は「マイティ・ソー」でした。
(3本目は無いよ! 2本で終了)

【ストーリー】
 アベンジャーズの一員として、ソー(クリス・ヘムズワース)がニューヨークで激闘を繰り広げてから1年。ロンドンで謎の重力異常が起き、その調査を天文物理学者ジェーン(ナタリー・ポートマン)が行うことに。しかし、その過程で地球の存亡を左右するダークエルフのパワーを宿してしまう。愛する彼女を救うすべを探ろうと、ソーは彼女を連れて神々の世界アスガルドへと向かうが、それが家族や故郷にも危機をもたらしてしまう。窮地に陥った彼は、血のつながらない弟ロキ(トム・ヒドルストン)に助けを求める。


ロキに尽きるね
相変わらずの大味ストーリーは健在で、それをものともしない圧倒的なパワーで押し切る。
この映画はこれでOKなんですよ

クリス・ヘムズワース好きにはたまらないと思われる肉体美が堪能できますよ
すごい良い体してたよ。

ネタばれ厳禁ですね。

エンドロール最後まで観てね。
また、ソーは帰ってくるらしい。。。(キャプテン・アメリカでちょい役あるか?)


 ↓良かったら...
ダーク・ワールドのわりにはライトな映画ですなぁ。
北欧神話をモデルにした重々しさなどもはや存在せず。この映画にあるのは徹底した軽い演出と軽い構成で、重々しいのは音響と ...
こねたみっくす  2014年02月10日(月) 10時55分
ニューヨークに壊?E??な打撃を与えた「アベンジャーズ」?E戦ぁE???�1年。 イギリス・ロンドンに原因不?Eの重力異常が発生する。 ソーの恋人である天?E???E??老E?Eジェーンは、調査の過程で地?E?E侵略を目論?E“ダーク・エルフ”?E力を自ら?E身体に宿してしまぁE?? そ?E異変に気づぁE??ソーは、ジェーンを神?E世界?E?アスガルド>へ連れてぁE??のだが…。 アクション・ファンタジー第2弾?�
象のロケチE??  2014年02月09日(日) 15時22分
シリーズ2作目。
前作は「トンカチ振り回すマッチョマンが格好良いワケないじゃん」と思って観なかったんだけど、「アベンジャーズ」観たら意外にも格好良かったし、最近のマーベ ...
時間の無駄と言わないで  2014年02月08日(土) 19時14分
「アベンジャーズ」の主要メンバーとしてすっかり有名になったソー。 単独作品として
はらやんの映画徒然草  2014年02月08日(土) 17時31分

“アベンジャーズの戦い”から1年。
ロンドンで原因不明の重力異常が発生し、天文物理学者のジェーン(ナタリー・ポートマン)が調査に向かうが、物体移動のワームホールを発見し、そこに吸い込まれてしまう。
アズガルドの戦士たちと9つの世界を守るために戦っていたソー(クリス・ヘムズワース)は、ジェーンの安否を知り、再び地球にやってくるが、再会したジェーンの異常に気づき、彼女を救う為、アスガ...
心のままに映画の風景  2014年02月08日(土) 16時21分
マイティ・ソー/ダーク・ワールド

あのソーが、またしても活躍?

う・ソー!!!

と言うことで、今回は、弟ロキとのタッグのようですね。

ロンドンで謎の重力異常の調査に恋人のジェーンがかかわっていたが、なぜか、その調査で、ダークエルフの力が生まれてきたようです。

これは、地球の危機に繋がる一大事。

そこで、ソーは、神の居るアスガルドへ。
しかし、この行動も家族の危機を招く。

一体どうすれば良いんだ!!

と言うことで、弟でもあるロキに助けを求めたが。
...
映画情報良いとこ撮り!  2014年02月08日(土) 13時06分
「マイティ・ソーダーク・ワールド」を鑑賞してきました2D字幕版を。クリス・ヘムズワースがマーベル・コミックの人気キャラクター“ソー”を演じた「マイティ・ソー」の続編にし...
日々“是”精進!  2014年02月08日(土) 12時40分
2014年02月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf