映画「アメリカン・ハッスル」詐欺師の起死回生の一矢

2014年02月05日(水) 16時44分
映画「アメリカン・ハッスル」★★★★
クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、
エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンス、
ジェレミー・レナー、ロバート・デ・ニーロ出演

デヴィッド・O・ラッセル 監督
138分、2014年1月31日公開
2013,アメリカ,ファントム・フィルム
(原題/原作:AMERICAN HUSTLE)

<リンク:http://blog.with2.net/link.php?38257">>

<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


アカデミー商作品賞を含む
最多部門にノミネートの話題作



「1970年代後半のアメリカを揺るがした
政治家などの収賄スキャンダル、
実話をベースに詐欺師が
政治家やマフイアを狙ったFBIの
おとり捜査に協力させられる姿を
スリリングに描いた傑作!」



こういう映画を待っていた!
洗練され過ぎて無くて
どうひいき目に見ても
魅力的には見えない主人公が
輝く一瞬、
「やったー!」って感じ、
良い気分で劇場を後にした。



天才的詐欺師といえどヘマはする、
無罪放免を条件にFBIに協力することになるが、
同様な詐欺師を突き出すハズが
大物政治家が罠にかかりそうになり
そこからカジノの話が展開して
利権の絡んだ政治家や伝説のマフィアのボスまで
芋づる式に逮捕できそうな状況に発展していく。


FBI捜査官の常軌を逸したような行動、
話がでかくなり過ぎることに
不安を訴える詐欺師
彼のパートナーや妻まで絡んで
この映画はどこに決着を持って行くんだろう?と

本当の自分になる。


詐欺師の相棒で愛人の
シドニー(エイミー・アダムス)が
何度か自問する
今の自分とは全く違う、本当の自分。


現状に満足しつつも
どこかに空虚なものを抱え

主人公のアーヴィン(クリスチャン・ベイル)に
似たような部分を見つけて
彼女はそこに新しい自分を見つけるチャンスを
見出そうとしていたのかもしれない。


鏡に映る自分
戸惑いつつも、ドアを開けて一歩外へ出れば
今の自分でしかない

出会いがあって、その先が気になりながらも
これじゃない、これも違う
そんなふうにも感じている。

追い込まれながらも
最後には「自分らしさ」を貫いた主人公達、
巨悪は倒せなかったが
新しい自分達を掴む事が出来た、
そんな彼らの笑顔が印象的だった。


現実はこうも巧くはいかないだろう
だから映画の魔法にかかったフリをするんだ。

しっかしクリスチャン・ベイルの
変貌ぶりには驚いた
役者も大変だ、今度はブヨブヨの腹を見せてたが
以前はアバラが浮き出るくらい
痩せてたもんな、
やっぱ、太ってる方が笑えるし
ほっとする。

ということで、アカデミー有力なこの作品、
ふさわしいかはともかく
面白い作品だった。


★100点満点で80点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2221
トラックバック
トラックバックURL:
映画「アメリカン・ハッスル」を鑑賞しました。

詐欺師アーヴィンと相棒で愛人のシドニーはFBI捜査官リッチーに逮捕されるが、無罪放免を条件におとり捜査への協力を持ち掛けられる
架空のアラブ人富豪をダシにカジノ利権に群がる政治家やマフィアを一網打尽にするという...
笑う社会人の生活  2014年06月16日(月) 0時07分
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞アメリカン・ハッスル/AMERICAN HUSTLE
2013年/アメリカ/138分
監督: デヴィッド・O・ラッセル
出演: クリスチャン・ベイル/ブラッドリー・クーパー/ジェレミー・レナー/エイミー・アダムス/ジェニファー・ローレンス
公開: 2014年01月31日
公式サイト
1978年、詐欺師アーヴィン・ローゼンフェルドは、愛人の...
映画三昧、活字中毒  2014年03月10日(月) 22時08分



話題のド真ん中にいる今作。

先日のゴールデン・グローブ賞で、作品賞、主演女優賞(アダムス)、助演女優賞(ローレンス)を受賞。
アカデミー賞では最多10部門にノミニー、それらは以下の部門。
(作品賞、監督賞、主演男・女優賞、助演男・女優賞、最優秀脚本賞、...
日々 是 変化ナリ ? DAYS OF STRUGGLE ?  2014年03月01日(土) 9時34分
第86回アカデミー賞では作品賞等10部門でノミネートされている話題作。1970年代アメリカで起こった収賄スキャンダル「アブスキャム事件」を映画化したもので、詐欺師とFBIがタッグを組んだ”おとり捜査”
たいむのひとりごと  2014年02月24日(月) 8時08分
監督: デヴィッド・O・ラッセル   
出演: クリスチャン・ベール、ブラッドリ…
映画@見取り八段  2014年02月23日(日) 17時22分
 『アメリカン・ハッスル』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)本作は、今度のアカデミー賞にノミネートされているというので(注1)、映画館に行ってきました。

 映画の冒頭は、1978年4月28日、ニューヨークにあるプラザホテル内の一室。
 主人公のアーヴィン(クリ...
映画的・絵画的・音楽的  2014年02月14日(金) 20時50分
1979年、アメリカ・ニューヨーク。 詐欺師の男アーヴィンは手数料詐欺で大成功するが、ある日相棒の愛人シドニーが逮捕されてしまう。 FBI捜査官のリッチーは、同業者を売れば無罪放免にすると持ちかけてきた。 ところがリッチーのオトリ捜査計画はどんどん大きくなり、大物政治家や大物マフィアまでがターゲットになっていく。 離婚したくないアーヴィンの妻をも巻き込んで、話はややこしくなるばかりなのだが…。 クライム・コメディ。
象のロケット  2014年02月07日(金) 14時40分
人は信じたいものを信じる。 
悠雅的生活  2014年02月06日(木) 23時09分
ゴールデン・グローブ賞を受賞し、アカデミー賞にも多くの部門でノミネートされている
はらやんの映画徒然草  2014年02月06日(木) 22時20分
クリスチャン・ベイルが何か物凄いコトになってる映画。
こんなに笑い所の多い作品だとは思わなかったわ。

主要人物のヘアスタイルが一九分け、パンチ、巨大リーゼント。
ヒロ ...
時間の無駄と言わないで  2014年02月06日(木) 1時59分
人は信じたいものを信じる。
詐欺師コンビがFBIに捜査強力して大物政治家を罠に嵌める爽快感はないものの、最後の最後で巧いこと詐欺師に騙されたというニンマリだけは確実に残る ...
こねたみっくす  2014年02月06日(木) 0時13分

アーヴィン(クリスチャン・ベイル)と、相棒で愛人のシドニー(エイミー・アダムス)は、完全犯罪を続けてきた天才詐欺師だったが、ある時、FBI捜査官リッチー(ブラッドリー・クーパー)に逮捕されてしまう。
アーヴィンとシドニーは、無罪放免を条件に、カジノ利権に群がる政治家やマフィアを一網打尽にするというおとり捜査の協力を持ち掛けられる。
カーマイン市長(ジェレミー・レナー)に近づくと、...
心のままに映画の風景  2014年02月05日(水) 23時54分
『アメリカン・ハッスル』 を試写会で鑑賞しました。

これはアカデミー賞を獲れるのか
私的には微妙だと思います

【ストーリー】
 詐欺師アーヴィン(クリスチャン・ベイル)と、その相棒で愛人のシドニー(エイミー・アダムス)。彼らはFBI捜査官リッチー(ブラッドリー・クーパー)に逮捕されるが、無罪放免を条件におとり捜査への協力を持ち掛けられる。それは、架空のアラブ人富豪をダシに、カジノ利権に群がる政治家やマフィアを一網打尽にするというもの。アーヴィンとシドニーは、標的のカーマイン市長(ジェレミー・レナー)に近づくが、二人の仲を嫉妬(しっと)するアーヴィンの妻ロザリン(ジェニファー・ローレンス)がおとり捜査の邪魔をする。


ストーリーはちょいと小難しい感じだけど、小気味よく進むので
そのままの流れで分かったふりしてOKって感じの映画でした。
ちょくちょくと笑を織り交ぜているので飽きなく見れるのは間違いないです。
クリスチャン・ベイルはどんな顔してたっけという位、分からん。。。
そしてあの体型は役作りで行ったんだから素晴らしい
エイミー・アダムス、ブラッドリー・クーパーも中々の演技でした。
そして、ジェニ...
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】 FBIに協力する詐欺師がマフィアから逃
うろうろ日記  2014年02月05日(水) 21時50分
公式サイト。原題:American Hustle。デヴィッド・O・ラッセル監督、クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、ジェレミー・レナー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレン ...
佐藤秀の徒然幻視録  2014年02月05日(水) 20時58分
最後に笑う者、泣く者は…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201401310001/


[CD]O.S.T. サウンドトラック/AMERICAN HUSTLE【輸入盤】価格:1,642円(税込、送料別)

【送料無料】アメリカン・ハッスル 上 [ ロバート・グリーン ]価格:882...
日々“是”精進! ver.F  2014年02月05日(水) 20時34分
娯楽作品としても文句なしだけど、マニアであるほど面白い難しさもある。主演助演の4名以外にもアラブの富豪役やマフィアのボス役などの存在感が抜群なのだ。音楽も物語もいいし、存在感としてはデ・ニーロが際立っていた。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2014年02月05日(水) 20時32分
異様に太ったクリスチャン・ベイルが、禿げ上がった髪をなんとかする描写からスタート
事務職員へのこの1冊  2014年02月05日(水) 20時25分
毎月1日は映画の日です。1000円で鑑賞できるので、
アカデミー賞ノミネート作品を2本観ちゃおうかと。
まずは1本目。


詐欺師とFBIが協力して汚職にまみれた政治家をおとり捜査で捕まえちゃおうっていう話。
実話を脚色したってことらしい。

期待してなかったからなのか、面白かった(*´∀`*)

クリスチャン・ベイルの演技がお見事で目が離せない。
ターゲットの市長とホ...
よくばりアンテナ  2014年02月05日(水) 20時20分
2014年02月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf