映画「永遠の0」特攻隊と自爆テロの違いなんて、どーでも良い

2014年01月02日(木) 18時56分
映画「永遠の0」★★★★
岡田准一、三浦春馬、井上真央、
濱田岳、新井浩文、染谷将太 、
三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、
田中泯、山本學、風吹ジュン、
平幹二朗、橋爪功、夏八木勲出演

山崎貴 監督
144分、2013年12月21日より公開
2013,日本,東宝
(原題/原作:百田尚樹/永遠の0)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「原作が良かったので
映画化を危惧していた作品、
元旦に1,000円で見た、
満席の劇場も久々の体験、
原作の『核』の部分は忠実に描いていたが
観客に想像させる余白が少なく、
三浦春馬の過剰な演技が
良い雰囲気を台無しにしていた、
それでも心に訴えかける作品には仕上がっていた」



卓越した飛行技術を持ち、
誰よりも死ぬことを恐れていた男が
太平洋戦争で特攻兵に志願したのはなぜなのか?


戦争当時「生きて帰りたい」と言う事は
仲間内で密かに語られたにせよ、
おおっぴらに言う事は無かっただろう、
だから主人公が、そう叫ぶと
違和感を感じた、
それは静かに心のうちで言った事じゃないのかと。






戦争当時のことは
どんなに想像しても自分達には分からない、
どんなふうに描いても
どこか演出の意図が見え隠れするようで
落ち着かない、
それは当時を経験した人達からの
肉声を聞く機会がほとんどなかったからだろう。



とんでもない時代があったのだ、
それはそれ程遠い昔の事じゃなく
経験した人たちが
かろうじてまだ身近にも居るくらいの出来ごと、
「戦争」なんて絵空事のように思っているが
自分達もどこかで一歩間違えば
同じ様な事をしているのかも
それは頭ではイメージできるが
やはり現実感はない。



でもかつて確かに自分のすぐ上の世代は
その間只中に居たのだ。


分かってる、分かっている
それでも現実的には考えられない、
そんなどこか宙ぶらりんのリアル



日本が終戦に向かう最後の時、
もっと生々しい「生」があったはずだが、
映画は僅かな登場人物の
内面に迫ろうとするあまり
戦時中とは乖離した
別の場所で、個々人の心情を語り
終局的な当時の雰囲気には迫れていない、

映像ならそういうにこそ
現実味が欲しいところだ。


映画を見ながら
色んなことを考えた
劇中に語られる「名誉」だとか
そんなものを日常で感じることは無い、
しかしかつてはそういった
小説に出てくるような言葉が
もっと身近にそこここにあって、
時には生きるということより
ずっと重いものと誰もが認めた



自分達は心のずっと奥に
そんな何か大切なものを
ずっしりと抱えて生きているんだろうか?


この映画を見てただストーリーを追うのも良いが、
自分がそこで何を考えたか
そういったことも大切な事だと思う。


映画の中の現在のパートで
「特攻隊も自爆テロも同じ様なもの」という
言葉に過剰に反応するシーンがあった、
無関心とはこういうことだ、
そんなことどーでも良いのだ

だからその違いなんて、どうでも、
そしてそんな世の中こそが
平和ボケボケで
戦争なんてイメージにも無くって
特攻から一番遠くて良いんじゃないか?

そんな世の中だってことだから。

★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2215
トラックバック
トラックバックURL:
 『永遠の0』を吉祥寺オデヲンで見ました。

(1)戦争物の映画は正直あまり見たくはないのですが、評判がとてもいいものですから、映画館に出向いてみました。

 物語(注1)は、司法試験に4回落ちている健太郎(三浦春馬)が、姉の慶子(吹石一恵)と一緒に、自分の血の...
映画的・絵画的・音楽的  2014年01月17日(金) 6時48分
監督: 山崎貴   
出演: 岡田准一、三浦春馬、夏八木勲、井上真央、濱田岳…
映画@見取り八段  2014年01月15日(水) 21時38分

この空に願う、未来――壮大な愛の物語。
製作年度 2013年
上映時間 144分
原作 百田尚樹
脚本 山崎貴/林民夫
監督 山崎貴
出演 岡田准一/三浦春馬/井上真央/濱田岳/染谷将太/新井浩文/三浦貴大/上田竜也/吹石一恵/山本學/橋爪功/夏八木勲

零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚...
to Heart  2014年01月13日(月) 21時34分
 私の年になると、師走は何故か落ち着きません。仕事の方は峠を越しているのですが、何なんでしょう。では、本日紹介する作品はこちらになります。


【題名】
永遠の0

【製作
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  2014年01月10日(金) 20時11分
さて、こちら年末年始の戦争もの映画ですね
私は数年前に原作をすでに読んでいて、今回の映画も楽しみにしていました
ちなみに原作の感想はこちら
読んだのが数年前だったため細部はうろ覚えでの鑑賞でした


あらすじ
祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を聞いた佐伯健太郎(三浦春馬)。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した...
にきログ  2014年01月05日(日) 21時45分
2004年、青年・佐伯健太郎は、自分が祖父と血の繋がりがなく、本当の祖父・宮部久蔵が第二次世界大戦で戦死していたことを知らされる。 宮部に興味を持った健太郎が、かつての戦友たちを訪ね耳にしたのは「海軍一の臆病者」という酷い評判だった。 …60年前の太平洋戦争末期、アメリカを大混乱に陥れ「悪魔」と呼ばれた戦闘機“ゼロ戦”。 宮部はその悪魔を操る天才的パイロットだったのだが…。 戦争ヒューマンドラマ。
象のロケット  2014年01月04日(土) 15時29分
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】春馬君が本当の亡くなったお爺さんの軌跡を
うろうろ日記  2014年01月03日(金) 20時24分
太平洋戦争が終結し、すでにもう65年以上の月日が経っています。 あの戦争を経験し
はらやんの映画徒然草  2014年01月03日(金) 19時52分
生かされている命。それは永遠に続く。
宮部久蔵少尉の物語だけが特別ではない。日本の未来を憂い、信じた成果も挙げられずに散っていった多くの英霊たち全員にこのような語り継 ...
こねたみっくす  2014年01月03日(金) 15時15分



わはは。
公式HPで自分の名前入りのポスター画像が作れるっていうんでやってみた♪

ま、そういうことです。
原作で
さんざん泣いたので、
まともに作っていれば絶対泣いちゃうってわかっていたので、
映画が始まる前からハンカチ用意してました。
隣の人もズルズルと泣いてましたよ。

いい作品に仕上がってました。
VFXで評価の高い山崎監督ですものね。
迫力のある...
よくばりアンテナ  2014年01月03日(金) 7時47分
「永遠の0」を鑑賞してきました放送作家として活躍する一方、小説でもヒットを連発する百田尚樹のデビュー作にして一大ベストセラーとなった同名小説を山崎貴監督が映画化した戦争...
日々“是”精進!  2014年01月03日(金) 7時18分
JUGEMテーマ:映画館で観た映画&nbsp;



&nbsp;

ゼロ戦が旋回する姿や航空母艦が水上を走っている姿は

&nbsp;

美しかった。そして宮部久蔵の人物像を追って行って判った事実は悲しいものでした。そして、祖母松乃と清子を支えた賢一郎や景浦が

&nbsp;

宮部久蔵の遺志を継いで?行ったことは、感動しました。

&nbsp;

&nbsp;

&nbsp;

2013年 東宝

&nbsp;

&nbsp;

キャスト

 宮部久蔵・・・・岡田准一(V6)

 佐伯健太郎・・・三浦春馬

 松乃・・・・・・井上真央

 佐伯慶子・・・・吹石一恵

 佐伯清子・・・・風吹ジュン(幼少期:栗本有規)

 賢一郎・・・・・夏八木勲

 井崎・・・・・・橋爪功(青年期:濱田岳)

 武田・・・・・・山本學(青年期:三浦貴大)

 景浦・・・・・・田中泯(青年期:新井浩文)

 大石・・・・・・染谷将太

&nbsp;

&nbsp;

映画 『永遠の0』公式サイト



&nbsp;

&nbsp;

&nbsp;

【言及】

http://blog.so-net.ne.jp/non-yo-00/2013-12-16/trackback

http://trackb...
こみち  2014年01月03日(金) 0時24分
太平洋戦争版黒田官兵衛?
公式サイト。百田尚樹原作、山崎貴監督。岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、 ...
佐藤秀の徒然幻視録  2014年01月02日(木) 23時14分
絶対に生きて帰ると妻子に言い残して戦いに出て行った祖父は、臆病者と罵られても明日の日本を心配し死んで未来へ向かう日本人に大きなメッセージを残してくれた。戦争映画として邦画史上に残る傑作だ。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2014年01月02日(木) 21時51分
2014年01月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf