映画「キャプテン・フィリップス」半端じゃない緊迫感は本物

2013年12月24日(火) 21時56分
映画「キャプテン・フィリップス」★★★★
トム・ハンクス出演

ポール・グリーングラス監督
134分、2013年11月29日より公開
2013,アメリカ,ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(原題/原作:CAPTAIN PHILLIPS)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「2009年のソマリア海域人質事件をテーマに、
ソマリアの海賊に翻弄される
キャプテン・フィリップス の姿を描いた作品、
ものすごい緊張感の中
人間は何が出来るだろうかと
思わず考えてしまった、
134分が長くは感じさせない」



先週の土曜に引越しをして
まだ片づけないといけない荷物が
段ボールのまま、
ここのところ慌ただしかったので
そろそろ映画でも見ないと、
ということで劇場へ。


事実をベースに乗組員の救出と引き換えに
自ら海賊の人質になった船長が
狭い救命艇のなかでの
まさに息詰まる展開、
興奮した海賊に何度も死の恐怖を味わうが
こうなると「勇気」だとか
「冷静さ」とか
そんな極限状態を知らないで
軽々しく口に出来ないなぁと実感。



彼の勇気ある行動には
さすがにだからこそ彼がキャプテンなんだろうが
それをたたえる気持にはならないな、

自分なら逃げるだろうから、
でも誰もそれを責めないし
結果的に助かったが
命を落としていたら・・・と思うと
どうすることが本当の勇気なのか
分からなくなる。

ソマリアについては
書籍「謎の独立国家ソマリランド/高野 秀行著」真の意味の冒険ってまだまだあるんだと実感
2013年05月28日(火)

この本でおおよその雰囲気は分かっている、
国として未成熟な為
色んな事が普通の常識では測れないようだ、
海賊と言う行為が
ともすると富める国から奪って何が悪いんだ、
くらいの感覚なのかもしれない。


でもこの映画、見え終えて
ひたすらトム・ハンクスの存在が
13分を最後まで見せ切ったのだけれど、
それが事実とはいえ
「だから何」となると
何が言いたいのか分からない。



彼は英雄か?
誰もそれを判断は出来ない。
もっと単調でもしかしたら
つまらないかもと危惧したが
長く続く緊張感でラストまで楽しめた。

★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2212
トラックバック
トラックバックURL:
3日のことですが、映画「キャプテン・フィリップス」を鑑賞しました。

2009年のソマリア海域人質事件をテーマに
海賊の人質となった船長の運命と、海軍特殊部隊ネイビーシールズによる救出作戦を描く

これは面白かった
まさに最後までハラハラドキドキで

海賊というと...
笑う社会人の生活  2014年02月22日(土) 22時13分


実話の映画化。
ソマリア沖を航行中の貨物船が、海賊の襲撃を受ける。
そこから貨物船の船長フィリップス(トム・ハンクス)と、海賊ボスと闘いが始まる...


実はあまり期待してなかった。
とりあえず抑えとこうくらいの意識で映画館に。
ところが....

すぐさま物語にず...
日々 是 変化ナリ ? DAYS OF STRUGGLE ?  2013年12月31日(火) 11時00分
 今年も、今日と明日の二日間となりました。私くらいの年齢になると、一年の過ぎるのが早いこと早いこと。そんなおっちゃんが、今年最後にレビューする作品はこちらになります。
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  2013年12月30日(月) 9時52分

2009年4月。
ソマリア海域を航海中のコンテナ船、マークス・アラバマ号が海賊に襲撃され、あっという間に占拠された。
武器を所持していた4人の海賊に、アラバマ号の船長のリチャード・フィリップス(トム・ハンクス)は、乗組員の安全のため自らが海賊の人質となり、小さな救命艇に乗り込むが…。

2009年のソマリア海域人質事件の実録サスペンス
船長リチャード・フィリップスの原作...
心のままに映画の風景  2013年12月30日(月) 2時54分
2009年、実際にソマリア海域で起こった海賊船による米国船籍の貨物船人質事件を再現した映画。映像記録も残っている実話ということで、映画としても過度な装飾演出やお涙頂戴的人間ドラマはないけれど、それゆえ
たいむのひとりごと  2013年12月27日(金) 16時52分








 CAPTAIN PHILLIPS

 2009年の早春。リチャード・フィリップス(トム・ハンクス)はアフリカ難民に
援助物資を運ぶ貨物船の船長として、20人の乗組員とともに船上にあった。
しかし、彼の船はソマリア沖で4人の若い海賊に襲撃される。

 う〜ん、なんだろう、この臨場感と言うか、緊迫感と言うか。。。何とも言え
ない重圧を感じる作品だっ...
真紅のthinkingdays  2013年12月26日(木) 18時23分

 



 
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159925/
↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。
 
作品レビューです。(ネタバレです)
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id346309/rid80/p1/s0/c1/
 
2009年に、ソマリアの海賊に襲われた船長の“実話”...
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**  2013年12月25日(水) 22時25分
ソマリア沖。救命艇。座席番号15。
悠雅的生活  2013年12月25日(水) 21時23分
近年、ソマリア沖の海賊が国際的に問題となっています。 自衛隊が民間船の警護のため
はらやんの映画徒然草  2013年12月25日(水) 20時48分
親子ぐらい違う2人の船長のガチバトル
公式サイト。原題:Captain Phillips。ポール・グリーングラス監督、トム・ハンクス、バーカッド・アブディ、バーカッド・アブディラマン、ファイ ...
佐藤秀の徒然幻視録  2013年12月25日(水) 11時08分
2009年4月。 アメリカのコンテナ船マースク・アラバマ号は、援助物資5000トン以上の食糧を積んでケニアに向かうべくインド洋を航行していた。 ところがソマリア海域で4人の海賊に襲われ、非武装のアラバマ号はたちまち占拠されてしまう。 53歳になるベテラン船長リチャード・フィリップスは、船と乗組員20名の解放を条件に、自分が人質になることにしたのだが…。 実話から生まれた海洋サスペンス・アクション。
象のロケット  2013年12月25日(水) 9時49分
不屈の魂…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311300001/


【送料無料】オリジナル・サウンドトラック キャプテン・フィリップス [ ヘンリー・ジャックマン ]価格:2,520円(税込、送料込)

★枚数限定ポスター★■トム・ハンクス(両面印刷)Ver■ [映画ポスター...
日々“是”精進! ver.F  2013年12月25日(水) 6時38分
これを勇気の鑑と言わずして、何を勇気の鑑と言うのか。
2009年にソマリア沖で発生した海賊によるアメリカ貨物船襲撃及びリチャード・フィリップス船長誘拐事件を映画化したこの作 ...
こねたみっくす  2013年12月25日(水) 0時32分
ひとり海賊の人質になることを選んだ船長が、貨物船から救命艇に移り体験する出来事は地獄の世界だ。アカデミー賞有力候補という評判は紛れもなく本当だった。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2013年12月24日(火) 23時21分
『キャプテン・フィリップス』 を試写会で鑑賞しました。

ソマリア沖でのシージャックの話です。
なんとなく、『シー・ジャック』と似た話かと思ったら全然違う話でした
(TIFFで上映されたけど、劇場公開されずDVDスルーの映画です)

【ストーリー】
 2009年4月、ソマリア海域を航海中のコンテナ船、マークス・アラバマ号を海賊が襲撃。武器を所持していた4人の海賊に、武装していなかったアラバマ号はあっという間に占拠されてしまう。船長のリチャード・フィリップス(トム・ハンクス)は、20人の乗組員を自由にしてもらう代わりに自らが海賊の人質となり……。


ポール・グリーングラス監督は手持ちカメラ大好きなのかな
今作もほぼ手持ちカメラの映像のようでした。
ただ、今回の映画は海の上が多いので、さほど気にならないのが良かったけど
手持ちカメラの映像は酷いと酔う感じなるので困ったもんです。

今回の映画はソニーの宣伝の方も言っていたが
有名な俳優はトム・ハンクスのみであるとのこと。

映画はできるだけ事前に情報を仕入れず見るのが楽しむコツだとも言ってました。
(それは人それぞれかもしれないけど)

シージャックとの大きな違いは、解...
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf