映画「ゼロ・グラビティ」百億光年の孤独を感じる

2013年12月19日(木) 7時41分
映画「ゼロ・グラビティ」★★★★
サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー出演

アルフォンソ・キュアロン監督
91分、2013年12月13日より公開
2013,アメリカ,ワーナー・ブラザース
(原題/原作:GRAVITY)

<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい




「予告編を見て帰りに前売を買って
楽しみにしていた作品、
宇宙で絶体絶命の状況に置かれたら
もうムリだろ
何度もそう思った、
そしてその向こうに
生きるって何だろう?って、
青い地球がポッカリと浮かび
他は真っ暗な宇宙と言う中で」



サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーという、
二人のオスカー俳優が主人公だが
多くのシーンで宇宙服を着て
ヘルメットをかぶっているので
表情はよく分からない、
声の調子だけというのも
演じる方は結構大変だろうな。



ロシアが衛星を爆破し
その破片が他の衛星を壊して
スペースシャトルで船外活動をしていた
乗組員たちに、無数の破片が襲いかかる、
猛スピードで向かってくる破片が
シャトルを傷つけ
乗組員たちの側をかすめるように
過ぎて行くシーンはとても怖い。



音の無い世界の中で
主人公達のセリフ以外は
ただ通り過ぎる破片のスピードと
青い地球と暗い宇宙の対比が
さっきののんびりとしたムードと
こんなに変わってしまったことに
今さらながら驚き
「一寸先は闇」なんていう言葉が浮かぶ。


後半はライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)の
孤独な戦いが描かれる、
それでも中国の宇宙船内に浮かぶ
卓球のラケットなどの小道具が
微笑ませるが
それもほんの一瞬、
こんなに孤独、こんなにも絶望
「生きる」ということを
強く強く意識させる。



もう諦めかけた博士に
小さな奇跡が起こる、

神に祈った事なんか無いという博士だが
人間の心の中に確実にいる
神という存在が
彼女に最後の希望を見せてくれる。


91分と言う短い映画、
一瞬たりとも緊張は途切れず、
大気圏突入、そして脱出
砂を手につかんだ主人公の表情まで
「ふぅーっ」と脱力した、
それ程映画に入り込み
これからの未来に確実に起こるだろう近未来に、
夢や希望があると良いなと思った。


リアルさは充分感じるが
真実とは違うことも描かれているのだろう、
でもこれはエンタメだからね
真実というより
その絶体絶命の危機に
人間はどうするのか、
主題はそこにあたっと感じた。

この緊張感はやはり劇場じゃないとな、
だから映画館通いが止められないのだ。


★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2211
トラックバック
トラックバックURL:
&nbsp;

&nbsp;

&nbsp;

&nbsp;

&nbsp;

JUGEMテーマ:洋画

&nbsp;

&nbsp;

&nbsp;

 『ソラリス』も映像が美しかったけど

&nbsp;

『ゼロ・グラビティ』も宇宙空間の映像が

&nbsp;

素晴らしく美しい。

&nbsp;

&nbsp;

&nbsp;

 『ソラリス』と違い『ゼロ・グラビティ』は

&nbsp;

パニック映画と言ったところでしょう。

&nbsp;

スペースデブリが原因でスペースシャトルが

&nbsp;

壊れてしまう事故が起こり

&nbsp;

生き残った宇宙飛行士は、宇宙空間上に居る

&nbsp;

ソユーズに戻り地球に帰還すると云った

&nbsp;

アドベンチャー的な要素も含まれています。

&nbsp;

&nbsp;

&nbsp;

 辿り着いたISSには、1機のソユーズは

&nbsp;

離脱しており、もう一基は壊れていたなんて

&nbsp;

最悪の展開ですね。

&nbsp;

&nbsp;

&nbsp;

2013年 ヘイデイ・フィルムズ

&nbsp;

&nbsp;

キャスト

 ライアン・ストーン・...
こみち  2016年06月19日(日) 20時48分


君は生きて帰れ。“必ず生還する"と誓うんだ―。
無限の宇宙に取り残された宇宙飛行士が、酸素・重力・生存率《ゼロ》の極限状態に立ち向かうSFサスペンスドラマ。
まずはやはり圧巻の映像!私はDVD鑑賞なので2Dですけれども、それでも宇宙空間の無限の広がりやクルクル回る様にまるで自分がそこに…?という妙な気持ちを抱かされましたよ、これをIMAXシアターで観てた人は、そりゃ?半端ない一体感だったことでしょう!

宇宙空間では人は孤独であることが改めて思い知らされます。ストーリーは簡単にいえば、宇宙での事故から生還する話なのですが、本作でのジョージ・クルーニー兄貴の男前なこと!極限状態においてもユーモア精神を忘れない強い精神力、逞しい生命力。

観客が宇宙空間を感じられるように作られているため、全編を通じて浮遊感漂う中、無音・無重力空間がどんなところなのかを体感できるようになっていて、そら恐ろしくも美しくもあり、やはりなんともいえない孤独の恐怖が胸をつきますね。
マットの言葉、娘サラへの思い、全てを抱きしめてストーン博士は生きることを選択した。なんかめっちゃ感動したー!!
ラストで彼女がすっくと...
いやいやえん  2014年04月24日(木) 10時17分
16日のことですが、 映画「ゼロ・グラビティ」を鑑賞しました。
I
MAX3Dにて見ました

宇宙でミッションを遂行していたエンジニアのライアン・ストーン博士とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー
スペースシャトルが大破するという想定外の事故により宇宙空間に放り出...
笑う社会人の生活  2014年02月26日(水) 18時39分
久しぶりに夜、映画に行って来ました。 この前見損ねた『ゼロ・グラビティ』です。
コリちょこ  2014年02月01日(土) 0時03分

<ゼロ・グラビティ を観てきました>

<放り出される宇宙空間の恐怖と孤独、そして圧倒的な映像美!>

原題:Gravity
製作:2013年アメリカ

人気ブログランキングへ

「トゥモロー・ワールド」のアルフォンソ・キュアロン監督がメガホンを取った、最新のVFXと3Dを使って製作されたドラマ。
「IMAXで見たほうが絶対にいいから!」と言われ、観てきましたが必ずIMAXで、とは言いませんが(そういう言い方好きじゃないので)できたら映画館で見たほうが迫力が違うと思います。
音楽の効果もあるし、ぜひに〜



スペースシャトルのエンジニア、ストーン博士(サンドラ・ブロック)とベテラン宇宙飛行士マット(ジョージ・クルーニー)は宇宙での船外作業の最中に予想外の事故に巻き込まれ、宇宙空間に放り出されてしまう。
酸素も無くなっていき、地球との交信も途絶えてしまった中、たった一本のロープでつながれただけの二人は生還を目指すのだが…




CGなんだろうけど、とにかく映像が美しい。
わかっていても、美しいと感じる。本当の地球が見えているようだ。そしてその背後にはどこまでも続く、闇。

宇宙は美しい。でも死と隣り合わせでもあり、極限の状...
★紅茶屋ロンド★  2014年01月24日(金) 9時09分

映画『ゼロ・グラビティ(3D・字幕版)』(公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点にします。
【私の評価基準】(映画用)
・★★★★★  傑作!これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。
・★★★★☆  秀作!私が太鼓判を押せる作品。
・★★★☆☆  まぁまぁ。お金払って映画館で観ても悪くない。
・★★☆☆☆  好き嫌いの分岐...
ディレクターの目線blog@FC2  2014年01月13日(月) 10時44分
 『ゼロ・グラビティ』を渋谷TOEIで見ました。

(1)いつもは躊躇する宇宙物ながら、サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーとが初共演とのことで、映画館に行ってきました。

 映画の冒頭では、地上600?の高さになると、温度は+250??100&ordm;Cで、音を伝えるも...
映画的・絵画的・音楽的  2014年01月10日(金) 21時52分
2014年の最初の映画はこちら!「ゼロ・グラビティ」です。 昨年末の映画ブロガー
はらやんの映画徒然草  2014年01月04日(土) 10時24分
宇宙から見た地球の映像とかは見応えあるなぁ。
だらだら無気力ブログ!  2014年01月01日(水) 22時29分

 



 
映画レビュー(ネタバレ表示です)
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id346608/rid68/p1/s0/c1/
(ネタバレですが、“奇想天外“はボカしてます。)
 
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163076/
↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。
 
...
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**  2013年12月30日(月) 23時17分
まるで宇宙に放り出されたような臨場感と、宇宙からみた地球のすばらしさが圧倒的映像で描かれている。冒頭から一瞬も目を離すことができない緊張感が観客を引きつける。二人の俳優しか出てこないのに、内容の充実ぶりがすごい。傑作です
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2013年12月30日(月) 17時00分
当初はIMAX(3D字幕)で鑑賞するつもりでいたけれど、諸事情により2Dで鑑賞。結果として、三半規管の弱い私だけに2Dで良かったと思った。ただでさえ息苦しくなる作品なのに、視覚からも映像に巻き込まれて
たいむのひとりごと  2013年12月30日(月) 15時23分
五つ星評価で【★★★★この手口は上手い】

書きづらいので最初からネタバレで行きます。
読み直したらLINK後のPS以降しかネタバレしてないや。

予告と一緒の不安定な状 ...
ふじき78の死屍累々映画日記  2013年12月30日(月) 1時46分
新人宇宙飛行士の女性ライアン・ストーン博士は、ベテラン男性宇宙飛行士マット・コワルスキーのサポートのもと、スペースシャトルの船外でミッションを遂行していた。 そこへ、破壊された人工衛星の大きな破片がいくつも猛スピードでぶつかって来た。 その衝撃で、2人は無重力空間(ゼロ・グラビティ)に放り出されてしまうのだが…。 SFスリラー。 ≪地球の上空60万メートル。 気圧もない。 酸素もない。 宇宙で生命は存続できない。≫
象のロケット  2013年12月29日(日) 23時54分
 今年も終わるが、ここに来てまたすばらしい映画に出会えた。 約90分の上映時間、濃密なこの時間は得難い体験だった。観ながらいろんな気持ちがない交ぜになって去来し
net@valley  2013年12月29日(日) 23時00分
生きろ。大地を踏みしめるまで。

メキシコの鬼才、アルフォンソ・キュアロン監督の、「トゥモロー・ワールド」以来となる最新作は、地上600キロの宇宙を舞台としたサバイバルサスペンス。
無限に広がる空間に、たった一人取り残される恐怖。
手を伸ばせば届きそうな地球に、帰れないという無情。
撮影技術の開発だけで四年半を費やしたという、体感する3D映像は圧巻の仕上がりだ。
まるで自分が本当...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2013年12月29日(日) 22時13分
まさに自分までもが宇宙遊泳しているかのような錯覚に陥る、見事な映像とその臨場感。
息が苦しくて、くるしくて、くるしくて・・・
宇宙服をはやく脱ぎ捨てたいっ!手に汗握る緊迫したシーンの連続に息も絶え絶え、ホッとする瞬間を期待するラストにはまさかの・・・・
ノルウェー暮らし・イン・原宿  2013年12月22日(日) 17時27分
2013年・アメリカ 配給:ワーナー・ブラザース映画 原題:Gravity 監督:アルフォンソ・キュアロン脚本:アルフォンソ・キュアロン、ホナス・キュアロン撮影:エマニュエル・ルベツキ製作:アルフォン
初のIMAX3Dで観賞。
凄いねIMAX3D。
こうも違うものかと感動した。
普通の映画館に行けなくなっちゃうよ。

イイ設備で観た甲斐あって、映像は凄かった。
こんなに飛び出てこんなに ...
時間の無駄と言わないで  2013年12月22日(日) 0時10分
この撮影、いったい、どうやっているんだろう!?
或る日の出来事  2013年12月21日(土) 20時14分
今年(2013年)最後の映画鑑賞。一本目め。実は今日は、二本鑑賞する予定です。

画面への出演が、サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーだけという、非常に斬新な作品。先週末公開だったが、時間の都合で、一周遅れで鑑賞してきました。

なるほど、そうきますか。最...
勝手に映画評  2013年12月21日(土) 19時24分
■ 試写会にて鑑賞ゼロ・グラビティ/GRAVITY
2013年/91分/アメリカ
監督: アルフォンソ・キュアロン
出演: サンドラ・ブロック/ジョージ・クルーニー
公開: 2013年12月13日
公式サイト
スペースシャトル“エクスプローラー”で船外活動をしていたライアン・ストーン博士とマット・コワルスキー中尉。ヒューストンから「ロシアが自国の衛星をミサイルで破壊したが、軌道は...
映画三昧、活字中毒  2013年12月21日(土) 7時33分
宇宙なんて大嫌い。でも私は諦めない!
怖い、とにかく怖い。でも凄い、この溢れんばかりの生きるという勇気が凄い。そして素晴らしい、カメラワーク、演出、キャスティング、音 ...
こねたみっくす  2013年12月20日(金) 23時32分


<Movie City News恒例のオスカー予想 Gurus o' Gold が発表され
<作品賞候補を眺めたら、ショック!
<このうち、まだ一作もみちょらん...

というわけで、ドバイでさっそく公開中の今作に駆け付けた(笑)


サンドラ・ブロック演じる技師は、初めて宇宙での船...
日々 是 変化ナリ ? DAYS OF STRUGGLE ?  2013年12月20日(金) 0時12分
'13.11.29 『ゼロ・グラビティ』(試写会)@よみうりホール

CheRishで当選! いつもありがとうございます! 見たかったコレー!! 話すと長いので割愛しますが、総勢4名で見てきたー

ネタバレありです! 結末にも触れています!!

「宇宙空間で作業中、ロシアが爆破作業した衛星が飛散し、自分たちに向かっているため緊急回避するよう指示を得たライアン。しかし、一瞬遅く宇宙空間に吹き飛ばされてしまう。同僚のコワルスキーによって救出されるが、自分たちの宇宙船は大破、仲間の宇宙飛行士たちも亡くなった。2人はロシアと中国の宇宙船を使い、地球に戻ることにするが・・・」という話。おもしろかった! とにかく映像がスゴイ!! 宇宙なんて行ったことないのに、こうに違いないと思ってしまうくらいリアル! 91分あっという間だった! さすがクエンティン・タランティーノ監督が2013年度トップ10の1本に選んだだけのことはある!(´-`)。oO(ぇ?)

『天国の口、終わりの楽園』のアルフォンソ・キュアロン監督が、ご子息であるホナス・キュアロンと共同で脚本を書いたのだそう。散々、予告編などで紹介されているとおり、宇宙が舞台の話だけど、SFというよりは人間ドラ...
・*・ etoile ・*・  2013年12月19日(木) 21時36分
衛星の破片。絶体絶命。神の舟。 
悠雅的生活  2013年12月19日(木) 21時36分
『ゼロ・グラビティ』 を試写会で鑑賞しました。

文句なしの映像美と緊張感

【ストーリー】
 地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)。すると、スペースシャトルが大破するという想定外の事故が発生し、二人は一本のロープでつながれたまま漆黒の無重力空間へと放り出される。地球に戻る交通手段であったスペースシャトルを失い、残された酸素も2時間分しかない絶望的な状況で、彼らは懸命に生還する方法を探っていく。


宇宙から見る地球は綺麗である。
そして、この映画でみる宇宙空間もまた綺麗でもあり怖くもある。
予告であった緊迫した映像は本編ではそれほど感じなかったが
それでも緊張の連続である。
自分が宇宙空間で放り出されたらどうなるだろうか
酸素が少なくなったらどうなるか などなど
極限状態と音もない、誰もいない、宇宙空間でどうなるのか?どうするのか?
本当に息をもつかせない、素晴らしい映画であった


 ↓良かったら押してください



...
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 サンドラさんがほぼ一人で宇宙を彷徨っち
うろうろ日記  2013年12月19日(木) 13時46分
絶対に、生きて還る…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312130002/


★枚数限定ポスター★■サンドラ・ブロックVer■ [映画ポスター] ゼロ・グラビティ (GRAVITY) [...価格:6,800円(税込、送料別)

 DVD&ブルーレイでーた 2013年...
日々“是”精進! ver.F  2013年12月19日(木) 12時54分
映像美のためなら何でもアリなのか
公式サイト。原題:Gravity。アルフォンソ・キュアロン監督、サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー、(声)エド・ハリス。地上600キロの空間は一 ...
佐藤秀の徒然幻視録  2013年12月19日(木) 11時53分
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf