映画「いとしきエブリデイ」でも、いとしくは感じられなかった

2013年12月07日(土) 9時53分
映画「いとしきエブリデイ」★★★
シャーリー・ヘンダーソン、ジョン・シム、
ショーン・カーク、ロバート・カーク、
カトリーナ・カーク、ステファニー・カーク出演

マイケル・ウィンターボトム監督
90分、2013年11月9日より公開
2012,イギリス,クレストインターナショナル
(原題/原作:EVERYDAY)





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「マイケル・ウィンターボトム監督の新作、
刑務所にいる父親が再び家に戻ってくるまでの
母と子の5年の日々を描いた物語、
もうちょっと強い何かが欲しかったな」



急激な寒さに震えた少し前、
人間はおかしなもので、寒さにもだいぶ慣れて
空気の澄んだキリッっとした寒さが
心地よく感じたりもしていますね。
「ひかりのまち」はだいぶ前に見た映画だけど
ラストに強烈な「ひかり」を見せてくれたような
そんな記憶だけもって劇場へ。


予告編にヤラレタ映画、
何気ない日々を過ごす何処にでもいる様な
家族を淡々と描くが
そこには父親が居ない・・・、
なんだか予告編はかなり好きな映画の予感、

しかし本編では
自分にはそこから「何か」は
あまり感じられなかった。


子供たちがリアルに大きくなっていくのは
新鮮な驚きだった、

監督が見出したと言う実際の4兄妹、
彼らはスクリーンの中でも確実に
5年の歳月を過ごし
中には父を遠ざける様な
自我に目覚める子供も。


ドキュメンタリーのようでもあり、
でもそこには監督の
たぶん、明確な意図があるのだろう、
でもこちら側は
明確に示されない「何か」を
深読みするしかない。


だから、ちょっと物足りないのだ。


確かに5年の歳月は
子供たちを確実に成長させる、
しかし対照的に刑務所の父も
残され疲弊する母も
その場から一歩も動けないでいる。



ラストシーンは「希望の光」が見えたと
そう思っても良いのだろうか?
自分には過酷な未来の
予感がしてならない、

新しい生活という
もう一つの選択も母親には
あり得るのではないかと
ふとそんなふうに思った。


★100点満点で65点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2209
トラックバック
トラックバックURL:
『いとしきエブリディ』 を試写会で鑑賞しました。

90分のはずはんだけど長い映画だった

【ストーリー】
 ノーフォークの村で暮らすステファニー、ロバート、ショーン、カトリーナの兄妹は、まだ暗いうちに母カレン(シャーリー・ヘンダーソン)に起こされる。その日は兄弟二人が刑務所にいる父イアン(ジョン・シム)の面会に行く日で、姉妹は隣家で留守番をすることになっている。母子三人は長い時間をかけてバスと電車を乗り継ぎ、ようやく刑務所までたどり着く。

音楽はよく、風景画も素晴らしいのですが、ドキュメンタリータッチなのは
仕方ないとしても時間の経過が少しわかりづらかった。
子供たちの成長があるので、その点では分るんだけどね。。。
この映画の狙いは見えなかったけど、やっぱり血縁は大事ということなのかな、、、


 ↓良かったら押してください


...
イギリス、ノーフォークの小さな村。 朝4時、ステファニー、ロバート、ショーン、カトリーナの幼い兄妹は、母カレンに起こされる。 今日は服役中の父イアンとの面会日。 バスと電車を乗り継いでの長い道のりだが、面会時間はあっと言う間に終わってしまう。 昼はスーパー、夜はパブで働く忙しいカレンを男友達のエディは気遣い、子どもたちの面倒も見てくれるのだが…。 ヒューマンドラマ。
象のロケット  2013年12月08日(日) 4時57分
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf