映画「キャリー(2013」ジュリアン・ムーアのひとり勝ち

2013年11月19日(火) 8時17分
映画「キャリー(2013」★★★
クロエ・グレース・モレッツ、ジュリアン・ムーア出演

キンバリー・ピアーズ 監督
100分、2013年11月8日より公開
2013,アメリカ,SPE
(原題/原作:CARRIE)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

原作はスティーブン・キングの同名小説。
映画化は2度目



「1976年のブライアン・デ・パルマ監督版から
37年経過し、そろそろリメイクの時期と思ったのか、
いじめられっ子の少女が、
プロムクイーンに選ばれるが
残酷ないたずらに抑圧されていた怒りを爆発させ、
会場は火の海と化す、
期待した怖さはもうひとつだったな」



寒くなってきました、
ストーブにホットカーペット
少しずつ冬仕度をしていると
こんなときは怖い映画が見たくなるってことで
「キャリー」の現代版を見てきた

昔の映画はTVでたぶん何度か見てる、
タイトルを聞いてすぐ思い浮かぶのは
頭から血をかぶってダラーッと垂れた血に驚く
キャリーの恐怖の顔。


視覚的に凄く怖いというより
心の底にうごめく訳の分からないものが
とてつもない力を秘めているかもしれないという
人間のこの割り切れない心、
もしかしたらその秘めた力が
何かの弾みで解き放たれたら・・・。

あのシシー・スペイセクの恐怖の顔と共に
ホント怖かった。


で、今回はどんなふうに現代に置き換えて
怖がらせてくれるのか
楽しみにしていた、
でも主役のクロエ・グレース・モレッツを見た瞬間、
これは違うなと感じた

可愛すぎる


うつむき加減で歩き
同級生達の虐めにあっても
不条理な出来ごとを募らせ
怒りを爆発させる、あのキャリーは
どうも彼女に重ならなかった。


ただし、この映画
本当に怖いのはキャリーじゃなく
その母演じるジュリアン・ムーアだった、

狂信的な彼女は娘の中に
何か異常なものを感じて
高圧的にキャリーを押さえつけ
常に神に祈りの言葉を捧げるのだが
キャリーの怖さは母親に乗り移ったようで
完全に母親の怖さ勝ちで勝負あり。



ラストのプロム会場のシーンは
なるほど最新の映像技術で
炎に包まれて視覚的には凄いシーンだけど

怒りに任せて全員皆殺しという
怒りの爆発じゃなく
割と人を選んで復讐しているようで
このあたりのどかこ理性的な部分も
こんじゃないだろ
怒り狂ったら、
どうにも物足りなかった。

ジュリアン・ムーアの怪演だけが
印象に残った。



★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2205
トラックバック
トラックバックURL:
キャリー
母親から敬虔に育てられた娘が
高校でイジメに遭い、これまでの怒りを
爆発させた時...

【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:CARRIE 1976年版のリメイク
cinema-days 映画な日々  2015年05月31日(日) 15時43分


ホラーと言う意味では、やっぱりオリジナルの「キャリー」のほうがあってるかな。クロエちゃんだと可愛すぎなところがあって、その点シシー・スペイセクさんの色素の薄いキャリーは脆さを感じさせてくれて、病的な脆さをもつキャリーがプロムの惨劇を引き起こした時の狂気がクロエちゃんだと少々弱く強引に感じられてしまうのですよね。

リメイクとしてみないほうが、成功するでしょう。
その家庭環境と内気ゆえ(しかも可愛い)いじめられているという設定は現代的で、説得力があり共感性と感情移入度は高いと思う。もちろんクロエちゃんの演技力が高いためでもありますが。悩み、傷つき、戸惑い、そして喜ぶ、思春期の女の子の心境と、キャリー・ホワイトという女の子の人物像が、一個の人格としてしっかりと描かれていたのも好感。

「普通の女の子」に憧れるキャリーが、普通の女の子らしさを精一杯出し切っていたプロムでの様子、また誘われた嬉しさからドレスに魅入る様子、それまで味わったことのない幸せが全身からオーラのように出ていたと思います。

そして恐ろしい存在としてのママ。ジュリアン・ムーアさんが妄信的なカトリックの母親を演じてい...
いやいやえん  2014年03月12日(水) 9時09分









 CARRIE

 ハイスクールに通う内気な少女、キャリー・ホワイト(クロエ・グレース・モレッ
ツ)は、性的な物事を忌み嫌う狂信的な母親(ジュリアン・ムーア)に育てられ、
周囲から 「変人」 の烙印を押されていた。プロムも近いある日、そんなキャ
リーにある 「変化」 が訪れる。

 原作はスティーブン・キングのデビュー作にして、ホラー映画の金...
真紅のthinkingdays  2013年11月26日(火) 7時47分
地味で内気な女子高生のキャリーは、学校では変わり者扱いされ、家では狂信的な母親に厳しく監視され、孤独で鬱屈とした日々を送っていた。 遅すぎる初潮を迎えた日、キャリーは自分に物体を動かす超能力が備わってことを知る。 娘が他人と交流を持つことを極端に嫌う母親の反対を押し切って、キャリーは女子の人気を集めるトミーとプロム(卒業ダンスパーティ)に参加するのだが…。 ホラー。 PG-12。
象のロケット  2013年11月22日(金) 16時29分
学校でいじめをずっと受けているキャリーが卒業ダンスパーティーの場で一線を超えた仕打ちをきっかけに怒りを爆発させて、いじめっ子たちに復讐する。考えてみるとこのお話は、キリスト教的だ。キャリーに謝りたいと思った人間は助かって、謝りたくない人間が死んでいる。理
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2013年11月20日(水) 16時41分

狂信的クリスチャンの母親マーガレット(ジュリアン・ムーア)の過度な束縛により、変人扱いされ陰湿なイジメに晒される日々を送る高校生のキャリー(クロエ・グレース・モレッツ)。
ある日、クラスメイトのイジメが一線を越え、激しい興奮状態に陥るったキャリーは、不思議な能力があることに気づくが…。

スティーヴン・キングの同名小説を基に、一人の少女が引き起こす惨劇を描いたブライアン・デ・パ...
心のままに映画の風景  2013年11月20日(水) 12時37分
 クロエ・モレッツが主役なので観に行った。  自分は最初の映画は観ていない。そもそもホラー映画は苦手で観るために自分にとってはお金も時間もかかっていたあの頃だっ
net@valley  2013年11月20日(水) 6時31分
ただ、普通でいたかっただけなのに。

スティーブン・キング原作、ブライアン・デ・パルマ監督によるSFスリラーの金字塔「キャリー」の、37年ぶりの劇場用映画としてのリメイク。
今回、シシー・スペイセクとパイパー・ローリーの代表作となった悲劇の母娘を演じるのは、クロエ・グレース・モレッツとジュリアン・ムーアだ。
元々デ・パルマ版からしてそうなのだが、本作も原作の流れに極めて忠実。
更に...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2013年11月19日(火) 22時43分
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】いじめられっ子はある日自分に超能力がある
うろうろ日記  2013年11月19日(火) 20時49分
みんな、地獄へ堕ちろ…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311080002/


[CD]O.S.T. サウンドトラック/CARRIE【輸入盤】価格:1,642円(税込、送料別)

【送料無料】キャリー 【Blu-ray】 [ シシー・スペイセク ]価格:3,701円(税込、送...
日々“是”精進! ver.F  2013年11月19日(火) 20時42分
2013年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf