映画「ダイアナ.」ナオミ・ワッツの渾身の演技は見もの

2013年10月30日(水) 7時28分
映画「ダイアナ.」★★★
ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンドリュース、
ダグラス・ホッジ、ジュリエット・スティーヴンソン出演

オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督
113分、2013年10月18日より東京のみ公開
2013,イギリス,ギャガ
(原題/原作:DIANA)





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「世界で最も有名な女性ダイアナ、
別居生活も3年余りの1995年から
映画は始まり36歳の若さで逝った
彼女の知られざる日常を描いた映画、
ナオミ・ワッツのなりきりぶりはさすが、
まだ記憶に残る人物を演じるのは
難しい挑戦だっただろう」



1997年にパリで交通事故に遭い、
36歳の若さで急逝したダイアナ元英国皇太子妃
その衝撃はそれ程興味の無かった
自分の様な遠くの国に住む者でも覚えている。
彼女こそ究極のセレブだった。


ふたりの王子とも離れ、
外へ出ればパパラッチに追いかけられ
普通の生活を送る事は夢のまた夢、
そんな彼女の短い恋と
地雷廃絶運動などの人道支援活動に
現地に出向くなどアピールした
離婚後の彼女の生き方を描いているが、
その内容に驚きは無かった。



パパラッチに追われるシーンは
怖いものだなと感じた、
顔が歯っ白になる程のフラッシュ、
彼らは相互に情報を提供し合って
セレブの行く先々で写真を撮る、
これは自分達一般人の
知りたいというものが
究極の形になったものだが
ここまでいくと行きすぎだ。



この映画はダイアナの短い恋に
焦点を当てているので
そういう映画として見れば完結するが

陰に隠れがちな彼女の功績も
もう少しバランス良く見せて欲しかった、
映画はほぼ自分達の知っている
彼女をなぞるように描いている。


彼女の心の奥底
魂に触れるような、踏み込んだ
解釈があれば
映画は随分と違うものになった
唯一の究極として、
だけどそこまでは届いていなかった。


まだ少し時間が必要なのかもしれない。

★100点満点で65点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2197
トラックバック
トラックバックURL:
映画「ダイアナ」を鑑賞しました。
FREE TIME  2013年11月25日(月) 23時58分
ダイアナが1997年にパリで事故死するまでの 2年間の様子が描かれた映画です[E
放浪の狼のたわごと  2013年11月12日(火) 21時33分
36歳の若さで他界した世界で最も有名な女性のひとりであるダイアナ元英国皇太子妃の最期の数年を描いた映画で、ダイアナ個人とその哀しきロマンスを描いた作品。とにかく、ナオミ・ワッツのなり切りっぷりがお見事
たいむのひとりごと  2013年11月12日(火) 15時56分
 婚約から結婚までリアルタイムで追いかけていたダイアナ・ウォッチャーの自分だ。 
みんなシネマいいのに!  2013年11月04日(月) 21時12分



注目は何たって、ダイアナ演じるのが、ナオミ・ワッツ!

予告編ですっかり「成り切ってる!」と思わせ(写真)、期待が大きかった。
なぜそこまで喜ぶかというと、彼女は、ニコールキッドマン同様、出身はオーストラリア(元イギリス植民地)

その彼女が、「元」とはい...
日々 是 変化ナリ ? DAYS OF STRUGGLE ?  2013年11月01日(金) 22時37分

1995年。
チャールズ皇太子と別居中のダイアナ(ナオミ・ワッツ)は、優秀な心臓外科医ハスナット(ナヴィーン・アンドリュース)と出会い、その気さくな人柄に心惹かれていくが…。

36歳の若さでこの世を去ったダイアナ元皇太子妃が亡くなる前の2年間にスポットを当て、その知られざる最後の恋を描く伝記ドラマ。

2013年 10/18公開 イギリス映画
監督 オリヴァー・ヒル...
心のままに映画の風景  2013年11月01日(金) 1時32分
プリンセス・ダイアナ。彼女は自由を失ったプリズナーか、誇りを持ったプリンセスか、それともワガママでも愛を求める女性だったのか。
世界一有名な女性として、イギリス皇太子 ...
こねたみっくす  2013年10月30日(水) 23時03分
『ダイアナ』 を観賞しました。

公開2週目の週末というのに上映も夕方以降になり客入りも2〜3割という状況でした。
大盛況だったのは、まどかマギカでいかにもヲタクな人たちであふれていた

【ストーリー】
 1995年、ダイアナ(ナオミ・ワッツ)が夫のチャールズ皇太子と別居してからすでに3年の月日が過ぎようとしていた。ある日、彼女の良き友であり、治療師でもあるウーナ(ジェラルディン・ジェームズ)の夫が倒れたと連絡が入り、ダイアナは急いで病院に駆け付ける。そこで彼女は、優秀な心臓外科医ハスナット(ナヴィーン・アンドリュース)と出会い……。

米倉涼子は好きだけど、吹き替え版は需要があるのか
もちろん私は字幕版の鑑賞ですけど

惜しいと思うけどナオミ・ワッツより若い女優が良かったっと思う。
10歳くらい若い人のが良かった。

映画のダイアナみたいな女性は扱いきれない。
こんな女性には振り回されて男が疲れてしまうパターンだ。
最初は男も追いかけるのが楽しいんだけど、いつまでも続かない。
そんな女性だったのかは分らないけど...

結局、亡くなったのは本命に振り向いてもらうためにしていたことだったとしたら
本当に不幸なことで...
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】ダイアナさんの離婚間際の時期から亡くなっ
うろうろ日記  2013年10月30日(水) 14時45分
2013年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf