映画「もうひとりの息子(フランス映画)」“東京 サクラ グランプリ獲得作品

2013年10月26日(土) 19時48分
「もうひとりの息子(フランス映画)」★★★★
エマニュエル・ドゥヴォス、パスカル・エルベ
ジュール・シトリュク、マハディ・ダハビ
アリン・オマリ、カリファ・ナトゥール出演

ロレーヌ・レヴィ監督、
105分 フランス語、ヘブライ語、アラビア語、英語 Color | 2012年 フランス | 
(原題/原作:e Other Son [ Le fils de l'Autre ] )





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

昨年の10月の東京国際映画祭で見た映画が
やっと劇場公開された、
昨年の記事をもう一度

当時パレスチナとイスラエルの関係が悪化し
空爆が行われていた。
そんなことをいつもより強く記憶した作品となった。


イスラエルとパレスチナの問題を背景にした家族ドラマ
『もうひとりの息子』が
東京 サクラ グランプリを獲得



「兵役用健康検査の結果、
両親の実子でないことを知ったイスラエル人の青年。
出生の際の手違いが明らかになり、
やがてイスラエルとパレスチナふたつの家庭の
アイデンティティと信念とが
大きく揺さぶられる事態に発展する。
根深い憎しみからの解放を巡る感動のドラマ。」

(第25回東京国際映画祭HPより抜粋)


今朝の朝日新聞では一面トップが
「ガザ 停戦合意」だったが
朝のTVニュースでは条件が折り合わず
まだまだ空爆が続いていると言っていた。

映画もそのあたりの実情を色濃く映していた。

パレスチナとイスラエルの関係については
詳しい事は何も知らない、
この映画で二つの国の国境というか
検問所を超えると
高い壁が長く続いていて
まさに占領という言葉が現実的に思えた。



偶然の手違いから起こった
パレスチナ人とユダヤ人の赤ん坊の取り違え、
湾岸戦争の混乱の中で起きた悲劇だ。


18年近く経って分かった事実に混乱する家族、
他人の赤ん坊を育て、
その子供が敵対する民族の血を引いているということも
さらに両方の家族の感情を複雑にさせている。



うまく適応し始めるのは
2人の子供たちだ
お互いの家を行き来し、
友人以上の親密さをお互いに感じていく、
地続きでありながら
簡単には行き来出来ない現実も
しっかりと見せてくれる。



そしてうまくいかないのは父親たち
これまでの2つの民族の歴史を
長く肌で感じているから
子供に愛情を持てないというより
ただただ途方に暮れてしまっている。


あの高い壁が取り払われ
民族間の対立が無くなるには
まだまだ時間がかかるだろう、
だけど個人として人間対人間のレベルでは
ぎこちない交流であっても
そこから始めていくことで
理解しあえることもあるのだ。



しかし日本からはあまりに遠く
映画の中の現実さえ遠く感じる。

また今日も空爆は行われるだろう。

★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


東京国際映画祭HP

ロレーヌ・レヴィ監督

芸術と法律を学ぶかたわら、
1985年に劇団“La Compagnie de l'Entracte”を旗揚げし、
7年に渡り、劇作家と舞台演出家として活躍。
その後、映像作品の脚本を書きはじめ、3
0本ほどのテレビ、映画作品を手掛けてきた。
2004年に自身の脚本による“The First Time I Turned Twenty”にて
監督デビューを果たし、数々の映画賞を受賞した。
07年には“London mon amour”を監督。
本作が3作目にあたる。

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2195
トラックバック
トラックバックURL:
 上手いタイミングで公開したものだ。

 子供の取り違えが発覚したことで、無風で暮らしてきた二家族が波乱に巻き込まれる。
 カンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞し、大ヒットした『そして父になる』と同じタイミングに、良く似たシチュエーションの家族を描いて東京国際映画祭の東京サクラグランプリと最優秀監督賞を受賞した『もうひとりの息子』を公開するとは考えたものだ。
 派手な娯楽作ではなく、...
映画のブログ  2013年11月17日(日) 8時31分
壁の向こうに“家族”がいる。

昨年の東京国際映画祭で最高賞の東京サクラグランプリ、監督賞の二冠に輝いた作品が、ようやく劇場一般公開である。
大ヒット中の是枝裕和監督の「そして父になる」と同じ、新生児の取り違えをモチーフとした作品で、時節柄どうしても比較されてしまうが、この二作品は似て非なるもの。
ユダヤ系フランス人のロレーヌ・レビ監督による「もうひとりの息子」が是枝作品と大きく異な...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2013年11月05日(火) 22時16分
 「そして父になる」大ヒット御礼! しかし、子供の取り違え事件は世界のあっちこっ
みんなシネマいいのに!  2013年11月05日(火) 6時51分
『もうひとりの息子』 を上映会で鑑賞しました。

UNICEFのホールで鑑賞しましたが、大きいTVモニターでの上映でした。
スクリーンが出てくるのかと思ってたけど、会場の椅子とかは豪華で良かったけど
大きい画面で見たかった!(笑)

【ストーリー】
 イスラエルで暮らすフランス系ユダヤ人家族の一人息子ヨセフ(ジュール・シトリュク)は、兵役のために健康診断を受ける。その結果、医師である母親(エマニュエル・ドゥヴォス)は、息子とは血がつながっていないという衝撃の事実を知ることに。ヨセフが生まれた病院のミスで、パレスチナ人家族の息子ヤシン(メディ・デビ)と入れ違っており……。

昨年の東京国際映画祭(TIFF)でグランプリと監督賞を獲得した映画です。
コンペ上映で見たかったのですが、見れませんでした。
今年は日程が悪くて行けるのかすらわからない...

上映会はアグネス・チャン(UNICEFの日本大使らしい)や
イスラエル、パレスチナの大使も来て行われました。 こんな感じ

映画の内容は子供の取り違えがあり、その取り違われた子供が見つかり
そこからの家族の葛藤を描いています。
そこにイスラエル、パレスチナの問題を少しだけブレン...
イスラエルの経済・文化の中心都市テルアビブ。 夫アロン、妻オリットのシルバーグ夫妻はフランス系イスラエル人。 彼らの18歳になる長男ヨセフが、兵役検査の際に実の息子でないことが判明する。 湾岸戦争初めの1991年、ミサイル攻撃を恐れた病院が新生児を避難させた際に別の子と取り違えられたのだ。 彼らはパレスチナ人の夫サイード、妻ライラのアル・ベザス夫婦、その息子ヤシンと対面するのだが…。 ヒューマンドラマ。
象のロケット  2013年10月26日(土) 20時41分
2013年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf