映画「トランス」奇妙に歪んだストーリーに心地よく騙される

2013年10月23日(水) 7時18分
映画「トランス」★★★☆
ジェームズ・マカヴォイ、ヴァンサン・カッセル
ロザリオ・ドーソン、ダニー・スパーニ
マット・クロス、ワハブ・シーク出演

ダニー・ボイル監督
102分、2013年10月11日より全国公開
2013,アメリカ、イギリス,20世紀フォックス映画
(原題/原作:TRANCE )





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「ダニー・ボイル監督新作は、『人間の記憶』」がテーマ、
オークション会場から40億円の名画が奪われた、
犯人はすぐに明らかになるが
ここから映像と記憶がグッチャグチャになる、
頭の中で整理してるのに
映像はもう新しい事実を映しだし、
まさに上質の推理小説を読んでる気分、
破綻が無く完成度が高い作品となった」



オークション会場から大胆な計画で
名画が奪われる事件が発生、
競売人の共犯はすぐに明らかになり
見てるこちらは拍子抜けするが
じつはここから映画が始まる。



強烈に殴られた事で
記憶を失くした主人公サイモン、
記憶を取り戻す手伝いをする催眠療法士が
積極的に関与する展開に
「どうなってるんだ?」と「?マーク」が
頭の中にたくさん浮かぶ、
そして見てるこっちは
色々考えるわけで
ミスリードされてくわけだけど
このあたりも悪くない。


主要人物は3人、
舞台劇を見ているように
お互いのセリフで色んな事実が明らかになり
その都度見てるこちらは
軽く裏切られ
もう結末がよく分からなくなる、
こうなったらゆったりと構えて
展開を見守り、気持ち良く裏切られたい。



カメラを自分で左右に振ったり
逆向きにしたりすると
その映像はグニャリと歪み
現実の映像を見ているのに
どこか現実感を失う、
そんな気分を大スクリーンで楽しむ、
ネタばらしがあった後でも
破綻なく、見事に裏切られた
その心地よさの余韻を抱えて
劇場を出る至福の瞬間。



「ちょっと変わった映画を撮ろう」
そんなところからスタートしたであろう
この映画だけれど、
奇抜さよりも
徹底的な職人技で
このなんとも奇妙なストーリーを
完成度高い作品に仕上げてくれた、
良質の映画って
見終えるとすごく良い気分。


レンタルが始まったら
もう一回くらい見たい。

★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

ダニー・ボイル監督作品
シャロウ・グレイブ Shallow Grave (1995)
トレインスポッティング Trainspotting (1996)
普通じゃない A Life Less Ordinary (1997)
ザ・ビーチ The Beach (2000)
28日後... 28 Days Later... (2002)
ミリオンズ Millions (2004)
サンシャイン 2057 Sunshine (2007)
スラムドッグ$ミリオネア Slumdog Millionaire (2008)
127時間 127 Hours (2010) 兼脚本・製作

soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2193
トラックバック
トラックバックURL:
【概略】
オークション会場からゴヤの名画を奪った競売人・サイモンは、ギャングのリーダーに殴られた衝撃で記憶を失い…。
サスペンス



頭の中がトランス状態になるのかと思えば意外と単純なストーリーでした。無くなった絵画をめぐり 催眠状態が絡んで真実と虚構が入り混じります。
ロザリオ・ドーソンの脱ぎっぷりにはびっくりしたけれど、「好み」のシーンで大体オチはわかっちゃったよね。お話は、ここまでやる?というか万能なの?という感じで好きになれなかったなー。
結局、サイモンに名画盗難を植え付けたのは数カ月前で、彼のストーカー行為に悩まされている間に「自分を忘れる」など、複数の暗示をかけていたってことなのよね。
ここで使われてる催眠療法があまりにも万能超能力すぎて、萎える。ストーカーというある種の思いこみやすい=暗示にかかりやすい人物だからこそ効いたのだとは思いますが、ちょっと気持ちついていけないところもあったなぁ。
エリザベスはフランクの事は好意をもっていたのでしょう。
いやいやえん  2014年12月19日(金) 13時35分
トランス
ギャンブル依存症の競売人が
絵画強盗に加担するが、記憶を喪失してしまい
絵の隠し場所が判らなくなる...

【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)

原題:Trance(催眠)
cinema-days 映画な日々  2014年12月09日(火) 1時37分
27日のことですが、映画「トランス」を鑑賞しました。

アート競売人のサイモンはギャング一味と協力し、名画を略奪したが
絵画の隠し場所の記憶を失い、ギャングらは催眠療法師を雇い 催眠療法で記憶を復活させようと画策するが・・・

これは面白かった&#8252;&...
笑う社会人の生活  2013年12月31日(火) 17時18分
 映画の中では「催眠」と充てたところもあったけど、ちょっとなんか違和感があった。
net@valley  2013年10月31日(木) 8時16分

ゴヤの有名な絵画「魔女たちの飛翔」の盗難を巡って、息もつかせぬ心理戦。最後に勝利するのは誰なのか?

「何も知らずに観るのが幸せである」とか何とか、評論家のレビューにあったように、予備知識ゼロで観た方が幸せかも。なので、ここから先はほんの少しネタバレ的なものもあるので、未見の方で何にも知りたくない人は絶対に読まないで下さい、


「トレインスポッティング」から始まり、「スラムドック・ミリオネア」、「127時間」、と、言わずと知れたヒットメーカーのダニー・ボイル監督が仕掛けるサスペンス。「?が仕掛ける」という言い方は好きじゃないけど、この作品はその表現がピッタリ。仕掛けられて...
ここなつ映画レビュー  2013年10月29日(火) 16時23分






 TRANCE

 ロンドンでオークションを手掛ける競売人・サイモン(ジェームズ・マカヴォイ)
は、裏社会のギャング・フランク(ヴァンサン・カッセル)と共謀し、ゴヤの名画
を盗もうとする。しかし犯行途中のトラブルでサイモンは記憶を失くし、名画も
行方知れずとなってしまう。催眠療法士のエリザベス(ロザリオ・ドーソン)の
クリニックで、記憶と名画を取り戻すべく...
真紅のthinkingdays  2013年10月29日(火) 7時49分
思ったほどではありませんでした。 催眠療法(トランス)で失われた記憶を取り返すサ
erabu  2013年10月27日(日) 23時47分
観てるこっちもトランス状態に。
だらだら無気力ブログ!  2013年10月27日(日) 1時26分


原題:Trance
監督:ダニー・ボイル
出演:ジェームズ・マカボイ, ロザリオ・ドーソン, バンサン・カッセル
ハリウッド映画 LOVE  2013年10月26日(土) 15時27分
『トランス』 を観賞しました。

本日の2本目なり〜

【ストーリー】
 アート競売人のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)はギャング一味と協力し、オークション会場から40億円の名画を盗み出すことに成功する。しかし計画外の動きを見せた彼はギャングのリーダー(ヴァンサン・カッセル)に暴行され、それが原因で絵画の隠し場所の記憶をなくしてしまう。リーダーは絵画のありかを聞き出すため、催眠療法士(ロザリオ・ドーソン)を雇うものの……。

2本目の映画を見る間に時間があったから、ご飯を食べたんだけど
これが、カレーうどん+ライスで食べ過ぎた。おかげで前半はトランス状態(笑)
 当店は立ち食いそば店ではありませんので、お急ぎの方はご遠慮ください。と張り紙あり。

全然関係ないことを書いてしまいましたが、
2本目のトランスも面白かった

前半は眠くてしかたなかったんだけど、中盤からは面白い展開で先が読めませんでした。
こういう脚本の面白い映画は楽しめますね
ダニー・ボイル監督の映画は『127時間』しか見ていませんが、
あっちは映像に特徴があったけど、今回の映画はストーリーが面白い。

ただ、『パッション』と内容が被るので一緒に...
この秋一番公開が待ち遠しかった『トランス』ついに観てきました?!!


もうマカヴォイ君主演というだけで観る気100%
そして絵画が絡むお話ということで美術好きには更にワクワク
しかも『Happy&amp;Glorious』以来1年2ヶ月ぶりのダニー・ボイル監督の新作(!)ということで期待しない要素は無い!!






※以下感想です。
 結末に触れていますのでご注意ください






&nbsp;
My Pace, My Self  2013年10月24日(木) 22時19分
オークション会場にガス弾が投げ込まれ、その騒ぎの最中に高値で落札されたばかりのゴヤの絵画が消えてしまった。 競売人サイモンは、緊急時マニュアル通り絵画をバッグに入れ金庫へ向かったはずだったが、犯人に殴られ記憶の一部を失ってしまう。 サイモンは催眠療法で事件当時のことを思い出そうとするのだが…。 クライム・サスペンス。 ≪取り戻したはずの記憶には、大切な「その先」があった。≫
象のロケット  2013年10月24日(木) 5時34分
「スラムドッグ$ミリオネア」で
オスカーを受賞し、
ロンドン・オリンピック開会式の
総監督として成功を果たした
ダニー・ボイル監督の新作。
それにマカヴォイくんが
出演となれば、観ないわけには
いかないでしょう!!!


アート競売人のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)は
ギャング一味と協力し、オークション会場から40億円の名画を
盗み出すことに成功するが、ギャングのリーダー(ヴァンサン・カッセル)に
頭を強打され、絵画の隠し場所の記憶をなくしてしまう。
ギャングたちはこの失われた記憶を聞き出すため、
催眠療法士(ロザリオ・ドーソン)を雇うのだが・・・。
...
ルナのシネマ缶  2013年10月24日(木) 1時03分
 『トランス』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)予告編で見て面白そうだと思って映画館に行ってきました。

 本作のはじめの方では、競売人で主人公のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)の口から、彼が関与するオークション会場の警備の完璧さについて語られます。
...
映画的・絵画的・音楽的  2013年10月23日(水) 21時32分
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】オークション会場で絵画を盗んだが、行方不
うろうろ日記  2013年10月23日(水) 20時07分
 




 
 
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/162717/
↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。
 
 
絵画泥棒が、盗みの途中、仲間と暴力沙汰にもめた際に、失神し、
自分が、隠した絵画のありかを、忘れてしまいます。
記憶喪失の治療のため、ある心理カウンセラーのセラピーを受けることになりました。
それは、催眠...
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**  2013年10月23日(水) 15時19分
催眠療法で盗み出した絵画の場所を思い出すという展開があるので途中から現実と潜在意識の差がなくなっていく。何が本当なのかわからなくなるさじ加減が絶妙でもう一度見直してみたくなった。映画の終わりが催眠の終わりという演出もうまい。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2013年10月23日(水) 13時09分
記憶の迷宮の中にあるもの…




詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310110002/


【送料無料選択可!】トランス [輸入盤] / O.S.T.価格:1,569円(税込、送料別)

メール便180円♪宅配便350円♪SALE OFF!新品北米版Blu-ray!【トランス】 ...
日々“是”精進! ver.F  2013年10月23日(水) 12時23分
2013年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf