映画「エリジウム」B級テイストをアカデミー俳優が格上げ

2013年10月03日(木) 6時53分
映画「エリジウム」★★★☆マット・デイモン、ジョディ・フォスター、
シャールト・コプリー出演

ニール・ブロムカンプ監督、
109分、2013年9月20日より全国公開
2013,アメリカ,ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(原題/原作:エリジウム )




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

全米では初登場首位
6週ベストテンに食い込んだが
成績は1億ドルに届いていない。

日本では初登場4位、
最終的には10億円に届くかどうか。



「未来の2154年、人類は格差社会が進み、
スペースコロニー“エリジウム”に住む富裕層と、
荒廃した地球に住む貧困層とに
二極分化されていた。
地球から空を見上げると
手が届きそうな“エリジウム”がぽっかり浮かんでる、
こんな未来もありそうで怖いと感じた。」



「第9地区」では無名の俳優を使って
斬新な未来世界を見せた
ニール・ブロムカンプ監督の長編の2作目、
前回アカデミー賞にノミネートされたからか、
今回はマット・デイモン、ジョディ・フォスターという
大スターを主役に迎えて
そこはやはり明るい未来じゃなく
なんとも切ない未来世界を見せてくれた。


運命だとか未来だとか
自分の力で変える事が出来ると
手を変え品を変えて見せることが多いが
この映画では厳然として「格差」はあり、
貧困層はそれを憧れるように
見上げるしかないという未来が描かれ

それなら地球に住む人々を「善」とし
エリジウムで繁栄を享受する人々を「悪」とする
そんな構図でその逆転を見せれば
分かり易いし、こちらも映画世界に入りやすい。


でも、そんな単純なものじゃないと分かると
これが悩ましいというか、
確かに簡単には割り切れないのだと、
なんだか現実が見え隠れする。



ただしこの映画では
エリジウムの住人の考え方の
描かれ方が希薄で
人間的な部分が感じられなくて
かれらはまるでロボットの様、
このあたりがもう一つだったな。



だからマックス(デイモン)が
エリジウムへの侵入に成功して
地球に住む人々もエリジウムの市民として
データを書き換えるまでの戦いも
なんか現実感から浮遊して
リアルを感じることが出来なかった。


もちろん遠い未来の絵空事なんだから
その未来にリアルを求めても仕方ないけど
どこかに「今」が投影されてないと
映画がただの作りものにしか感じられない、

自分達はそんな薄氷の上を歩きながら
映画を楽しみつつ
良いとか悪いとか
面白いとか面白くないとか
まあ、勝手に言ってるわけだけど。

巨大な予算がついた映画だから
そんなどっしりした映画らしい部分もあり
単純に楽しむことはできる

でもマット・デイモン、ジョディ・フォスターで
これじゃあ、もうひとつ物足りないのだ。

★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2185
トラックバック
トラックバックURL:


「第9地区」は独創性に溢れた面白い作品だったけれど、これはごくふつーのSFだった。
なんで大リーグ養成ギブスがでてくんの。箱庭感満載で、地球規模のSFに感じられない。富裕層のコロニーと、地球のスラム、それしかでてこない。スペースコロニーの設定はガンダムのほうがまだ上。
それと主人公の自己犠牲による弱者救済ラスト。「エリジウム」というスペースコロニーがタイトルになっているのに、その肝心のエリジウムが殆ど描写されない。
しつこい悪役に徹したシャールト・コプリーさんはまあまあ良かったけど、なんでそこで手裏剣とか刀もってんの?手榴弾もとりあげないから不時着になるに決まってるじゃない。
マット・デイモンはもともと猿顔なんだから、坊主頭にしたら似合わないこと必然。ジョディ・フォスターは案の定彼女じゃなくてもいい立ち位置。わざわざ地球側からミサイルを発射させる意味は?
最新医療ポッドが凄すぎ。手榴弾に吹っ飛ばされた顔面も再生する。これ実現したらいいのにーとは思うけれどドラえもんの道具くらい無理感が漂う。
貧困層と富裕層に分かれる未来というのは実にありえそうな設定で大作の作りなんだけれど、拭い切れ...
いやいやえん  2014年02月19日(水) 9時00分
ギリギリ来ました。 とんでもない衝撃作です。 やがて訪れてもおかしくない近未来が
erabu  2013年10月27日(日) 23時44分
23日のことですが、映画「エリジウム」を鑑賞しました。

2154年 スペースコロニー“エリジウム”で生活する富裕層と荒廃した地球に暮らす貧困層
エリジウム政府高官のローズは地球からの侵入者を排除していく中
地球で暮らすマックスは残り5日しかない寿命を懸け エリジウ...
笑う社会人の生活  2013年10月13日(日) 10時47分







 ELYSIUM

 2154年。地球は人口増加と環境破壊によって荒廃し、一部の超富裕層は 「エ
リジウム」 と呼ばれるスペース・コロニー、不老不死の楽園に移住していた。
幼い頃からエリジウムへ行くことを夢見ていたマックス(マット・デイモン)は、ある
事故により余命5日を宣告される。

 デビュー作 『第9地区』 で世界の度肝を抜いた、ニール・ブロム...
真紅のthinkingdays  2013年10月12日(土) 21時27分
 【ネタバレ注意】

 これはマット・デイモンが取り組むべき映画だ。
---
プロデューサーに会い、この映画の話を聞いた瞬間に「やりたい!」って思ったんだ。「この映画に関わるにはどうすればいい?」って感じだ。
---
 映画『エリジウム』の主演をオファーされたときのことを、マット・デイモンはこう語る。
 観客もまた、マット・デイモンこそが本作の主演に相応しいと思うだろう。いま現...
映画のブログ  2013年10月11日(金) 7時45分
2013年のアメリカ映画。

先週の土曜日の午前中、昭島の方に用事があったのですが
思いのほか用事がすぐに済んでしまい、
新宿まで戻ってきたところでふと映画でも見ようかと思い、
新宿ピカデリーの14:10の回を見てきました。

封切り間もないことから結構混んでいて、
最前列しか空いていませんでした。
首と目が疲れましたが、大迫力アクションを堪能できました。


さて、そもそもSFはアイデアが出尽くしていて、
なかなか新味を出すのが難しいと思うのですが、
本作は前作「第9地区」に続き”汚いSF”を突き詰めていて、
SFにはまだ開拓余地があるのだなと思わせてくれ...
蚊も無視する・・・そんなブログ  2013年10月09日(水) 0時34分
ボーンシリーズのマット・デイモンはよかった。 彼主演で、不思議な予告編に興味そそられて 『エリジウム』を観てきました。
しんのすけのイッツマイライフ新館  2013年10月08日(火) 9時19分
英雄の墓標。

南アフリカ発の異色の社会派SF、「第9地区」で大ブレイクしたニール・ブロムカンプ監督の待望の第二作。
舞台はアフリカ大陸から遥か北米へ、しかしそのSFマインドと社会性は健在だ。
時は22世紀、人類の富裕層は環境の悪化した地球を捨て、巨大なスペース・コロニー“エリジウム”に住んでいる。
光と緑に満ち、飢えや紛争とは無縁で、どんな病気や怪我もたちどころに完治する、まさに...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2013年10月05日(土) 23時13分
2154年。 人類はスペース・コロニー(宇宙空間に作られた人工居住地)“エリジウム(理想郷)”に住む富裕層と、荒廃した地球に住む貧困層とに二極分化されている。 エリジウム政府高官の女性ローズは、地球からの密入国者を一切排除していた。 エリジウムには、どんな不治の病をも治してしまう特殊な医療装置がある。 勤務先の工場で致死量の照射線を浴びてしまった地球の男性マックスは、禁じられているエリジウム行きを決行するのだが…。 SFアクション。
象のロケット  2013年10月05日(土) 7時52分
低予算なのに突如表れて話題をかっさらっていった「第9地区」のニール・ブロムカンプ監督の第2弾作品。
この監督だからとか、この俳優だからという映画の見方は余り好きじゃないし、たいてい予算がいっぱいつくと、どういうわけか作品が陳腐になってしまったりするもの。
見るからに何処かで見たような話の設定なのでほとんど期待せずに観てきたら・・・・・
ノルウェー暮らし・イン・原宿  2013年10月04日(金) 10時49分
JUGEMテーマ:映画館で観た映画&nbsp;



&nbsp;

パワードスーツのようなものは、アイアンマンを思わせるような

&nbsp;

兵装だったけど、こちらの方が人間味があり戦闘シーンも

&nbsp;

生身の人が戦っている感があり、迫力がありました。

&nbsp;

ちょっと気になったのが、スペースコロニーにシャトルが

&nbsp;

着陸する前に空気の層を突き破っていると思うけど

&nbsp;

空気感が全然ない。ちょっと不思議な印象を受けました。

&nbsp;

&nbsp;

&nbsp;

2013年 コロンビア映画

&nbsp;

&nbsp;

&nbsp;

キャスト

 マックス・ダ・コスタ・・・・・・マット・デイモン

 ジェシカ・デラコート・・・・・・ジョディ・フォスター

 M・クルーガー・・・・・・・・・シャールト・コプリー

 スパイダー・・・・・・・・・・・ヴァグネル・モーラ

 フレイ・・・・・・・・・・・・・アリシー・ブラガ

 フリオ・・・・・・・・・・・・・ディエゴ・ルナ

 マティルダ・・・・・・・・・・・エマ・トレンブレイ

&nbsp;

&n...
こみち  2013年10月04日(金) 5時42分

2154年。
人口増加と環境破壊が進み、富裕層が400キロ上空に浮かぶスペースコロニー“エリジウム”で生活する一方、貧困層は、荒廃した地球での暮らしに苦しんでいた。
ロボットの組み立て工場で過酷な労働に従事していたマックス(マット・デイモン)は、工場で事故に遭い、余命5日と宣告されてしまう。
生き延びるには、エリジウムにある特殊な医療ポッドに入るしかないマックスは、レジスタン...
心のままに映画の風景  2013年10月03日(木) 23時35分
「第9地区」で長編映画デビューを飾り、高い評価を受けたニール・ブロムカンプ監督の
はらやんの映画徒然草  2013年10月03日(木) 20時42分
 



 
 
 
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159922/
↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。
 
 
『 トータルリコール 』 のリメイクも 、『 タイム 』 もそうでしたが

富裕層・貧困層が住み分けして、二極化が、より際立つ設定です。
 
貧困層(地球)のマックスが、富裕層(...
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**  2013年10月03日(木) 20時22分
 新型IPhoneのスタート、過去のものと比べると今一のようですね。ドコモのガラケーを利用中の私としては、騒動が冷めてから購入を考えていましたが、スコスは早く手に入れることが
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  2013年10月03日(木) 19時42分
あなたは、特別な存在…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201309200003/


【送料無料】オリジナル・サウンドトラック エリジウム [ ライアン・アモン ]価格:2,520円(税込、送料込)

メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご...
日々“是”精進! ver.F  2013年10月03日(木) 12時32分
実によくできた脚本で情報量が大変に多いのに上映時間は短いというすばらしい内容だった。環境破壊や貧富の差、医療保険の差別などが濃い密度で表現された映像ながら、娯楽的にも充分に楽しめる内容になっている。言葉で説明しなくても、出演者たちの行動や身なりから人々の
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2013年10月03日(木) 10時46分
アパルトヘイトを「宇宙人と地球人」という強引な設定にシンボライズした「第9地区」
事務職員へのこの1冊  2013年10月03日(木) 7時37分
2013年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf