映画「マン・オブ・スティール」闘いのシーンがスーパー眩しくてよく分からない

2013年09月28日(土) 19時09分
映画「マン・オブ・スティール」★★★★ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス
ケビン・コスナー、ダイアン・レイン
ラッセル・クロウ、ローレンス・フィッシュバーン出演

ザック・スナイダー監督、
143分、2013年8月30日より全国公開
2013,アメリカ、カナダ,ワーナー・ブラザース
(原題/原作:MAN OF STEEL )



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

全米では初登場首位
1億1600万ドルのオープニング興収は
6月公開の作品では歴代新記録を樹立。
最終的には3億ドルあたりか。

日本では初登場2位、
最終的には20億円に届くかどうか。



「人間の力を超える能力を持つ少年が
いかにして最強のヒーローとなったか、
クリプトン星の同胞との闘いを経て
彼が選びとった彼自身の生き方、
新生スーパーマンの誕生だ」



ハリウッド超大作とはこの映画の事、
スクリーンに映る全てが
巨大な予算で違和感が無く、
実写さながらの迫力ある映像で
「映画を見たな」という気分にさせてくれる。



ただし見ていて感じていたのは
過去と現在を描くパートの
配置を変えたら、
もっと印象が違うだろうなと。


超人的な力を持つ事で
普通の生活が出来ない苦悩、
周囲から変人と見られてしまう事や、
いざという時にも
持っている能力を使えない事、
そんな子供時代を
もっと丁寧に描いたら良かったと感じた、
なんならそれで最初の一本を作るとかね。



だから詰め込み過ぎで
駆け足過ぎて
大切な部分が随分と薄まってしまった、
ケビン・コスナーとダイアン・レインが
そのあたりをしっかり締めてくれてはいるけど
それでもまだ不満は残るのだ。


後半のニューヨークのビル群での
闘いのシーンはやり過ぎ
壊し過ぎで、終わった時
爽快感より
「片づけが大変だろうな」
そんな素朴な気持ちになった、

やはりあの場所でなければ
闘いのスケール感が出なかったことは分かるが
やり過ぎ感の方が勝ったな。


闘い自体もスーパー凄過ぎで
めまぐるしく
光が飛び散り
スクリーン狭しと肉弾戦が繰り広げられるが
これももう少し整理して
ド迫力のいくつかの戦いの場面を
クローズアップして見せた方が
良かったんじゃないかな。


でも、大作を心ゆくまで楽しめたことは確か、
良い作品なので色々求めすぎるが
これは次回への課題にして

暑かった今年の夏の終わり
9月も終わろうとしている、
劇場を出て地上に出ると
風が冷たくて驚いた。

★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2184
トラックバック
トラックバックURL:


海外ドラマ「ヤングスーパーマン」を(途中まで)見てるからか途中まではなんか違和感あったわ(笑)
やはり、地球の父母ジョナサンとマーサ・ケント夫婦の普通の倫理観から正義感が培われているんだなあ。育ての親って重要よね(ヤンスパではまたジョナサンがかっこいいんだ)。
これは、スーパーマンだけどまだスーパーマンになっていない、前日譚のお話。自分の能力への葛藤と出生への戸惑いがよく出ていて、戦う事に慣れていないまだ初々しい超人的な力を持つ宇宙人の話だ。
ヒーローを人間的に捉えなおし、物語をシリアスなドラマとして再構築する…そのアプローチの仕方はバットマンと同じ。

クリストファー・リーヴさんでイメージが確立されているスーパーマンを、ヒーローとして描かず、ひたすら苦悩させる。育ての両親のおかげで素直で優しい青年に育ったクラークが自分の出生の真実を見つけ、またも苦悩し、決断を下すまでを描いているせいか尺が長くなっていますが、未熟だが無敵の設定のせいか緊迫感はちょっと薄め。しかし後半のゾッド将軍との戦いは凄い迫力で、街も壊れまくる。CGも凄ければ街破壊が凄い。
戦闘は、まさに「ドラゴンボール」的...
いやいやえん  2013年12月20日(金) 8時48分
クリストファー・ノーランの手によってバットマンを見事に新生、そして完結させたワー
SGA屋物語紹介所  2013年10月10日(木) 22時18分
 予想外にスーパーマンな映画だったのでびっくりした。 もっと淡々とした展開に爆発的に来るんでなく最初から全開に近い。 自分の出自に悩むというのはずいぶん前からの
net@valley  2013年10月10日(木) 16時50分
2D字幕で鑑賞してきました[E:happy01]スーパーマンといえば、 誰もが知
放浪の狼のたわごと  2013年10月05日(土) 11時16分
 雨、雨、雨ですよ。愛犬のLOVEは雨が嫌いなのでお外でウ○チしませんが、何とか我慢してくれるでしょう。では、本日紹介する作品は、この雨を降らす秋雨前線や台風をも簡単に吹き
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  2013年10月04日(金) 17時23分
昨日、『ガッチャマン』の記事の中で 『マン・オブ・スティール』観て来た事書いたので ついでに今日、記事にしちゃいましょう。
しんのすけのイッツマイライフ新館  2013年10月04日(金) 11時05分
さてそんなわけで本日鑑賞した映画二本目「マン・オブ・スティール」でございます。この映画は「ダークナイト」でお馴染みのクリストファー・ノーラン製作、「ウォッチメン」のザック・スナイダー監督で送るスーパーマンのリブート作品で、私はほとんど内容を知らず予告だけを観て、今一つピンと来なかったのですが、しかしこのコンビであるからつまらないはずはないだろうと、まあまあ期待して観に行きました。そしたら開い...
生まれてから今まで観てきた映画全部  2013年10月01日(火) 21時29分
Man Of Steel2013年/アメリカ (監)ザック・スナイダー(演)ヘン
ごみつ通信  2013年10月01日(火) 1時49分
スーパーマンは、もっとも王道な
ヒーローで、何度も映画化されていますが、
今回はヒーロー誕生までの新シリーズです。
いままでのカラフルな衣装から
今回は渋めの衣装に衣替えして
性格もちょっと暗めです!
スピード感あるアクションは
素晴らしいですが、街を壊すパワーも
半端ないです。

ジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前の惑星クリプトンから
生まれたばかりの息子を宇宙船に乗せて地球へと送り出す。
地球にたどり着いた宇宙船を発見した父(ケヴィン・コスナー)と
母(ダイアン・レイン)は、クラークと名付け息子として彼を育てる。
成長したクラーク(ヘンリー・カ...
ルナのシネマ缶  2013年09月30日(月) 23時27分
ヒーローは皆、十字架を背負う。

なるほど、タイトルが「スーパーマン」でない事も納得である。
「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン製作、「ウォッチメン」のザック・スナイダー監督という、アメコミ映画の両雄が手を組んだリブート版の「マン・オブ・スティール」は、ぶっちゃけ今までのシリーズとは別物だ。
ラッセル・クロウ、ケビン・コスナー、ダイアン・レイン、マイケル・シャノンら錚々たる名...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2013年09月30日(月) 21時35分
わたしの世代だと、スーパーマンといえば1978年製作の(日本公開は悠長な時代だか
事務職員へのこの1冊  2013年09月30日(月) 19時34分
惑星クリプトンで生まれた男児カル=エルは、地球でケント夫妻の息子クラークとして育てられる。 成長した青年クラークは、謎の物体がカナダの氷棚に埋まっているというニュースを聞きつけ現地へ向かうが、そこで出会った女性記者ロイス・レインに、宇宙人であることを知られてしまう。 その頃、クラークの実父ジョー=エルを殺害後、宇宙を漂っていたゾット将軍が、クラークの居場所を突き止めていた…。 SFアクション・ファンタジー新シリーズ。
象のロケット  2013年09月30日(月) 7時42分



なんたって製作は、クリストファー・ノーラン(「バットマン3連作)
で監督は、ザック・スナイダー(「300」「ウォッチメン」「エンジェル ウォーズ」)
凄いメンツ。

にもかかわらず...
当ブログ的に最も印象に残ったのは、エイミー・アダムス!(写真:右)


ノー...
日々 是 変化ナリ ? DAYS OF STRUGGLE ?  2013年09月30日(月) 2時35分
「Man of Steel」2013 USA/カナダ/UK

クリプトン星に生まれたカル=エルは、父親ジョー=エルによって地球へと送られる。やがてカンザスに住むケント夫妻に拾われクラークと名付けられた少年は巨大なパワーを持っていた…

クラーク・ケント/カル=エルに「トリスタンとイゾルデ/2006」「人生万歳!/2009」「インモータルズ -神々の闘い-/2011」「シャドー・チェイサー/2012」のヘンリー・カヴィル。
ロイス・レインに「魔法にかけられて/2007」「チャーリー・ウイルソンズ・ウォー/2007」「ダウト 〜あるカトリック学校で〜/2008」「サンシャイン・クリ...
ヨーロッパ映画を観よう!  2013年09月30日(月) 0時35分

クリプトン星の滅亡を悟ったジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前、生まれたばかりの息子カルを宇宙船に乗せて地球へと送り出す。
ジョナサン(ケヴィン・コスナー)とマーサ(ダイアン・レイン)夫妻に育てられたクラークは、超人的な能力に目覚めていく少年時代から、周囲との違いに孤独と葛藤を抱えながら生きてきた。
成長したクラーク(ヘンリー・カヴィル)は、自分探しの旅に出るが、クリプ...
心のままに映画の風景  2013年09月29日(日) 23時11分
クリストファー・ノーラン製作でザック・スナイダー監督の新生スーパーマンが始動ということで、とても楽しみにしていた作品。最初は3D鑑賞も考えていたけれど結局2D字幕で鑑賞。3D効果を意識した作りになって
たいむのひとりごと  2013年09月29日(日) 19時11分
『マン・オブ・スティール』 を試写会で鑑賞しました。

よみうりホールでまたまた3Dでの試写会です。
3Dだから目も疲れるし、椅子もあれだし、傾斜も少ないから、
よみうりホールで2時間越える映画は、かなり辛いです。

【ストーリー】
 ジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前の惑星クリプトンから生まれたばかりの息子を宇宙船に乗せて地球へと送り出す。その後クラーク(ヘンリー・カヴィル)は、偶然宇宙船を発見した父(ケヴィン・コスナー)と母(ダイアン・レイン)に大事に育てられる。そして成長した彼は、クリプトン星の生き残りのゾッド将軍と対峙(たいじ)することになり……。


今年の夏の大作で一番楽しみな映画だったので鑑賞券を予告見て即買いしてるんです。
予告がそれほど良かったんですよね。

で、肝心の映画はやっちゃった感満載

スーパーマンの誕生〜スーパーマンになるまでを描いた、いわば序章のような物語です。
最初の誕生からクリプトン星を出るところまではかなり楽しめた。
そこから、地球の話になっていくんですが、それでも前半はまぁそれなりに楽しめるのです。
その後がもう滅茶苦茶なわけです。
どう考えても出す...
マン・オブ・スティール観ました。 [満足度:★★☆☆☆]2/5 ※ネタバレありの
ぷかざの映画感想記  2013年09月29日(日) 16時04分
なかなか感想を書きにくい作品だなと思いました。 今までのアメコミのヒーロー映画と
はらやんの映画徒然草  2013年09月29日(日) 16時02分
クリプトン星での両親の葛藤から地球へやってきてからの差別される時代をへて、やっと地球の人々に受け入れられる。しっかりとした物語と、音速を超えるスピードで空を飛ぶ様子を描いたVFXが素晴らしい。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2013年09月29日(日) 13時33分
あなたは、奇跡を起こした…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201308300003/


マン・オブ・スティール (スーパーマン) ポスター MAN OF STEEL - (HOPE)¥3800以上お買い上げ...価格:935円(税込、送料別)

【送料無料】「マン・オブ・スティー...
日々“是”精進! ver.F  2013年09月29日(日) 12時58分
前回の記事で、次に続くような雰囲気を出さないまま記事を締めくくったけれど、今回も「マン・オブ・スティール」を取り上げる。 クリストファー・ノーランとザック・スナイダー、デヴィッド・S・ゴイヤーがチームを組んで描くは、「鋼鉄の男」ことスーパーマンの伝説。これを、より現代的に語り直すことで、英雄を若返らせる。 素敵な仲間や好敵手とチームを組むのは次回以降のお楽しみとして(2013年8月25日現在、次回作でバットマンを演じるのは、ベン・アフレックと決まっている。あくまで今のところは、だけど)、まずは本作でヒーローの誕生を描く。これに関して最初にやらなければならないのは、彼の出自を明らかにすること。 どこで産まれてどのように育ったのか。強大な力や特殊能力について、その根拠となるところに興味がないではないけれど、それよりもヒーローの根っこのところが知りたい。 スーパーマンよ、君は何者なんだ? 本作では、主人公の背景を描くことを決してなおざりにしていない。カットバックをたびたび用いて、彼のこれまでの時間をそのまま血肉とするような、そんな描き方に人物を描くことの説得力を感じる(私が騙されやすいお人好しってだ...
MESCALINE DRIVE  2013年09月29日(日) 12時54分
「マン・オブ・スティール」を観た。 原案と製作はクリストファー・ノーラン。彼は、「闇の騎士」として知られるバットマンの苦悩と英雄伝説を題材にした三部作、ダークナイト・サーガを完成させた。「メメント」以降、観客の度肝を抜くことにかけて人後に落ちない映像作家が、本作でタッグを組んだのはザック・スナイダー。ザック・スナイダーの映画監督としてのキャリアには、アメリカンコミックを原作に持つ「300」と「ウォッチメン」がある。 本作もまたアメコミを原作を持つ。それどころかアメコミを代表するヒーローが主人公だ。 そのスーパーヒーローは「鋼鉄の男」の二つ名を持つ。特徴ある星条旗カラーのコスチュームは、誰もが一度は目にしたことのあるはず。 ヒーローの素性は、母なる星を失い、その際に両親によって赤子のうちに地球へと送られた、「惑星クリプトン最後の息子」。その遺児は名をカル=エルというが、地球の養父母は彼をクラークと名付けた。 地球人クラーク・ケント。人類をはるかに超越する肉体と知性、特殊な能力を有する彼は、長い期間をモラトリアムに過ごすが、後に自らの使命に目覚める。そのとき人々は、男の胸に描かれたエンブレムと...
MESCALINE DRIVE  2013年09月29日(日) 12時54分
2013年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf