映画「ホワイトハウス・ダウン」ここまでやって良いのかと戸惑いつつ楽しんだ

2013年08月29日(木) 7時04分
映画「ホワイトハウス・ダウン」★★★★
チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス
マギー・ギレンホール、ジェイソン・クラーク出演

ローランド・エメリッヒ監督、
132分、2013年8月16日より全国公開
2012,アメリカ,カルチュア・パブリッシャーズ、ブロードメディア・スタジオ
(原題/原作:WHITE HOUSE DOWN )




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「予告編でホワイトハウスの天辺が
炎に包まれて崩れ落ちるシーンを見て
ここまでやるなら、面白いかもと
前売券を買って公開を待っていた作品、
内容的に目新しさは無いが
『ダイ・ハード』のマクレーンを
彷彿とさせるシーンのあり
新しいシリーズの始まりなのかもと
少し期待しつつ展開を見守った」



主人公のジョン・ケイル(チャニング・テイタム)は、
大統領ジェームズ・ソイヤー(ジェイミー・フォックス)を
警護するシークレットサービスの採用に応募し
面接するが不採用となってしまう、
同じ日、大統領に憧れる娘のエイミーを連れて
ホワイトハウス見学ツアーに参加するが、
その途中でホワイトハウスは何者かに攻撃され
占拠されてしまう。

ホワイトハウスの上部が爆発され
炎上するシーンは衝撃的、
こんなことして良いのか?と思いつつも
その思い切りの良さは
この映画のラストまで貫かれ
高いテンションで楽しめる映画に仕上がった。



先日の「ワールド・ウォーZ]では
「家族か人類か」という究極の選択だったが、
今回は「娘か大統領か」という選択、
そんな選択を迫られることは
普通には無いとしても
シークレットサービス志願の警備員と
大統領が孤軍奮闘するバディ・ムービー、
随所に心を熱くするシーンがあって楽しんだ。



アメリカ人の大統領選を見ていると
「自分達の選んだ大統領」という
日本の首相とは随分と違う位置を
ハッキリと感じてしまう、
大統領が国民を鼓舞するような演説を
時折行うが
その同じ意味で日本の首相はスピーチはしない。


この温度差は映画にそのまま表れる、
ここに描かれる大統領は
国を守る象徴でありながら
1人の人間としてまずは
尊敬出来る存在でもあり、
まさに生身の人間そのものでもある、

当然のことなんだけど
自分達に置き換えると
首相をこんなふうに描いたら
違和感満載となるだけだろうなぁ、と。


ロケット弾を撃ち込んだり、
庭でのカーチェイス、
最後には大統領の生死が不明確なのに
ミサイルを打ち込む命令が下り
まさに危機一髪

そこに見えるのは娘のエイミーが
アメリカ大統領旗を大きく振りまわし
攻撃を止めさせようとする姿、
やり過ぎなんだけど
でも感動する、そのさじ加減も良い、

見終えて、やはり
これはあり得ないよと思ったが
映画としては面白かったな。



★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2171
トラックバック
トラックバックURL:


チャニング・テイタムさんを主役に、ジェイミー・フォックスさんを大統領に据えた、「エンド・オブ・ホワイトハウス」に続くホワイトハウス陥落もの。うーんこれは甲乙つけがたい。どちらも娯楽映画として充分に楽しめます。色々被ってるところもあるけど。
しかし「エンド…」が外からの攻撃だったのが、本作では内側の腐ったリンゴ。そんでもってチャニング・テイタム!気分も上がる上がる。黒人の大統領ってのがまた時代を象徴しているよね、オバマさんは偉大ですな。その大統領も一人の人間として描かれていて、庶民的というか「私の!大事な!エアジョーダンだ!!」とか「ゾンビだ!」は笑った。

独りで奮闘する話じゃなくて、主人公、キャロル、娘、大統領、その他もろもろの色んな人の奮闘があった話でした。ただ、ツッコミどころはこれもいっぱいで、なんであの人爆弾で死んだの?とか、色々疑問が。でも面白かったからいーか、な作品になっとります。

ところでチャニング=ジョンには11歳の娘がいる設定なのですが、やたら大統領官邸に詳しい政治好きの行動派の女の子で、可愛い子でした。彼女がまた大活躍します。発表会のために練習していたという...
いやいやえん  2014年01月10日(金) 18時05分
今年は本作と「エンド・オブ・ホワイトハウス」という二つの作品で、ホワイトハウスが
はらやんの映画徒然草  2013年09月19日(木) 19時20分


【監督】ローランド・エメリッヒ
【出演】チャニング・テイタム/ジェイミー・フォックス/マギー・ギレンホール/ジェイソン・クラーク/リチャード・ジェンキンス/ジェームズ・ウッズ/ジョーイ・キング
【...
シネマをぶった斬りっ!!  2013年09月07日(土) 20時55分


チャニング・テイタムつながり、という事で。「マジック・マイク」でノックアウトされた私は、彼の勇姿を観る為なら何でもします(笑)。アクションで魅せる事ができる役者なのは「エージェント・マロリー」で実証済みだし。

ローランド・エメリッヒ監督は、アメリカの愛国心について常に描き続ける監督。選ぶ事象は違えど、根底に流れるテーマ「愛国心」は変わらない。
しかし、それも世相につれ、ーというか、恐らくバックグラウンドになる時代にアメリカが置かれている状況によって、描き方が変わってきたように思う。「世界の警察」アメリカの俺様的自己愛から、恒久平和の為に多少周囲も慮りましょうよ、それがホン...
ここなつ映画レビュー  2013年09月05日(木) 11時34分
「パシフィックリム」で怪獣に追われる芦田愛菜の走りっぷりをみると、はやく本拠地を海外に移さないと来年の24時間テレビのマラソンに駆りだされてしまうんじゃないかと心配になる。
聖なるブログ 闘いうどんを啜れ  2013年09月05日(木) 11時32分
 お盆休み最終日、今日も朝からせっせと映画館へ足を運びました。ちなみに、本日紹介する作品はこちらになります。


【題名】
ホワイトハウス・ダウン

【製作年】
2013年

こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  2013年08月31日(土) 19時17分
ホワイトハウス・ダウン観ました・ [満足度:★★★☆☆ 3点] ※ネタバレ含む感
ぷかざの映画感想記  2013年08月31日(土) 16時23分

議会警察官のジョン・ケイル(チャニング・テイタム)は、シークレットサービスへの転身を目指し、次席特別警護官キャロル(マギー・ギレンホール)の面接を受けるが、結果は不採用。
娘エミリーをがっか...
心のままに映画の風景  2013年08月31日(土) 0時44分
 『ホワイトハウス・ダウン』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)ことさら暑い今年の夏なのでスカッとするアクション物がいいのではと思い、映画館に行きました。
 ホワイトハウスをめぐるアクション映画は、もう一つ『エンド・オブ・ホワイトハウス』も公開されている...
映画的・絵画的・音楽的  2013年08月30日(金) 21時15分
 異星人に制圧された米国と、その解放のために立ち上がる大統領を、米国の独立戦争になぞらえて描いた『インデペンデンス・デイ』(1996年)は、さぞかし米国民の愛国心を高揚させたに違いない。
 その迫力あ...
映画のブログ  2013年08月30日(金) 8時11分
ホワイトハウス・ダウン

大統領のシークレットサービスに応募したが、不採用だったジョン・ケイル。
幼い娘に気を使い、ホワイトハウス見学へ行くことにした。

謎の武装グループ現れ、ホワイトハウスに居た大統領を人質に、篭城することになった。

ケイルの娘も一緒に・・・

ケイルは、娘を救出すべく、動き出す。


そう言えば、今季は、夏休みの子供映画ってやってたかな?

コナンとかは、なかったよね?

いつもなら、何かしらあった気がするけど。
秋なのか?


キ...
映画情報良いとこ撮り!  2013年08月30日(金) 6時56分
アメリカ・ワシントンD.Cの警官ジョン・ケイルは、大統領の警護官(シークレット・サービス)の面接を受けるためホワイトハウスを訪れる。 面接の後、一緒に来ていた娘エミリーと館内の見学ツアーに参加するが、突然、爆音と共に謎の武装集団による攻撃が始まってしまった! 大統領と、ジョンの娘ら多くの人質を救うため、ジョンはたった一人で戦うことを決意するが…。 サスペンス・アクション。
象のロケット  2013年08月30日(金) 3時22分
予想以上に面白かったなぁ。
だらだら無気力ブログ!  2013年08月30日(金) 1時03分
何よりもよかったのは前半に散りばめたふせんをしっかりと回収して、エンディングに持っていく脚本だ。娘の学芸会の役をクライマックスシーンにしたのには涙が出て感動した。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2013年08月29日(木) 10時58分
ホワイトハウス・ダウン@ニッショーホール
あーうぃ だにぇっと  2013年08月29日(木) 7時56分
「ホワイトハウス・ダウン」を観た。 ホワイトハウス。自由主義国家の盟主を気取るアメリカ合衆国のリーダー、いわずとしれたアメリカ合衆国大統領の住まう官邸である。 ジェームズ・ソイヤーはアメリカ建国史上初の黒人の大統領。ただし、彼がユニークなのはその肌の色ではない。打ち出した政策が独自性に満ちている。 ソイヤー大統領は中東全土からの米軍撤退を宣言した。この劇的な方向転換には、特に軍事産業からの反発が大きくて。 議会警察官に所属するジョン・ケイルには目標がある。彼は大統領警護官への転属を希望している。別居中である娘のエミリーは、十一歳ながら大の政治マニア。厳密にいえばソイヤー大統領の熱烈なファンである。 ジョンは下院議長イーライ・ラフェルソンの警護にあたっており、その日はシークレット・サービスの面接が控えている。人生を決めるこの大事な日に、ジョンは娘を面接会場まで伴う。ホワイトハウスへ。 主人公ジョン・ケイルをチャニング・テイタム、アメリカ合衆国大統領ジェームズ・ソイヤーをジェイミー・フォックス、キャロル・フィナティ特別警護官をマギー・ギレンホールがそれぞれ演じている。 シークレットサービスの...
MESCALINE DRIVE  2013年08月29日(木) 7時40分
2013年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf