映画「はじまりのみち」そんな時代もあった

2013年06月12日(水) 10時00分
映画「はじまりのみち」★★★★
加瀬亮、田中裕子、
ユースケ・サンタマリア、濱田岳出演

原恵一監督、
96分、2013年6月1日より全国公開
2013,日本,松竹
(原題/原作:はじまりのみち」製作委員会)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「木下恵介監督の生誕100周年記念映画、
戦時中、木下が母を疎開させるために
リヤカーで山越えをしたという実話を基に
戦争にによって、映画を好きに作れないという事実や
当時の人々の様子が
丁寧に描かれている、
ラストは木下監督作品が次々登場する」



木下恵介監督の名前は知っているが
TVでも映画を見た記憶はない、
それでも監督が浜松出身と知って
急に身近に感じ、
映画の中でのセリフの「なまり」は
分かる部分も多くて
それだけで当時の人々の生活が
急にぐっと身近に感じた



監督としての功績を描いたわけじゃなく
中心は戦争で母親を疎開させるという
この一点だけ

脳溢血で思うように話せず
体の動かない母親をリヤカーに乗せ
兄とかなり険しい峠を越えて
山間の親戚の家までの2日間を描いている。


坂が急になれば
力は相当必要だ、
動きのゆっくりになったリヤカーの上で
その大変さを敏感に感じ取る母、
途中から雨が降ってくる、
彼らの息遣いが聞こえる。


宿屋に着いて
泥が跳ねて汚れた母の顔を
手ぬぐいで丁寧に拭き取る木下(加瀬亮)、

その仕草を宿の主人や
兄、荷物運びを頼んだ便利屋
皆が見つめるシーンはぐっときた、
大切なものを、いとおしむように
神々しい様な瞬間だ



昭和19年に手がけた『陸軍』の
エピソードが途中で挿入される、
戦意高揚の国策映画が求められた時代、
映画のラストで戦地に行く息子を
見送る母が泣くシーンは
その意にそぐわないと
次回作を中止させられたということ。



こうして身近な情報のほとんどが
国によって統制され
知るべき事しか、知らされないという
不幸な時代はわずか70年前に
この国の姿だったのだ。



自分達はあまりに豊かな自由を手にして
その使い道に途方に暮れているという
なんともぜいたくな時代を生きている、

これは戦後の日本人が望んだことだったが、
果たしてこの結果を
先人はどう思うだろう。


「息子に立派に死んで来いと願う母親はいない」
この言葉は他の状況で聞いたら
ピンとこないセリフだけれど、
この映画では胸にズシンと響いた。

そして作りたい映画が作れない時代を抜けて
その後、監督として作った映画が
次々に登場する、
深刻な顔も見えるが
手を一杯に広げて
明るく笑う男や女の姿が
涙で滲んでいく。


★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2136
トラックバック
トラックバックURL:

 第二次大戦下、戦意高揚映画を撮ることを強いられた映画監督・木下恵介(加
瀬亮)は、松竹に辞表を提出する。故郷・浜松に帰った恵介は、病に伏している
母(田中裕子)を疎開させるため、リヤカーで山...
真紅のthinkingdays  2013年07月27日(土) 14時21分
 あなたにとって、オールタイム・ベスト1の映画は何だろうか。
 古今東西それぞれの映画にそれぞれの良さがあるので、一つに絞るのはなかなか難しいことだろう。
 そこで私は久しく以前にオールタイム・...
映画のブログ  2013年06月20日(木) 23時11分
'13.06.06 『はじまりのみち』@東劇

見たいと思って試写会応募したもハズレ・・・ 邦画だとついついそのままDVD待ちの流れになってしまいがち。今回もそうかなと思っていたけど、twitterなどでの評判がものすごく良くて。やっぱり大画面で見たい!と思い行ってきたー♪

ネタバレありです!

「戦時中。昭和19年に監督した『陸軍』が、国策映画の役割を果たしていないと、次回作の製作中止を言い渡されてしまう木下惠介監督。これに反発した監督は辞表を提出。実家に戻ってしまう。実家では脳梗塞で倒れ寝たきりとなった母を、汽車に乗せて疎開させようとしていた。病気の母に辛い思いをさせまいと、便利屋を頼み兄とともにリヤカーで山道を越えようと考えるが・・・」という話。これはよかった! 映画好きの、映画好きによる、映画好きのための作品。ホントにお母さんをリヤカーに乗せて疎開先に連れて行くだけの話。途中、雨に降られてしまうくらいで、大きな事件も起きない。でも、1時間半飽きることなく見てしまう。そして、大画面で見てよかったと思える作品だった。

見たいと思っていたのは加瀬亮主演だからと、木下惠介監督の映画だということ。1個目の理由はまぁ普通に...
・*・ etoile ・*・  2013年06月19日(水) 12時30分
3日のことですが、映画「はじまりのみち」を鑑賞しました。

戦時中、監督作『陸軍』が軍部からマークされ次回作の製作が中止となり そんな状況にうんざりした木下恵介は松竹に辞表を出す
戦況はますます悪化し山間地へと疎開すると決めた恵介は体の不自由な母をリヤカー...
笑う社会人の生活  2013年06月17日(月) 12時18分
2013年・日本/松竹=衛星劇場配給:松竹 監督:原 恵一脚本:原 恵一プロデューサー:石塚慶生、新垣弘隆音楽:富貴晴美 「二十四の瞳」、「喜びも悲しみも幾年月」等数々の名作を残した映画監督・木下惠介
戦意高揚の国策映画づくりが要求されていた第二次世界大戦中の1944年(昭和19年)。 若き映画監督・木下恵介の作品『陸軍』は軍部から睨まれ、次の映画製作も中止になってしまう。 松竹に辞表を提出した恵介は静岡県浜松市気賀へ帰郷するが、戦局悪化のため一家は山間の気田に疎開することに。 病気の母をリヤカーに乗せ、恵介と兄、便利屋の青年の3人で山越えをすることになったのだが…。 木下恵介生誕100年記念映画。
象のロケット  2013年06月13日(木) 12時11分
2013年公開 日本 96分 G  公式サイト 監督:原恵一/脚本:原恵一/プロ
昼寝の時間  2013年06月13日(木) 11時19分
・・・『はじまりのみち』鑑賞(感想は後日)・・・
見ます!!東劇のブランケット質がよくて素敵☆ http://t.co/bXYGqrxE25 Posted at 06:28 PM



『はじまりのみち』良かった!映画好きの、映画好きによる、映画好きのための映画!エンドロールまで感動させる(ノ_・、)日本人で良かったと心から思った!原恵一監督だからという思い込みもあるかもだけど、アニメ的でもある。絵コンテが見える感じ。もちろんいい意味で!加瀬亮好きー☆ #映画 Posted at 08:54 PM

『はじまりのみち』是非、映画館で見て欲しいなぁ 澤田屋の前のお母さんの神々しさとか、便利屋が帰って行く後姿とか"映画的"なシーンが良かった!ボロボロ泣いたよ。そして『陸軍』が見たい!あのラストは素晴らしい!! #映画 Posted at 11:25 PM

ザックリした感想はtweetどおり。あんまり多くを語らない方が、むしろこの映画に合っている気がするけれど、やっぱり記事は書く予定! って、『リンカーン』まだ書いてないー

木下恵介監督の映画って何か見たことあったかな?と、思ったら『永遠の人』を見てた!なかなか壮絶な話だったけど、良かったなー 高峰秀子さんと、仲代達也さんが素晴らしかった!若き日の田村...
・*・ etoile ・*・  2013年06月13日(木) 0時53分
遠州弁をしゃべる登場人物に親近感を抱くし、澤田屋旅館やトロッコ鉄道跡は筆者が行った場所だ。映画館に勤める従業員だと間違えられた恵介が便利屋らと経験するエピソードを、戦後の作品にシンクロさせるエンディングが感慨深い。短い上映時間なのに長い記憶に残る映画だ。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2013年06月12日(水) 20時35分
2013年06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf