映画「カルテット!人生のオペラハウス 」名優の初監督作品は手堅い出来。

2013年05月27日(月) 19時09分
映画「カルテット!人生のオペラハウス 」★★★★
マギー・スミス、トム・コートネイ
ビリー・コノリー、ポーリーン・コリンズ
マイケル・ガンボン、ギネス・ジョーンズ出演

ダスティン・ホフマン監督、
99分、2013年4月19日より全国公開
2012,イギリス,ギャガ
(原題/原作:QUARTET)





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「ダスティン・ホフマン初監督作、
来日してTVでも見かけたが
本人の脂っこい演技とは打って変わって
音楽家達の老人ホームを舞台に
喜びや悲しみなどを
声高に言うのではなく
サラリと上質な映画が出来上がった」



引退した音楽家たちのためのホーム、
ビーチャム・ハウスでは、
ホームの存続をかけたコンサートの
準備に追われていた。
とはいえ、お城の様な立派な建物に
優雅な庭、音楽に囲まれた環境、
財政難がどこから来てるのか
今ひとつ不明だった。

かつてのプリマドンナジーンが
「私は一文無しになっちゃった」
というのを聞いて、
慈善的な施設だったのかも、
存続の危機と言いながら
彼らは皆、優雅に過ごしているので
その意味の切迫感は無かった。



ただ理由はどうであれ、
コンサートが無事に成功するかどうか
そのクライマックスに向けて
年をとったとはいえ
過去に色々あり、
そして過去の栄光が
現在の自分を許せないという
なんとなく気持ちは想像できる状況など、
テンポよく進んで行くので
まだるっこしさがなくて
99分はあっという間。



年をとっていけば、
これまで簡単に出来た事が
難しくなり、それを自覚することを
受け入れながら、何とかやっていくしかない、
心では分かっていても
実際に自分に降りかかってきたら
どんなふうに受け止めて
受け入れていくのだろう。

何か才能があるって
素晴らしく、そして羨ましいことだ、

この映画のラストは
この時点でのハッピーエンドだけど、
終わりはそれ程遠い未来じゃない、
自分がどう生きたか、
そんなことを納得出来るのだろうか、
高らかな歌い声と
4人のカルテットが心に響く。


★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2126
トラックバック
トラックバックURL:


ダスティン・ホフマン初監督作品。
引退した音楽家たちが余生を送っている老人ホームで起こるヒューマンドラマです。輝かしい過去の栄光を引きずるのではなく、「今」を生きる老人たちの姿が眩しい。
若い頃は、共演したり浮気したり競ったりした人たちが集まっている音楽家専門ってところも珍しいホームの設定ですが、だからこそ音楽に対しての彼らのこだわりが可笑しくも楽しい。実際音楽家たちなら楽しそうな日常なんですよね。「収録は昨日の事のようにおぼえているのに、朝食に何を食べたかは思い出せない」
しかも、新たな入居者というのが、レジーの昔の9時間だけの女房ジーンだってんだから、やりにくい。大スターだが野心とエゴで皆を傷つけ去っていったカルテット(四重奏)仲間だ。コンサートが成功しなければハウス閉鎖という危機で自然みなの期待はカルテット再結成に向けられる。
有名な曲がいっぱい使われてます。バッハやハイドンなんかも使われてて嬉しかったな!実際の演奏家さんらも出演してるそうです。
残念なのは、カルテットが歌う直前で映画が終わってしまうこと。彼らの歌声としてエンディングロールで歌われますが、ジーンがOKをだして...
いやいやえん  2013年11月18日(月) 9時24分
ピアノを弾く皺深い指、コップの中のうがい水を混ぜる指。
映画は指を映すショットの連続から始まります。
なぜ指なんでしょうか。
−たぶん老いは何よりも指に表れるから。
なるほど。
そうかもしれません。
−楽器の多く、たとえばピアノや弦楽器、管楽器は指で奏でるものだから。
それもそうだ。
実際この物語の中でも、多くの指が楽器を奏でているわけです。
でも人間の営みの多くは指を使って行われることを考えれば、音楽だけが特別ではないようにも思えます。
weekly? ぱんだnoきぐるみ  2013年05月28日(火) 11時36分

引退した音楽家たちが暮らす“ビーチャム・ハウス”で余生を過ごすレジー(トム・コートネイ)、シシー(ポーリーン・コリンズ)、ウィルフ(ビリー・コノリー)のもとに、かつてのカルテット仲間だったジーン...
心のままに映画の風景  2013年05月28日(火) 11時12分
イギリスの田園地方。 引退した音楽家たちが暮らす“ビーチャム・ハウス”は、作曲家ヴェルディ生誕200周年コンサートの準備に追われていた。 近隣の若者たちに講義をしている男性レジー、CDプレイヤーを手放さない女性シシー、女性スタッフを口説くのが日課の男性ウィルフの3人は、昔のオペラ仲間。 そこへ、レジーの元妻でプリマドンナのジーンが、新入居者としてやって来るのだが…。 コメディ。
象のロケット  2013年05月28日(火) 8時34分
2013年5月4日(土)

 映画 【カルテット!人生のオペラハウス】 (原題:QUARTET)

を、今日お昼12:30 からの上映の回を「天神TOHOシネマズ」で見ました。

 著名な音楽家が集う老人ホームが 『...
観劇レビュー&旅行記  2013年05月28日(火) 0時14分
飛行機で見ました。 【私の感覚あらすじ】 老人ホームで再会したオペラ歌手たちがホ
うろうろ日記  2013年05月27日(月) 23時26分
2013年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf