映画「死霊のはらわた 」残虐描写はたっぷり、おどろおどろしさは減退

2013年05月20日(月) 14時03分
映画「死霊のはらわた 」★★★☆
ジェーン・レヴィ、シャイロー・フェルナンデス
ルー・テイラー・プッチ、ジェシカ・ルーカス
エリザベス・ブラックモア 出演

フェデ・アルヴァレズク監督、
91分、2012年5月3日より全国公開
2013,アメリカ,ソニー・ピクチャーズ
(原題/原作:THE EVIL DEAD)





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「劇場での予告編は見逃した、
でも公開はポスターで知って
楽しみにしていた作品、
サム・ライミ監督の『死霊のはらわた』は
劇場では見た事がないが
レンタルで、そして深夜放送で
何度か見た作品だ、
安っぽいけれど
ゾンビ映画が好きなら大満足できる、
そのリメイクを見た」



こういう作品は、さじ加減が難しい、
“それ”を見せてしまうと
こちらの想像力を減退させてしまうし、

あまりにもったいつけて
「さてそろそろいいぞ」と
こちらの受け入れ態勢が整ってからだと
かなり頑張らない限り
合格点には届かない。

さて、このリメイク作品はどうだったかというと
チェーンソーでぶった切ったり
電動クギ撃ちから放たれるクギが
肉体にバンバン刺さっていくシーンなど
痛くて残酷なシーンはかなり頑張ってた。


でもこの作品って
森に潜む不思議な「もの」の存在の
曖昧な部分で
見る者の想像力を恐怖の中で
刺激していくというのもテーマのはず。


後者は手抜きというか
おどろおどろしさは
物足りなかったな

これはホントに難しいことなのだろう、
見せてしまえば
もう正面切って過激な描写を
繰り広げなければならないし、
見せないことで盛り上げるなら
演技や演出が重要になる。

どこに重点をおくかで
その作品の立ち位置が変わり
それによって受け手側の印象も変わる、

血みどろホラーを期待するなら
この映画はその期待にまあまあ
答えてくれている。

大画面でこの残酷なシーンを見る時は
半分視界を手で覆いながらも
画面のどこかの部分は目にしていたいし、
でも全部直視するには
痛すぎるしと
これは映画館の大画面の醍醐味、
その点では充分に楽しませてもらった



傑作!とは言えないが
これならレンタルでも
もう一度見てみたい。

★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2123
トラックバック
トラックバックURL:


サム・ライミと言えば「死霊のはらわた」、そのリメイク作品です。笑いを抑えた、恐怖を追及した作りになっています(現代的だね)。
5人の男女、人里離れた山奥の山小屋。おびただしい量の血雨に、メインでもある痛?い描写。大きな音でビックリさせるなどもなく、オリジナルをきちんと踏んでさらにステップアップ。
体を張ったミア役の女優さんのメイクも凄い事になってます。
妹の薬物治療という新設定はあるものの、本質的な部分は変わらずに、ぼろい山小屋で死霊が甦る!

ただ、血みどろホラーとしては合格点でも、どこかつかみどころのない、死霊というおどろおどろしいモノの存在感は薄かった気がするんだよね。加えて、オリジナルであった交互に人間と死霊が入れ替わって訴えるような、心理的な揺さぶりも少なかったように思う(子守唄のシーンのみ?)。
面白くなかったと言えば嘘になるけど、多大な期待を寄せていただけに、後半のあっさりしたホラー部分が拍子抜けして案外つまらなく感じた。恐怖の厚みが足りないというのもある。ミアもあんなんで浄化されちゃうんかい。それに兄さんが最後まであまり血みどろにならなかったなー、そのぶんエリック...
いやいやえん  2013年10月09日(水) 10時07分
善良な者は、罰せられねばならない。

サム・ライミの長編デビュー作にして、ホラー映画史のマスターピース、「死霊のはらわた」の32年ぶりのリメイクである。
オリジナルのユニークさは、超低予算の中で“...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2013年05月22日(水) 22時37分
妹ミアの薬物依存症治療のため、兄デビットとその恋人ナタリー、女性看護師のオリビア、男性高校教師エリックの5人は山奥の小屋に滞在することに。 地下室にあった「死者の書」の封印を解き読んでしまった途端、森の奥で何かが動きだし、ミアの内部に入り込んだ。 明らかに豹変したミアのことを、誰もが薬物の禁断症状だと信じて疑わなかったのだが…。 ホラー。
象のロケット  2013年05月22日(水) 16時54分
いやぁ?グロかった。
だらだら無気力ブログ!  2013年05月22日(水) 1時46分

<死霊のはらわた(2013) を観て来ました>

おふざけ無しのガチスプラッターホラー誕生!

原題:Evil Dead
製作:2013年アメリカ

人気ブログランキングへ

サム・ライミと言えば、「死霊のはらわた」!!
あのスプラッターホラーファンの心を掴んで離さない映画のリメイクが誕生しました。

1はまだ技術も乏しかった中、試行錯誤で生まれた初監督作品。
2はなんと1のリメイク+パワーアップバージョン(笑)。
3はそのまま異世界に飛び出してしまうホラーコメディに!

今回は1(若干2も)のリメイクで、サム・ライミは監督しないものの、製作に回り、オリジナルで主演を務めていたブルース・キャンベルも製作陣に名前を連ねています。



薬物依存症のミア(ジェーン・レビ)はリハビリの為に兄や友人たちと一緒に山奥の古びた山小屋にやってきた。
しかし、そこの地下室で発見した”死者の書”で好奇心から封印されていた死霊を蘇らせてしまった彼ら。
死霊に取り付かれたミアは、不可解な言動から仲間たちは薬物の禁断症状と思われてしまうが、次第にそれはエスカレートしていき…




王道ホラーを突き進みますが、ここまでガッチリと正統派に作ら...
★紅茶屋ロンド★  2013年05月20日(月) 21時44分
2013年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf