映画「ラストスタンド 」シュワの復帰作の出来に満足!

2013年05月04日(土) 17時14分
映画「ラストスタンド」★★★★
アーノルド・シュワルツェネッガー,フォレスト・ウィテカー
ジョニー・ノックスヴィル、ロドリゴ・サントロ
ジェイミー・アレクサンダー、ルイス・ガスマン 出演

キム・ジウン監督、
107分、2013年4月27日より全国公開
2013年、松竹/ポニーキャニオン
(原題/原作:THE LAST STAND)





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「極悪犯コルテスを極秘で護送する車が、
彼の仲間たちに襲撃され
コルテスは逃げ出してしまう、
FBIは総力を挙げて彼の逃亡を阻止しようとするが
メキシコまであと少し
彼の前に最後の男が立ちはだかる」



見る前までは「大丈夫か」と危惧していた、
本格的な復帰なのか
とりあえずの出演なのかで
作品はだいぶ変わってくる
「エクスペンダブルズ」然り、
元気な顔を見せてくれてはいるけど
顔見せ程度では満足できないからね



冒頭しばらくはシュワ保安官の住む
田舎町と脱獄犯の接点が見えなかったが
逃亡犯の逃げていく先が
シュワ保安官の守る町とわかり
期待が高まった。

最新CGを駆使したような
驚きの映像は無かったけれど
そこにはシュワちゃんがすっくと立ち
「悪」を逃さない男が
まさに体ひとつで立ちはだかる、
「よっ、待ってました!」



時速400キロで駆ける
最新鋭のモンスター・マシンに
肉体ひとつで立ち向かう構図は
常識的には無謀なんだけど
そこにターミネーターの肉体があり
メキシコ国境に架けられた橋に
立つ保安官の姿は
西部劇の頃の映画のように
勧善懲悪そのもの



若さは失っても
仲間や、とっさの機転で
「悪」は絶対に許さないのだと言う
強い信念がこちらに伝わって
最後は感動した。



あり得ないアクションが
画面狭しと展開される様な映画が
最近の主流だし
自分もそんな大作映画が好きだ、
でもシュワちゃんの答えは
この映画にあり、その真意は充分に伝わる、
色んな映画がこれからも作りだされるだろう
でも面白いか面白くないかは
最新技術じゃなくて
そこに描かれるストーリーなのだと
改めて実感した


次も期待したい。



★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2116
トラックバック
トラックバックURL:


おかえりなさい!というのがまず最初に思ったこと。映画としては王道でキレキレもムキムキもないのですけど、アクション俳優として枯れてはいないシュワちゃんを見ることができました。勿論老いは色々と感じるものの、主演復帰作ってのがやっぱり嬉しいですよ。
超人的なシュワちゃんが一人でなんとかするというお話ではなく、そこはそれ、元ロス市警の敏腕刑事という設定はあるものの、やはり年齢にあわせて個性的な仲間たちと協力して立ち向かうといった展開になっています。ちなみに車の事にかんしては全然わからんですが、もの凄い超スピードだってのはわかる。
町の銃器博物館(自称…)から武器を調達した仲間たちは、昔ながらのローテク武器や、スクールバスなどで迎え撃つ!ってのがなかなかいいですねえ。ダイナーや町のおばあさんの暢気ながらコミカルなシーンは面白い。
ジョルジェッター!と叫んだ後の発光弾?で両腕などバラバラにぶっとぶのもいかしてた。
そういえば、市長が「傷つけないでくれよ」とキーを投げた時点で、ボコボコになるなと後の展開が読めてしまうような伏線もたくさんありましたね。王道の展開、だからわかりやすい。
意外性は...
いやいやえん  2013年11月03日(日) 8時42分

大好きです。正統派西部劇の趣き。馬がコルベットに置き換わったに過ぎない。古き良き西部劇の味わいがそこかしこにあり、ただ静かな街を守りたいがために、ロートル保安官(アーノルド・シュワルツネッガー)が奮闘するのだ。

監督はキム・ジウン。私の中でホラー分野では未だにNo.1をキープする「箪笥」の監督。恐るべき「悪魔をみた」の監督もこの人だった。でも、ちゃんとこういうのも撮れるんだね。あ、「グッド・バッド・ウィアード」もこの人だったね。じゃ、西部劇は得意な分野だ。で、彼のハリウッド進出作品なのである。


メキシコとの国境にある静かな街を、脱獄した麻薬王率いる武装軍団が通過すると...
ここなつ映画レビュー  2013年09月18日(水) 12時21分


エクスペンダブルズシリーズでちらっとカメオレベル出演だったシュワちゃんが、いよいよ主演でカムバック。
(知事よりは、やっぱこっちが似合うよねー)
今回の役は 凄腕ながらも、田舎町でのんびり任務につく保安官。


冒頭から連発されるカーチェイスで、観賞する側は...
日々 是 変化ナリ ? DAYS OF STRUGGLE ?  2013年05月18日(土) 1時30分
 町の通りで対峙する悪漢たちと保安官。とうぜん保安官は多勢に無勢。
 それでも保安官は一歩も引かず、銃を構えて悪漢たちに立ち向かう。
 西部劇でお馴染みのこのシチュエーションを現代に再現する。そ...
映画のブログ  2013年05月13日(月) 3時09分
ロートル保安官の不屈。

長らくカリフォルニア州知事を務めていたアーノルド・シュワルツェネッガーの、2003年の「ターミネーター3」以来10年ぶりの主演復帰作は、メキシコ国境の田舎町を舞台に麻薬組織と...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2013年05月08日(水) 22時57分
 アーノルド・シュワルツェネガー、政治家からの復帰第1作ということもあって、「いまさらシュワちゃん?」と思う人もいるかも知れないが、現代の西部劇は満足だった。ち
net@valley  2013年05月07日(火) 13時29分
『ジャッキー・コーガン』がつまんなかった分、こっちは期待以上の面白さで満足。
だらだら無気力ブログ!  2013年05月07日(火) 1時19分
アーノルド・シュワルツェネッガーが、カルフォルニア州知事から俳優に復帰してからの
はらやんの映画徒然草  2013年05月06日(月) 18時55分
 ゴールデンウィークも、今日が最終日。余りゆっくり出来ませんでしたが、それでも映画は結構観ましたよ。では、本日紹介する作品は65歳のシュワちゃんの完全復活を印象付けたこ
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  2013年05月06日(月) 13時38分

アーノルド・シュワルツェネッガー10年ぶりの主演復帰作
「ラストスタンド」を観てきました。

私が10代の頃、リアルタイムで体験した
メインのアクションヒーローは
ジャッキーでもスタローンでもなく
シュワちゃんでした。(年がばれるな)
他の二人も活躍していた時期だけど
私にとっちゃシュワちゃんが一番親しみがあったんだよね。

なので、「エクスペンダブルズ2」では
シュワちゃん出演シーンのくどいくらいの
"I'll be back…”に爆笑したものですが、
その際に「ラストスタンド」の特報を目にして
絶対観に行く!と決めていたのでありました。

で、観てきた訳ですが。
出来にはさほど期待してなかったはずが、
結構お気に入り映画となりました。

シュワちゃん曰く、
復帰第一作はあまり規模が大きくない作品を選んだそうですが
確かに大作ではないけれど面白い。
西部劇風味がいい味を出しているのも良し!

ストーリーは以下の通り。

「国境の町、アリゾナ州サマートン。
 ここ4日の間に起こった事件は猫探しのみという
 実にのどかな田舎町。
 非番で町のダイナーにやって来た
 保安官レイ(アーノルド・シュワルツェネッガー)は
 見慣れぬ二人...
ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー  2013年05月06日(月) 8時56分


アーノルド・シュワルツェネッガー主演。

復活ですよ?!!
いやぁ?面白かった??!!
アクション映画はこうでなくっちゃ!!

麻薬王と言われる凶悪犯罪者・コルテスを護送の際に、FBIは大失敗...
よくばりアンテナ  2013年05月05日(日) 20時02分

元ロサンジェルス市警のエリート刑事レイ・オーウェンズ(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、第一線を退き、のどかな国境の町ソマートンで保安官として静かな日々を送っていた。
ある日、麻薬王コル...
心のままに映画の風景  2013年05月05日(日) 13時35分
2013年・アメリカ/ライオンズゲイト 配給:松竹=ポニーキャニオン原題:The Last Stand 監督:キム・ジウン脚本:アンドリュー・クノアー撮影:キム・ジヨン 2003年から7年間、米カリフ
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 年老いたシュワちゃんが田舎で大活躍。と
うろうろ日記  2013年05月05日(日) 0時25分
メキシコとの国境に位置するアリゾナ州ソマートンは犯罪とは無縁の田舎町。 ところが移送中の麻薬王コルテスが逃走し、国境を越えるためにソマートンを通過しようとしていた。 コルテスが雇った屈強な傭兵部隊は特殊部隊SWATさえも蹴散らしてしまう。 ロサンゼルス市警の敏腕刑事だった保安官レイは、仲間たちと共にコルテスの国外逃亡を阻止せんと立ち上がるが…。 クライム・アクション。 ≪俺たちがラストスタンド(最後の砦)だ≫
象のロケット  2013年05月04日(土) 23時55分




 
 
 
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158928/
↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。
 
 
アーノルド・シュワルツェネッガー の十年ぶり単独主演作☆ということだけで、楽しみにしていました☆
 
 
シュワさんは、アメリカ・メキシコ国境の、とある田舎町の保安官。
普段は、...
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**  2013年05月04日(土) 23時49分
ユーモアと最新のテクノロジー、第2次世界大戦当時の武器と最新の武器の対決がほどよくミックスされた楽しい物語だった。西部劇の風味を残していながらシュワちゃん出演映画のセルフパロディもたっぷりと含まれている。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2013年05月04日(土) 23時19分
ヤツが、最後の砦…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304300001/


メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安...
日々“是”精進! ver.F  2013年05月04日(土) 21時08分
『ラストスタンド』 を試写会で鑑賞しました。

シュワちゃんの復活映画♪

【ストーリー】
 極悪犯コルテスを極秘で護送する車が、彼の仲間たちに襲撃される事件が発生。時速400キロメートルという圧倒的スピードとパワーを誇る車を駆り、コルテスらはメキシコ国境へ向けて爆走する。FBIはパトカーやヘリコプターを駆使し総力を挙げてコルテスを足止めしようとするが、最新鋭の銃火器を備えた彼らに太刀打ちできず、追跡隊は壊滅状態。コルテスたちの進路となっている小さな田舎町で保安官を務めるオーウェンズ(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、町にある武器をかき集め、住人らと共に迎撃の準備を整える


即席の仲間を集めて逃走している悪人を捕まえるという話。
前半はたるい話が続くので眠気Maxになってしまった
後半はおばあちゃんの活躍があって笑ったり、
銃撃戦は面白いし、カーチェイスもあり得ないけど面白かった
もう年なシュワちゃんは後半活躍していた
でも、60歳過ぎているし、そろそろ若い人に譲って欲しいと思うのは
私だけだろうか


 ↓良かったら押してください





...
アーノルド・シュワルツェネッガー10年ぶりの復活映画。 今週は久しぶりの3連休、
みかりんの 気ままに感想記  2013年05月04日(土) 20時39分
2013年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf