映画「舟を編む」仕事に何を求めるのか

2013年04月27日(土) 11時48分
映画「舟を編む」★★★★
松田龍平、宮崎あおい
オダギリジョー、黒木華 出演

石井裕也監督、
134分、2013年4月13日より全国公開
2012,中国,角川映画
(原題/原作:舟を編む/三浦しおん)





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

この映画の原作を読んだ時の感想はコチラ↓
クリックすると記事に飛びます↓
書籍「舟を編む」好きこそものの上手なれ
2012年02月13日(月) 0時09分



この作品は「2012年本屋大賞」となった。


「原作がかなり好きだったので
期待して劇場へ、
新しい辞書を作ろうとする
出版社の人達の苦労と情熱を感じる、
仕事に対する自分の考えを
整理するのにも役立つかも」



人は他人から評価されたい、
それが色んな事の原動力だったりする、
でもこの映画を見て、
夢中になれるものを見つけた人の
“強さ”に惹かれた。



確かに地道で大変な作業だけれど
どうしてだか、そんな所も
まさにぴったりの人が導かれて
その作業に熱中する。


誰かに評価されたいという気持ちも
無くは無いと思うが
その結果が出来るのは
遥かに時間のかかる事だ
この辞書も15年近くかかって
やっと完成するのだけれど
その途方もなく長い時間を
彼らは言葉の海を渡っていくのだ、
やはり羨ましい気持ちも感じる。



「仕事」について考える時、
当然だけど「正解」は無く
最後は自分が何をどう選ぶか
それに尽きる
その選択が正しいかどうかも
決めるのは自分自身でしかない。


仕事に何を求めるか、
そしてそこで自己実現していくか、
ものを作ることは凄く羨ましいことだ
完成したものを手に取り
その実感を味わえるのだから。
それって素晴らしいことだ。



完成した日に彼らは
もう次の日からの「改訂」が始まると言う、
好きじゃないと出来ないな・・・
ため息。


★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2114
トラックバック
トラックバックURL:


松田龍平は一見パッとしない役柄のほうが似合う。
辞書を作る。それは、何万語とある言葉の海の中を泳いで渡るごときのようなもの。現代に於いてそれがこんな途方もない年月と労力が費やされているものだとは夢にも思わなかった。先達たちが作ってきた辞書を改良編集して作っているものと思っていた。はっきりいって、辞書を観る目が変わったように思う。
何気なく普段遣っている言葉、その意味をいざ説明してみろといわれたら、我々は出来るだろうか?劇中、序盤で主人公が「右」という言葉を説明してみろといわれるシーンがありますが、右…みぎ…右??と思っちゃうのが普通の人じゃないかしら。
辞書を編纂する気の遠くなるような時間、それを職とする者たちの人生をかけた日常が品よくコミカルに描かれていて面白かった。そこにちょっとラブロマンスをいれてみたりしてね。
言霊というものがありますが、言葉というものには力がある。たったひとつの言葉で人生が変わる人もいる、心が動かされる人がいる。辞書というのはその言葉の集大成、なんだよね。
世の中にはたくさんの辞書がありますが(本のほうね)、それらがこのように苦心して作られていたのかと...
いやいやえん  2014年01月06日(月) 8時34分
 『舟を編む』は、辞書の編纂という地味で気の長そうな仕事が、想像を遥かに上回るほど地味で気が長いことを描き、そこから絶妙な笑いを生み出すコメディだ。
 本作は1995年を舞台にしているけれど、描かれる内容は極めて今日的だ。東日本大震災後の私たちにとって、切実な問題でもある。
 それどころか、時代設定が1995年であるところがミソなのだ。
 20年にも及ぶ辞書作りは、いつの時代を舞台にし...
映画のブログ  2014年01月03日(金) 22時55分
舟を編む ユナイテッド・シネマ浦和 4/13公開

玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、
言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。
新しい...
単館系  2013年06月06日(木) 22時17分
出版社のさえない営業マンとして松田龍平が登場したとき、誰もがびっくりしたはずだ。
事務職員へのこの1冊  2013年05月12日(日) 11時42分
20日のことですが、映画「舟を編む」を鑑賞しました。

玄武書房に勤務する馬締は職場の営業部では変人扱いされていた
言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属され、新しい辞書「大渡海」の編編に従事することになり・・・

辞書編集をテーマにしたドラマ 
...
笑う社会人の生活  2013年05月04日(土) 9時53分


【監督】石井裕也
【出演】松田龍平/宮崎あおい/オダギリジョー/黒木華/渡辺美佐子/池脇千鶴/伊佐山ひろ子/八千草薫/小林薫/加藤剛
【公開日】2013年 4月13日
【製作】日本

【ストーリー】
...
シネマをぶった斬りっ!!  2013年05月03日(金) 20時32分
【4月13日特記】 映画『舟を編む』を観てきた。 三浦しをんの原作小説は結構評判も良かったのだが、言葉オタクを自認する僕からすると正直少し物足りなかった。 どうせこういう話をやるのであれば、もっともっ
trivialities   2013年05月02日(木) 9時38分
映画「舟を編む」観に行ってきました。2012年本屋大賞に輝いた三浦しをん原作の同名小説を、松田龍平・宮崎あおい主演で実写化した作品。物語の始まりは1995年。出版社の玄...
タナウツネット雑記ブログ  2013年05月01日(水) 23時10分
監督: 石井裕也   
出演: 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー…
映画@見取り八段  2013年05月01日(水) 21時39分
2013年・日本 配給:松竹、アスミック・エース 監督:石井裕也原作:三浦しをん脚本:渡辺謙作撮影:藤澤順一音楽:渡邊 崇 出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、201
言葉は海。 それは海の如く広く大きい。 ずっとそこにじっとあるように見えるけれど
はらやんの映画徒然草  2013年04月30日(火) 22時39分
言葉の定義を調べる仕事をしていながら人に自分の気持ちを伝えられない青年が、愛する人を見つけて家庭を築き編集部の責任者として仕事を成し遂げる。まさに男して生まれたら、こういう生き方をしてみたいと思うもんだ。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2013年04月30日(火) 16時39分
言葉は、生きている…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304160001/


映画 舟を編む オリジナル・サウンドトラックサントラ 渡邊崇 リトル・モア 2013-04-...
日々“是”精進! ver.F  2013年04月30日(火) 14時05分
玄武書房・営業部で持て余されていた27歳の馬締(まじめ)光也は、言語能力を買われ、新しい辞書「大渡海」の編纂に取り掛かったばかりの辞書編集部へ異動となった。 辞書作りは、用例採集、見出し語選定、語釈執筆、レイアウト、校正など、気が遠くなるほど地味な作業の連続だが、馬締はそんな仕事が全く苦にならない。 ところが、ある日「大渡海」中止の噂が入って来る…。 ヒューマンドラマ。
象のロケット  2013年04月30日(火) 10時42分

 大手出版社・玄武書房では、新しい辞書 『大渡海』 の編纂作業が本格的
に始まろうとしていた。営業部から辞書編集部へ転属となった馬締光也(松田
龍平)は、「辞書とは、言葉という大海を渡るための...
真紅のthinkingdays  2013年04月30日(火) 8時55分
原作は未読。本屋大賞を受賞された時分は書店に山積みされていたし、ずっと気にはなっていた小説ではあるが、今まで手に取らなかったのはどうにも「”舟”を”編む”」というタイトルから内容がまったくイメージでき
たいむのひとりごと  2013年04月30日(火) 8時09分
 




 
 
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160627/
↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。
 
 
映画レビューです(ネタバレ表示)
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id343711/rid55/p1/s0/c1/
 
 ...
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**  2013年04月30日(火) 0時02分
『舟を編む』 を試写会で鑑賞しました。

本日のよみうりホールは満席で期待の高さが伺える客入りではあったが...

【ストーリー】
 玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。新しい辞書「大渡海」の編さんに従事するのは、現代語に強いチャラ男・西岡正志(オダギリジョー)など個性の強いメンツばかり。仲間と共に20数万語に及ぶ言葉の海と格闘するある日、馬締は下宿の大家の孫娘・林香具矢(宮崎あおい)に一目ぼれし……。


最近出演作が目白押しの 宮崎あおい なんだけど どうも駄目だな〜
好きなんだけど、ここまで奥さん役ばっかりだと平凡すぎてそれしかできないんじゃないの...と思ってしまう。
まぁそれは置いておいて、珍しく男優は良かったよ
オダギリジョーのチャラ男は面白かったし、松田龍平の真面目(馬締君)もなかなかだった

しかし、映画は辞書作りと同じように長い!長い!長い! んだよ
腰が痛くて耐えるのに必死だったよ。
2時間13分なんだけど、それ以上に感じる長さ
もっと2時間以内にしてサクッとして欲しいな、こういう映画はと思う...



昨年度の本屋大賞を受賞した三浦しをんさんの同名作品が原作。

辞書編纂っていう、ちょっと考えてみても時間のかかる地味?な仕事に
スポットを当てた悪い人の出てこないお仕事&人間模様の内容。
...
よくばりアンテナ  2013年04月29日(月) 13時40分
2012年の本屋大賞第1位に輝いた三浦しをんの『舟を編む』の映画化作品。特に大きな事件が起きるわけでもない淡々とした展開で、映像化には不向きじゃないかなと思っていたのだけれども、見応えのある素敵な作品になってました。
原作より集約されたキャラクター、逆に膨らまされているキャラクターがいたり、細部に亘って違いはあるものの、なかなか良心的な映画化だったと思います。

原作小説では時代設定や時間経過がぼかされている部分がありますが、この映画では発端が1995年、そしてラストが2010年できっちりと15年間の物語となっています。
小道具やファッション、風俗や俳優さんたちのメイクなどでそれ...
【徒然なるままに・・・】  2013年04月29日(月) 9時24分
2013年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf