書籍「レインツリーの国/有川 浩著」じれったい様な恋物語

2013年04月19日(金) 7時05分
書籍「レインツリーの国/有川 浩著」★★★
有川 浩著 ,
新潮社 、2009/6/27
(238ページ , 420円)


<リンク:
【送料無料】レインツリーの国 [ 有川浩 ]

【送料無料】レインツリーの国 [ 有川浩 ]
価格:420円(税込、送料込)

>


                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「きっかけは「忘れられない本」。
そこから始まったメールの交換。
共通の趣味を持つ二人が接近するのに、
それほど時間はかからなかった。まして、
ネット内時間は流れが速い。
僕は、あっという間に、
どうしても彼女に会いたいと思うようになっていた。
だが、彼女はどうしても会えないと言う。
かたくなに会うのを拒む彼女には、
そう主張せざるを得ない、ある理由があった――。 」

新潮社HPより


自分の好きな本について
誰かと話し合った経験はないな、

簡単な感想を言い合うことはあっても、
どの個所でどんな事を感じたかとか
結末についての
個人的な感想を言い合う事は無い。

映画の感想も同じだけれど
感じ方は人それぞれ
だから、わざわざ自分と違う感想を聞いても
そこから何か見つかる気がしないからだ。

でも時々どうしてもこの本や映画の
感想を誰かに話して
出来たら同じ様な感じた気持ちを
分かち合いたいと思う事がある、

だからこの本の主人公達の出会いは
ネットという現代的なツールを介してはいるが
あり得るだろうなとリアルを感じた。


ネットだからこそ
他では言えない心の内を
思いきって書くかもしれないなとまで。



ネット上のやりとりから
現実の出会いまでは
それ程時間はかからなかった、
そしてそこから始まる
二人の恋の行方は
彼女が「難聴」であることから
回り道はするけれど
ゆっくりと進展していく。


分かるなぁという部分もあれば
そうかな、と思う部分もあるが
このじれったい恋物語を
今回の旅行中に読んだ、
読んだ本はブータンのホテルにそっと置いて来た。



★100点満点で65点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2110
トラックバック
トラックバックURL:

レインツリーの国
有川 浩
関西から東京の会社へ就職、3年が過ぎ仕事にも慣れた頃、向坂伸行はネットである本のタイトルを検索してみる。中学生の頃に読んだライトノベルシリーズで、衝撃を受けたラストを他の人はどう受け止めたのだろうという、ふとした思いつきからだった。
検索で辿り着いたのは「レインツリーの国」というブログ。探し求めていた本の感想を読んだ伸行は、管理人のひとみにメールを送る。打てば響くようなメールの交換が続き、伸行はひとみに会いたいと強く願うようになる。直接会って話がしてみたい。
ところがひとみはその提案を頑なに拒む。実は拒むにはある理由があったのだが…

「図書館内乱」に登場する本「レインツリーの国」が実際の本となって出版された。出版社の枠を越えた本のコラボだ。しかも有川浩が得意とするところの飛び道具なしの青春恋愛小説。図書館シリーズでも恋愛要素はたっぷりあったが、ラブコメ色が色濃かったので、恋愛小説との真っ向勝負となるとちょっと想像がつかなかった。
ところがである。これほど泣かされるとは思いもしなかった。
ホロリ?いやいやまだまだ。
はらはらと流れ落ちる?もうちょい。
そ...
コンパス・ローズ  compass rose  2013年04月29日(月) 15時30分
「図書館戦争」シリーズの有川浩さんの作品です。 「レインツリーの国」は先のシリー
はらやんの映画徒然草  2013年04月26日(金) 19時31分
『図書館内乱』の劇中にて登場した架空の本『レインツリーの国』が、そのまま有川浩(著)で現実化したのがこの本。スピンオフじゃないので、オリジナルな書籍扱いでもある。ただし設定も内容もすべて劇中で話されて
たいむのひとりごと  2013年04月21日(日) 22時20分
2013年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf