映画「王になった男」ストーリーは斬新さが無いが、それが良い

2013年03月03日(日) 14時36分
映画「王になった男」★★★★
イ・ビョンホン、リュ・スンリョン、
ハン・ヒョジュ、キム・イングォン、
シム・ウンギョン出演

チュ・チャンミン監督、
131分、2013年2月16日より全国公開
2012,韓国,CJ Entertainment Japan
(原題/原作:MASQUERADE )





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「1616年、朝鮮第十五代王の光海君(クァンヘグン)、
権力争いの為、極度に暗殺に脅える、
そのため王の影武者探しが始まり
王とウリ二つの平民ハソンに白羽の矢が当たる、
緊迫感と適度なお笑いあり
韓国映画のこれまでを凝縮したような
贅沢な映画が出来上がった」



最近ではハリウッドのアクション映画にも出演と
大スターの仲間入りを果たした感のある
イ・ビョンホンを久し振りにスクリーンで見た。

誰かの身代わりとなる事で
それまでの常識が覆され
その違いを笑ったり、
その違いに改めて考えさせられたり
よくあるテーマだけど
それを見事な歴史映画として
エンタメとしては上出来の映画となっている。



毒殺を間一髪免れたが
重体の王に変わり
平民の男が宮殿に呼ばれ
王となるべくレクチャーをうけていく。


様式化され、そう簡単には
宮殿のしきたりに慣れないあたりで
何度も笑わされた

今ではジョークのようにしか見えなくても
かつては大真面目に行われてきた
様々な行事には色んな意味があっただろう、
そういうものが今では簡素され
笑いの種になってしまっているが、
本来はそんなところから
文化と言うか芸術なんかが育った。



笑いの中でも
なんだかそんなことを考えると
現在の効率化、簡素化って
なんだかつまらない方向に向かっている様な
そんな気がしてきた。


映画はイ・ビョンホンのスター映画でもあり
それでいて周囲の脇を固める役者や
17世紀の朝鮮王国を懐かしむような
そんな側面も持っていた

当時のきらびやかな文化から
現代でも受け継がれたいくつかを
改めて感じさせてくれる。


形骸化された御前会議は
用意された議題に
無難に同意を与えるものだったが
隣国の国力にかしずくような政策に
思わず声を荒げる、身代わりの王は
その時、本物の王となっていた、
そのあたりの感情の高ぶりは
なかなか見ものだった



この映画は韓国で大ヒットし
国産映画歴代興行成績3位になった。

★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2091
トラックバック
トラックバックURL:
王になった男
毒薬で病床に就いた暴君の
代わりを務める影武者が独断で
善政を始める...

【個人評価:★★★★ (4.0P)】 (自宅鑑賞)

英題:Masquerade
cinema-days 映画な日々  2014年06月10日(火) 21時52分


イ・ビョンホンが王と王に瓜二つの男、二役を演じる時代もの。
傲慢で猜疑心が強い暴君と道化役者のハソン、一人二役の演じ分けが素晴らしかった。
暴君と化した朝鮮第15代王の光海君は自分の身代わりとなる人間を捜しており、みつけたのが道化役者。しかし王が何者かの手によって病床に臥してしまい、謀反を恐れた側近が道化役者を影武者に仕立て上げるといった感じのお話です。

あまりにも理不尽な政策を目の当たりにしたハソンが、国を思う王として自分の考えを発言するようになっていき、次第に本物の王よりも王のようになっていく。
役所や部署の名称などよくわからない部分はありますが、コミカルな場面もありシリアスな中でもエンタメとして成り立っている作品でした。とくに大便シーンは笑っちゃうところ。色だけでなく味もみるのか(笑)

次第に民を思う王らしくなるハソン、しかし王が二人いることが周囲のばれつつあり…。
ハソンの改革に戸惑いながらもに次第に惹かれていく周囲の家臣たちや女官の様子には、本当は以前の心ある王を求めている思いがあるのでしょうね。そして空白の15日間にハソンが行った改革の記録日誌を読み、その気持ちが王...
いやいやえん  2013年10月25日(金) 10時04分

韓国料理屋(焼肉屋ではない)の前を通る度にこの作品の事を思い出す。ってとんでもない前フリですが、こんなふざけた気持ちはさておき、見応えのある作品でした。

もともとイ・ビョンホンの事は別に好きではない。でも、彼は大した役者だと素直に思う。彼の出る作品では、どんな役でも彼が凄く光ってる。主役なら、なおさら。

少しネタバレ。

実在した李氏朝鮮の第15代国王・光海の史実を元に、王の影武者になった男が、王の代わりに王座に就いて、みよう見真似で王の振る舞いをする内に、真の王たる意識が目覚めていくオハナシ。
道化師として市井で風刺劇を舞っていた賎民ハソンは、王の光海と姿形が瓜二...
ここなつ映画レビュー  2013年09月17日(火) 18時46分
どちらが本物なのか…見分けがついてしまう演じ分けが見事で、それが次第に見分けられなくなるほど、「本物の王」になって行く、イ・ビョンホンが素敵でしたわ〜♪今年に入って、『ライフ・オブ・パイ』、『テッド』、『フライト』と続いて母親を連れ回し、今回は韓ドラ大好き
美容師は見た…  2013年03月08日(金) 10時40分
王になった男 ★★★★★見せ方、楽しませ方、落とし所、 そしてメッセージを心得た歴史娯楽大作『シュリ』『JSA』以降、韓国映画の本気度合いというか、 すごいものつくるんだな、 という尊敬と関心を持ってからというもの、 毎年、何だかんだノックアウトされているわけで、 それが去年は『トガニ』や『サニー』だったわけですが、 今年はまちがいなく、本作がその1本になり
Healing   2013年03月07日(木) 18時12分
1616年。 朝鮮王朝第15代王・光海と瓜二つだったため、病に倒れた王の影武者を極秘に演じることになった役者で道化師のハソン。 王の仕草の真似だけでなく政治の勉強まで始めたハソンは、理不尽な政策に疑問を抱きはじめる。 自分の考えで発言するようになった彼は、次第にまわりを魅了していくのだが…。 宮廷歴史ドラマ。 ≪王になりたい。 操り人形でない、本当の王に。≫
象のロケット  2013年03月06日(水) 14時17分
“真の王”の資質とは。

十七世紀、実在の朝鮮王朝第十五代国王・光海君の治世を舞台に、暴君の影武者となった道化師が、ひょんなことから15日間だけ本物の“王”となる歴史ドラマ。
史実にフィクションを巧み...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2013年03月03日(日) 21時43分
『王になった男』 を試写会で鑑賞しました。

イ・ビョンホンの2役の活躍は是非劇場で

【ストーリー】
 1616年、暴君の悪名高き朝鮮第15代王の光海君(イ・ビョンホン)は権力争いの渦中にあり、常に暗殺の危機にさらされていた。そんな折、彼とそっくりの容姿を持つ道化師ハソン(イ・ビョンホン)が王の影武者として宮中に上がることになる。重臣たちは、何とかして身分の低い平民であるハソンを王に仕立て上げようと画策するが……。


海を渡った向こうの史実は全くの知識なしです。
ちなみに、日本の史実もよくわかりませんけど
チラシを見ると豊臣秀吉の頃の話らしい。。。

影武者が王になっていわゆる公務を行うことになるのだが・・・
その王のようになっていく様が、また、面白い
途中に笑を織り交ぜつつ、最初は平民だったのが、段々とそれらしくなるから
見ていて飽きなく成長を見れます。
王になっていく過程で色々とあるのだが、脇の話もそれなりに本筋から外れることなく
最後まで繋がっていくので、ストーリーも楽しめます。
唯一の難点は登場人物が多いので誰が誰だか分からないことくらい(笑)
これは洋画にありがちな、顔と名前が一致しない。
なん...
2012年/韓国 (監)チュ・チャンミン(演)イ・ビョンホン リュ・スンリョン 
ごみつ通信  2013年03月03日(日) 19時06分
2013年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf