映画「東京家族」しみじみ家族を想う

2013年02月01日(金) 0時09分
映画「東京家族」★★★★☆オススメ
橋爪功、吉行和子、西村雅彦、
夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、
妻夫木聡、蒼井優出演

山田洋次監督、
146分、2013年1月19日より全国順次公開
2012,日本,松竹
(原題/原作:東京家族 )





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「世界の監督が選んだベスト映画
それが小津安二郎監督の代表作『東京物語』、
この映画をモチーフに
設定を現代に置き換えた家族ドラマ、
淡々として、あまり急がず
独特のリズムの間に
自分の家族というものについて考えた
誰もがこの映画のどこかに
自分自身や家族の誰かを見るんじゃないだろうか」



小津安二郎監督の『東京物語』は観たことが無い、
映画ファンの中には小津信者は多いというが、
別にそんな人ばっかりじゃなく
見たことが無い人も今では多いだろう、
そんなものだ、
映画も生きている、
そしてそれを見る人だって
どんな時代を描こうと
そこに現代のムードのようなものを
見たいのだ。



でなければ映画は今日性を獲得できない、
過去の名作だけを
唯一無二のように後生大事にするつもりもない。

劇場は混んでいた、
こんな泣きそうな映画は
もっとひっそりと見たかった。



で、どうだったかと言うと
かなり良かったと思う、

ここに描かれた日本人の風景は
誰もが否定しないだろう、
家族を大切に思いながらも
故郷と都会の隔たりが
そのままお互いの気持ちを
微妙にすれ違わせていくように。


好きなことをして30代を迎えた末っ子
妻夫木聡が演じた昌次を見て
どう感じるかで
その人の考え方が分かる気がする。

正社員となり結婚して
やがて子供が生まれて・・・・
そうして疑いもせず繋がってきた「家族」の形は
今ではすごく曖昧だ。
誰もが色んな責任を後回しにし
または人に押し付けて
その時その日をなんとかやり過ごしてる、
でもそれが現代なんだろう、
誰も「正解」なんて持ち合わせていない。


でも母のとみこ(吉行和子)が
昌次のアパートに泊まり
納得したような微笑みを見せたシーン、
彼女のさりげない笑顔は
何が正解か分からないにせよ
人はちょっとしたことに満足し
それで何もかも了解してしまうような、
そんな曖昧さがあるからこそ
「これで大丈夫」と言えるんだろうなと
なんだか納得させてくれた。



良いシーンだった。

そんな心に残るシーンがいくつかあれば
それは結構良い映画なんじゃないかな。



★100点満点で85点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2078
トラックバック
トラックバックURL:
 『東京家族』を渋谷シネパレスで見ました。

(1)本作については、最近の山田洋次監督の作品はあまり評価できない上に(注1)、小津安二郎の『東京物語』(1953年)をリメイクしている作品と聞いて、二の足を踏んでいたのですが、あちこちで評判を耳にするものですから、...
映画的・絵画的・音楽的  2013年02月25日(月) 6時09分
移り変わる、家族の肖像。

今から60年前に公開された映画史上の金字塔、小津安二郎監督の「東京物語」をモチーフに、現代日本を代表する巨匠・山田洋次が、日本の家族を描く話題作。
事実上のリメイクとい...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2013年02月05日(火) 22時40分
「東京物語 」と言えば小津安二郎 の名作。 小津 の作品「東
LIFE ‘O’ THE PARTY  2013年02月05日(火) 12時20分
映画「東京家族」観に行ってきました。「男はつらいよ」シリーズなどで知られる、山田洋次監督が手掛けた81作目の映画作品となるファミリー・ドラマです。2012年の5月。東京...
タナウツネット雑記ブログ  2013年02月03日(日) 22時52分
瀬戸内海の小島で暮らす平山周吉、とみこ夫婦が上京し、東京の郊外で個人病院を営む長男・幸一、美容院経営者の長女・滋子、舞台美術の仕事をしている次男・昌次ら、家族が久しぶりに顔を合わせた。 ところが子供たちは仕事で忙しく、二人を東京見物に連れて行く暇もない。 家でじっとして居るよりはと横浜のリゾートホテルに宿泊させるが、両親は一泊で戻ってきてしまう…。 ヒューマンドラマ。
象のロケット  2013年02月03日(日) 8時09分
2012年・日本/配給:松竹 監督:山田洋次脚本:山田洋次、平松恵美子プロデューサー:深澤宏、矢島孝 撮影:近森眞史 音楽:久石譲 「男はつらいよ」シリーズ、「おとうと」等の山田洋次監督が、映画監督生
試写会で見ました。 山田洋二監督は自分の年齢と同じ本数映画撮ったそうです。どんだ
うろうろ日記  2013年02月02日(土) 1時00分
東京家族 ★★★ 3.5 変わるものと変わらないもの 家族の中にある普遍と喪失の物語 小津安二郎監督の名作『東京物語』をモチーフにした 山田洋次監督81作目となるファミリー・ドラマ。 『東京物語』といえば、 2012年英国映画協会発行の「サイト・アンド・サウンド」誌で 世界の映画監督358人が選ぶもっとも優れた映画1位に 選ばれたことも記憶に新しい名作です。
Healing   2013年02月01日(金) 21時43分
 山田洋次監督の『東京家族』は、小津安二郎監督の代表作『東京物語』をモチーフにしている。
 そう公式サイトには書いてある。
 1953年に公開された『東京物語』は、映画史を代表する作品として世界で評...
映画のブログ  2013年02月01日(金) 19時52分
今年度206本目
妻夫木聡、蒼井優、橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵

山田洋次、監督50周年記念作品、小津安二郎監督にオマージュを捧げる作品

瀬戸内海に浮かぶ小島から東京に住む三人の子供達の元へ老夫婦(橋爪功、吉行和子)が東京に住む三人の子供を訪ね上京して来る。長男(西村雅彦)は西東京で開業医、妻(夏川結衣)と男の子が二人。長女(中嶋朋子)は下町っぽい所でクララ美容院を経営、夫(林家昭蔵)と二人。二男(妻夫木聡)は舞台美術関係の仕事をしている。家族水入らずの再会も束の間、直ぐに生活リズムの違いから軋轢が生じてくる。救いは二男の婚約者紀子(蒼井優)、母...
風貴(カサキ)の映画大好き!  2013年02月01日(金) 19時28分


 
 
 
映画レビューです。(ネタバレ表示)
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id343237/rid55/p1/s0/c1/
 
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/156380/
↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。
 
 
世界一の映画と賞された...
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**  2013年02月01日(金) 13時55分
 本日紹介する作品は、日本映画界の巨匠である山田洋次が撮ったこちらになります。

【題名】
東京家族

【製作年】
2012年

【製作国】
日本

【ロケ地】
広島県大崎上島、東
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  2013年02月01日(金) 13時32分
世界の映画史でもベストテンに入る物語を、山田洋次監督・脚本で現代の設定にして映画化した。登場人物の名前や美容院の名称もほぼ同じという設定でありながら、見事に今の日本の閉塞感を表現している。2013年の邦画ベストワンかな。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2013年02月01日(金) 11時20分
『東京家族』 を完成披露試写会で鑑賞しました。

和気あいあいの家族のいい感じの舞台挨拶でした
 登壇者:橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優、山田洋二監督
家族勢ぞろい

【ストーリー】
 瀬戸内海の小さな島で生活している夫婦、平山周吉(橋爪功)ととみこ(吉行和子)。東京にやって来た彼らは、個人病院を開く長男・幸一(西村雅彦)、美容院を営む長女・滋子(中嶋朋子)、舞台美術の仕事に携わる次男・昌次(妻夫木聡)との再会を果たす。しかし、仕事を抱えて忙しい日々を送る彼らは両親の面倒を見られず、二人をホテルに宿泊させようとする。そんな状況に寂しさを覚えた周吉は、やめていた酒を飲んで騒動を起こしてしまう。一方のとみこは、何かと心配していた昌次の住まいを訪ね、そこで恋人の間宮紀子(蒼井優)を紹介される。


これぞ映画!
昔の映画(の作り方)でありながら、現代の家族に痛烈なメッセージを与える素晴らし作品でした
もうじっくりと(長い位/実際2時間24分と長いけど)魅せてくれます。
役者の演技も素晴らしいし、ストーリーも良くて、すっかり泣かされました
こういう映画は少なくな...
2013年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf