映画「レ・ミゼラブル」そして映画で蘇る

2013年01月19日(土) 18時29分
映画「レ・ミゼラブル」★★★★
アン・ハサウェイ、ヒュー・ジャックマン、
ラッセル・クロウ、アマンダ・セイフライド、
エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター出演

トム・フーパー監督、
158分、2012年12月21日より全国順次公開
2012,イギリス,東宝東和
(原題/原作:LES MISERABLES )





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「舞台を見たことは無いが
それでも誰でも知ってるような大ヒットミュージカルを
映画にするという大勝負、
世界中の舞台を愛する人を
敵にまわすような大胆な試み、
自分は比較する事はできないが
たぶん成功したのだと思う」



舞台はフランスの激動の時代
1792年のフランス革命によって共和制となり
その後、ナポレオンの登場で栄華を誇るが
1814年ルイ18世がフランス国王となり王政復活、
クライマックスは1832年の「パリ6月暴動」

このあたりを時間軸に
パンをひとつ盗んだ罪で19年も服役した
主人公のジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)、
仮出所後もつきまとう警察の目から逃れ
名前を変え暮らしていくが
それでも逃れられない運命にあった。

冒頭から歌、歌、歌。
セリフはほとんど無く
出演者の歌と表情、そして見事なカメラワーク
これは映画ならでは、
視界いっぱいに広がるパリの街、
その小さな点が、ひとりひとりの人間
その対比にさえ何か感じる。



生で歌って芝居をするという
大変な試みで作られただけあって
その臨場感は特別、

相当回数何度も撮影したのだろうと思いつつ
出演者の歌に圧倒される。


アン・ハサウェイの役者根性を見たし
ヒュー・ジャックマンの多才さも
充分感じた、
特筆すべきはカメラワークで
これは舞台では表現できない部分だろう、
映画の力を見せつけられた。



ただストーリーとなると
歌では補えない部分があったような気がする、

もう少し心情を語ってもらわないと
どうも短絡的な展開な部分が気になって
歌を中心にするのは分かるが
やはりそれだけではちょっと弱い、
だからか自分は見終わって
拍手する程の感動は無かったな。


ミュージカルはセリフから
唐突に歌に変わるので
違和感もあるが
この映画はほぼ全編映画なので
その点ではアイデアとしても良かった

自分としては「エビータ」の方が
今でも心に残っている、

やはり歌だけでは弱いとそう感じた。


革命の嵐がパリの街を吹き荒れる
上流階級の贅沢な暮らしと
貧困に近い庶民の生活
その不満が人々を動かすわけだけど
やはりそのあたりは描ききれていなかった、
だから革命のもつ意味がもうひとつ
伝わらなかった、
それでもこの感動はちょっと忘れがたい。



しかし映画と言う娯楽は
こんなに自分達を楽しませてくれる
だからまた劇場へ向かうのだ。

★100点満点で85点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2072
トラックバック
トラックバックURL:
JUGEMテーマ:洋画&nbsp;



&nbsp;

ミュージカルを見ているような錯覚を受ける映画でした。

&nbsp;

なので、映画として観るのでなく、ミュージカルとして

&nbsp;

観たほうがしっくりきますね。

&nbsp;

 前評判とおり、ファンティーヌ(役:アン・ハサウェイ)の歌は

&nbsp;

彼女の悲しみが良く表現されており、素晴らしいです。

&nbsp;

 映画にしてはちょっと長いけど、舞台から外に出た

&nbsp;

ミュージカルの試みは成功でした。

&nbsp;

&nbsp;

&nbsp;

2012年  ワーキング・タイトル・フィルムズ

&nbsp;

キャスト

 ジャン・バルジャン・・・・・ヒュー・ジャックマン

 司教・・・・・・・・・・・・コルム・ウィルキンソン

 ジャベール・・・・・・・・・ラッセル・クロウ

 ファンティーヌ・・・・・・・アン・ハサウェイ

 コゼット・・・・・・・・・・アマンダ・サイフリッド

 コゼット(幼少期)・・・・・イザベル・アレン

 マリウス・ポンメルシー・・・エディ・レッドメイン

 テナルディエ・・・・・・・・...
こみち  2014年04月27日(日) 15時01分


思っていたよりも良かったー。でも泣くほどでもなかったかな。
主人公ジャン・バルジャン役のヒュー・ジャックマン、法の番人ジャベール役のラッセル・クロウ。不遇のファンテーヌ役のアン・ハサウェイが名曲「夢破れて」を素晴らしい声で歌いあげる(彼女が歌が上手いのは知っていた)。古典名作なのであらすじは多くの方が知っているとは思います。

ジャン・バルジャンはパンを盗んだ罪で19年間服役、仮釈放されたものの教会で再び盗みを働いてしまう。しかしその罪を見逃し赦してくれた司教の真心に触れ、身も心も生まれ変わろうと決意。名前を変え工場主として成功を収め、市長の地位にまで上り詰める。しかし、警官のジャベールは彼を執拗に追いかけてくるのだった。

そんな折、かつて自分の工場で働いていた女性ファンテーヌと出会い、彼女から愛娘コゼットの未来を託されたバルジャンは、ジャベールの追跡をかわしてパリに逃亡。彼女に限りない愛を注ぎ、父親として美しい娘に育てあげる。
しかし、パリの下町で革命を志す学生たちが蜂起する事件が勃発。バルジャンやコゼットも次第に激動の波に呑まれていく…。

贖罪から始まったとは言え、娘は生...
いやいやえん  2013年06月22日(土) 9時52分
 週に一度の休日の朝を迎えました。ここ広島は、なかなか気持ちの良い朝ですよ。では、本日紹介する作品はこちらになります。

【題名】
レ・ミゼラブル

【製作年】
2012年

こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  2013年02月20日(水) 10時01分
 いわずとしれた世界文学の名作の一つで、映画化も今までに何度もされた作品です。  とはいうものの、ついこのあいだ同じ原作の映画を観て感銘を受けたばかりと思い、記録を調べてみたところ、ビレ・アウグスト監督版でしたが、公開されたのはすでに15年も前とのことでした。...
シネクリシェ2.0  2013年02月10日(日) 8時11分
この日曜日に(20日)レ・ミゼラブルを観てきました。 本当はお正月に行きたかった
瀬戸智子の枕草子  2013年01月31日(木) 17時47分


普段ミュージカルしないワタクシ。
にとって、「映画化」は作品に触れる貴重な機会となる。

ので公開中のうちに、なんとか劇場へ。



冒頭 いきなし! ばばっと歌い出すので、「やっぱ苦手!」と思いつつ、我慢して見続けた。

すると、
監督トム・フーパー がこだわ...
日々 是 変化ナリ ? DAYS OF STRUGGLE ?  2013年01月29日(火) 20時18分
パンを盗んだ罪で19年間服役したジャン・バルジャンは、仮出獄後に再び盗みを働いてしまうが、罪を見逃してくれた司教に感銘を受けて改心する。やがて運命的な出会いを果たした女 ...
気ままな映画生活  2013年01月27日(日) 21時47分
素晴らしかった!!
だらだら無気力ブログ!  2013年01月27日(日) 1時51分
監督:トム・フーパー 出演:ヒュー・ジャックマン イギリス2012年 言わずと知れた人気ミュージカルの映画化。舞台は見たことないが、豪華出演陣な配役にも惹かれて見に行った。 元々のユゴーの原作は文庫本5冊の長編小説である。普通なら2時間半強で収まらないだろう。 というわけで、やはり見た印象は「大河ドラマの総集編」だった。3幕構成で物語がどんどん進んでいく。そのせいか意外に歌が頭に残らない。アン・ハサウェイはオスカー主演女優賞に最も近い所にいるという評判だが、印象に残っているの
ひねくれ者と呼んでくれ  2013年01月26日(土) 12時05分


福祉は大切だと思った。

母子家庭の不幸、小さな子供が虐待される不幸、非衛生的な環境で次々に倒れていく人々。貧富の差の生み出す社会構造、何よりも飢え、仕事もなく、仕事はあっても搾取されるのみ...
帰ってきた二次元に愛をこめて☆  2013年01月24日(木) 2時26分
31日のことですが、映画「レ・ミゼラブル」を鑑賞しました。

ジャン・バルジャンを主人公に彼の波乱の人生を
ファンテーヌやその娘コゼット、彼を追うジャベール警部などを絡めて描いた作品

有名なミュージカル舞台の映画化
まさに大作、大河ドラマですね

ミュージカル...
笑う社会人の生活  2013年01月22日(火) 22時32分
とにかく歌声に圧倒され感動する。「聞く」映画。★★★★☆(5点満点)TBは以下の記事へ詳しい感想記事はこちら→映画@見取り八段 【レ・ミゼラブル】天に昇る歌声***************************...
見取り八段・実0段  2013年01月22日(火) 17時23分
誇り高き人々の唄。

ヴィクトル・ユーゴーの不朽の名作を原作に、1985年にロンドンで初演されて以来、全世界で6000万人を超える観客を動員した傑作ミュージカル、「レ・ミゼラブル」の完全映画化。
十九世...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2013年01月21日(月) 22時23分


LES MISERABLES
イギリス
監督:トム・フーパー
出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター、サシャ・バロン・コーエン、サマンサ・バークス、サマンサ・バークス、イザベル・アレン、他

“愛とは、生きる力。”

19世紀のフランス。1本のパンを盗んだ罪で投獄され、19年間を監獄の中で生きたジャン・バルジャン。仮出獄した彼は再び盗みを働いてしまうが、司教の優しさに触れ、心を入れ替えると決意する。過去を捨て、マドレーヌと名前も変えながらも正しくあろうと自らを律して生きていくバルジャン。やがて市長にまで上り詰めるが、法に忠誠を誓うジャベール警部に自らの正体を見破られ逃亡を余儀なくされる。その一方で、薄幸の女性ファンテーヌから託された彼女の娘コゼットに深い愛情を注ぎ、美しい女性へと育てていくバルジャンだったが…。 allcinema ONLINEより

2013年 明けましておめでとうございます。

昨年中はダラダラとお付き合い有難うございました。
今年も引き続きグダグダのダラダラ更新でいきたいと思いますので
なにとぞ、御贔屓をよろしくお...
肩ログ  2013年01月21日(月) 17時26分
1815年、フランス。 パンを盗んだ罪で19年間服役していた男ジャン・バルジャンは、司教の好意に触れ、善良な人間に生まれ変わることを誓う。 …1823年、マドレーヌと名を変えた彼は事業家として成功し、人望ある市長となっていた。 警官ジャベールに逃亡中のバルジャンではないかと疑われ、潔く告白することを決意するが、彼には孤児の少女コゼットを強欲な里親から救うという、行き倒れの娼婦との約束が残されていた…。 ミュージカル。
象のロケット  2013年01月21日(月) 1時20分

<レ・ミゼラブル を観て来ました>

原題:Les Miserables
製作:2012年イギリス

人気ブログランキングへ

2013年の映画初めは「レ・ミゼラブル」でした。
本当は昨年のうちに見ておきたかったけど年末は忙しくて映画館どころではなかった〜。
年明けてからの鑑賞ですが、まだまだ映画館は混雑しておりました。

日本では「ああ無情」として知られている原作ですが、舞台になってからはそちらのほうが知名度が高いような気がします。とはいえ、原作も、舞台も見た事が無いので、どういう内容なのかは知りませんでした。
それでも楽曲はどこかで聴いた事があるような…
私でもそう感じるのだから、好きな人には待ちわびた?作品かも知れません。
と、同時に不安もあるでしょうね。

監督は「英国王のスピーチ」で名前が知られるようになったトム・フーパー監督です。



19世紀の革命後のフランス。
一つのパンを盗んだ罪で19年間も投獄されていたジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は仮釈放されるも、またしても盗みを働いてしまう。しかし、司教の暖かい心に赦されたバルジャンは改心し、正しく生きると誓う。
やがて工場で働く娘フォンティーヌ...
★紅茶屋ロンド★  2013年01月20日(日) 22時56分
2012年・イギリス/ワーキング・タイトル=ユニヴァーサル 配給 東宝東和 原題:Les Miserables 監督:トム・フーパー原作:ビクトル・ユーゴー作:アラン・ブーブリル、クロード=ミシェル・
芝居をしながら歌を収録して、伴奏はあとからアレンジしているみたいだ。ジャン・バルジャンとシャベール警部の確執が解決する段階になると、涙がボロボロ出てくる。血が繋がっていない娘のために命をかけるジャン・バルジャンがファンテーヌと天国に召されるシーンが、切な
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2013年01月20日(日) 13時12分
★ネタバレ注意★


 トム・フーパー監督のイギリス映画です。
 言わずと知れた超有名ミュージカルの映画化作品。
 キャストは、主人公ジャン・バルジャンにヒュー・ジャックマン、執拗にバルジャンにつきまとうジャベール警部にラッセル・クロウ、娼婦に身を落とした悲劇の女工ファンテーヌにアン・ハサウェイ、その娘コゼットにアマンダ・セイフライド、コゼットの運命の相手マリウスにエディ・レッドメイン、コゼットの養親となったテナルディエ夫妻にサシャ・バロン・コーエンとヘレナ・ボナム=カーター、その娘エポニーヌにサマンサ・バークスといった布陣。

 この映画はとにかく、胸が痛くなるほど公開を...
キノ2  2013年01月20日(日) 12時40分
昨年末より公開され、映画ブロガーさんの間でも昨年のランキングの中で評価が高かった
はらやんの映画徒然草  2013年01月20日(日) 12時12分
どんな時にも、希望は残る…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201212210004/


レ・ミゼラブル~サウンドトラックサントラ ユニバーサル インターナショナル 2...
日々“是”精進! ver.F  2013年01月20日(日) 11時39分
1862年に『レ・ミゼラブル』を書き上げた文豪ユーゴーは、その売れ行きが気になり
みかん星人の幻覚  2013年01月20日(日) 11時27分



映画観終わって数時間経っているのに、
まだ歌声が耳に残っていて、どっぷりと余韻にひたっています。
映画館でハンカチを何度も使うくらい、どんだけ泣いてるのと
つっこまれてもおかしくないほど涙...
よくばりアンテナ  2013年01月20日(日) 10時00分
 奇異な目を向ける人もいただろうが、私は席を立つことができなかった。
 私と友人は、場内が明るくなり、他の観客が帰り出しても嗚咽が止まらず、いつまでも泣き続けていた。
 子供の頃に児童書『ああ無...
映画のブログ  2013年01月20日(日) 9時18分
2013年01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf