映画「アルゴ」真実が伝える本物の緊張感

2012年11月29日(木) 7時11分
映画「アルゴ」★★★★
ベン・アフレック、アラン・アーキン、
ブライアン・クライストン、ジョン・グッドマン出演

ベン・アフレック 監督、
120分、2012年10月26日より全国にて公開
2011,アメリカ,ワーナー・ブラザーズ
(原題/原作:ARGO)





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


初登場10位スタート、2週目は
圏外へと淋しい興業成績。
こんな出来の良い作品がもったいない!



「評価の高い映画なので見たいと思いつつ
なかなか機会が無かったが
やっと劇場で見て来た、
緊迫感がずっと続き
ラストの脱出シーンの後は
ほっとしたというか
拍手したいくらいの気分になった」



公開から1月経っているが
2割くらいの入りで
淋しいチャートながら
地道にお客を呼んでいるようだ、
とても面白かったので
もっと多くの人に見てもらいたい作品だ。


実話がベースの映画、1979年11月4日、
イラン革命が激化していたテヘランで、
アメリカ大使館占拠事件が発生。
大使館員が人質となるが、
6人が逃げ出すことに成功し、
カナダ大使の私邸に潜んでいた。

トニー・メンデス(ベン・アフレック)は、
CIAの救出作戦のエキスパート、
6人を脱出させるため
まさにまるで映画の様な
荒唐無稽な作戦を実行する。



ありもしない映画の撮影のロケハンを
イランで行い、隠れている6人を
一気に脱出させるというもので

政府の間でも反対が多かったが
他に有効な代案も無いということで
実行に移されることになる、
こんなことが本当にあったのかと驚きだ。


「猿の惑星(1968)」の特殊メイクでオスカーを取った
ジョン・チェンバースに話を持ちかけ、
映画「アルゴ」の製作発表記者会見を開き
SF映画のロケハンの為イランにトニー・メンデスは
単身乗り込むのだが
「無理だろ」と終始思いながら
イランの街中では外国人は目立ち過ぎ
彼らにはアメリカ人もカナダ人も
とても区別は出来そうもなく
「無理だろ」と何度もつぶやいた。



これは実話の映画化だけれど
映画への愛というか
映画の力を信じる気持が
とても伝わる映画となっている

最後の難関の空港のゲートでも
ニセのSF映画の絵コンテを見せながら
イランでどんなシーンを撮影するのかを
熱心にゲートを守る銃を持った警備員達に
話すわけだけど
彼らだって実はハリウッド映画が好きな
普通の若者に過ぎない
これも事実。


自分達は時々映画の魔術に魅せられる、
現実にはありえない話を見せられながら
でもひととき、その映画の世界で
自由に遊ぶ事が出来る

だからこの映画も信じられる
そんな奇跡みたいな瞬間が
確かにあったのだと。


ラストあたりの緊迫感は凄くて
飛行機が飛び立った時は
映画と分かっていても
本気で感動した
これも映画の魔術、幸せな瞬間だ。


★100点満点で85点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

彼らが現在どうしているのか
エンド・クレジットに本人と役者の写真が並べて表示される。
本人と映画の役者達が似ているのに驚く。

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2051
トラックバック
トラックバックURL:
「事実は小説よりも奇なりッ!」 「なに叫んでるのよ」 「だか
LIFE ‘O’ THE PARTY  2013年09月15日(日) 13時05分


実話を基にした、CIAによる奇想天外な救出作戦を描く社会派サスペンス。
イラン革命で占拠されたテヘランの米国大使館。6人の米国人がひそかに脱出し、カナダ大使私邸に身を隠す。絶望的な6人の米国人は合衆国政府の救出だけが頼りだが、CIAの救出の専門家であるトニー・メンデスは、奇想な救出作戦を立案する。それは「アルゴ」という映画を作ることにし、映画関係者に成りすまして関係者に偽装をした6名の米国人と共に、脱出をする計画だった。
事実は小説よりも奇なりといいますが、これがまさにそうですよね。監督と主演を務めるのがベン・アフレック。派手さは無いけれど丁寧なストーリーと展開の面白さにひきつけられます。飛行機を降りるまでの緊迫感も凄かったー!

冒頭でアメリカとイランの関係なども理解できて、アメリカの自業自得なんだなとある意味で興味深かったです。救出作品のための「偽映画作り」が最後の猿の惑星をヒントにされてたなんてね。それにしても大胆。真相を知る2人の映画人(特殊メイクのジョン・チェンバース、映画プロデューサーのレスター・シーゲル)をも巻きこんで、主人公らが「アルゴ、クソ喰らえ!」を合言葉のように...
いやいやえん  2013年05月01日(水) 9時37分
ベン・アフレックが、監督のほか製作・主演も務め、イランで実際に起こったアメリカ大使館人質事件の救出作戦を描く。1979年11月4日、イラン革命が激化するテヘランで過激派がアメリ ...
気ままな映画生活  2013年04月21日(日) 22時34分


【監督】ベン・アフレック
【出演】ベン・アフレック/アラン・アーキン/ブライアン・クランストン/ジョン・グッドマン/ケリー・ビシェ
【公開日】2012年 10月26日
【製作】アメリカ

【スト...
シネマをぶった斬りっ!!  2013年03月19日(火) 21時49分
大使公邸に匿われたアメリカ人を架空の映画製作のロケハンで、堂々とテヘラン空港から民間の飛行機で脱出させる。実際に自分もいっしょにイランを脱出できるかと入り込んでしまった。シュレッダーで裁断した紙を子供がつなぎ合わせて、隠れていたメンバーの顔が判明してから
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2013年03月12日(火) 13時40分
 昨夜の侍ジャパン、薄氷の勝利といってよかったですね。日本中の野球ファンが、ハラハラドキドキしましたよ。ちなみに、本日紹介する作品も、ハラハラドキドキのこちらになりま
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  2013年03月03日(日) 15時47分



 ベン・アフレック監督作品。昨年のザ・タウンがイマイチだったのでスルーしようか迷っていたのですが、ザ・タウンと違ってアクション映画ではなくノンフィクションを映画化。しかも映画が題材(?)となっていると聞いてはスルーするわけにもいかず、そんなわけでアルゴを見てきました。
よしなしごと  2013年02月17日(日) 4時03分

<アルゴ を観て来ました>

原題:Argo
製作:2012年アメリカ

人気ブログランキングへ

ハラハラドキドキするーっ という前評判が良く、内容を全く知らない状態で観にいきました(笑)。
何がどうハラハラするのか、予告すら1度も見たことがないのに映画館に行くって我ながらいつもチャレンジャーだなって思う。まぁ、シネコンで上映しているくらいなのだから、ほとんど外れはないと思っています。

それに監督は主演も勤めているベン・アフレック!顔の長いベン・アフレック。
「ザ・タウン」でも監督・主演をしていて、あれが結構面白かったから安心度は高かったかもしれません。



1979年、11月4日。イラン革命が激化するなか、テヘランのアメリカ大使館が過激派によって占拠されてしまう。
大使館で働くアメリカ人など52人が人質となるが、6人のアメリカ人が混乱の中脱出し密かにカナダ大使の自宅に身を潜めていた。
CIAの人質救出が専門のトニー・メンデス(ベン・アフレック)は6人をイラン国外へ脱出させるべく大胆な計画を練る。
それは、「アルゴ」という架空のSF映画を企画し、6人を製作スタッフにしてしまうという事だったのだ…




こ...
★紅茶屋ロンド★  2012年12月07日(金) 0時09分
29日のことですが、映画「アルゴ」を鑑賞しました。

イランで実際に起こったアメリカ大使館人質事件の救出作戦を描く
サスペンス ドラマ

いや? 面白かった!

映画製作を装って スタッフとして脱出させるという!
驚きの作戦

事実は小説よりも奇なりとは まさにこのこと...
笑う社会人の生活  2012年12月03日(月) 18時47分

基本情報


出演
ベン・アフレック、アラン・アーキン、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン、ケリー・ビシェ、カイル・チャンドラー、ロリー・コクレイン、クリストファー・デナム



監...
えんためのぼやき  2012年12月02日(日) 14時05分
1979年に起きた在イラン米国大使館占拠事件というのは歴史的にみても、エポックな
はらやんの映画徒然草  2012年12月01日(土) 8時14分
事実は映画よりも奇なり。

イラン革命の混乱の中、治外法権のはずの大使館に怒れる過激派学生たちが雪崩れ込み、大使館員とその家族ら52人を人質に、444日間に渡って占拠したアメリカ大使館人質事件。
全...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2012年11月30日(金) 23時05分

1979年11月。
イラン革命が激しさを増すテヘランで、過激派グループがアメリカ大使館を占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。
秘かに脱出した6人の職員は、カナダ大使の私邸に逃げ込んだ。
...
心のままに映画の風景  2012年11月30日(金) 16時43分
'12.10.23 『アルゴ』(試写会)@ワーナーブラザーズ試写室

cocoで当選♪ いつもありがとうございます! これは見たかった! けっこう試写会やってて、見て来た人の評判も良くて見たくてウズウズしてた(笑) よろこんで行って来たー♪

*ネタバレありです! 長文です(o´ェ`o)ゞエヘヘ

「1979年11月4日イランの首都テヘランのアメリカ大使館が占拠され、職員52人が人質となる事件が発生した。職員のうち6名は自力で脱出。カナダ大使の自宅に匿われている。彼らの存在をイラン側に知られることなく、脱出させるため、脱出のプロ トニー・メンデスが召集される。彼が提案した作戦とは・・・」という話で、これは実話。超おもしろかった! tweetもしたけど、ハラハラさせる手法は王道で、正攻法なのに、やっぱりドキドキしてしまう。見せ方が上手い。アメコミタッチで暴動に至るまでのイランの情勢などを見せる冒頭から引き込まれて一気に見てしまった。これは今年のBEST 10に入る作品。

この事件の真相は、18年後にクリントン大統領が解除するまで極秘扱いとされていた。そのためアメリカ国民にもほとんど知られることがなかった。極秘扱いが解除されても、トニー・メンデス自身が...
・*・ etoile ・*・  2012年11月30日(金) 12時07分
アルゴ

イラン革命により、アメリカ大使館で、過激派侵入してきた。
そう、52人もの人質取られると言う事件が起きたのだ。

アメリカ人6名が大使館から逃げ、カナダ大使の自宅に逃げ込んだ。

そんな彼らを救出するべく、アメリカが動き出した。

前代未聞の計画を立て、救出へ向かう。

その方法とは・・・

そう、映画の撮影だ。

キャスト
ベン・アフレック
アラン・アーキン
ブライアン・クランストン
ジョン・グッドマン
ケリー・ビシェ
カイル・チャンドラー
...
映画情報良いとこ撮り!  2012年11月30日(金) 4時40分







 ARGO

 "Argo fuck yourself! "


 1979年。革命下のイランで、アメリカ大使館が占拠された。多くの館員たち
が人質となる中、6人の男女が秘かに脱出、カナダ大使私邸に匿われる。見
...
真紅のthinkingdays  2012年11月29日(木) 23時33分
★ネタバレ注意★


 ベン・アフレック監督作第三弾。
 概要を聞いた瞬間、あ! 面白そう! っていう予感がする映画ってありますが、これがまさにそうで、そして実際にとっても面白かったです。アフレック監督、ありがとう☆ 思えば、監督第一作の『ゴーン・ベイビー・ゴーン』の時は、日本では劇場公開すらされなかったというのに、問答無用の実力でもって、公開作は決して見逃せない監督としての地歩を築かれたご様子。重畳の至りであります。

 1979年に実際にイランで起こったアメリカ大使館人質事件がベース。大使館で人質となった52人のほかに、6人の職員が密かに裏口から脱出し、カナダ大使私邸に匿...
キノ2  2012年11月29日(木) 22時34分
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】 イランからアメリカの外交官を救出す
うろうろ日記  2012年11月29日(木) 22時14分
「Argo」 2012 USA

架空の映画を演出して人質奪還するアイデアは素晴らしい!としか言いようがない。そしてそれを本物の映画にしてしまった。エンディングで実際の人物が紹介される。皆とても似ているのだ。監督ベン・アフレックのこだわりが感じられナイスだった。
何度も書いているが、ほんとベン・アフレックって作品ごとに、監督としても俳優としてもますます素敵になっていく。

監督、製作、出演(CIAエージェント、トニー・メンデス役)に「ハリウッドランド/2006」「消されたヘッドライン/2009」「そんな彼なら捨てちゃえば?/2009」「ザ・タウン/2010」「カンパニー・メン/...
ヨーロッパ映画を観よう!  2012年11月29日(木) 19時49分
6人を、脱出させろ…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210260004/


アルゴ (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) (ハヤカワノンフィクション文庫)アントニオ...
日々“是”精進! ver.F  2012年11月29日(木) 13時51分

アルゴ
監督:ベン・アフレック
出演:ベン・アフレック、アラン・アーキン、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン、ケリー・ビシェ、他
2012/アメリカ
オフシャルサイト

はらはらドキドキ。あん時(30年ほど前のあん時の混乱をかすかに覚えているが}にこんな馬鹿げた作戦が、実際に行われたのかどうか、何処まで真実で、どこまでエンタメ目指したフィクションなのかわからない。でもどっちでもいい。とにかく圧倒的なリアリティサスペンスに釘付けにされました。こう言うの《良作?》それとも《快作?》、非情に満足度の高い作品でした。スケールの大きい《これぞハリウッドの力》を見せつけられ...
KATHURA WEST・・・Art-Mill  2012年11月29日(木) 13時48分
久々に「映画見た!」と思った。本物のヒーローを描くのに派手さは必要ないよね。★★★★★(5点満点)←つけちゃった^^;詳しい感想記事はこちら→映画@見取り八段 【アルゴ】映画屋...
見取り八段・実0段  2012年11月29日(木) 13時21分
1979年11月4日。 イラン革命が激しさを増すテヘランで、革命防衛隊がアメリカ大使館を占拠し52人が人質になってしまう。 一方、6人の大使館員がカナダ大使の私邸へ逃げ込み、身を隠していた。 イラン側に逃亡の事実がバレたら6人は処刑されてしまう。 CIAの救出作戦のエキスパートであるトニー・メンデスは、6人がカナダ人の映画関係者であるということにして、国外へ脱出させる作戦を立てたのだが…。 実話サスペンス。
象のロケット  2012年11月29日(木) 8時39分
ベン・アフレック監督・主演作品、「アルゴ」を観た。 1979年、イランでホメイニ師を指導者とする革命が勃発。米英が担ぎ上げていたパーレビは浪費と圧政によって国民の憎悪を買っていた。パーレビにとって幸福なのは、彼自身の癌治療のためこのときアメリカに渡ったこと。人民裁判によって前国王には死刑の判決が下されることは免れないが、死刑執行人の手もアメリカ大陸までは届かない。パーレビ不在の状況下において、民衆の怒りは傀儡政権を作り上げた大国へと向けられる。 11月4日、テヘランのアメリカ大使館が襲撃された。機密流失を回避するため、職員たちは重要書類の破棄・焼却を進める。アメリカ合衆国の領土が侵されているのにもかかわらず、警備の部隊は一発の銃弾すら発砲できない。それが戦争を招く一発になるかもしれないからだ。押し寄せた民衆を前にアメリカ大使館は占拠され、職員は為す術もなく捕らえられる。六名を除いて。 CIAもつかんでいなかったイラン革命。事態は緊迫の度合いを増してゆく。そんななか、六名の大使館職員がカナダ大使の私邸に匿われているとの情報が入った。救出作戦が国務省主導で立てられることとなる。CIAのトニー・メンデス...
MESCALINE DRIVE  2012年11月29日(木) 8時26分
『アルゴ』 を試写会で鑑賞しました。

あれ、なぜか、入場時に荷物検査が・・・
この映画はどこまで秘密を隠し通そうとしているのか

【ストーリー】
 1979年11月4日、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。パニックの中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出してカナダ大使の自宅に潜伏。救出作戦のエキスパートとして名をはせるCIAエージェントのトニー・メンデス(ベン・アフレック)は、6名が過激派たちに発見され、殺害されるのも時間の問題だと判断。彼らを混乱するテヘランから救出する作戦を立案する。しかし、それは前代未聞で大胆不敵、そして無数の危険が伴うものだった……。


ストーリーは至って簡単なんだけど、なぜか前半置いてかれてしまった
正直、前半はちょいと眠かったのだけど、当時の映像とオーバーラップさせて
大使館の襲撃を描いたらりして、面白い構成であった。
ただ、あの6人ってどうやって抜け出したの?(セリフでは抜け道があると言ってたけど)
そんで、いつの間にカナダ大使の家に行ったんだろう。。。
その辺の記憶が吹っ飛んでます
それ...
2012年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf