映画「のぼうの城」でく“のぼう”に命を懸けられるか?

2012年11月25日(日) 0時09分
映画「のぼうの城」★★★☆
野村萬斎、榮倉奈々、成宮寛貴、
山口智充、上地雄輔、山田孝之、
平岳大、市村正親、佐藤浩市出演

犬童一心、樋口真嗣 監督、
145分、2012年11月2日より全国にて公開
日本,東宝、アスミック・エース
(原題/原作:のぼうの城)





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

初登場首位スタート、2週連続で好調
3週目も3位と30億円が見えて来た



「原作は和田竜のベストセラー
本屋大賞2位という評判の良い作品の映画化、
史実に基づいたということだけど
侍が名前を名乗り合って戦うという
武士が武士として誇りの持てる時代の
最後の煌めきの日々とでも言うか、
ここでも鉄砲が使われ時代の変化を見せる」



戦国末期、武州・忍城。
城主不在の戦の大将は
領民から「のぼう様」と呼ばれる成田長親、
こんな奴に領民、家臣の命を任せていいのか
だけど忍城城下の領民からは特に慕われ
いつしか関白の大軍2万と戦を交えようと
団結していくのだ。


原作ではどうなっているのか分からないが
ヒマがあれば田畑に出て
農民と親しくしていたから
農民も「のぼう様」の為に命を懸ける気になったのか
そのあたりはやや性急で
見てるこちら側には納得できなかったな、
もっとそのあたりを描いてくれないと
こちらも一緒に戦えない。



開城が決まっていたにも関わらず
使者の態度が悪かったのか
“のぼう”は、「一戦を交えよう」と言ってしまう、
このあたりも「何故」かは
こちらを納得させてくれない、
だからここから始まる戦が「?」でしかなく
勿体ないことこの上ない。



その後の戦いの様子や
“のぼう”の破天荒な行動も
勢いがあり面白く見たので
やはりスタートの部分がもうひとつだったな、
それだけなんとか飲み込めば
この映画は結構本気で作っていて
充分楽しめる作品となっている。



野村萬斎のキャラクターに負うところが
とても大きいが
憎めない人物だということは納得出来た、

でもこんな人が殿様だったら
安心して暮らせるかどうかは微妙だ。


絵空事だからやるならこのくらいで丁度いい、
水攻めのCGも荒っぽかったけど
まあ許せる範囲
ハリウッドだと完全にB級作品と烙印を押されるだろう、
主要人物のその後をナレーションが流れるが
実在の人物を僅かな史実を切り取って
こんな映画を作ってしまうのだから
これはやはり映画の醍醐味だ。



楽しめたけど
破綻している部分もあり
ちょっと勿体なかった。

★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2049
トラックバック
トラックバックURL:


これ劇場で見たかった作品でした。だって戦国時代でしょ、しかも忍城攻め。原作は弟がもっていたのですが、わざと未読。それでもキャスティングはどうかと思いましたよ、案の定でしたが。
忍(おし)城の攻防戦を描いた作品で、対するは石田三成率いる2万の大軍。史実をだいぶアレンジしているようですが、エンタメ時代劇ですしまあいいでしょう。面白かったですもん。

500 VS 20000…邦画版の「300」ですか。あー、こんなん勝てるわけないじゃんって思うわけですよ。戦国無双じゃあるまいし。しかし土壇場で言うのですね、のぼう様が「戦いまする」って。後押しするのは百姓たち。彼らはのぼう様がとにかく大好きで士気も高い。
何が良かったって、やっぱりのぼう様を演じた野村萬斎さん!見せ場であろう「田楽踊り」を、違和感なく舞える人といったら、もう絶対この人だけでしょうね!

ただとにかくもう台詞回しが時代劇ではない、現代的すぎでどうにかならなかったのかと思います。監督さんがこの映画、二人(犬童一心、樋口真嗣)いまして、それぞれ「眉山-びざん-」「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」と観てみたら面白くなかった映画を撮られてる...
いやいやえん  2013年05月02日(木) 10時10分
《のぼうの城》 2011年 日本映画 石田 三成率いる大軍が落とせなかった忍城、
Diarydiary!   2012年12月31日(月) 18時39分
のぼうの城 MOVIX川口

天下統一を目指す豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じるも、その中には
最後まで落ちなかった武州・忍城(おしじょう)と呼ばれる支城があった。
その城には領民からでくのぼう...
単館系  2012年12月30日(日) 0時43分
日記:2012年11月某日 映画「のぼうの城」を見る. 2011年.監督:犬童一心,樋口真嗣. 出演:野村萬斎(成田長親),榮倉奈々(甲斐姫),成宮寛貴(酒巻靭負),山口智充(柴崎和泉守),上地雄輔(
なんか飲みたい  2012年12月06日(木) 21時26分
2012年・日本/CIエンタテインメント=アスミック・エース配給:東宝、アスミック・エース 監督:犬童一心、樋口真嗣特撮監督:尾上克郎原作:和田 竜脚本:和田 竜撮影:清久泰延、江原祥二音楽:上野耕路




 
 
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/154526/
↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。
 
 
史実に基づく合戦への興味ということもですが
ふるさと 埼玉県 の 行田市 の 忍城 がもちこたえたと言う話☆ということで
これは、ぜひ、応援に馳せ参じなければ!\ (^o^) /と。
 
 
...
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**  2012年12月03日(月) 23時02分
『のぼうの城』 を鑑賞しました。

今日の2本目の映画です。
かなり疲れたよ〜

【ストーリー】
 天下統一を目指す豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じるも、その中には最後まで落ちなかった武州・忍城(おしじょう)と呼ばれる支城があった。その城には領民からでくのぼうをやゆした“のぼう様”と呼ばれ、誰も及ばぬ人気で人心を掌握する成田長親(野村萬斎)という城代がいた。秀吉は20,000の軍勢で攻撃を開始するが、将に求められる智も仁も勇もない、文字通りのでくのぼうのような男の長親は、その40分の1の軍勢で迎え討とうとする。


野村萬斎は初めてだけど、人を惹きつける演技力でした
主役のような佐藤浩市は相変わらずの存在感
後は、、、、今回は、榮倉奈々、成宮寛貴がイマイチでした

話は面白くて楽しめました
ただ、尺が長いのでかなり疲れました。

奇策っちゃー奇策だし、気さくとも取れるんだけど、
あんなこと戦の最中に出来ないよな。。。
本当なのかどうなのか分からないけど、素晴らしい気さくだった


 ↓良かったら押してください





...
 『のぼうの城』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。

(1)本作は、1年前に劇場公開される予定だったものが、3.11によって今頃公開の運びとなったものです。

 物語の舞台は、およそ400年前、戦国時代末期の忍城(現在は、埼玉県行田市)。

 時の関白の豊臣秀吉(市...
映画的・絵画的・音楽的  2012年12月03日(月) 6時05分

<のぼうの城 を観てきました>

製作:2012年日本

人気ブログランキングへ

ジャパンプレミアに参加してきました。
2011年の公開予定だったのだけど、震災の影響で公開が延期に。
やっと公開にこぎつけたこの作品は、犬童一心監督と樋口真嗣監督二人の監督と数多くのスタッフやボランティアの協力の元、製作されました。

もとは映画用の脚本として書かれた和田竜氏原作の同名小説が原作。
こちらは第29回城戸賞を受賞し、累計発行部数130万部を発行するなど、一時期ブームになるほどでした。電車の中で沢山の人がこの本を読んでいた記憶があります。

今回は上映の前に監督や出演者の登壇があり、インタビューや写真撮影がありました。
CM用の動画なども撮影してたけど、私は写ったかなー(笑)。座った席が関係者席あたりだったので、キャストが意外と近かったのだ!
私の目当ては山田孝之君だったけど、やっぱりみんながステキで…

主演の野村萬斎、佐藤浩市、成宮寛貴、榮倉奈々、山口智充、上地雄輔、山田孝之と二人の監督が登壇。
それぞれがお気に入りのシーンをコメントするなど、これから映画を見る私たちに別の楽しみ方も教えてくれました。
...
★紅茶屋ロンド★  2012年11月28日(水) 15時31分
 巨人が、日本一になりましたねぇ。うらやましい限りです。私が生きている間、広島カープは日本一になれるのでしょうか。まあ、そんなことはさて置き、本日紹介する作品はこちら
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  2012年11月28日(水) 10時53分
監督:犬童一心、樋口真嗣 脚本:和田竜 本記事は2012年度邦画ブログトーナメン
真・天文台  2012年11月28日(水) 9時39分
でく“のぼう”の気骨。

戦国時代の末期、豊臣秀吉の北条攻めの折、石田三成率いる2万を超える天下の軍勢に包囲されながら、僅かな手勢で守りきり、最後まで落城しなかった“水の城”武州・忍城(おしじょう)の...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2012年11月26日(月) 22時59分
映像…特に合戦シーンは素晴らしい!それだけに、人間ドラマの薄さがちょっと気になる。★★★☆☆(5点満点)詳しい感想記事はこちら→映画@見取り八段 【のぼうの城】人心は水より...
見取り八段・実0段  2012年11月26日(月) 21時31分
「忍(おし)城」(現在の埼玉県・行田市)城主の従弟で、病の父に代わり城代を務める成田長親は、領民から“のぼう様(でくのぼうの意)”と呼ばれ親しまれていた。 天下統一目前の豊臣秀吉は石田三成に忍城攻めの総大将を命じるが、当然のように降伏を迫られた長親は意外にも「戦いまする」と宣言。 誰の目にも絶対不利な、500人の軍勢対2万の大軍の戦いの火ぶたが切って落とされたのだが…。 戦国合戦物語。
象のロケット  2012年11月26日(月) 11時55分
「豊臣軍にケンカを売った、でくのぼうがいた。」「この男の奇策、とんでもないッ!」
♪さかきんぐのちょいと1言♪  2012年11月26日(月) 0時36分
試写会で見ました。舞台挨拶に野村さんと榮倉さんと上地さんがきていました。豪華です
うろうろ日記  2012年11月25日(日) 22時34分
戦国末期、豊臣秀吉、石田三成の2万の軍勢に屈せず、たった500の兵で抗戦し勝利した実在の武将!それが、のぼう様  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】天下統一目前の豊臣秀吉が、北条勢を攻めようとしている頃。周囲を湖で囲まれ「浮き城」の異名をもち、人々が平穏に暮らす武州・忍城には、領民から“のぼう様”と呼ばれ、誰も及ばぬ人気で人心を掌握する成田長親という城代がいた。やがて石田三成は、秀吉より預かった2万の兵を進め、忍城に迫ろうとする。武将に求められる資質を持たず、まさに“でくのぼう”のような長親は戦いを決意、たった500人の軍勢で迎え討とうとするが・・・監督:犬童一心、樋口真嗣  原作・脚本:和田竜出演:野村萬斎、榮倉奈々、成宮寛貴、山口智充、上地雄輔。山田孝之、平岳大、西村雅彦、夏八木勲、鈴木保奈美、前田吟、芦田愛菜、市村正親、佐藤浩市 ・・・原作を読んで、思わず「あっぱれ!」と叫んだほど入れ込んだ本である。水攻めのシーンがどうなるのか、やはり気になるではないか。だから、観てきましたなんといっても、のぼう役の野村萬斎、小説よりずっとでくのぼうであった。気は小さいし...
じゅずじの旦那  2012年11月25日(日) 20時38分
和田竜さんの小説「のぼうの城」の映画化作品です。 こちらについては珍しく原作を先
はらやんの映画徒然草  2012年11月25日(日) 20時33分
でくのぼうの、大勝負…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211020003/


のぼうの城 上 (小学館文庫)和田 竜 小学館 2010-10-06売り上げランキング : 19Ama...
日々“是”精進! ver.F  2012年11月25日(日) 19時44分


面白かった〜〜〜!!
もう一回観たいと思います!

この作品で野村萬斎さん大好きになっちゃったわ〜〜〜(*^。^*)

小説版を読んだのは2年前記事はコチラ

その時は知らなかったんだけど、この作...
よくばりアンテナ  2012年11月25日(日) 18時42分
2012年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf