映画「悪の教典」主人公の「狂気」までは届かなかった

2012年11月19日(月) 0時09分
「悪の教典」★★★☆
伊藤英明、二階堂ふみ、染谷将太、
林遣都、浅香航大、水野絵梨奈、
山田孝之、平岳大、吹越満出演

三池崇史 監督、
129分、2012年11月10日より全国にて公開
2012,日本,東宝
(原題/原作:悪の教典 /貴志祐介)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

初登場2位発進、「のぼうの城」のV2を
阻むことは出来なかった。



「原作は文庫が出た時に読んだ、
とんでもない小説だなと思ったが
伊藤英明主演で映画化されると知って
大丈夫かなと思っていた、
映画を見て主演として違和感はないが
訳の分からない存在と言うのを
示すには彼はクリーン過ぎたようだ」



生徒から人気の高い蓮実聖司(伊藤英明)は、
学校で持ちあがっていた携帯による
カンニング対策にも積極的で
同僚からも一目置かれる存在、
しかし彼には裏の顔があり
他者への共感能力を持たないサイコパスだった。


底抜けに明るい顔で
残虐な行為を行う
その点では伊藤英明は適役だった、
「好感が持てる」
まさにそれを体現しているからね。



自分の過去が知られたことで
彼はクラスの全員を殺さなくてはと感じ、
文化祭の前夜にそれを実行する、
笑顔で生徒を皆殺しにする
まさに異常な世界を
美しい音楽でも聞くように
なんのためらいもなく撃って撃って撃ちまくる。



小説で読んだときには気にならなかったが
生徒を校舎の上の階に足止めして
猟銃で順番に撃ち殺すという行為は
映画的には間延びした感じがした、
殺されるのを待ってないで
高校生ならなんとか出来るだろう、
視覚的に逃げ場が多すぎて

このあたりは映像の持つ力だ、
ここで納得させてくれないと
目の前で繰り広げられることが
胸に迫って来ないのだ。


しっかし「海猿」でヒーローを演じておいて
よくこの役を引き受けたなと思った、
まさに対極
イメージさえ壊しかねないというのに
でも役者ってこういう役をやりたいのかも

ただ世の中には常識では測れない
「悪」が存在するんだろうなと
納得は出来なかった

映像的な「狂気」は
目の前で生徒がバンバン殺されていくという
むごたらしい惨殺シーンだけで
そこから発散されるべき狂気は感じなかった。


やはりクリーンな伊藤英明は
訳の分からない絶対的な「悪」を
演じきることは出来なかったようだ、
ただひとつの挑戦であるなら
結構頑張っていたことは確か、
続編もあるようだ
次に期待したい。

★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2046
トラックバック
トラックバックURL:


筋トレシーン、excellent、to die?、チーッチッチ チーッチッチ チーッチッチ、パンティ嗅いで美彌とかで笑いを取りにいってますよコレ!
AKB大島さんが「私はこの映画が嫌いです」と泣いて発言したとかで話題にもなってた作品でしたが、面白いじゃないの。
あ、序章はみてません。
殺戮映画ですがポップな部分が見え隠れするのが不思議です。前述した笑いの部分もちょうど良いバランスで、吹っ飛ぶ感じだとか、猟銃で撃ちまくるラストの爽快感に繋がっていると思う。ストーリー的には後味が悪いはずなのですが、後味も悪くない。
ただ、全体的な説明不足はちょっと感じてしまいました。内容が薄いというより切れ者のはずの蓮見の行動自体が自らボロけているのが何だかなあ。序章をみてたらそんなこともなかったのかな?でも、他者への共感性がないというのは、そういうどこか不足なところがあるのかもしれない。
どちらかといえば誠実で正義的な役柄の多い伊藤英明さんが演じる蓮見。彼が何の躊躇もなくそれまで仲良く接してきた子供たちを殺していくシーンでは、なんともいえない上手い表情をみせます。この、いつもの役柄とのギャップが良かったのかもしれま...
いやいやえん  2013年05月23日(木) 5時30分
日本推理小説の生みの親であり、育ての親である江戸川乱歩が、ペンネームをいただいたエドガー・アラン・ポー。その著作をとりあげた「推理作家ポー 最期の5日間」を公開以来見に行きたかったのですが、なんで...
David the smart ass  2013年01月06日(日) 21時49分
悪の教典 MOVIXさいたま

ハスミンというニックネームで呼ばれ、生徒たちから圧倒的な人気と支持を集める
高校教師・蓮実聖司(伊藤英明)。
生徒だけでなく、ほかの教師や保護者も一目を置く模範的な教師...
単館系  2012年12月02日(日) 21時51分
 まだまだ面白い企画はあるものだ。
 先日、『北のカナリアたち』に感心したばかりだが、映画『悪の教典』も企画の上手さを堪能した。

 林朋宏氏によれば、映画がよく見られる効果要素は三つあり、それ...
映画のブログ  2012年11月30日(金) 20時11分
あれだけショットガンをぶっ放しているのに、ご近所さんは気が付かないものなのか?
だらだら無気力ブログ!  2012年11月27日(火) 21時03分
「To Be Continued」って、続くの?? いやいや、緊張感がずっと続く
はらやんの映画徒然草  2012年11月25日(日) 22時28分


【監督】三池崇史
【出演】伊藤英明/二階堂ふみ/染谷将太/林遣都/浅香航大/水野絵梨奈/山田孝之/平岳大/吹越満
【公開日】2012年 11月10日
【製作】日本

【ストーリー】
蓮実聖司は生徒か...
シネマをぶった斬りっ!!  2012年11月23日(金) 13時30分
’12年、日本 監督・脚本:三池崇史 原作:貴志祐介 製作:市川南 エグゼクティブプロデューサー:山内章弘 撮影:北信康 キャスト:伊藤英明、二階堂ふみ、染谷将太、林遣都、浅香航大、水野絵梨奈、山田孝之、吹越満、貴志祐介 今年の三池さん、実はこれが3本目だったんですね・・。私、三池ファンとか言いながら、『逆転裁判』のことはすっかり眼中になかったな。ちょうど忙しい時期だったこともあったけれど、記憶からすっかり抹消してしまってた。珍しく劇場鑑賞してない。そろそろDVD見なくっちゃ。 今回は久々に三池さん...
レザボアCATs  2012年11月23日(金) 0時24分
2012年日本で製作された 三池崇史監督作品。サイコパスである高校教師・蓮実聖司
放浪の狼のたわごと  2012年11月22日(木) 20時01分

 高校の英語教師、蓮実聖司(伊藤英明)は生徒たちから「ハスミン」 と呼ばれ、
そのカリスマ性とルックスにより絶大な人気を得ていた。同僚からも一目置かれ
る存在である彼はしかし、生まれつき共感力...
真紅のthinkingdays  2012年11月20日(火) 8時21分
映画「悪の教典」観に行ってきました。「海猿」シリーズその他でヒーローや善人的な役柄を主に担ってきた伊藤英明が一転してサイコキラーな悪役を演じることで話題となった、貴志祐...
タナウツネット雑記ブログ  2012年11月20日(火) 1時14分
生徒40人、皆殺し。

男前で陽気な性格、生徒たちに絶大な人気を誇る高校教師でありながら、その実自分にとって不都合な人間は次々と抹殺する殺人鬼。
表と裏、二つの顔を持つ男を主人公に、異才・三池崇史...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2012年11月19日(月) 23時07分
監督:三池崇史 脚本:三池崇史
真・天文台  2012年11月19日(月) 20時58分
 民主党が、次期衆院選での公約の一つに「TPP参加交渉」を明記するみたいですねぇ。私自身はTPP賛成なのですが、前回の衆院選における公約の達成度を見れば、全く信用でき
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  2012年11月19日(月) 19時20分
 貴志祐介原作の同名小説を、三池崇史監督・脚本、伊藤英明主演で映画化。 いたってごく普通のサイコスリラー。三池監督お得意の作風であり、それなりの仕事は見せてくれるものの、所々にアラが目立つ、少々残念な仕上がり。 まず何より、最初から犯人が分かりきっている
流浪の狂人ブログ?旅路より?  2012年11月19日(月) 18時54分
スプラッタな映像続出なので好き嫌いはあると思う。原作ファンの賛否もあるのかな。原作未読の身には面白かった。いかにも三池エンターテイメント!★★★+.5☆☆(5点満点)詳しい感...
見取り八段・実0段  2012年11月19日(月) 15時26分
人気教師は、サイコパス…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211100005/


悪の教典 オリジナル・サウンドトラックV.A. rhythm zone 2012-11-07売り上げラ...
日々“是”精進! ver.F  2012年11月19日(月) 12時29分
生徒から“ハスミン”という愛称で呼ばれ絶大な人気を誇り、学校やPTAの評価も高く「教師の鑑」的存在の高校教師・蓮実聖司。 しかし彼は他人への共感能力をまったく持ち合わせていない、生まれながらのサイコパス(反社会性人格障害)で、邪魔な人間をいとも簡単に殺していく。 完璧すぎる教師・蓮実に違和感を感じている物理教師・釣井は、蓮実の過去を調べ始めるが…。 スリラー。 R-15。
象のロケット  2012年11月19日(月) 11時19分
『悪の教典』 を試写会で鑑賞しました。

R-15だしどぎつい表現を期待したんだけど、確かに銃の音と血しぶきは凄かったけど
なんか冷徹さに徹した演技をしているのは分かるけど、身の毛もよだつ程の怖さが無かったよ
そういう意味では、伊東英明では駄目なんだろうね

【ストーリー】
 ハスミンというニックネームで呼ばれ、生徒たちから圧倒的な人気と支持を集める高校教師・蓮実聖司(伊藤英明)。生徒だけでなく、ほかの教師や保護者も一目を置く模範的な教師だったが、その正体は他人への共感や良心を持っていない反社会性人格障害者であった。学校と自身に降り掛かったトラブルや障害を取り除くために、平然と殺人を犯しては校内での地位を強固なものにしていく蓮実。しかし、ささいなミスから自身の凶行が知られそうになってしまう。それを隠そうと悩んだ彼が導き出した答えは、クラスの生徒全員を殺すことだった。


映画の公開前に、序章がTVで放送されるそうなんだけど
もしかして、序章にハスミンの生い立ちや生徒との関係がしっかりと描かれているのかな?
映画だけでは、その点はあまり説明が無かった。
そして、肝心の殺人は往年の 「必殺!」 シリーズを...


怖いから嫌だな、と思っていたのに観に行ってしまった・・・・

原作の怖さはそのまんま、上手く映画化されたなぁ〜〜
三池監督ってやっぱすごいわ。

原作の感想記事はコチラ。

人気者の先生・蓮...
よくばりアンテナ  2012年11月19日(月) 10時26分
2012年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf