映画「北のカナリアたち」吉永小百合主演映画だからと敬遠することなかれ

2012年11月17日(土) 0時06分
「北のカナリアたち」★★★★
吉永小百合、柴田恭兵、仲村トオル、
森山未來、満島ひかり、勝地涼、
宮崎あおい、小池栄子、松田龍平、
里見浩太朗出演

阪本順治 監督、
130分、2012年11月3日より全国にて公開
2011,日本,東映
(原題/原作:二十年後の宿題 /湊かなえ )





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


初登場2位発進、2週目は位とそれほど落ち込みの無い
安定した興行成績を維持している、
20億ラインあたりか。



「寒そうな予告を結構見かけた、
寒いのは苦手だけど
北海道の北の端の島なら行って見たい
単純にそんな考えから映画館へ
主演女優ありきの映画かと思ったら
豪華な俳優陣全員がそれぞれ見せ場のある
結構見ごたえのある映画に仕上がっていた」



島の顔役の娘さんが新しく小さな島の分校に
大学教授の夫とともにやって来た、
6人の子供たちは彼女によって
歌う事の喜びを教えられ
島の風景に子供たちの声が響き渡る
そんな何気ないシーンが
何故かとても印象に残っている



何か特別なことなんていらない
ただ毎日の中で
季節を感じたり
キラキラ光る海が見えたり


映画はひとつの事件で先生が島を去り
20年後に生徒の一人が起こした殺人事件で
また再び島に戻って
かつての生徒と巡り合うのだが
成長した生徒ひとりひとりは
個性的な役者揃いで
彼らの静かな熱演も見事だった



ミステリータッチで過去と現在が描かれるが
事件の真相に迫る事より
現実とは別に
その時、当事者のそれぞれが感じた事は
人それぞれで
決して全員が同じ様に感じたわけじゃなく
小さな島であっても
育った境遇やそれぞれの個性も違って
色んな見方、感じ方があるんだなぁと。



寒いのが苦手なので
暖かくなったら舞台となった島へ
行ってみたいなと思っていたが
雪が横殴りに吹きすさぶ中
雪をかぶった雄大な山が見えると
こんな景色を見られるなら
冬も良いかなと
ストーリーそっちのけであれこれ考えた。



映画の出来は良くって
満足して劇場を後にした。

★100点満点で85点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2045
トラックバック
トラックバックURL:


湊かなえさんの原作ですが、これ脚本が微妙だなあ。
吉永小百合さんだから不倫もきれいなことのように感じるのもなんかなあ。吉永さんのイメージからして、死にゆく夫と若い警官の間で揺れる役どころってなんか合わないというか…どうしても女の情感よりも優等生的なところを漂わせる部分がこの映画の場合鼻につくんですね。
映画は吉永さんがかつての教え子たちを訪ねまわるという形で展開をみせる。共演者はそれに合わせてあの頃の思いなどを語るわけですが彼らの言動もなんだかちぐはぐという印象。色々と無理があった。しかしそれが最後にひとつにまとまる。「辛い、辛いね」と信ちゃんが言う台詞は先生にも生徒にも当てはまる。
もっと残酷的な話になっても良かったのに、そう感じれないのはやはり吉永小百合効果でしょうか。
若いときと老いたときと両方を演じているのはさすがに無理やり感ありましたね^;あと分校の生徒たちの歌がめちゃうま!

【概略】
20年前に北海道の離島にある生徒6人の小さな分校で起きた悲劇の真相と、それによって心に傷を抱えた女性教師と教え子たちとの再会を描く。

ヒューマン
いやいやえん  2014年02月26日(水) 9時22分
8日のことですが、映画「北のカナリアたち」を鑑賞しました。

日本最北の島で小学校教師をしていた川島はる はある事故をきっかけに島から出て行ってしまう
20年後 教え子の一人が殺人事件の容疑者として追われていると知りかつての生徒たちに会うため北海道へ向かう

...
笑う社会人の生活  2012年12月09日(日) 1時16分
北のカナリアたち 渋谷TOEI

舞台「透明な雨」の後映画館へ。

日本最北の島で小学校教師をしていた川島はる(吉永小百合)は、
ある事故をきっかけに島から出て行ってしまう。
それから20年後、東京の...
単館系  2012年11月25日(日) 22時15分
北のカナリアたち
★★★★☆(★4つ)




サユリストではないけれど、気になっていた本作!!
いや、良作でしたよ〜

宮崎あおいちゃん×満島ひかり×勝地涼×森山未来×松田龍平×小池栄子!!

...
食はすべての源なり。  2012年11月25日(日) 3時04分
役者を揃えただけでは名作は作れない。 話題作りも懸命だが、利尻・礼文島の過去と現在。 私は2度その島には訪れたことはあるが、あのような町だったかなと甚だ疑問。 もっとも、私の場合、極寒の冬に訪れたわけではないので何ら評する権利はないのだが、それでも小説を無理に映像化した感がする。 ここは本来、利尻・礼文の良さを前面に出すべきところなのに非常に残念である。...
culty cinema complex |culty シネマ行状記 5.0  2012年11月21日(水) 0時00分
初日舞台挨拶に行きたかったが、チケット発売と「終の信託」舞台挨拶回上映が重なったので断念した北のカナリアたちを1日遅れで鑑賞。

日本最北の島で小学校教師をしていた川島はる(吉永)は、ある事故をきっかけに島から出て行ってしまう。
それから20年後、東京の図書館で働いていた彼女は、教え子の一人が事件を起こしたことに疑問を抱き、かつての自分が受け持っていた生徒たちに会うため北海道へ向かう。恩師と再会した教え子たちは、それぞれに抱える複雑で苦しい胸中を明かす。

「東映創立60周年記念作品」と言うだけあって、のっけから極寒の地でのロケが続き、何やら重厚な雰囲気が漂っております。
何をやらかしたのか知らんが、コソコソと極寒の町を出て行く小百合様。
そんな小百合様に石を投げつけるガキ。
いったい何があったのか?という掴みから入り、現在では図書館で働く小百合様の定年退職の日。
そのお姿は、20年前(町を出て行った頃)と全然変わっていません。
この吉永小百合というお方は、40代を演じれば老けすぎてるし、実年齢の60代を演じれば若々し過ぎる。そんな罪作りな容姿の為に、映画では年輪を感じさせる事ができな...
燃える映画軍団【ブログ編】  2012年11月20日(火) 23時07分
映画「北のカナリアたち」観に行ってきました。湊かなえの短編集「往復書簡」に収録されている短編小説のひとつ「二十年後の宿題」を原作とする、吉永小百合主演のヒューマン・サス...
タナウツネット雑記ブログ  2012年11月20日(火) 1時15分
 これはたいへん面白い企画だ。
 東映創立60周年を記念して、吉永小百合さんの主演映画を公開する。となれば、吉永小百合さんのイメージや、年配客が中心となるであろう客層を考えても、真面目な感動作が期...
映画のブログ  2012年11月19日(月) 13時41分
東京郊外で図書館司書をしている川島はるは、20年前まで北海道の離島で小学校教師をしていた。 定年退職したはるの元に、最後の教え子の一人・信人が殺人事件を起こしたという知らせが届く。 心配になったはるは、久しぶりに父が一人で暮らす島へ帰り、教え子たちと再会を果たす。 誰もが、はるが島を去る原因となった20年前の事故のことで心を痛めていた…。 ヒューマンドラマ。
象のロケット  2012年11月19日(月) 10時45分
 



作品について http://cinema.pia.co.jp/title/157627/
↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。
 
映画レビュー(ネタバレ表示です)
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id342158/rid25/p1/s0/c1/
 
 
20 年前にいったい何があったのかが気になって鑑賞しまし...
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**  2012年11月18日(日) 21時22分


原案が湊かなえの『往復書簡』に収められてる短編の「二十年後の宿題」。

本を読んだ時、なんだかなぁ〜と思っていて、
映画になったら面白くアレンジされてるんじゃないか、
はたまたキャスティング...
よくばりアンテナ  2012年11月18日(日) 20時50分
「北のカナリアたち」を観た。 東映創立六十周年記念作品ということで、本作は主演の吉永小百合をはじめとする日本映画界の綺羅星が出演する。永遠の映画スターである吉永小百合が演じるのは、北海道は離島の分校に赴任してきた教師。その後、彼女はある事件をきっかけに島を去ることになるのだが、二十年後に当時の教え子が起こした殺人事件を契機として島へ戻り、教え子たちと再会を果たす。その六人の教え子たちの成長した姿を演じるのは、実績も申し分のない若手俳優。森山未來、満島ひかり、勝地涼、宮アあおい、小池栄子、松田龍平。いずれも日本映画界を背負ってゆく人材だ。ここに石橋蓮司と柴田恭兵に仲村トオル、里見浩太朗といったベテランが脇を固めて、キャストは盤石だ。 スタッフも監督を阪本順治、撮影を木村大作が務めることから、東宝の"本気"が窺える。冬の北海道が見せる険しくも雄大な景色を、日本映画界を代表するカメラマン、木村大作に撮らせるのだ。これが本気でなくて何であろう。ただ一点、心配なのは脚本だ。 本作の原作者としてクレジットに名を連ねるのは、湊かなえ。この作家の作品は、複数の主観にひそむ悪意と保身と無自覚が織り成すア...
MESCALINE DRIVE  2012年11月18日(日) 11時52分
それでも、人は生きていかなければならない…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211030006/


東映創立60周年記念作品 北のカナリアたち オリジナル・サウン...
日々“是”精進! ver.F  2012年11月18日(日) 11時27分
東映創立60周年記念の大作。 主人公の元教師を吉永小百合さん、その生徒役を若手の
はらやんの映画徒然草  2012年11月18日(日) 10時03分
『北のカナリアたち』 を鑑賞しました。

公開2週目の土曜日の昼間なのに客入り少なし・・・
というか、窓口は寂しい感じだったので、全体的に人少なめでしょうね。
今週から公開の「悪の教典」や「シルク・ドゥ・ソレイユ」なども客入り悪いのでしょうか

【ストーリー】
 日本最北の島で小学校教師をしていた川島はる(吉永小百合)は、ある事故をきっかけに島から出て行ってしまう。それから20年後、東京の図書館で働いていた彼女は、教え子の一人が事件を起こしたことに疑問を抱き、かつての自分が受け持っていた生徒たちに会うため北海道へ向かう。恩師と再会した教え子たちは、それぞれに抱える複雑で苦しい胸中を明かす。


あれ、宮崎あおいが全然分からん位に太ってたし、化粧薄いとあんななの
魅力的なあおいちゃんじゃなくてガッカリ

東映60周年の記念作品ということで、観る側も気合い十分で臨んだが
なんのこたぁない、群像劇の表現の仕方はイマイチでした。
さすがに、泣かせどころはありましたし、ウルっとは来たけど、泣けませんでした。

印象に残ったのは、子供たちの歌声でした
この歌声はとても印象にのこります。
あとは、最後の大人たちの歌でし...
2012年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf