映画「リンカーン/秘密の書」奇想天外な発想から生まれた秘密のお話

2012年11月10日(土) 9時10分
「リンカーン/秘密の書」★★★3D鑑賞
ベンジャミン・ウォーカー、ドミニク・クーパー、
アンドニー・マッキー、メアリー・エリザベス・ウィンステッド出演

ティムール・ベクマンベトフ監督、
ティム・バートン製作
105分、2012年11月1日より全国にて公開
2012,アメリカ,20世紀フォックス
(原題/原作:ABRAHAM LINCOLN:VAMPIRE HUNTER )





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


全米では6月公開、初登場3位という
少し淋しいスタート、
2週のみトップ10に入り
最終成績も4,000万ドルあたり。



「第16代アメリカ大統領、エイブラハム・リンカーン、
昼は大統領として国民に尽くし、
夜はヴァンパイアハンターだったのだという
話をきいただけで
バカバカしいって思うが
これは小説や映画だから成立する話、
だったらとことん楽しませてもらおうと劇場へ」



リンカーン(ベンジャミン・ウォーカー)は子供の頃、
母親がヴァンパイアに襲われる場面を目撃し
復讐を決意するが
敵のヴァンパイアを研究するうちに
奴隷制度がヴァンパイアをはびこらせる一因と知り
奴隷解放するためには自ら政治の先頭に立たなければと
あれよあれよと言う間に
大統領に登りつめてしまう、
そんなことあり得ないよ
何度も思うが設定自体が奇想天外なんで
こんなものだろうと納得させつつ
展開を見守った。



史実にヴァンパイアハンターをうまくからませて
事実の裏にはこんなこともあったのだと
力技で見せてくれているが
やはり設定があり得ないほどバカバカしいので
映画にどっぷりはまりこむ事は無かったな。



色んな映画のヴァンパイアには
様々な制約があるわけだけど
今回の奴らはもう何でもアリ

昼間だって関係ない
その圧倒的な強さは脅威だったが
圧巻は列車での戦い
リアルさはないけど
よくまあ、こんな戦い方考えたなと
結構楽しめた、

橋が燃え上がり絶対絶命のシーンは
凄いけ凄すぎるし都合が良すぎて
笑っちゃった、
でもハリウッド映画のこのマジメさも好きなところだ。

この映画はコメディなのか
はたまた結構真面目に取り組んだのか
味方で印象は変わるけれど
ヴァンパイものが好きだし
歴史も結構好きなので
期待しなかった分楽しめた。


3Dで見たが2Dで充分。

★100点満点で70点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


ティムール・ベクマンベトフ監督
リンカーン/秘密の書 (2012) 監督/製作  
ダーケストアワー 消滅 (2011) 製作  
アポロ18 (2011) 製作  
9<ナイン> 〜9番目の奇妙な人形〜 (2009)  製作  
ウォンテッド (2008) 監督  
デイ・ウォッチ (2006) 監督/脚本  
ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR (2004) 監督/脚本


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2043
トラックバック
トラックバックURL:

近況報告から

先日、8月31日(月曜日)の夜。
自家用車にて帰宅時(21時ごろかな)、九州自動車道、吉志パーキングエリア付近の側道を走行中の事。
…前方に中型?大型の犬が数匹いるなぁ…いまどき野犬とか居るのと思って近づいたらイノシシ3頭でした。民家がある場所で...
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画  2015年11月09日(月) 21時59分
 昨日、広島高裁が「1票の格差」により前回の衆議院選挙を無効と判決しました。そもそも、一票の価値を平等とするならば、±20%程度の差しかないように選挙区の区割りを調整する
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  2013年03月26日(火) 14時07分


あの南北戦争で合衆国の分裂を食い止め、奴隷解放を成し遂げた第16代合衆国大統領エイブラハム・リンカーンが、実はヴァンパイア・ハンターだったという奇想天外なアクションもの。アメリカの歴史の復習なんかはいりません、斧を使ってバッタバタとヴァンパイアを倒していく作品です。ゾンビと戦ってるB級(リンカーンVSゾンビ)もあったけど、こっちが本編です。
ヴァンパイアが奴隷を食料としていることを知って奴隷解放を決意するくだりや、南北戦争に不死身の兵士として参加するヴァンパイアたちなど、荒唐無稽な設定が意外と納得がいくような作りになっているのは驚きです。
リンカーン役のベンジャミン・ウォーカーさんは少々地味なのですが、後年期のヒゲを蓄えた姿はなかなかリンカーン役にはまっていました。大統領就任後の戦いが、リンカーンの印象大。あのリンカーンがヴァンパイアの首を切り落としていく。まあ見どころはそこだけ、かな。暴走する馬群の中での戦いは良かったと思います。
展開が早すぎで時間経過が飛びすぎの部分もあり、後半はストーリーも失速していき最後の戦いも案外とあっさりとしたものだったのは残念に思います。
監督は「ウ...
いやいやえん  2013年03月25日(月) 8時37分



 ポスターがかっこよく、斧で木をなぎ倒すあのシーンが目に焼き付き、そしてあの明言「government of the people, by the people, for the people」が耳に残る予告編のリンカーン/秘密の書を見てきました。
よしなしごと  2013年02月03日(日) 11時47分

誰もが知るアメリカ大頭領エイブラハム・リンカーン。
貧しい農家出身ながら大統領まで上りつめ、奴隷解放と国家統一を
成し遂げた英雄です。

実は、そのリンカーン大統領が、ヴァンパイア・ハンターだった・・・

奇想天外な発想そのものが、この作品最大の面白さでした!
後は、クライマックスのド派手なアクション!
ワタシは2Dで見たのですが、3Dだと、アトラクションのようだと思います。

見ている間は、見入ってしまうし、楽しませてくれます。
でも、なんかなあぁ〜何か足んないのよ!
多分、視覚的には、満足したから、モヤモヤが薄れたんだと思うんだけど・・・
ストーリー性が浅いというか、せっかくの奇想天外な素材を生かしきれてないの。

最初は、母の復讐の為だったのが、ヴァンパイアの食糧だった奴隷を救う為とか
家族を守る為とか、主人公の成長の過程が、テキトーなの。

それに、主人公を演じたベンジャミン・ウォーカーという俳優さんが、
地味で、カリスマ性もなかったしね。
要は、主人公にインパクト、つまり゛華゛ですヨ、それがあれば
もっと面白くなってたと思うわ。

いろいろブータレてしまいましたが、娯楽大作としては、
合格点です...
愛猫レオンとシネマな毎日  2012年12月19日(水) 21時40分
ティム・バートン製作×「ウォンテッド」のティムール・ベクマンベトフ監督ということ
はらやんの映画徒然草  2012年11月24日(土) 7時14分
 設定を消化してちゃんとやって居るんだけど、はじけるような物がなかったなという感じだ。
net@valley  2012年11月23日(金) 3時13分
映画「リンカーン/秘密の書」観に行ってきました。映画「ダーク・シャドウ」のティム・バートンが製作を、2008年公開のアクション映画「ウォンテッド」のティムール・ベクマン...
タナウツネット雑記ブログ  2012年11月16日(金) 21時41分
監督:ティムール・ベクマンベトフ 脚本:セス・グレアム=スミス
真・天文台  2012年11月14日(水) 9時04分
[リンカーン大統領] ブログ村キーワード
 勝手に開催!“秋のリンカーン大統領祭り”。第1弾(?)の「声をかくす人」に続く第2弾は、「リンカーン / 秘密の書」(20世紀フォックス映画)。「声をかくす人」は、実話を基にした“感動ヒューマン・ドラマ”でございましたが、本作は実話をベース(?!)にした、“3D アクション・エンタテインメント大作”でございます。(※“秋のリンカーン大統領祭り”は、あくまでも吾輩が勝手に命名したものです。よって2作の間に、直接的な関連性はございません!悪しからず(^^;)


 後に“第16代アメリカ合衆国大統領”となる、エイブラハム・リンカーン(ベンジ...
シネマ親父の“日々是妄言”  2012年11月13日(火) 21時41分
もう少しでうっかりするところでしたが、今日は1日、映画の日でした。 昨日までなか
コリちょこ  2012年11月12日(月) 23時44分
映像は迫力ある。…が、ストーリーは奇想天外^^;随所で史実と融合しているところがなかなか面白い。★★★☆☆(5点満点)詳しい感想記事はこちら→映画@見取り八段 【リンカーン/秘...
見取り八段・実0段  2012年11月12日(月) 16時10分

貧しい開拓農民の家に生まれたリンカーン(ベンジャミン・ウォーカー)は、母の命を奪ったヴァンパイア集団に復讐を誓う。
ヴァンパイアの生態をよく知るヘンリー(ドミニク・クーパー)と出会い、使い慣...
心のままに映画の風景  2012年11月12日(月) 13時29分
開拓農民の家に生まれた青年リンカーンは、富豪の青年ヘンリーから、亡き母の命を奪った男がヴァンパイア(吸血鬼)であることを知らされる。 ヘンリーからヴァンパイアとの戦い方を教わり、昼間は雑貨店で働き、夜は斧でヴァンパイアを狩る二重生活を送るようになったリンカーンは、「友人も家族も持ってはならない。」というハンターの掟に背き、令嬢メアリーと恋に落ち結婚。 やがて政治を志すようになるのだが…。 アクション・スリラー。 
象のロケット  2012年11月12日(月) 11時13分




 
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158034/
↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD21589/story.html
↑ あらすじはこちらも参照ください。
 
 
アメリカ 16 代大統領・ リンカーン が若い日には、ヴァンパイアハンターだったという話――
...
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**  2012年11月11日(日) 21時33分
インディアン=ヴァンパイア?


【Story】
母親が人々を襲うヴァンパイア集団に殺されたことを知ったエイブラハム・リンカーン(ベンジャミン・ウォーカー)は、リベンジを果たそうとおのを駆使した戦闘...
Memoirs_of_dai  2012年11月11日(日) 1時09分
映画館で見ました。今回は3Dです。最近、3Dに見慣れたのか、特に語れることがない
うろうろ日記  2012年11月10日(土) 21時19分
『リンカーン/秘密の書』 を試写会で鑑賞しました。

UDXシアターは初めて行きましたが、中々綺麗で良かったです。
でも、なぜか、今日の3Dは画面が曇っているような、光っているようなとても観づらかった
使い捨てっぽいメガネだし回収せずにわたした方がよさそうな気もするが、メガネのせいかな

【ストーリー】
 母親が人々を襲うヴァンパイア集団に殺されたことを知ったエイブラハム・リンカーン(ベンジャミン・ウォーカー)は、リベンジを果たそうとおのを駆使した戦闘術をマスターしていく。やがて、黒人奴隷の売買によって食料となる人間をヴァンパイアたちが確保し、それを悪用して政治家が富を得ている事実を知る。個人の力だけでは彼らに太刀打ちできないと感じたリンカーンは、政治の道へと進んで大統領に。昼は大統領として責務を果たし、夜はハンターとしてヴァンパイアを倒していくが……。


中々歴史と絡めてのストーリーは面白かった。
リンカーンが子供の頃から、死の前までなんかな・・・を描いているが、
やっぱり見どころはヴァンパイアとの闘うシーンだが、南北戦争と絡めている。
今日は眠かったんだけど、前半に何度かビックリするシーンが...
2012年アメリカで製作された ティムール・ベクマンベトフ監督作品。 2Dで鑑賞
放浪の狼のたわごと  2012年11月10日(土) 20時33分
大統領は、ヴァンパイアハンター…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211010003/


ポスタ- A4 パターンC リンカーン 秘密の書 光沢プリント写真フォトスタ...
日々“是”精進! ver.F  2012年11月10日(土) 14時14分

<リンカーン/秘密の書 を観て来ました>

原題:Abraham Lincoln: Vampire Hunter
製作:2012年アメリカ

人気ブログランキングへ

製作がティム・バートンで、監督が「ウォンテッド」のティムール・ベクマンベトフのタッグ。
ティム・バートンは言わなくてもわかる通り、ダークで独特の世界観を持つ人(大好き)。
「ウォンテッド」の監督…といわれても、名前は出てこないんだよねー。あの作品はもともとがコミックだったせいで、監督色というのがわかりにくかったと思うけど、なるほどなるほど、あの表現方法が監督の腕前そのものだったというのが、今回の作品では良くわかりました。

実写だけど、ちょっと非現実的な動きや表現をあまり不自然なく魅せる。
それにティム・バートンのダークさが加わって、しかも実在したアメリカ大統領リンカーンをモデルにしちゃうっていうのだから、発想が大胆だよね。ちなみに原作が存在し、原作者が脚本書いてます。



幼い頃にリンカーンは母親を殺される。なんと殺した相手は人間社会にひっそりと溶け込んでいたヴァンパイアだったのだ。
成長したリンカーン(ベンジャミン・ウォーカー)は、酒場でヘンリーと名乗る男(...
★紅茶屋ロンド★  2012年11月10日(土) 11時57分
2012年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf