映画「ボーン・レガシー 」まだまだボーンで引っ張りますか

2012年10月14日(日) 13時59分
「ボーン・レガシー 」★★★☆
ジェレミー・レナー、エドワード・ノートン、
レイチェル・ワイズ、ジョアン・アレン、
アルバート・フィニー、デヴィッド・ストラザーン、スコット・グレン出演

トニー・ギルロイ 監督、
135分、2012年9月28日(公開)
2012,アメリカ,東宝東和
(原題/原作:THE BOURNE LEGACY)





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「傑作“ジェイソン・ボーン”シリーズから生まれた新作、
暗殺のプロを育成するCIAの極秘プログラム
“トレッドストーン計画”が生みだしたのは
ボーンだけではなかった、
出来は悪くないが
どうしても前作と比べてしまい
物足りない部分も」



アラスカで訓練中のアーロン・クロス(ジェレミー・レナー)は
突然攻撃され孤立無援状態に陥る、
何が起こったのか
僅かな情報を頼りに
逃げまどいながらも真相に近付いていく。


緊迫したアクションシーンは秀逸
すごく興奮する、

カーチェイスもひねりが効いていて
いかに見せるかが相当考えられ
ただ暴走するだけじゃない
新たな視点を提示する、
こういうことに夢中になっている作り手の存在が
単純に嬉しい。



後半はフィリピンでの殺し屋との死闘が
繰り広げられるが
このあたりの悪人役でいいから
日本人が活躍してくれたら・・・と
余計な事も考えつつ
ターミネーターばりに
しつこく立ちあがる追手の存在が
この映画をさらに面白いものにしている。


でもな
なんか国の機関であるCIAが
ここまで悪く描かれてしまうと
「そこまではしないだろう!」と
心のどこかで歯止めがかかって
目の前で展開する追跡劇を
心の底から楽しめない自分をみつけてしまう、
いくらなんでも・・・と何度も何度も。


だから今回のひとつの区切りを見せられても
何だかスカッとした気分になれないのだ、

作り物なんだから
面白ければ良いじゃないかと思うが
それでもどこかで
「こんなこと本当にあったら怖いな」と
そんなふうに思わせてくれなくてはね。

とりあえずは合格点
しかし見事にマット・デイモンを変身させた
前作のボーンシリーズと比べると
次回はもっと頑張ってもらいたい。


★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

全米での成績は初登場首位で4.000万ドル余りを稼ぎ
最終的には1億ドルを超えたが
大ヒットにはもうひとつ。

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2031
トラックバック
トラックバックURL:


ジェレミー・レナーさんを主人公にもってきた、「ボーン」シリーズのスピンオフ的作品。
「トレッドストーン計画」によって生み出された暗殺者ジェイソン・ボーンが、ロンドンで新聞記者サイモン・ロスに接触しようとしていた頃、計画が明るみに出ることを恐れたCIA本部では、国家調査研究所のリック・バイヤー(エドワード・ノートンさん)が証拠隠滅のために全プログラムの抹消を命じていた。一方、アラスカのCIA訓練地では、「アウトカム計画」によって生み出された暗殺者アーロン・クロスが訓練を積んでいた…という設定。
ボーンシリーズを見ていた人には、ああ、あの時期ねとわかるものの、後付感はちょっとありますな。ほとんどが逃走劇。薬に頼らなければならないことへの悲哀は出ていますが、ストーリー的には前半部にもたつきがあって、正直テンポが良いとは言えなかったなあ。途中でダレちゃった。
ヒロインはレイチェル・ワイズさん。彼女が「なぜ薬が必要なの?」と問うシーンがありますが、説得力があまりないなー。全作戦中止っつーか要は暗殺者メンバーが殺されていくという設定が強引すぎる^;作戦中止でいつか再開する予定なら、国外待機命令だ...
いやいやえん  2013年03月05日(火) 10時22分
12-80.ボーン・レガシー■原題:The Bourne Legacy■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:135分■字幕:戸田奈津子■観賞日:10月7日、新宿バルト9(新宿三丁目)■料金:1,800円
□監督・脚本・原案・編集:ジョン・ギルロイ□脚本:ダン・ギルロイ◆ジェレ...
kintyre's Diary 新館  2013年01月10日(木) 23時32分

ジェイソン・ボーンの活躍を描いたシリーズ3部作に続く新たなストーリー。
本作は、ボーンシリーズと同じ時系列で同時進行していた、もう1人の暗殺者
アーロン・クロスの物語を描いてます。

見終わってしまえば、面白かった!
と、言うのは、前半は全体像が掴めない上に、主役のアーロンとCIAの話が
長々と続き、退屈だったからなの。
面白くなるのは、レイチェル・ワイズ演じる博士と、マニラを訪れるあたりから。
バイクチェイスシーンは、凄くって、気が付いたら、口を開けて
ガン見してました(笑)手に汗握る感じです。

前半部分が分かりにくいので、これから見る方々の為に
少し説明しときますね。
ボーンシリーズでは、CIAは「トレッドストーン計画」や
「ブラックブライヤー計画」を進めていたけれど、ボーンによって、
それがぶち壊されます。
それ以外にも、CIAは、゛人体改造゛による人間兵器の育成計画をやっていて
本作の主人公アーロン・クロスも、その人体実験の1人でした。
ボーンの件によって、他の計画まで明るみになる事を恐れたCIAは
関係者を抹殺して隠そうとします。
でも、アーロンと研究者の女性博士が生き延びてしまい・・・
...
愛猫レオンとシネマな毎日  2012年12月18日(火) 22時09分



 完結編と思われた前作のボーン・アルティメイタムから約5年。ボーン・レガシーを見てきました。
よしなしごと  2012年12月08日(土) 10時57分
 阪神競馬が台風で中止ですか…。広島では、ほとんど台風を意識することがないのですが、多くの影響を与えております。では、本日紹介する作品はこちらになります。

【題名】
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  2012年10月25日(木) 20時32分



ボーンに続き、トレッドストーン作戦から膿みのように誕生した 新キャラクター。
演じるのは、最近超売れっ子の、ジェレミー・レナー(写真 左)

彼は、ここんとこ急激に超売れっ子に。
「28週後...」→「ハート・ロッカー」で正に爆発(笑)、続く「ザ・タウン」でい...
日々 是 変化ナリ ? DAYS OF STRUGGLE ?  2012年10月22日(月) 5時25分
10月に入り、また見たい映画が目白押しですね。

「ジェイソン・ボーン」シリーズの新たなスピンオフ作。

映画「ボーン・レガシー」



あらすじ・

最強の暗殺者を生み出すCIAの極秘プログラム、トレッドストーン計画と
ブラックブライアー計画。その最高傑作として生み出されたジェイソン・
ボーンが、失った記憶を追い求めながら、自身の人生を大きく狂わせた
同計画を白日のもとにさらそうと、CIAとの戦いに挑んでいた。
その裏で、ボーンと匹敵する能力を秘めた暗殺者アーロン・クロス
(ジェレミー・レナー)を巻き込むようにして、さらなる戦いと
陰...
Osaka-cinema-cafe  2012年10月22日(月) 3時12分
これもまたシリーズ定番企画。次回作は生い立ち編か?それとも今回の事件の発展編か?もし3本作る予定なら、3本目でマット・デイモンが合流するのか? となると、2本目は過去と現在を同時進行がベストか? なんて興奮冷めやらぬ今、勝手な想像をして盛り上がる。そうでもしなければやってられない。この前半と後半の変幻は一体何なのか?まるで二部構成だわ。...
culty cinema complex |culty シネマ行状記 5.0  2012年10月21日(日) 10時03分
映画「ボーン・レガシー」観に行ってきました。マッド・デイモンが演じるジェイソン・ボーンが活躍する「ボーン」シリーズ3部作の裏で同時進行していた、CIAの計画を巡る戦いを...
タナウツネット雑記ブログ  2012年10月20日(土) 23時24分


【監督】トニー・ギルロイ
【出演】ジェレミー・レナー/レイチェル・ワイズ/エドワード・ノートン/アルバート・フィニー/ジョアン・アレン/デビッド・ストラザーン/スコット・グレン/
【公開日】201...
シネマをぶった斬りっ!!  2012年10月17日(水) 21時24分
映画館で見ました。 【予告orチラシの印象】マッドさんのボーンシリーズの後釜。と
うろうろ日記  2012年10月16日(火) 7時41分
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】 皆悪人。がキャッチコピーだから、悪
うろうろ日記  2012年10月16日(火) 7時34分
暗殺者養成のCIA極秘プログラム“トレッドストーン計画”は白日の下に晒され、国家の陰謀は崩壊したはずだった。 しかしプログラムそのものを「抹消」する事が決定し、関係者たちは次々と抹殺されていく。 高度な遺伝子操作と人格改造で、ジェイソン・ボーンを遥かに凌ぐ能力を身に着けた暗殺者アーロン・クロスは、女性医師マルタの情報を頼りに打開策を模索していくのだが…。 サスペンス・アクション。
象のロケット  2012年10月16日(火) 2時11分
前半、ちょっと退屈・・・。
だらだら無気力ブログ!  2012年10月16日(火) 1時24分


【あらすじ】
CIAの極秘プログラム「トレッドストーン計画」が、ジェイソン・ボーンによって明るみになろうとしているころ、人体改造の「アウトカム計画」により、強靭な肉体を持つアーロンが訓練を積ん...
お気楽映画日記  2012年10月15日(月) 21時20分
冷戦が終わり、無邪気なスパイ映画がつくれないご時世だというのに、名作とはいえはる
事務職員へのこの1冊  2012年10月15日(月) 21時09分






 THE BOURNE LEGACY


 ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)の逃亡により、CIAの極秘計画が白日
の下に晒されようとしていた。国家調査研究所のリック・バイヤー(エドワード
・ノート...
真紅のthinkingdays  2012年10月15日(月) 20時44分
ジェイソン・ボーンは
氷山の一角に過ぎなかった。



■ボーン・レガシー - The Bourne Legacy -■ 2012年/アメリカ/135分
 監督   :トニー・ギルロイ
 脚本   :トニー・ギルロイ、ダン・ギ...
momoな毎日  2012年10月15日(月) 9時02分
2012年・米=ユニバーサル/配給:東宝東和 原題:The Bourne Legacy 監督:トニー・ギルロイ原作:ロバート・ラドラム原案:トニー・ギルロイ脚本:トニー・ギルロイ、ダン・ギルロイ製作:

ジェイソン・ボーンによってCIAの極秘プログラム“トレッドストーン計画”と“ブラックブライアー計画”が暴かれようとしていた同じ時、更なるプログラム“アウトカム計画”が遂行されていた。
情報漏洩によって...
心のままに映画の風景  2012年10月14日(日) 21時15分
 



 
 
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/157156/
↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。
 
 
マット・デイモン主演のジェイソン・ボーンのシリーズは
記憶喪失でわけわからないまま、命を狙われるという
CIA スパイのサスペンスアクションで
スピードも、哀愁もあって、面白ったです。
 
...
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**  2012年10月14日(日) 20時42分
Data 原題 THE BOURNE LEGACY 監督 トニー・ギルロイ 出演 ジェレミー・レナー 
エドワード・ノートン 
レイチェル・ワイズ 
ジョーン・アレン 
アルバート・フィニー 公開 2012年 9月
映画 K'z films 2  2012年10月14日(日) 18時49分
2012年アメリカで製作された トニー・ギルロイ監督作品。「ボーン」3部作の裏側
放浪の狼のたわごと  2012年10月14日(日) 17時15分
「ボーン・レガシー」を観た。 マット・デイモンが主演して世界的大ヒットとなった「ボーン」シリーズ。三部作は見事に完結した。彼らの陰謀うずまく物語は幕を閉じたとばかり思っていたのが、ジェレミー・レナーを主演に据えて新たな伝説を紡ごうとは。 ジェレミー・レナー演じるアーロン・クロスは、ジェイソン・ボーンとは異なり遺伝子操作を為された人間兵器。彼は"トレッドストーン"計画で生まれたのではない。彼を生んだ人間兵器養成計画の名前は、"アウトカム"。 ガーディアン紙の記者が"トレッドストーン"とジェイソン・ボーンについて嗅ぎまわっている。しかもサイモン・ロスは"ブラックブライアー"にさえも辿り着いたようだ。これはアメリカ合衆国の情報工作のすべてに影響を及ぼす緊急事態となる可能性がある。これに対してCIAは事態を収拾できないかもしれない。重要度の高い作戦を守るためには最終手段をとるしかない。 国家調査研究所のリック・バイヤーは優先すべきことを心得ている。事態の速やかなる収拾を託された彼は、さながら天才外科医がメスをふるうが如く的確な指示を下す。何を守り、そのために何を切り捨てるのか。手遅れになる前に病巣となり...
MESCALINE DRIVE  2012年10月14日(日) 17時14分
アウトカム計画と、ラークス計画…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209290001/


Bourne LegacySoundtrack Varese Sarabande 2012-08-07売り上げランキン...
日々“是”精進! ver.F  2012年10月14日(日) 16時31分
『ボーン・レガシー』 を観賞しました。

今日は、14日なのでTOHOで

【ストーリー】
 最強の暗殺者を生み出すCIAの極秘プログラム、トレッドストーン計画とブラックブライアー計画。その最高傑作として生み出されたジェイソン・ボーンが、失った記憶を追い求めながら、自身の人生を大きく狂わせた同計画を白日のもとにさらそうと、CIAとの戦いに挑んでいた。その裏で、ボーンと匹敵する能力を秘めた暗殺者アーロン・クロス(ジェレミー・レナー)を巻き込むようにして、さらなる戦いと陰謀が動き出していく。そして、CIA上層部ですら認知していない2つの計画を上回るプログラムの存在があり……。

おーい、CIAさんよ、一体幾つ秘密の計画があんのさ
と聞いたら、映画がヒットしなくなるまで
と返ってきそうである

前半はアーロンが鍛えている所と、CIA組織の陰謀を
中盤からレイチェル・ワイズと合流し逃げていくという展開で
ボーン・シリーズの典型と言った展開なんだけど
前の3作では誰かが裏切り者だったんだけどね。
今作は、裏切り者みたいなのはいなかった。
マニラでのカーチェイスならぬ、バイクアクション?は見応えがあり
かなり楽しめる映像であった。
...
2012年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf