映画「天地明察」ご明察!その言葉が胸に刺さる

2012年09月28日(金) 6時59分
「天地明察」★★★★
岡田准一、宮崎あおい、佐藤隆太、市川亀治郎、
笹野高史、岸部一徳、渡辺大、白井晃、横山裕、
市川染五郎、中井貴一、松本幸四郎出演

滝田洋二郎監督、
141分、2012年9月15日(公開)
2011,日本,角川映画、松竹
(原題/原作:天地明察 )





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

初登場4位、2週目で3位という興行成績


「原作が好きな作品だったので
出来が心配だったが
劇場で見て感動した、
主演の岡田准一は主人公にしては
線が細いんじゃないかと危惧していたが
これもなかなか映画としての
新しい主人公の姿を見せてくれていたし
映画の描くエピソードの多くも
視覚的な世界を充分に表現していた」



囲碁の御三家に生まれた安井算哲は、
将軍の前で碁を打つような身分でありながら
子供時代から星を眺めることを愛し、
算術の世界に惹かれながらも
水戸藩主より命ぜられて
日本全国で北極点観測の旅に出ると
旅から戻った彼は新しい暦の作成を使命とした。


先日話題となった日蝕、
ああいったことが何時起こるのか
それを計算から導き出せるなんて
現代に生きる自分でも思いもよらないが
それを自らの天命と考えた男が主人公。


大変長い周期で起こる天体の変化を
地道な測量と天体観測で
中国から伝わった古い暦から
日本独自の暦の創設へと
とてつもない情熱を注いだ真実の物語は
時に胸にぐっとくるものがあった



自分の人生は自分で決めたいと思っていても
外部的な要因も大きい事は分かっている
それでも興味のあることに
関わっていたいとも思う



主人公は空を見上げては星を眺め
碁をうつ家系に生まれながらも
算術に夢中で
そんな彼は次第に自分の人生をかけた
仕事に挑むわけだけど
地道に努力をしていれば
そこに道はおのずと現れ
支えてくれる誰かが見ていてくれるということか。



彼には大きな仕事が与えられたが
その大事業に彼自身ものめり込んでいく、
どれだけ困難で時間を費やそうと
その表情はまさに無我夢中
とても羨ましいと
訳のわからない気持ちに胸が熱くなる
そんな瞬間を自分も果たして体験しただろうか


普段何気なく使っているカレンダー
これもかつて大変な情熱が形となっている
そう思って周りを見回せば
何気なく接しているものの多くが
かつて色んな人の情熱でできている、
何だか身が引き締まる



映画としての出来も良かったので
多くの人に見てもらいたいものだ

★100点満点で85点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2026
トラックバック
トラックバックURL:


江戸時代に日本独自の暦作りに挑んだ実在の人物・安井算哲の生き様を描く時代劇ドラマ。原作は吉川英治文学新人賞、本屋大賞など数々の文学賞を受賞した冲方丁の同名小説、未読です。
将軍に囲碁を教える名家の息子として生まれたものの、出世も富にも興味がなく、星の観測と算術の設問を解いている時が一番幸せという算哲を、将軍・徳川家綱の後見人である会津藩主・保科正之は800年にわたって使われていた暦の誤りを正し、新しい暦を作る大計画のリーダーに抜擢する。難関は、日本全国で緻密な天文観測を実施する事と、古来の暦を重んじている朝廷に新しい暦を認めさせる事。

この壮大なプロジェクトが映画化されたわけですが、日本の暦の変遷を知れたという意味ではなかなか面白い部分に焦点が当たっていたと思います。(算哲は後の渋川春海)
幾度挫折を繰り返しても、支えてくれる人のお陰で立ち上がっていく姿が誠実で爽やかで良かった。暦を作る…それは時代を考えると本当に気の遠くなるような作業だと思うのです。できうる限りの計測器を作って何年もかけて(その割には加齢をあまり感じなかったけど)作られるそれは、本当に壮大な、夢。北極出地(北極...
いやいやえん  2013年04月07日(日) 10時00分
 我等が広島カープは、今日も完封負けです。もう、だめですな。本日紹介する作品は、カープ同様残念なこちらになります。

【題名】
天地明察

【製作年】
2012年

【製作国】
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  2012年10月14日(日) 19時30分
天地明察 MOVIX川口

太平の世が続く江戸時代、算哲(岡田准一)は碁打ちとして徳川家に仕えていたが、
算術にもたけていた。
もともと星を眺めるのが何よりも好きだった彼は、ある日会津藩主の保科正之(...
単館系  2012年10月12日(金) 22時42分
江戸時代、碁打ちとして徳川家に仕えていた安井算哲は、会津藩主、保科正之の命を受け
CINEMA見聞録   2012年10月12日(金) 18時47分
 滝田洋二郎監督は大きな勝負に出てきたな。
 『天地明察』を観て一番に感じたのはそこだった。
 『天地明察』は勝負を描いた作品である。算術の設問を出し合う勝負、囲碁の勝負、暦の勝負、蝕の勝負。賭...
映画のブログ  2012年10月07日(日) 21時18分
 『天地明察』を渋谷のシネパレスで見ました。

(1)原作〔冲方丁著『天地明察』(角川書店、2009年)〕を本屋大賞受賞の際に読み、大層面白かったので、映画の方はどうかなと映画館に足を運びました。

 映画の冒頭は、屋根に上って夜空の星を見上げている主人公の安井...
映画的・絵画的・音楽的  2012年10月03日(水) 21時53分
渋川春海って&ldquo;はるみ&rdquo;って呼ぶんだ。ずっと&ldquo;しゅんかい&rdquo;だと思ってた。
だらだら無気力ブログ!  2012年10月03日(水) 2時10分


【監督】滝田洋二郎
【出演】岡田准一/宮崎あおい/佐藤隆太/市川猿之助/笹野高史/岸部一徳/渡辺大/白井晃/横山裕/市川染五郎/中井貴一/松本幸四郎/他
【公開日】2012年 9月15日
【製作】日本

...
シネマをぶった斬りっ!!  2012年10月01日(月) 2時18分
江戸時代前期。 将軍に囲碁を教える名家に生まれた青年・安井算哲は、碁打ちの傍ら算術や星の観測に夢中になっていた。 当時の日本は、800年にわたり使われてきた中国の暦・宣明暦が、数日ずれ始めるという重大な問題に直面していた。 算哲は、四代将軍・家綱の後見人を務める会津藩主・保科正之から、正しい暦を作るという大計画のリーダーに抜擢されるのだが…。 時代劇。
象のロケット  2012年09月30日(日) 4時12分
映画「天地明察」観に行ってきました。冲方丁による日本の時代小説を原作とし、日本独自の暦を初めて作り上げた歴史上の人物・安井算哲(渋川春海)の生涯を描いた人間ドラマ&歴史...
タナウツネット雑記ブログ  2012年09月30日(日) 0時20分
いわゆる難病ものというのは、あまり好きじゃなかったりします。 (特に邦画の)難病
はらやんの映画徒然草  2012年09月29日(土) 8時40分
冲方丁さんの小説「天地明察」が「おくりびと」の滝田洋一郎監督で映画となりました。
はらやんの映画徒然草  2012年09月29日(土) 8時36分
天地明察

いろいろと話題があるお二人が出ている映画ですね。

その後どうなのったのか。

さて、囲碁の御三家に生まれた安井算哲は、星が好きで、徳川家にて、碁打ちをしていた。

そんなある日、会津藩主の保科正之よりとある命をうけることになる。

それは・・・

北極出地の旅に出よと。

これは、日本各地をめぐり、北極星の高度を測り、その土地の緯度を計測するというものだった。

そもそも、今まで使ったいた暦が、次第にずれているのに気づいたからだ。


果たして...
映画情報良いとこ撮り!  2012年09月29日(土) 3時44分
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】岡田くんが天文学を元に、結構頑張っち
うろうろ日記  2012年09月29日(土) 1時29分

<天地明察 を観て来ました>

製作:2012年日本

人気ブログランキングへ

2010年第7回本屋大賞を受賞した沖方丁氏の原作小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が映画化。
原作は…家にあるんだけど、読んでません(笑)。
読むつもりだったんだけど、携帯をスマホにしてから電車の移動中はドラマを見るようになってしまって、めっきり本を読まなくなってしまいました(言い訳)。
でも、読みますよ!!せっかく面白いものが身近にあるんだから、勿体無いので!

ちなみに主演はジャニーズ事務所所属アイドルグループ「V6」の岡田准一君。
よって、画像はありませぬ……主演なのに…



江戸時代前期、碁打ちとして徳川家に仕え、算術や星にも熱心な青年安井算哲(岡田准一)は、ある日江戸城で対局中に暦にない日食を体験する。
城内が混乱している中、会津藩主の保科正之に呼ばれた算哲は、なぜか全国の”北極出地”を命じられ、1年の観測旅行をすることになる…




職業:碁打ち
趣味:算術、星の観測…

なぜか趣味の星の観測を見初められて、北極星の高度を測ってその土地の位置を割り出す仕事を任されてしまった算哲。さらにそこから日本の暦の原点と...
★紅茶屋ロンド★  2012年09月28日(金) 20時32分
原作は2010年に読書済み。(感想はこちら)今年の5月、日本全国老若男女が”金環日食”で盛り上がっていたのは記憶にも新しいが、何故その前後にこの映画が公開出来なかったのだろうと、非常に勿体ない事だと思
たいむのひとりごと  2012年09月28日(金) 14時34分
天は知れば知るほど、奥が深い…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209050000/


天地明察(上) (角川文庫)冲方 丁 角川書店(角川グループパブリッシング) 2...
日々“是”精進! ver.F  2012年09月28日(金) 14時18分
『モニター試写会/天地明察』 感想は書いてはいけないということなので今度ね

もう一般向けの試写会も行われてきたので、勝手に情報解禁!

【ストーリー】
 太平の世が続く江戸時代、算哲(岡田准一)は碁打ちとして徳川家に仕えていたが、算術にもたけていた。もともと星を眺めるのが何よりも好きだった彼は、ある日会津藩主の保科正之(松本幸四郎)の命を受け、北極出地の旅に出ることになる。算哲らの一行は全国各地をくまなく回り、北極星の高度を測り、その土地の緯度を計測するという作業を続け……。


既に4ヶ月近く前なので、内容は殆ど覚えていませんが、
尺が長くて見応えはあるものの所詮は暦なので盛り上がりには欠けました。
私は、宮崎あおいが好きなので、宮崎あおいの笑顔がとても印象に残ってます
でも、この試写の後(?)に例の暴露事件があって、今では岡田君一人が宣伝活動していますね
ジャニーズ(岡田准一)はどうでもいいんだけど、宮崎あおいを前面に出せないのは
宣伝活動には痛手でしょうし、いわく付の作品になってしまったので
客入りも期待できないかもしれませんね

かなり重厚に作られた印象のある作品ですので、天文の好きな人や...
原作でめっちゃ感動したので、
楽しみにしてたんですよ〜〜
原作の感想はコチラ
ストーリーも↑の原作の記事に書いてある通りです(^_^;)

映画を観ての感想は、

うん、北極星の観測に使う道具とか、大...
よくばりアンテナ  2012年09月28日(金) 8時39分
2012年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf