映画「デンジャラス・ラン」まさに手に汗握る展開、面白い!

2012年09月17日(月) 18時17分
「デンジャラス・ラン」★★★★
デンゼル・ワシントン、ライアン・レイノルズ、ベラ・ファーミガ出演

ダニエル・エスピノーサ監督、
115分、2012年9月7日(公開)
東宝東和
(原題/原作:SAFE HOUSE)






<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「忘れた頃にちゃんとやってくるデンゼル・ワシントン
今回は主演男優賞を獲った『トレーニング・デイ』に似た感じ、
けれどこっちの方がスピード感はあった、
手に汗握るっていう
使い古された映画への形容詞がそのまま
見終わって何か心に残るような映画じゃないけど
娯楽作ってそんなもの、とても面白い時間を過ごした」



CIAの隠れ家「SAFE HOUSE」を管理する男
マット(ライアン・レイノルズ)は、
工作員への昇格を願っているが
アメリカから遠く離れ、隠れ家を利用する者もいない、
自分の将来に焦って、上司に相談をするが
良い返事はもらえなかった、
そんな彼のセーフハウスに大物がやってくる。

彼の名はトビン・フロスト。
36か国で指名手配を受けた犯罪者にして、
元CIAの最強エージェント、
極秘裏に進めて来たはずが
何者かによって襲撃され
生き残った二人の逃亡劇が始まる。



ドバッっと押し寄せる大量の敵に
危機一髪の連続、
こんなの絶対無理だよと思わせる多くの瞬間
傷だらけになりながらも
何とか脱出、

それだけならまだしもフロストを逃がしてしまい
追いかけ、逃げるという
まさに息もつかせない展開で
こちらのテンションも上がりっぱなし。



よくまあ、こんな映画が出来るものだ、
南アフリカのケープタウン、
大都会でありながら
スラムも抱え
そんな異国の街を逃げる二人を見ながら
街の様子も垣間見える。


何を守っているのか
何を求めているのか
映画のテーマが次第にぼやけていく
命を書けるほどのものって
この世にあるのだろうか



ラストあたりは
「悪者はどっちかだろうな」という予想が的中
しかし「悪」をのさばらせてはいけないという
ご立派なラストはありがち、
主人公が今後どんな活躍をするのか
ちょっと気になった、
嵐のあと
また波風のない普通の日々が始まる、
そんな時、この嵐を彼はどう思い起こすのだろう。
続編がありそうだ。



まさに娯楽大作
何も考えずに画面を食い入るように見つめた

そしてラスト
大きく息をついて楽しい時間の終わり。

★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ライアン・レイノルズ出演作品

デンジャラス・ラン (2012) 出演 マット・ウェストン
チェンジ・アップ/オレはどっちで、アイツもどっち!? (2011)<未> 出演  
グリーン・ランタン (2011) 出演 ハル・ジョーダン/グリーン・ランタン
[リミット] (2010) 出演 ポール・コンロイ
アドベンチャーランドへようこそ (2009)<未> 出演 コンネル
あなたは私の婿になる (2009) 出演 アンドリュー・パクストン
ウルヴァリン:X-MEN ZERO (2009) 出演 ウェイド・ウィルソン(デッドプール)
ラブ・ダイアリーズ (2008)<未> 出演 ウィル・ヘイズ
カオス・セオリー (2007)<未> 出演  
9-ナイン (2007)<未> 出演  
スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい (2007) 出演 リチャード・メスナー
悪魔の棲む家 (2005) 出演 ジョージ・ラッツ
ブレイド3 (2004) 出演 ハンニバル・キング


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2022
トラックバック
トラックバックURL:
12-75.デンジャラス・ラン■原題:Safe House■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:115分■字幕:松浦美奈■観賞日:9月17日、新宿バルト9(新宿三丁目)
□監督:ダニエル・エスピノーサ◆デンゼル・ワシントン(トビン・フロスト)◆ライアン・レイノルズ(マ...
kintyre's Diary 新館  2013年02月16日(土) 12時28分


安心のデンゼル・ワシントン。でももじゃもじゃ。
物語は、新米のCIAエージェントと元CIAの収監者が、安全なはずの「Safe House」から正体不明の暗殺者たちから身を守るために逃行するというまさにデンジャラス・ラン。
しかし南アフリカという舞台は新鮮ですが、ストーリーは結構単純で、設定も展開もどこか既視感でいっぱいでした。
デンゼル・ワシントン扮するトビン・フロストがばっさりヒゲと頭髪をさっぱりさせると妙な安心感が生まれました(笑)だって似合わなすぎだったんですもの!ライアン・レイノルズさんはなんとなく新米の役が似合ってましたね。デンゼル・ワシントンさんはやはり安定感があり、存在感なども強く最初から最後まで圧倒されます。とくに後半ひとりで乗り込んでくる所はさすがの貫禄。
トビンは一緒に行動する中で、新米のマットの中に強い善良さを感じるんですね。彼は、自分がもっている重要な機密ファイルをマットに渡すんです。「誰も信用できない」と心を閉じた彼が最期に他人に心を開いた瞬間でした。
ラストのマスコミリークはちょっと簡単すぎる展開だけど、まあ映画ですからすっきり終わりたいですよね。
ヴェラ・ファーミ...
いやいやえん  2013年01月20日(日) 9時49分
『デンジャラス・ラン』を観に行ってきました。
CIAモノのせいか、あちこちで“ジェイソン・ボーン”シリーズを思い出す。
原題は『SAFE HOUSE』で、CIAの隠れ家のこと。

南アフリカ、ケープタウン。
CIAの新米職員マット・ウェストン(ライアン・レイノルズ)は、退屈な日々を送っていた。
仕事は、めったに使われることのない隠れ家“セーフ・ハウス”の管理人。
こんな仕事から卒業したくても、実力を証明できる機会もない。
そんなある日、大物の“客”が護送されてくる。
その男は...
すぷのたわごと。  2012年09月29日(土) 17時40分
映画「デンジャラス・ラン」観に行ってきました。デンゼル・ワシントンが主演と製作総指揮を兼ねる、派手なカーアクションあり・格闘ありの典型的なハリウッドアクション作品。今作...
タナウツネット雑記ブログ  2012年09月25日(火) 20時25分
 『デンジャラス・ラン』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)『アンストッパブル』のデンゼル・ワシントンと『リミット』のライアン・レイノルズが出演するというので、映画館に行ってみました。

 物語は、まず、南アフリカのケープタウンに設けられているCIAのSafe H...
映画的・絵画的・音楽的  2012年09月24日(月) 21時02分

原題は「SAFE HOUSE」。個人的にはこの原題の方がずっとずっと良かったと思う。つまり、CIAが秘密裏に行う行動の裏には、必ず、証人や、極悪人や、社会的異常者や隠遁者を隠す必要のある事件が発生しているのが常であり、そういう事件の登場人物を隠すために特別な「HOUSE」が、絶対に秘密が漏れず、安全性を保障される「SAFE HOUSE」が、必要なのである。そして、この物語は、そこで働く一人の若者が、隠遁者として連れて来られた稀代の天才的犯罪者と交わることにより、生死と背中合わせで生きる非情の日々を駆け抜けていく話なのである。決して、単に危険に走りまくる、バンバンガーガーワーワーのアク...
ここなつ映画レビュー  2012年09月21日(金) 20時50分
 昨日は、「踊る」とどちらを観るか悩みましたが、こちらを選んで大正解。では、レビュー始めます。


【題名】
デンジャラス・ラン

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  2012年09月20日(木) 20時26分

南アフリカにあるCIAの極秘施設“隠れ家(セーフハウス)”の管理を任された新米職員のマット(ライアン・レイノルズ)は、退屈な仕事に不満を募らせていた。
ある日、36か国で指名手配中の元CIAエージェント...
心のままに映画の風景  2012年09月18日(火) 16時31分
 試写会の客入りは一階席は満席、二階席は9割くらい。今回私は映画レビューサイトCOCOさんに招待された。
新・辛口映画館  2012年09月18日(火) 12時10分
新米CIAエージェントと元スゴ腕CIAエージェントの裏切り者、そして謎の刺客。誰が敵で誰が味方か、何をすべきかすら定かでない中で繰り広げられるスリリングなアクションムービー。残念ながら思い描いていたも
たいむのひとりごと  2012年09月18日(火) 11時02分
新米職員成長物語…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209080002/


メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安...
日々“是”精進! ver.F  2012年09月18日(火) 5時58分
Data 原題 SAFE HOUSE 監督 ダニエル・エスピノーサ 出演 デンゼル・ワシントン 
ライアン・レイノルズ 
ヴェラ・ファーミガ 
ブレンダン・グリーソン 
サム・シェパード 公開 2012年 9月
映画 K'z films 2  2012年09月18日(火) 1時08分
南アフリカにあるCIAの隠れ家に、ひとりの男が連行されて来た。 その男トビン・フロストは、36カ国で指名手配を受けた犯罪者にして、元CIA最強のエージェント。 彼が収容されるや否や、完璧なはずの隠れ家が襲撃される。 隠れ家の管理人で新米CIAのマットは、壊滅寸前の隠れ家からフロストを連れて脱出。 危険すぎる相手との逃避行が始まったのだが…。 サスペンス・アクション。 PG-12。
象のロケット  2012年09月18日(火) 1時07分
 


 
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/157155/
↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。
 
 

各国から狙われている、元CIAのトビンが
身柄確保のために移された、“隠れ家”の工作員マット(客室係と言っている)とともに
暗殺者から逃れるために、反撃しながら逃げまくるのですが…………

 
 
邦...
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**  2012年09月18日(火) 0時56分
「おひさしぶりぶり〜〜!!」 「おかずですっ!」 「ずーこで
LIFE ‘O’ THE PARTY  2012年09月18日(火) 0時08分
トビンの凄さ描写がいま一つ


【Story】
36か国で指名手配中の元CIAの腕利きエージェントのトビン(デンゼル・ワシントン)は、南アフリカのCIAのアジトに連れてこられる。彼が身柄を拘束されると、鉄...
Memoirs_of_dai  2012年09月17日(月) 23時53分
★ネタバレ注意★


 ダニエル・エスピノーサ監督、デンゼル・ワシントン主演(?)作。
 デンゼル・ワシントンのサスペンスアクションとあれば、監督はトニー・スコット! という刷り込みができちゃってたので、この映画もなんとなくトニスコ監督の新作を観るようなつもりで観に行っちゃったんだけど、そっか、わたしたちはもう二度と、トニスコ監督の新作を観ることはできないのか。改めて胸が痛いデス。

 原題は “SAFE HOUSE”、邦題とは意味が真逆ですが、このタイトルはポスターの惹句(No one is safe)でも明らかなように、製作者が心をこめてこめた皮肉です。

 CIAの...
キノ2  2012年09月17日(月) 22時42分
長く姿を消していた元CIAの伝説のスパイがケープタウンに姿を現した。 そして彼を
はらやんの映画徒然草  2012年09月17日(月) 22時24分
『デンジャラス・ラン』 を試写会で鑑賞しました。

邦題:デンジャラス・ラン 原題:safehouse どうして全然違うタイトルになるんだろう(笑)

【ストーリー】
 36か国で指名手配中の元CIAの腕利きエージェントであるトビン(デンゼル・ワシントン)は、南アフリカのCIAのアジトに連れてこられる。彼が身柄を拘束されるやいなや、鉄壁の守りを誇るはずの隠れ家が何者かの攻撃を受ける。アジトの管理責任者である新人のマット(ライアン・レイノルズ)は、何とかトビンを連れて敵から逃れるが……。


始まる前は、『アンストッパブル』のように結構楽しめる映画を想像してました。
で、やっぱり楽しめる映画でした。
デンゼル・ワシントンは中々楽しませてくれますね

冒頭のタイトルですが、邦題のデンジャラス・ランから想像するに
走って逃げることを想像してましたが、実際は走って逃げるのは少なめ。
カーチェイスも、、、今日は日が悪かったよね。
実は1本目に『ダークナイト・ライジング』を観てたので、
そちらの印象が強すぎて、あまり印象に残らなかった。
ただ、ストーリーは面白目だったんですが、結局、CIAのみで終わった感じで
他の国から本当に追われて...







 SAFE HOUSE

 アメリカ人青年マット・ウェストン(ライアン・レイノルズ)は、CIAの極秘施設
「隠れ家」 の「客室係」 として、不本意ながら南アフリカのケープタウンに
配属されてい...
真紅のthinkingdays  2012年09月17日(月) 21時08分
邦題はアレだけど、アクションは満足。
だらだら無気力ブログ!  2012年09月17日(月) 19時43分
2012年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf