映画「THE GREY 凍える太陽」心底怖くて寒い映画だった

2012年08月22日(水) 7時42分
「THE GREY 凍える太陽」★★★☆
リーアム・ニーソン、ダーモット・マローニー、
ジェームズ・バッジ・デール出演

ジョー・カーナハン監督、
144分、2012年8月18日公開
2011,アメリカ,ショウゲート
(原題/原作:THE GREY)






<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「石油掘削現場で働く男たちを乗せた飛行機が
アラスカの山中に墜落する、
主人公は孤独な心をかかえ
自殺も考えていたが
極寒の大地に放り出されたとたん
生きることへの執着を見せ
生き残った仲間たちと
生きる希望を抱えて歩き始める」



とにかく墜落時の映像が衝撃的、
どんなに想像をめぐらせても
考えたくない瞬間だ

飛行機に乗れば誰だって
そんな瞬間をチラッと頭で考える、
あんなでかい物体が空を飛ぶ事は
現実的に分かっていても
やはり不思議で
そしてどこか無理してるように感じる。

リーアム・ニーソン演じる主人公は
愛する人を失い
仕事にも希望を見出せず
ついには銃を口に咥える瞬間もあったが
そんな彼が偶然飛行機の墜落に巻き込まれた、
生に絶望する仲間を見ながらも
一貫して「生きる」ことへ執着を見せる主人公は
そのたどり着くかどうかも分からない
道なき道の向こうに何を見たのか。



墜落の衝撃もさることながら
極寒のアラスカの山林に放り出されてしまったら
なんだかそこで「無理!」と感じるだろうな

顔も凍りつく状況で
狼に囲まれ、大自然の脅威を
これでもかと味わったら
どこに希望を見出せばいいだろう。


普段は「生きる」ことについて
考えることはあまりない、

漠然と延々と続いていくだろうと感じ
それよりは日々の些細なことに捕らわれている、
けれどこの映画のような極限状態に遭遇したら
これはもう「人間力」を試されることになる。


自分達は普段は、より安全で
安全に暮らせるように
周囲を固めて暮らしている
危ない事が無いように心を砕いて、
だから映画のような状況は
これからも遭遇することは無いだろうが
映画を見ながら
そこに居るもう一人の自分と言う出演者を
常に感じていて
これはもう寒くて、寒くて
怖かった!


実生活では絶対に起こって欲しくないが
映画としては
最後まで目が離せない緊迫の時間で
終わった後は
どこかに無理な力が入っていたようで
すごく疲れた
そして安全な空間に座る自分を喜んだ。



★100点満点で70点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2011
トラックバック
トラックバックURL:
JUGEMテーマ:洋画&nbsp;



&nbsp;

 アラスカの凍える大地に墜落した旅客機。

&nbsp;

ちょっと見ただけでは、ロシアに墜落したのかと

&nbsp;

思えるほど、真っ白な景色ばかり。

&nbsp;

そんな中、生存者がひとり、またひとりと

&nbsp;

狼に喰われてしまう人達の描写が

&nbsp;

ちょっとグロテスクでした。

&nbsp;

&nbsp;

&nbsp;

2012年  ショウゲート

&nbsp;

&nbsp;

キャスト

 オットウェイ・・・リーアム・ニーソン

 ディアス・・・・・フランク・グリロ

 タルゲット・・・・ダーモット・マローニー

 ヘンリック・・・・ダラス・ロバーツ

 フラナリー・・・・ジョー・アンダーソン

 バーク・・・・・・ノンソー・アノジー

 ルウェンデン・・・ジェームズ・バッジ・デール

 ヘルナンデス・・・・ベン・ブレイ&nbsp;

&nbsp;

【言及リンク】

&nbsp;

こみち  2015年01月24日(土) 9時41分


リーアム・ニーソン主演。
人間は、大自然の猛威の前ではほとんど無力だ。
マイナス20℃の凍える寒さの中、武器なし、食料わずか、通信手段も救助もなしという状況…自分だったら生き残れるか!?無理!
全てにおいて希望的観測にすぎない極限状態の中、生きる事を選択した男たちがそれを信じて突き進んだ先には…。
主人公を含む男たちの無計画な行動やちょっとしたタイミングでの運命の岐路がリアリティをうんでいるのかもしれない。互いに知り合った仲というには浅い人間関係のなか、受け入れるしかない厳しい現実。厳しい寒さと狼たち。生か死か。
人生と同じ。「もう無理、ここまで」と自分で線を引いてしまえば、そこですべてが終わる。けれど諦めなければ、何かしら道がみえてくるものなのかもしれない。しかし、ディアスの決断もまた人生のひとつだ。「上手く言えねえけど…」でもいいたい事は凄くよくわかる。
焚き火を囲む男たちからのぞく人生。大切な思い出があるからこそ、生きる力がわいてくる。
ラストで一人残ったオットウェイ。皮肉にも逃げたと思った先が狼の巣穴だったのだ。映画としてはそこで終わる。ラストカットは倒れている狼のボスと...
いやいやえん  2013年05月28日(火) 9時29分
12-70.The Grey 凍える太陽■原題:The Grey■製作年、国:2011年、アメリカ■上映時間:117分■字幕:斎藤敦子■観賞日:9月1日、渋谷シネパレス(渋谷)
□監督・脚本・製作:ジョン・カーナハン□脚本:イアン・マッケンジー・ジェファーズ◆リーアム・ニーソン(オ...
kintyre's Diary 新館  2012年12月09日(日) 10時55分
☆時間がないので、寸評です。

 ただ、この話、あらすじは簡単だ。

 過去に傷を持つ主人公オットウェイ(リーアム・ニーソン)は、アラスカの石油採掘工場で、現場を脅かす野獣を狙撃する仕事を寡黙にこなしていた。

 そんな折、彼や同僚達を乗せた航空機が、極寒の...
久々のレイトショーで

映画『THE GREY 凍える太陽』(製作総指揮トニー・スコット)

を観てきました。



追悼・トニー・スコット



このことがなければ

観に行く予定がなかった映画でしたが



凄い映画でした!








極寒のアラスカの荒野のど真ん中に飛行機が墜落。



辺りは白・白・白の真っ白な銀世界!



数十名搭乗していた中で

生き残ったのは七名の男たち。



すべてが凍りつくここでは死んでしまう…

と、七人で南へと移動することにする。



が、

敵は寒さだけではなかった。

ウジャウジャいる狼がいた。

人を食べる狼…




七人を待ち受ける過酷な運命…




自然との闘い…

狼との闘い…



そして、

恐怖との闘い…





エンドロールの後に

何かがあります…






とにかく凄い!凄い!凄い!



寒い!寒い!寒い!




どんな結末になろうとも

真に秘めた四行の思いを貫く主人公。



私も悔いのない人生をおくりたいです。






製作総指揮/
トニー・スコット

製作/
リドリー・スコット

監督/
ジョー・カーナハン



キャスト

リーアム・ニーソン/
オットウェイ


フランク・グリロ/
ディアス

ダーモット・マローニー/
タルゲ...
ル・ポネ101  2012年08月28日(火) 22時32分
死に場所は、生き抜いた者にしか見つからない。

極北の石油採掘基地を飛び立った飛行機が、極寒の雪原に墜落。
厳しい自然の中、生き残った7人の男たちと、襲い来る狼の群との壮絶な戦いを描いたサバイバ...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2012年08月26日(日) 22時20分
リーアム・ニーソン目当てで鑑賞。サバイバル・アクション映画だけど、極寒の地での殺人オオカミからの逃走劇はホラー映画さながら。劇場の外は猛暑の真夏日だが、太陽が顔を出さない大雪原のグレー一色な世界とその
たいむのひとりごと  2012年08月24日(金) 23時35分
そういうラストか。
だらだら無気力ブログ!  2012年08月24日(金) 11時25分
石油採掘現場で働く屈強な男たちを乗せた飛行機がアラスカの荒野に墜落し、生き残った7人は極寒の大雪原に放り出されてしまう。 わずかな暖を取る彼らの前にオオカミの群れが現れた。 オオカミの習性を良く知る射撃の名手オットウェイは、自分たちが野生のオオカミたちの縄張りを侵したことに気づき、望みの薄い救助を待つよりも南へと移動することを提案するのだが…。 サバイバル・アクション。 PG-12。
象のロケット  2012年08月24日(金) 7時07分
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】 サバイバルっぽい感じで、狼vs人間
うろうろ日記  2012年08月24日(金) 1時38分
アラスカの石油採掘現場から故郷へ帰る飛行機が山中に墜落する。生き残った7人の男達が、野生のオオカミの縄張りに入ってしまい生き延びようとする。-20℃の世界は極限の寒さで人間を寄せ付けない。徐々に減っていく生存者のそれまでの人生なども描きながら、野生の世界の厳し
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2012年08月23日(木) 13時43分
昨日、なかのZEROホールでの「THE GREY 凍える太陽」試写会に行ってきました。

ジョー・カーナハン監督作、リドリー・スコット製作、トニー・スコット製作総指揮、原作はイーアン・マッケンジー・ジェファーズの「Ghost Walker」という短編で、

石油採掘現場労働者達を乗せた飛行機が、アラスカの大雪原に墜落、生き残った7人の男達のサバイバル・アクション。

この作品は特にかなり強い興味、と言う訳ではなかったけれど、近年見たのだと「運命を分けたザイル」みたいな、とか、

未見だけれど「生きてこそ」の設定のようで、まあ真摯な感じはして、会場の最寄JR中野まで1駅で...
Something Impressive(KYOKOV)  2012年08月23日(木) 10時20分
リーアム・ニーソン主演、リドリー・スコットとトニー・スコットの兄弟が製作に名を連ねる作品、「THE GREY 凍える太陽」を観た。 アラスカに不時着した旅客機。生き残った七人の男。大雪原の真っ只中に放り出されて、携帯電話は通じずどこにも連絡をとれない。救援があるのか定かではないが、このまま座して待つのは死への一本道。まず暖を採る。次に食料の確保。 七人の男を大自然の猛威が襲う。極寒の地を吹雪が荒れ狂う。そして狼の出現。悪条件が重なるばかりで福音はどこにもない。ただただ白い世界が広がる。 個人の力の及ばない状況にあって、それでも大自然に抗いつつ前へ進む男たち。そこに希望があると信じて足を踏み出すも、現実はそんなに甘くない。ひとり、またひとりと斃れてゆく。狼に屠られ、あるいは力尽きて、せっかく長らえた命を散らす。 仲間の屍を踏み越えて辿り着いた先に男が見たものは?...
MESCALINE DRIVE  2012年08月23日(木) 10時19分
『THE GREY -凍える太陽-』 を試写会で鑑賞しました。

リーアム・ニーソンだから少し楽しみだったけど、なんのこたぁない、残念な映画でした

【ストーリー】
 石油掘削現場で勤務する男たちを乗せ、アラスカのツンドラ地帯を飛んでいた飛行機が、大嵐に巻き込まれて墜落。オットウェイ(リーアム・ニーソン)ら、7人の男が生き残るものの、そこは周囲がすべて雪に覆われる極寒の地。一行は取りあえず南へと向かうが、野生のオオカミたちのテリトリーに足を踏み入れていたことから、彼らの執拗(しつよう)な攻撃にさらされることに。マイナス20度という寒さや、圧倒的な食料の不足にも苦しむ中、雪山を突き進んでいく彼らだったが……。


飛行機事故で墜落して雪原に放り出されて、どう生き延びいていくか・・・
と聞くと面白そうであるが、ちっともリアリティなく、そして、極寒という割には
それもあまり感じず、彼らは何を飲んで、食べて生きていたのかも良く分からない
そして、狼の執拗に追われるのだが、実は終始狼しか出て来ない
この映画は一体なんなんだという感じ
オヤジの言葉は伏線になり最後に出てくるが、
彼女からの手紙は一体何がかいてあったのか、...
2012年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf