映画「スノーホワイト」誰もが知る物語を現代の視覚効果で見せてくれる

2012年06月23日(土) 19時09分
「スノーホワイト」★★★☆
クリステン・スチュアート、クリス・ヘムズワース
シャーリーズ・セロン、サム・クラフリン出演

ルパート・サンダース監督、
127分、2012年6月15日公開
2011,アメリカ,東宝東和
(原題/原作:Snow White and the Huntsman )







<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「誰もが知ってるグリム童話を
女王VS白雪姫という闘いの物語に変えた。
たいした内容のある映画じゃないので
この視覚効果とシャーリーズ・セロンの
怪演が楽しめないとキツイ、
白雪姫という映画を見るつもりで行くと
全然別物なので驚く」



過去にひどい仕打ちをされた女王(シャーリーズ・セロン)は
一目で恋に落ちた王を殺害し
王国を我が物にするが
世界で一番美しくないと
彼女の強さが衰えると鏡に言われて
逃げ出した白雪姫(クリステン・スチュワート)を捕えて
彼女の心臓を喰おうと必死の捜索が始まる。



その後、捕まったり逃げたり
7人の小人を仲間にし
毒りんごを食べて・・・と
一応知ってる物語をなぞりながらも
映画の核となる部分は
「戦う白雪姫」
ジャンヌ・ダルクのような衣装を着るシーンでは
もう全く別物の映画に変貌している。



でもそんな大胆なアレンジをどうこう言うより
この映画は女王(シャーリーズ・セロン)の映画、
彼女の圧倒的な美しさと存在感で
他の全部は吹き飛ばされる、

だから白雪姫のような小娘を恐れる必要はないと
こっちは見ながら思うのだけど。


何故かヴァンパイアのように
生き血を吸う事で若返る女王は
鏡に向かって隅々まで瑞々しい顔に
満足げにうなずく
とても怖いシーンだ、
TVの深夜番組のCMでも連呼される
「いつまでも若々しく」
それが叶えられない願いと誰もが分かっていても
手に入れようとやっきになるのだ、
その願望こそが一番怖くも感じる。



ストーリーに目新しさは無いが
補って余りある視覚効果の出来の良さに
大画面で映画を見る喜びを感じる、

そしてそんな効果を最大限生かして
存在感をたっぷり見せつけた
シャーリーズ・セロンの高笑いが聞こえる、
そんな映画だった。



★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

シャーリーズ・セロン出演作品

スノーホワイト(2012)
ヤング≒アダルト(2011)
ザ・ロード(2009)
あの日、欲望の大地で(2008)
ハンコック(2008)
告発のとき(2007)
スタンドアップ(2005)
イーオン・フラックス(2005)
ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方(2004)
トリコロールに燃えて(2004)
ミニミニ大作戦(2003)
モンスター(2003)
コール(2002)
スコルピオンの恋まじない(2001)
スウィート・ノベンバー(2001)
レインディア・ゲーム(2000)
バガー・ヴァンスの伝説(2000)
裏切り者(2000)
ザ・ダイバー(2000)
サイダーハウス・ルール(1999)
ノイズ(1999)
マイティ・ジョー(1998)
セレブリティ(1998)
ディアボロス 悪魔の扉(1997)
トゥー・デイズ(1996)
すべてをあなたに(1996)

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1980
トラックバック
トラックバックURL:
12-49.スノーホワイト■原題:Snow White And The Huntsman■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:127分■字幕:古田由紀子■観賞日:6月20日、TOHOシネマズ渋谷

□監督:ルパート・サンダース◆シャーリーズ・セロン(ラヴェンナ)◆クリステン・スチュワート...
kintyre's Diary 新館  2012年10月28日(日) 17時51分


いや、どう考えたって鏡さん、シャーリーズ・セロン女王のほうが美しいに決まってるでしょう。
戦うプリンセスという超大胆な構成のもとに作られた本作ですが、まずもともとのそこから絶対的な揺ぎ無い美の力ってものがあるでしょうよ。そんでもってシャーリーズの存在感にクリステンも喰われちゃってるのよね。
類い稀な美貌と老けメイクで女優としても格の違いを見せ付けたって感じでしょうか。新旧(といったら失礼ですが)女優対決はどう考えたってシャーリーズのほう。クリステンはだんだん顎がしゃくれていきますね(「ゴースト・ハウス」の頃は可愛かった!)。
7人の小人たちもあれっ8人?気のせいか?いやいや。それに小人症の人を使ってるのかと思ったら、全然違った!でもこの小人たちが何気に豪華、豪華(笑)

それにしても女王の美しさは、魔女設定でも説得力がありました、美モード尋常じゃないですもん。そりゃあんだけお綺麗だったら醜くなるのは耐え難くても仕方ないと思いますわよ。一応彼女の苦悩面なんかも垣間見えたりして、女性はシャーリーズの美しさに見惚れながらも納得しちゃうんじゃないでしょうか。
それにしても奮え立たないス...
いやいやえん  2012年10月28日(日) 10時19分
久しぶりの映画。今回は珍しく映画の日に行けたのですが、週末風邪の引きはじめだった
客道  2012年08月26日(日) 14時18分
父王を殺した継母に監禁され、
鏡のお告げによって永遠の若さと
引き換えに命を狙われるスノーホワイトの運命は...

【個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞)

原題:Snow White & the Huntsman
グリム童話 誕生200周年
『白雪姫』を大胆にアレンジ
cinema-days 映画な日々  2012年07月16日(月) 2時08分
最近は、童話をアレンジした作品が
流行みたいですね?。
アリスとか赤ずきんとか・・・
そして今回は、スノーホワイト!
戦う?白雪姫です!!!
予告を観た時は、面白そうだと
思ったんだけどね?。


ある王国の王と王妃の間に生まれ、肌の白さがまるで雪のような美しさを
持つスノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、
幸せに暮らしていたが、王妃が事故によってこの世を去ってしまう。
大きなショックを受けた王は、戦闘に明け暮れるが
ラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)という美女に一目ぼれし、
彼女を王妃として迎えることを決める。
しかし結婚式の夜に、王はラヴェンナに...
ルナのシネマ缶  2012年07月10日(火) 22時31分
Data 原題 SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN 監督 ルパート・サンダーズ 出演 クリステン・スチュワート 
シャーリーズ・セロン 
クリス・ヘムズワース 
サム・クラフリン 
イアン・マクシェーン 公開 2012年 6月
映画 K'z films 2  2012年07月03日(火) 0時24分
原題:Snow White and the Huntsman監督:ルパート・サンダース出演:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワース、サム・クラフリン、イアン・マクシェーンまた!三角関係かよっ!!
ハリウッド映画 LOVE  2012年06月30日(土) 17時38分
監督:ルパート・サンダーズ出演:クリステン・スチュワート、シャーリーズ・セロンアメリカ映画 2012年 ・・・・・・5点
映画部族 a tribe called movie  2012年06月30日(土) 10時03分
白雪姫のクリステンさんの映画というよりは、継母のシャーリーズ姉御の映画ですね。
或る日の出来事  2012年06月26日(火) 22時35分
 なんというか、もうちょっと主役がかわいい感じで良い意味でバカ風味だと良かったのにというのが一番の感想かな?映画は戦うプリンセスに成った時点で予想の範囲を超えな
net@valley  2012年06月26日(火) 11時56分
まさかの「もののけ姫」。
だらだら無気力ブログ!  2012年06月25日(月) 1時30分

監督:ルパート・サンダース、衣装デザイン:コリーン・アトウッド、音楽:ジェームス・ニュートン・ハワード
出演:クリステン・スチュワート、シャリーズ・セロン、クリス・ヘムワース、サム・クラフリン

戦う白雪姫。
悲しき悪の女王。
そして、守れなかった後悔に今度こそはと命をかける男たち。

ストーリーはさておいても、映像は絶対きれいだろうと、前売りを買って早々と行ってきました。
映像すごいよ!
戦闘シーンは迫力だし、砕け散る闇の兵士の砕けかたとか、ウイリアムの弓の早さとか、カッコいい!!
シャリーズ・セロンの美しかったり老いたりするのも、ゴージャスでダークな衣装も、ク...
tom's garden  2012年06月24日(日) 23時01分

幼い頃に母を亡くしたプリンセスのスノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、継母となったラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)王妃に実父マグナス王を殺され、城の塔で幽閉生活を強いられる。
それ...
心のままに映画の風景  2012年06月24日(日) 21時56分
土曜日の夜、 『スノーホワイト』を見に行ってきました。 うーん・・・・・ 写真の
コリちょこ  2012年06月24日(日) 21時08分
 ディズニーのアニメ映画の例を出すまでもなく、「白雪姫」の映画は意外に多い。 2
みんなシネマいいのに!  2012年06月24日(日) 17時45分
「白雪姫」といってパッと脳裏に浮かぶのはやっぱりディズニーの白雪姫だと思うわけで、そうした定番イメージを覆すような、かといってグリム童話そのまんまな”大人の白雪姫”でもない、ややダークテイストの効いた
たいむのひとりごと  2012年06月24日(日) 16時46分

スノーホワイト
SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN

監督 ルパート・サンダーズ
出演 クリステン・スチュワート シャーリーズ・セロン
    クリス・ヘムズワース サム・クラフリン
アメリカ 2012
Blossom  2012年06月24日(日) 8時35分
みなさんご存知グリム童話の「白雪姫」、こちらを新解釈で映画化したのが本作品です。
はらやんの映画徒然草  2012年06月24日(日) 6時54分
監督、ルパート=サンダーズ。脚本、エヴァン=ドーハティ、ジョン=リー=ハンコック
erabu  2012年06月24日(日) 3時08分
映画「スノーホワイト」観に行ってきました。
グリム童話の名作「白雪姫」をベースにしつつ、中世騎士道物語的な冒険ファンタジーとアクション要素を取り入れ大幅にアレンジされたアドベンチャー作品。
主人公のスノーホワイト(白雪姫)にクリステン・スチュワート、悪玉の女王役にシャーリーズ・セロンを迎え、その他の
タナウツネット雑記ブログ  2012年06月24日(日) 0時37分
★ネタバレ注意★


 白雪姫生誕百周年を記念して(嘘)、今年は白雪姫の映画が二本も封切られる模様です。二作に共通しているのは、白雪姫よりも悪い女王のキャスティングが注目を集めていることで、もう一本の “Mirror Mirror”で悪い女王を演じてるのはジュリア・ロバーツですが、こちらの女王様はシャーリーズ・セロンです。まっこと、世界で一番美しいのはだぁれ、と問うにふさわしい女優さんであろうかと思います。

 ジュリア・ロバーツ版はロマンチック・コメディのようですが、こちらは堂々たるアクション・ファンタジー巨編。原題が “SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN...
キノ2  2012年06月23日(土) 23時54分
★★★2.5グリム童話の白雪姫をアレンジした物語。鈍色のビジュアルと凝った衣装、女王役のシャーリーズ・セロンは素晴らしいが、ストーリーの薄さと肝心な主役の存在感の弱さが残念。ストーリーは伏線になるのかなと思ったシーンが回収されることもなく、人間関係の描写も希薄で意外と薄い感じがしました。スノーホワイト役のクリステン・スチュワートはシャーリーズに比べると存在感が薄い感じがしましたが、妖精の森での輝きには目を見張るものがありました。...
映画とライトノベルな日常自販機  2012年06月23日(土) 23時03分



☆☆☆★− (10段階評価で 7)
6月16日(土) OSシネマズ ミント神戸 スクリーン6にて 12:30の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2012年06月23日(土) 21時49分
今年は「グリム童話誕生200周年」なんだそうですが、これまでのイメージとはかなり違った「白雪姫」物語となったのがこの作品です。王子様に助けられる受身のヒロインではなく、自らの運命を自ら切り開くという新しい「白雪姫」像を作り上げています。

ヒロインのスノーホワイト役にクリスティン・スチュワート、継母ラヴェンナ女王にはシャーリーズ・セロン、売り出し中のアイドル女優と実力派美人女優との共演になりました。
姫を護ることになるハンターのエリックにクリス・ヘムズワース、姫に仕える公爵の息子ウィリアムにサム・クラフリン、他にサム・スプリエル、イアン・マクシェーン、ボブ・ホスキンス、レイ・ウィン...
【徒然なるままに・・・】  2012年06月23日(土) 21時25分
Do you know the story of snow-white?
She is a very beutiful princess.
But her mother does not like her.
Her mother is the Queen.
She is a very bad woman.
 
って、小学校の時にスピーチコン...
よくばりアンテナ  2012年06月23日(土) 20時57分
シシ神とラヴェンナのあっけなさ


【Story】
肌の白さがまるで雪のような美しさを持つスノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、王と王妃で仲むつまじく生活していた。ところが、王妃が事故によ...
Memoirs_of_dai  2012年06月23日(土) 20時32分
戦いのシーンも迫力満点であり、魔法使いの女王の悪役ぶりもいい。スノーホワイトのクリステン・スチュワートと女王のシャーリーズ・セロンがはまっている。中世ヨーロッパは飢饉などがあって何かと暗い時代であり、未来を切り開く展開が勇気をもらえる。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2012年06月23日(土) 20時24分
『スノーホワイト』 を鑑賞してきました。

実は想定外なんですけど、、、本当は『アタック・ザ・ブロック』を観る予定でした

【ストーリー】
 とある王国の王と王妃の間に生まれ、肌の白さがまるで雪のような美しさを持つスノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、一家で仲むつまじく生活していた。ところが、スノーホワイトが幼いころに王妃が事故によってこの世を去ってしまう。大きなショックを受けた王だったが、ラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)という美女に一目ぼれし、彼女を王妃として迎えることを決める。しかし結婚式の夜に、王はラヴェンナによって殺されてしまい……。


台風襲来で、映画終わったら雨風強くなってましたよ

映画はシャーリーズ・セロンとクリステン・スチュワートの主演でしたが、
みなさんが言う通り、格の違いでシャーリーズ・セロンの勝ちですね!
その勢いで女王のまま君臨したほうがかなり面白い白雪姫になったんじゃないかと思うけど
そうしたら批判が相次ぐので、結果は観る前から分かっている物語ですが、
中々ストーリーは面白かったと思います。
でも、奇麗に見せようという感じがしてどうだろうかな・・・というとこ...
スノーホワイト、いざ戦いの時…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206150000/


Snow White & The HuntsmanSoundtrack Republic 2012-05-29売り上げランキ...
日々“是”精進! ver.F  2012年06月23日(土) 20時05分
2012年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf