映画「メランコリア」パニック映画の新しい切り口、そして美しい映像

2012年03月07日(水) 10時48分
「メランコリア」★★★☆
キルスティン・ダンスト、シャルロット・ゲンズブール 、
キーファー・サザーランド出演

ラース・フォン・トリアー監督、
135分、2012年2月17日公開
2011年,デンマーク、スウェーデン、フランス、ドイツ,ブロードメディア・スタジオ
(原題:Melancholia )






<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

キルステン・ダンストは本作で第64回カンヌ国際映画祭女優賞を受賞した


「冒頭の映像は美しかった、
巨大な惑星が地球に衝突する時を
イメージしたスローモーション映像
現実にはどんなことが起こるか分からないが、
こうして映像を見る分には
とても美しくなんとも切ない」



現実の話となると
美しいとだけは言っていられない、
主人公は自らの結婚式をぶち壊してしまう、
それは惑星が近付いているからなのか
見てるこちらにはそのくらいしか思い当たらないから
どうしてこんなことするんだろう?
何が起こっているんだろうと見つめるしかない。


不安定な心が
惑星の衝突の危機を前に
飾らない偽らざる心を
さらけ出したのかもしれない。



何が起こるか分からない。
もうすぐ震災から1年、
なにか根底からガラリと一変したようだ。

今は確実なもの
不変なものって
どうにも信じられない
何でも起こりうるのだ、

そんな脆い地盤の上に立っているように感じる、
こんなことはかつてなかった。



もし「おしまいの日」が予感出来て、
それがこの映画のように目の前に迫ってきたら
自分ならどうするだろう、
映画の中ではキルスティン・ダンストが
月の光を浴びて
今を盛りとまさに溌剌とした裸体をさらし
何かと一体にでもなろうとしている
主人公の表情は恍惚として
とても美しいシーンがあった。


逃げまどっても仕方ない
フェイドアウトでもなく
「パチン」と電気を消したように
何もかもが一瞬で終わっていくなら・・・



まさに映画的な世界を堪能した
色んな事を考えるけれど
どれも「もし・・・」の世界、
だからこそ安心していられるのだけれど。


★100点満点で75点



★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ラース・フォン・トリアー監督作品
ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000)
ドッグヴィル(2003)
マンダレイ(2005)
DEAR WENDY ディア・ウェンディ(2005)←過去記事へジャンプ
http://yaplog.jp/sora2001/archive/390
アンチクライスト(2009)←過去記事へジャンプ
http://yaplog.jp/sora2001/archive/1738
メランコリア(2011)

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1923
トラックバック
トラックバックURL:
<blockquote>静かにゆっくりと  彼は微笑むように  目を開く
あなた方は見えているの? それとも見えないの?
明るく輝き、星々に照らされながら  彼が起き上がるのが  分からない?
どのように  あの方の心が  勇敢
k.onoderaの日記  2012年04月29日(日) 1時46分

観た直後の印象は最悪だった。
「結局、やっぱラース・フォン・トリア?じゃねえか?!!」(怒り指数 180%)
ネタバレで書けないのだが、あるシーンのあまりの直接的な表現に怒り心頭だったのだ。
前作「アンチクライスト」で彼を決定的に嫌いになった私なので。


...
日々 是 変化ナリ ? DAYS OF STRUGGLE ?  2012年03月25日(日) 8時20分
ラース・フォン・トリアー監督が独自の目線でハッピーエンドを描いた映画『メランコリア』。

いわゆる“終末”を描いた物語ではありますが、“地球終わる終わる詐欺”になれた目から見ると、この終わり方はいっそいさぎよく感じられます。
うつ病気質の監督自身にとってのハッ
 『メランコリア』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)予告編で凄そうな作品と思えたので見たのですが、実際にもなかなかの出来栄えで大層感動しました。

?予告編には映画の冒頭の序章の一部が使われていて、メインタイトルが現れてからが本編となります。そこまではオ...
映画的・絵画的・音楽的  2012年03月15日(木) 5時37分
★★★★“甘美で憂鬱であっけない世界の終わり”メランコリアはこの映画では地球に接近する惑星の名前ですが、メランコリア(melancolia、melancholy)は憂鬱という意味の言葉でもあります。 オープニングはワーグナーの“トリスタンとイゾルデ”の楽曲をバックに絵画的なスローモーションや静止画像を使いたっぷり美しく世界の結末を描いています。これだけで雰囲気に酔いそうです。 地球の危機とかいうと何か力技を使ったり、そのために自分の命を投げ出す英雄的な存在がいて、その危機を回避することが多いのですが...
映画とライトノベルな日常自販機  2012年03月11日(日) 17時43分
★★★★“甘美で憂鬱であっけない世界の終わり”メランコリアはこの映画では地球に接近する惑星の名前ですが、メランコリア(melancolia、melancholy)は憂鬱という意味の言葉でもあります。 オープニングはワーグナーの“トリスタンとイゾルデ”の楽曲をバックに絵画的なスローモーションや静止画像を使いたっぷり美しく世界の結末を描いています。これだけで雰囲気に酔いそうです。 地球の危機とかいうと何か力技を使ったり、そのために自分の命を投げ出す英雄的な存在がいて、その危機を回避することが多いのですが...
映画とライトノベルな日常自販機  2012年03月11日(日) 17時43分


試写会に当たりメランコリア
観に行ってきました

メランコリアとは地球に接近する惑星の名前なのですが
ストーリーも結局何が言いたかったのかも
う〜〜わけわからんっ^^;。
苦手な映画かもしれないですね。
この監督さんの作品、いくつか見てますが
どうも相性が合わないみたいです。。

人間は邪悪な生命体というキルスティンダンストの
言葉が重く心に残っています。。(≧≦)

ただ、人の感性はそれぞれなので
ダンサーインザダークなどに感動した方は
世界に入り込めるかもしれません^−^...
*photo album*  2012年03月08日(木) 21時47分
予告編でのその美しい映像に惹かれ、絶対に観ようと思っていた作品。 気がついたら公
はらやんの映画徒然草  2012年03月08日(木) 21時29分
 手持ち撮影で酔う。 話が暗い。 デートに向かない。  ラース・フォン・トリアー
みんなシネマいいのに!  2012年03月08日(木) 0時54分

ジャスティン(キルステン・ダンスト)とマイケルの披露宴は、姉クレア(シャルロット・ゲンズブール)の夫ジョン(キーファー・サザーランド)が所有する豪勢な屋敷で盛大に催された。
しかし、情緒不安...
心のままに映画の風景  2012年03月07日(水) 22時31分
 【ネタバレ注意】

 この世界は、正邪、清濁、明暗といった二面性を兼ね備えている。
 それなのに、多くの人は明るく正しく清い面しか見ていないのではないだろうか。
 ラース・フォン・トリアー監督...
映画のブログ  2012年03月07日(水) 22時00分


MELANCHOLIA
デンマーク/スウェーデン/フランス/ドイツ
監督:ラース・フォン・トリアー
出演:キルステン・ダンスト、シャルロット・ゲンズブール、アレキサンダー・スカルスガルド、キーファー・サザーランド、ブラディ・コーベット、キャメロン・スパー、シャーロット・ランプリング、イェスパー・クリステンセン、ウド・キア、他

これは観たいと思ってました。

久しぶりの劇場鑑賞

若干ネタバレ気味なのでご用心を(スミマセン)

新婦のジャスティンは新郎のマイケルとともに、結婚パーティが行われる姉夫婦の邸宅へと向かっていた。しかし細い道でリムジンが立ち往生、2人は予定時刻を大幅に遅れて到着することに。それは姉のクレアとその夫ジョンが準備してくれた盛大なパーティだったが、情緒不安定なジャスティンはわがままな振る舞いで周囲を困惑させてしまう。それから7週間後、惑星メランコリアはいよいよ地球へと迫り、クレアは不安と恐怖で落ち着きをなくしていく。そんな中、すっかり憔悴していたジャスティンも、すでに月よりも大きくなったメランコリアの姿を初めて目の当たりにするのだが…。 allcinema ONLINEより

監督は『ダンサー・イン...
肩ログ  2012年03月07日(水) 21時04分
憂鬱なる滅びの詩。

デンマークの異才、ラース・フォン・トリアー監督の耽美な終末譚は、突然出現した巨大な蒼い惑星・メランコリアの接近によって、この世界の終わりに直面する、ある姉妹の葛藤を描く物語...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2012年03月07日(水) 17時38分
『アンチクライスト』や『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の鬼才、ラース・フォン・トリ
メランコリア/Melancholia: LOVE Cinemas 調布  2012年03月07日(水) 16時34分






 MELANCHOLIA

 豪華な披露宴の主役として、幸せいっぱいなはずの新婦ジャスティン(キル
ステン・ダンスト)は、次第に憂鬱な気分に囚われ始める。姉のクレア(シャル
ロット・ゲンズブー...
真紅のthinkingdays  2012年03月07日(水) 15時39分
『メランコリア』 を試写会で鑑賞です。

冒頭から『ツリー・オブ・ライフ』の再来かと思いました
で、2時間15分はやばいと思ったけど、最後まで観てきました

【ストーリー】
 巨大惑星メランコリアが地球に接近する中、ジャスティン(キルステン・ダンスト)は盛大な披露宴を催す。姉クレア(シャルロット・ゲンズブール)の夫(キーファー・サザーランド)が所有する豪勢な屋敷での宴は盛況だったが、花嫁のジャスティンはどこか空虚な表情だった。披露宴を取り仕切った姉夫婦はそんな妹を気遣うが……。


今日は寝落ちするだろうな・・・と思ってたんですが、一応、寝ないで最後まで観てきました
でも、隣のじいさんは速攻で寝てた何しに来たんだろうか
冒頭訳のわからないスローモーションな映像が映し出されたので
これは・・・再来かとなった訳です。
その後は、ドラマ仕立てで話は分かったんですが、ハンディカメラなのかブレが酷いは
カットは細かいはで、私はあまり好きな映画では無かった。
とても、題材が面白いだけに残念だったな。。。
普通に撮られて、映像も細切れにしなければ、かなり良い線行っていると思うんだけど
好みの問題なのでしょうか

観る...
今週末は土曜日はダーツの大会だし日曜日は仕事で映画は観れないのです。
1週間に1本も映画を観れないと禁断症状(笑)が出る危険性がありますが
幸いにも試写会に当たっているので助かりました。
実家に近い中野まで足を伸ばして『メランコリア』を観てきました。

あらす
映画批評_気ままにツラツラと・・  2012年03月07日(水) 12時54分
2012年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf