映画「ドラゴン・タトゥーの女」オリジナルを見ていても楽しめるフィンチャー 版

2012年02月19日(日) 10時44分
「ドラゴン・タトゥーの女」★★★★
ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、
クリストファー・プラマー出演

デヴィッド・フィンチャー 監督、
158分、2012年2月10日公開
アメリカ,SPE
(原題:THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO )






<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「2年前に見たばかりの作品、
しかもミステリー映画とくれば
ラストが分かっていて楽しめるだろうか?
そんな危惧は全くの杞憂だ、
切り口、見せ方が違うとこうも違うのか、
ハリウッド版のこの作品も面白かった」



リメイクながら舞台はスウェーデンのまま、
まさに海外版「犬神家の一族」の
凍った世界を見つめた、
雪に閉じ込められた小島、
親しげに接しながらも
そこには厳然と境界線があり
そこには決して立ち入らせない。


ジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)が
オリジナル版と比べてカッコ良すぎで
これじゃあドラゴンタトゥーの女も
すぐに好きになるじゃないかと
ストーリー展開とは別に軽く突っ込みを入れながら
今回は結末は知っているので
それをどう見せてくれるか
そのことだけを楽しんだ。



スウェーデン有数の財閥ヴァンゲルの
元会長から依頼された40年も前の
彼の娘ハリエット失踪事件、
オロジナルで感じたのはのんびりと
一見平和そうに見える場所で
密かに進行していた恐ろしい事件、
その不似合いさこそが
描かれた真実以上に怖さを与えていたが
今回はそういったことを知った上で見たわけで
真実が明らかになった時の驚きも薄い
けれど綿密に積み上げた小さな真実から
「大きな秘密」に近付くまでの
絡み合った糸をほぐす様子は
そのカット割の見せ方の巧みさも相まって
思わず座席から前のめりに見入った。



天才ハッカーのリスベットの描き方は
ちょっと不満もある

この映画の描き方だと
オロジナルを見てない人に彼女のことが
どれだけ伝わるのかと
親のような気分で心配になるのだ。
彼女の繊細さが後ろに隠れてしまい
彼女のドラゴンタトゥーの女たるゆえんが
ぼやけてしまったのは惜しいところだ。


ラストの彼女の痛みって
あれじゃあ、ただの失恋みたいじゃないか、
切なさは伝わるけれど
まだまだ核心に近付けて居ない気がした



とはいえ別バージョンで158分
退屈さは全く感じず
同じことをなぞっているのに
次が気になるような巧みな描き方で
さすがフィンチャー 監督

楽しませ方を知っているなと
しっかり堪能して映画館を後にした。


★100点満点で80点



★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←



soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン


オリジナル版の感想はコチラ↓
「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」★★★★☆
哀しい瞳の見つめる無残な過去/2010年02月06日(土)



★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1915
トラックバック
トラックバックURL:


「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のリメイク。
話の顛末は面白いことも含めてわかっているので割愛。OPから音楽と映像が非常にクール。
ミカエル役にはダニエル・クレイグ 、リスベット役にルーニー・マーラ。
リスベットが可愛すぎる。オリジナル版のノオミ・ラパスさんが野生的な面を強調していたので、リスベットがちょっと少女すぎる感じはありました。
スウェーデン版の1対1の関係だった二人のパワーバランスも崩れていて、そこはちょっと気になりましたね。ただしリメイクとしては凄く良く出来ていると思う。特にビジュアル面に関しては納得の出来栄え。北欧のおどろおどろしい事件の陰にうつる猟奇殺人、社会問題、リスベットの過去が、迫真のハードボイルド・サスペンスとなって蘇っています。
ラストはいかにもハリウッド的な変更でしたが、許容範囲でしょう。
やや斜に構えた見方になるだろうと思いきや、そういう点も無きにしも非ずですが、ほとんどはそのストーリー演出に夢中になって観ていられました。ただし、劇中のベッド・シーンは別。ボカシが入っていたので興ざめしてしまったよ。不自然でしょ、過剰に反応しすぎだと思う。
ラスト...
いやいやえん  2012年06月26日(火) 11時01分



 予告編がめっちゃおもしろそうで、とても楽しみにしていた映画の1つ、ドラゴン・タトゥーの女の記事です。
よしなしごと  2012年06月01日(金) 6時33分
12-13.ドラゴン・タトゥーの女■原題:The Girl With The Dragon Tattoo■製作年・国:2011年、アメリカ・スウェーデン・イギリス・ドイツ■上映時間:158分■字幕:松浦美奈■観賞日:2月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督:デヴィッド・フィンチャー◆ダニエル・...
kintyre's Diary 新館  2012年04月28日(土) 8時25分
★★★★★“陰鬱でショッキングなストーリーとダークなヒロインの魅力にどんどん惹かれます” この映画は2時間40分とこのごろの映画としては長めですが、途切れない緊張の連続であっという間に終わった感じです。 オープニングはレッドツェッペリンの“移民の歌”のカヴァーとともに、女性の体やデジタルガジェットに黒くてドロっとした液体が絡んで、エロさというか危険な雰囲気がプンプン漂ってきます。血塗られたヴァンゲル一族やリスベットのダークなキャラクターを美しい黒で描き出していて、映画の陰鬱とした雰囲気に引き込まれま...
映画とライトノベルな日常自販機  2012年03月12日(月) 12時25分

【=9 -0-】 初めて予告編を観たときに「こりゃ絶対に面白い!絶対にハズレはない!」と確信したので、封切りを今か今かと心待ちにしていた、期待は裏切られなかった?!v(≧∇≦)v イェェ~イ♪

 雑誌「ミレニアム」の発行責任者ミカエルは実業家の不正を暴くが、逆に名誉...
労組書記長社労士のブログ  2012年03月01日(木) 16時10分
【映画】ドラゴン・タトゥーの女
『ミレニアム』3部作として映画にもなった
スウェーデンのベストセラー小説を映画化。



【あらすじ】
月刊誌「ミレニアム」で大物実業家の不正行為を暴いたジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)。そんな彼のもとに、ある大財
B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら  2012年02月28日(火) 23時10分



予告編で見たときはあんまり興味なかったんだけど、
ちらほらと面白いって噂が聞こえてきたので、
今頃になって夫と観賞。
公開から2週間も経ってるのに、席がわりと埋まっていて驚きました。
クチ...
よくばりアンテナ  2012年02月26日(日) 22時18分
オープニングの歌が頭にこびりついて離れないや・・・。
だらだら無気力ブログ!  2012年02月25日(土) 0時49分
《ドラゴン・タトゥーの女》 2011年 アメリカ映画 −原題 − THE GIR
Diarydiary!   2012年02月24日(金) 22時06分
[ドラゴン・タトゥーの女] ブログ村キーワード
 スウェーデン発、大ベストセラー・ミステリー「ミレニアム」シリーズ三部作のハリウッド・リメイク第1弾。「ドラゴン・タトゥーの女」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。“鬼才”デヴィッド・フィンチャー監督が、久々におどろおどろしい映画に挑戦しています。


 スウェーデンの首都・ストックホルム。雑誌“ミレニアム”の記者、ミカエル・ブルムクヴィスト(ダニエル・クレイグ)は、実業家・ヴェンネルストレムの疑惑を追及する記事を書いたことで、名誉毀損で訴えられ有罪判決を受ける。休暇を申請したミカエルに、かつてスウェーデンの経済界に君...
シネマ親父の“日々是妄言”  2012年02月24日(金) 0時41分
解説 英題:    THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO 製作年:    2011年 製作国:    アメリカ 日本公開:    2012年2月10...
青いblog  2012年02月23日(木) 20時54分
2009年、スウェーデンでスティーグ・ラーソンの小説、「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」が映画化されました。
この原作は三部作になっており、映画も三部作になっています。

小説も世界的に話題になり、その幾重にも重なった謎解きの面白さと深いテーマ、斬新なキャラク
パンク少女の純情。

スウェーデン発の世界的ベストセラー、背中にドラゴンのタトゥーを纏う女、リスベットと敏腕記者ミカエルの活躍を描く、「ミレニアム」三部作が本国で映画化されたのは僅か三年前の2009...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2012年02月22日(水) 21時16分
映画が元気のミナモト!
てるおとたくおの
ぶっちゃけシネトーク
●今日のてるたくのちょい気になることシネ言
「静かなシーンの時にお腹がなるとすっごい恥ずかしい」





シネトーク101
『ドラゴン・タトゥーの女』
THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO
ブルーレイ&シネマ一直線  2012年02月22日(水) 2時34分
Data原題THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO原作スティーグ・ラーソン監督デヴィッド・フィンチャー出演ダニエル・クレイグ
ルーニー・マーラ
ロビン・ライト公開2012年 2月
映画 K'z films 2  2012年02月21日(火) 22時34分
映画「ドラゴン・タトゥーの女」観に行ってきました。スウェーデンの作家スティーグ・ラーソンによるベストセラー小説「ミレニアム」三部作のうち、同名タイトルの第一部を実写映画...
タナウツネット雑記ブログ  2012年02月21日(火) 17時18分
 本国スウェーデンはもとより、世界各国でカリスマ的人気を誇るスティーグ・ラーソンの推理小説を、鬼才・デヴィット・フィンチャー監督でハリウッド映画化。
 

 自他共に認める熱狂的フィンチャー信者である小生だが、それを差し引いても素晴らしい出来。先日DVDで鑑
新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜  2012年02月20日(月) 18時39分
今日は久々のジャパンプレミアへの参戦なので
朝から張り切って仕事を片付けました。
なんてったって超話題作の『ドラゴン・タトゥーの女』ですから。

あらすじ:
実業家ヴェンネルストレム(ウルフ・フリベリ)の不正を
報道した雑誌『ミレニアム』の発行責任者の
ミカ
映画批評_気ままにツラツラと・・  2012年02月20日(月) 16時12分
ドラゴン・タトゥーの女 ★★★★☆4.5 これはこれで、あり! D・フィンチャー版はファンを裏切らない スウェーデン版の『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』の公開時でしたか、 記憶が定かではないのですが、 「すでにハリウッドリメイクが決まっている」といわれていて、 若干の不安を感じながらも、楽しみに待っておりました。 それが、『ソーシャル・ネットワーク』の
Healing   2012年02月20日(月) 12時17分
「ドラゴン・タトゥーの女」
監督
デヴィッド・フィンチャー
原作
スティーグ・ラーソン
出演
ダニエル・クレイグ(ミカエル・ブルムクヴィスト)
ルーニー・マーラ(リスベット・サランデル)
クリストファー・プラマー(ヘンリック・ヴァンゲル)
だめ男のだめブログ  2012年02月20日(月) 8時58分
まずは耳に残るテーマ曲と、リズムに合わせた台詞なしの断片映像で構成された予告編で十分惹きつけられたので必ず観ると決めていた作品。そしてフィンチャー監督十八番の”猟奇殺人事件”を扱ったものということで、
たいむのひとりごと  2012年02月20日(月) 8時24分
スウェーデン・ストックホルム。 雑誌「ミレニアム」に財界汚職事件の告発記事を書いたジャーナリストのミカエルは、名誉棄損で訴えられて敗訴し現在休職中。 彼は財閥の元会長ヘンリックから、40年前に起きた一族の娘ハリエット失踪事件の真相究明を依頼される。 一族の住む島ヘーデスタへ向かったミカエルは、自分の身辺調査を担当した女性調査員リスベットを助手に雇い、事件を洗い直すが…。 ミステリー。 R-15。
象のロケット  2012年02月19日(日) 23時45分

スウェーデンの社会派雑誌『ミレニアム』を発行するジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)は、大物実業家の不正告発記事を暴き、名誉毀損裁判で敗訴し窮地に陥っていた。
そんな時、国内有数の...
心のままに映画の風景  2012年02月19日(日) 23時34分







 THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO

 北欧・スウェーデン。雑誌『ミレニアム』記者のミカエル(ダニエル・クレイグ)
は、執筆した記事を巡る裁判で敗訴。全財産を失い、会社も存続の危機...
真紅のthinkingdays  2012年02月19日(日) 21時48分
ナレーションなしの予告編にもぶっ飛んだが、本篇のオープニングもすごい。ツェッペリ
事務職員へのこの1冊  2012年02月19日(日) 21時15分
スティーグ・ラーソンの世界的ベストセラー・ミステリー小説「ミレニアム」シリーズ。既にスウェーデンで映画化されているが、それをハリウッドの人気監督『ソーシャル・ネットワーク』のデヴィッド・フィンチャーがリメイクした第1作目。主演を「007」シリーズのダニエル・クレイグが、ヒロインを『ソーシャル・ネットワーク』のルーニー・マーラが演じる。原作とは異なるオリジナルのラストに注目。
LOVE Cinemas 調布  2012年02月19日(日) 21時09分
 スティーグ・ラーソンの世界的ベストセラー・ミステリーを映画化。 本国スウェーデ
みんなシネマいいのに!  2012年02月19日(日) 18時31分
かなり前に予告編が流れたときは、おどろおどろしい感じで、やめようかと思ってたんだけど、ストーリーがわかってくると、なかなか面白そうな気がして・・・











「オフィシャルサイト

















【ストーリー】





雑誌
いい加減社長の日記  2012年02月19日(日) 18時01分
キャーット!!Σ(´Д`;;;ノ)ノ いい加減あらすじ ミカエルは新聞記者。タレ
映画感想メモ  2012年02月19日(日) 17時33分

デヴィッド・フィンチャー監督のミステリー映画
「ドラゴン・タトゥーの女」を観てきました。

原作はスウェーデンの作家スティーグ・ラーソンの
「ミレニアムT ドラゴン・タトゥーの女」。
本国スウェーデンでは既に
「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」として
映像化されています。

本屋でミレニアムシリーズの本をよく見かけるなあとか
ミニシアターで「ミレニアム」とついたタイトルのが
3作上映にかかったなあとかは思っていましたが。

原作やスウェーデン版をチェックする前に
ハリウッド版が公開されたので、
前情報何もなしでいいや、と観てきました。

結構面白い。
序盤ではちょっとウトウトしちゃったけど
中盤以降は時間が気にならない面白さ。

が、エログロ表現ありにつき
「親子で映画を楽しみたい」とか
「知り合って間もない人と映画を観ます」とか
「2時間サスペンスドラマの血まみれ死体だけで気持ち悪くなる」とか
いう人にはおすすめしません。
ついでに「エンヤのオリノコ・フロウが好きでたまらない」人にも
すすめません。
15禁映画だけど、十代にもオススメしたくないなあ。

私は高校生の時に
「サウス・キャロライナ 愛と追憶の旅...
ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー  2012年02月19日(日) 16時50分
リスベットの魅力減


【Story】
月刊誌「ミレニアム」で大物実業家の不正行為を暴いたジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)のもとに、ある大財閥会長から40年前に起こった兄の孫娘失踪事件...
Memoirs_of_dai  2012年02月19日(日) 15時22分
 2009年制作の『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』との違いの数々に、ニヤリとする方もいるだろう。

 同じ原作に基づくので、デヴィッド・フィンチャー監督が2011年に放った『ドラゴン・タトゥーの女...
映画のブログ  2012年02月19日(日) 14時02分
北欧の巨大財閥を舞台にして、正義感の強いジャーナリスト・ミカエル(ダニエル・クレイグ)とパンク少女リスベット(ルーニー・マーラ)が40年前の少女失踪事件の真相に迫っていく。2時間半以上ある上映時間にたっぷりと情報量が積みこめられていて、理解するのが難しいくら
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2012年02月19日(日) 13時51分
スウェーデンの映画「ミレニアム」(こちらは未見。原作も未読)を鬼才でデヴィッド・
はらやんの映画徒然草  2012年02月19日(日) 13時36分
ハリエットの、“真相”…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202100004/



Girl With the Dragon Tattoo




Soundtrack

The Null Corporation 2011-12-27
売り上げランキング : 426


Amazonで詳しく見る
日々“是”精進! ver.A  2012年02月19日(日) 12時37分

<ドラゴン・タトゥーの女 を観て来ました>

原題:The Girl with the Dragon Tattoo
製作:2011年アメリカ

人気ブログランキングへ

楽しみにしてました!
もともとスウェーデン作家のベストセラー「ミレニアム三部作」のオリジナル映画は見ていて好きだったので、今回のリメイクは、怖くもあり、期待もありました。
なんといっても監督はあのデビット・フィンチャー!外さないとは思ってました。
(とはいっても、この監督は個人的にあまり好きではないのですけど)

原作は読んでないけど、オリジナル映画は結構はまって見ていたので、この第一部にあたる「ドラゴン・タトゥーの女」の内容も覚えていたし、キャラクター同志の関係もバッチリだったので、後はどう動かして魅せてくれるのか、という部分が気になってましたね。



経済誌「ミレニアム」のジャーナリストであるミカエル(ダニエル・クレイヴ)は、スウェーデンの資産家ヘンリックの依頼を受け、40年前に失踪した少女ハリエットの行方を探り始める。
ハリエットは殺されたのだ、失踪したのだ、どこかで生きているのかも…?
様々な疑問が浮き上がってくるが、明確な答えが見つからない。

ミカエ...
★紅茶屋ロンド★  2012年02月19日(日) 12時14分
『ドラゴン・タトゥーの女』を試写会で鑑賞です。

言わずと知れたハリウッドのリメイク版です。
originalはミレニアムの3部作があるのですが、今回も3部作でリメイクされます。
私はoriginalも原作も未読です。これは、少し原作を読んだ方が面白みが増すと思います。
兎に角、展開が速くて、出演者が多くて着いていけませんでした

【ストーリー】
 月刊誌「ミレニアム」で大物実業家の不正行為を暴いたジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)。そんな彼のもとに、ある大財閥会長から40年前に起こった兄の孫娘失踪(しっそう)事件の調査依頼が舞い込む。連続猟奇殺人事件が失踪(しっそう)にかかわっていると察知したミカエルは、天才ハッカー、リスベット(ルーニー・マーラ)にリサーチ協力を求める。

東京国際ホールは久しぶりに行った。
あそこは、広すぎて嫌いだ
座席券への引き換えを昼休みに行ったけど、その時点で1Fの3X列目で1Fでは後ろの方である。
上映前にイベント&舞台挨拶があったけど、イベントは余計(でも水彩の龍が動き出したのは面白かった)
上映開始が案の定遅くなり、上映が終わったの...
往年のプロレスファンにはブルーザー・ブロディの入場テーマ曲としてお馴染み、レッド・ツェッペリンの名曲「移民の歌」が流れるなか、デヴィッド・フィンチャー監督最新作が幕を開けた。 「ドラゴン・タトゥーの女」を観た。 本作は夭逝した作家、スティーグ・ラーソンの世界的ヒットとなった「ミレニアム」シリーズ第一作品を映画化した、「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のハリウッドリメイクである。 リメイクにあたって監督にデヴィッド・フィンチャーを迎え、主演にダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラを配した。 上映時間158分の大作なので、トイレは上映前に済ませておくことを勧める。観賞中に尿意、あるいは便意との勝利なき戦いに苦しむ羽目になるよ。 スウェーデンはストックホルム、「ミレニアム」誌の主筆であるミカエル・ブルムクヴィストはハンス=エリック・ヴェンネルストレムの不正追及の記事を物すも、ヴェンネルストレムから名誉毀損で訴えられてこれに負ける。 自らが勤める調査会社で随一の能力と実績を持つリスベット・サランデルは、最近話題のミカエル・ブルムクヴィストの調査を終える。好奇心に駆られて調査対象が法廷で争ったヴェン...
MESCALINE DRIVE  2012年02月19日(日) 11時32分
2012年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf