映画「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」その事実の上に今があるということ

2011年12月29日(木) 0時09分
「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」★★★☆
役所広司、玉木宏、柄本明、柳葉敏郎、阿部寛、
吉田栄作、椎名桔平、益岡徹、袴田吉彦、
五十嵐隼士、坂東三津五郎、原田美枝子、瀬戸朝香、
田中麗奈、伊武雅刀、宮本信子、香川照之出演

成島出監督、
140分、 2011年12月23日公開
2011,日本,東映
(原題:聯合艦隊司令長官 山本五十六 )







<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「今年最後の映画はこれに決めた、
最近、太平洋戦争について調べていることもあり
とても気になっていた作品、
戦争を描くと言うより
山本五十六という人間に迫る伝記もの、
ひとりの人間の持つ力の限界と可能性の両面を見せ、
考えさせられた作品だった」



日米開戦に反対しながらも
開戦後は司令長官として舞台の先頭にも立ち、
そんな中でも講和の機会を
常に訴え続けたが
大きな組織の中ではひとつの駒に過ぎず
大きな歴史の流れの中で
翻弄されることになる。


自分達の前の世代が等しく参加した「戦争」という
負の遺産の上に現在がある、

戦後の経済成長もやはり「戦争」の後を
引き継いだに過ぎない、
戦争という間違った道を選んだ過去を
真正面から受け止め
そのうえで現在とこれからを
自分達は真摯に捉えなくてはいけない



こんなに多大な犠牲を払い
その結果の延長線上に今があるなら
自分達は何を未来に描けばいいのだろう。


今年は大震災に見舞われ
自然の脅威を改めて感じた、
一瞬にして多くの命が失われ
原発についてはまだ明確な判断さえ出来ていない、
結局いつもこうなのだ、
政府の無策に批判の矢を向けようと
そんな虚しいことをしても
現実としっかり向き合うことにはならない。


せっかく過去から何か学ぼうとしても
自分達は近視眼的に自分のまわりだけを見、
少し遠い将来をどうしても二の次にしてしまうようだ。



こんな日本を戦争の犠牲となった人達はどう思うだろう、
戦争は確かにそれ以降参加していない
飢えて死ぬ人や、学校へ行けないと言う人も
その頃と比べたら格段に改善されているだろう、
でもそれだけでいいのだろうか、
そんなことを映画を見ながら随分と考えた
彼らはその時、命をかけて
日本の将来を守ろうとしたが
自分達にはそんな決意は全くないのだから。



「自分の目と耳と心を大きく開いて世界を見るべき」
山本五十六 が新聞記者に語った言葉は
そのまま映画を見ている観客に向けられている、

自分達が先達から受け取ったバトンは
正しく次に渡されなければならない、
本当にそれが出来るだろうかと
心底怖いと思った。


★100点満点で75点



★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

成島出監督作品
聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―(2011)
八日目の蝉(2011)
孤高のメス(2010)
ラブファイト(2008)
ミッドナイト イーグル(2007)
フライ,ダディ,フライ(2005)
油断大敵(2003)
★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1898
トラックバック
トラックバックURL:
"聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-"
[聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-]

嫁さんがレンタルしていた『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』を観ました。
私の方が夢中になって観ちゃいましたね。

-----story-------------
アメリカとの戦争に強く反対しながらも連合艦隊長官としてその端緒となる真珠湾攻撃を指揮することになった軍人「山本五十六」の知られざる実像を、作家「半藤一利」の監修の下、映画化した戦争ドラマ。
主演は『十三人の刺客』『最後の忠臣蔵』の「役所広司」。
監督は『孤高のメス』『八日目の蝉』の「成島出」。

1939年、夏。
好戦ムードに盛り上がる世論を背景に、陸軍が日独伊三国軍事同盟の締結を強硬に主張する中、海軍次官の「山本五十六」は敢然と異を唱える。
ドイツと結べばアメリカとの戦争は必然であり、両国の国力の差を冷静に見極めていた「五十六」にとっては、それは絶対に避けなければならない戦いだった。
しかし、「五十六」の懸命の訴えで一旦は棚上げにされるも、三国同盟締結の流れを完全に断ち切ることは出来なかった。
そんな中、「五十六」は聯合艦隊司...
じゅうのblog  2012年11月16日(金) 22時54分

誰よりも、
戦争に反対した男がいた。
上映時間 140分
脚本 長谷川康夫 /飯田健三郎
監督 成島出
音楽 岩代太郎
出演 役所広司/中原丈雄/柄本明/椎名桔平/吉田栄作/阿部寛/田中麗奈/玉木宏/五十嵐隼士/柳葉敏郎/原田美枝子/伊武雅刀/香川照之/宮本信子/坂東三津五郎

...
to Heart  2012年01月18日(水) 19時18分

【=1 -0-】 2012年一本目の映画、「最後まで日米開戦に反対し続けた連合艦隊司令長官、山本五十六の実像に迫るヒューマンドラマ」だというふれ込みだけど、でも自分の山本五十六像とはどうも違う、その違いを確認しておきたかった。

 昭和14年の夏。2年前に始まった支...
労組書記長社労士のブログ  2012年01月16日(月) 10時49分
《聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-》 2011年 日本
Diarydiary!   2012年01月13日(金) 21時29分
第二次世界大戦を舞台に山本五十六という総合艦隊司令長官の物語です。海軍にいた山本五十六が敵国と戦い、そして、自国の陸軍とも摩擦が生じてしまう中、いかに戦争を終わらせるかを考えながら、日本の為にどのように戦い続けたかを描いた作品です。...
継続は力なり!なのか?  2012年01月13日(金) 0時04分
静かな映画だった。皮肉でもなんでもなく、礼儀正しい作品だと感服。 監修・原作が半
事務職員へのこの1冊  2012年01月08日(日) 10時49分
「聯合艦隊司令長官 山本五十六」
監督
成島出
原作
半藤一利
出演
役所広司(山本五十六)
玉木宏(真藤利一)
柄本明(米内光政)
柳葉敏郎(井上成美)
阿部寛(山口多聞)
吉田栄作(三宅義勇)
椎名桔平(黒島亀人)
だめ男のだめブログ  2012年01月07日(土) 14時59分
『連合艦隊指令長官 山本五十六 〜太平洋戦争70年目の真実〜』 を 2012年の映画1本目として鑑賞してきました

今日は2012年の初日で、映画の日でしたので、\1,000-で鑑賞です。
やっぱり・・・ですが、劇場はそんなに混んでいませんでした。
少し残念な気もします。 そして、映画が映画ですので、年齢層が高めでした

【ストーリー】
 昭和14年夏。日独伊三国軍事同盟をめぐり、締結を強く主張する陸軍だけではなく、国民の大半も同盟に希望を見いだしていた。そんな中、海軍次官の山本五十六(役所広司)、海軍大臣の米内光政(柄本明)、軍務局長の井上成美(柳葉敏郎)は、陸軍の圧力や世論にも信念を曲げることなく同盟に反対の立場をとり続ける。しかし、第2次世界大戦が勃発(ぼっぱつ)し……。


無知な私は山本五十六も知りませんし、歴史も大して知っていません
で、必読書を紹介ししていただき、ミッドウェー海戦のところを読んでからの鑑賞です。
想像と違ってたのは、戦争のシーンはあまりなく、人が死んでいくシーンは皆無でした。
そして、重厚に人間ドラマが分かりやすく描かれています。

山本五十六の考え方と行動には感服します。
でも、対戦中に...
昭和14年。日独伊三国軍事同盟締結をめぐり、日本中が揺れに揺れていた。2年前に勃
四捨五入で四十雀のかつ3310  2012年01月03日(火) 23時06分
 半藤一利原作・監修。太平洋戦争開戦の引き金となった真珠湾攻撃の発案者として知られる大日本帝国海軍軍人・山本五十六の実像を、「八日目の蝉」「孤高のメス」の成島出監督、役所広司主演で映画化。


 タイトルからして、太平洋戦争の知られざる真実、あるいは軍部内で
新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜  2011年12月30日(金) 19時13分
 長いよ!タイトル。 読めない漢字があるよ。 だけど、「やまもとごじゅうろく」と
みんなシネマいいのに!  2011年12月30日(金) 2時14分
 「その根拠を示していただきたい。」
 『聯合艦隊司令長官 山本五十六』の中で、山本五十六は何度も人々に問いかける。
 映画は140分のあいだ山本五十六を追い続け、その功罪を含めて彼がしたこと、云...
映画のブログ  2011年12月29日(木) 20時28分
太平洋戦争が始まったのは1941年、ちょうど現在から70年前のことです。 本作は
はらやんの映画徒然草  2011年12月29日(木) 14時07分
半藤一利監修、成島出監督、役所広司主演で製作された山本五十六を描いた映画だ。三国同盟締結前の海軍と陸軍の意見衝突や、真珠湾攻撃の詳細、ミッドウェー海戦の失敗、ガダルカナル奪還作戦などを経てブーゲンビル島上空で戦死するまでの長いお話だ。自国の汚点に真正面か
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2011年12月29日(木) 13時42分
70年前の日本に見える“平成”の姿。

東日本大震災によって、文字通り日本列島に激震が走った今年は、やはりこの国の歴史のターニングポイントとなった、太平洋戦争の勃発から70年という節目の年でもある。
...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2011年12月29日(木) 12時27分
山本五十六の人間像に、迫る…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201112230004/



聯合艦隊司令長官山本五十六―太平洋戦争70年目の真実 (プレジデントムック)





プレジデント社 2011-11-28
売り上げランキング :
日々“是”精進! ver.A  2011年12月29日(木) 10時00分
映画「聯合艦隊司令長官 山本五十六 −太平洋戦争70年目の真実−」観に行ってきました。日独伊三国同盟の締結および大東亜戦争(アメリカ命名:太平洋戦争)の開戦に反対しながら...
タナウツネット雑記ブログ  2011年12月29日(木) 9時29分
聯合艦隊司令長官 山本五十六 ?太平洋戦争70年目の真実?



監督: 成島出

  
出演: 役所広司、玉木宏、柳葉敏郎、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平、香川照之、伊武雅刀、柄本明、益岡徹、原田美枝子...
映画@見取り八段  2011年12月29日(木) 1時35分
米英との開戦に最後まで反対するも、真珠湾攻撃を指揮することになった連合艦隊司令長官・山本五十六の実像に迫るヒューマンドラマだ。主人公・五十六を演じるのは『最後の忠臣蔵』の役所広司。共演に柄本明、柳葉敏郎、玉木宏、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平ら早々たる顔ぶれが揃う。監督は『孤高のメス』、『八日目の蝉』の成島出。
LOVE Cinemas 調布  2011年12月29日(木) 0時28分
2011年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf