映画「リアル・スティール」父よ、あなたにここに居て欲しい

2011年12月14日(水) 0時09分
「リアル・スティール」★★★★
ヒュー・ジャックマン、エヴァンジェリン・リリー、
ダコタ・ゴヨ出演

ショーン・レヴィ 監督、
128分、 2011年12月9日公開
2011,アメリカ,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(原題:REAL STEEL )







<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


12/9(金)公開で興行成績は初登場3位
10億を超えるあたり。
映画の出来が良いので多くの人にみてもらいたい。



「2020年、リング上で人々を熱狂させるのは
遠隔操作された格闘技ロボットだった、
だからこれはある意味SFなんだけど
面白いことにそんなこと全く感じることなく
映画の中に入り込んでた、
こういうのこそ素晴らしい技なんだけど
こうして感想をかこうとして
やっと気がついたくらいだ、
それはホント凄いことだ」



元ボクサーのチャーリー(ヒュー・ジャックマン)は、
ロボットにその地位を追われ
ならばと彼自身もロボットを操作して戦うが
生身の戦いは熟知していても
マシンの操作には弱く
失意のどん底をはいつくばっている、
そんな時離婚後別々に暮らしていた
11歳の息子がマックス(ダコタ・ゴヨ)が現れる。


久し振りに出会った親子は
ぎこちなく触れ合う、
そしてその溝は埋まらないかに思えたが
アトムというロボットが二人を結びつけることになる、

男の子が欲しがるものが全部揃った
まさにディズニー印の映画、
最強の敵とのリング上での闘いは
ロボットを通してかつてのプロボクサーが
リングの周囲を拳を振りながら舞い
その力強い姿を誇らしい視線で見上げるマックス
歓声にかきけされてお互いの言葉は届かない。



言葉なんかいらない
その視線の先の確かな輝きを見るだけで
子供はそれで嬉しいんだ、
先日、自分は父を亡くした
だから近くに居なくても
その存在だけでも感じられるなら
それで幸せだと心の底から感じている、
もうここに居ない父を
これからも時々どこかに探すのだろうか。



涙が止まらなかった。


映画には色んな楽しみ方がある
そのストーリーに感動し楽しむのが
正しいのかもしれないが
今回はこの映画は「泣く」為に見た
父の不在を実感し始めた自分の気持ちと
不在だった父の存在を確かめる映画の主人公
そんなふうに奇跡的に現実と
リンクすることもあるのだ
そして映画館の暗闇の中で泣いた。
そんな映画体験もある
映画が側にあって良かった



そして映画の出来も素晴らしく
映像技術は全く違和感ない
ホントにそこにあるように躍動するロボット
そしてそこに生きる意味を見つける親子
厳しい現実を垣間見せながらも
希望をしっかり示してくれた。



★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←



soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ヒュー・ジャックマン作品
2000年 X-MEN (X-Men)
2001年 ソードフィッシュ (Swordfish)
2001年 ニューヨークの恋人 (Kate and Leopold)
2001年 恋する遺伝子 (Someone Like You)
2003年 X-MEN2 (X2)
2004年 ヴァン・ヘルシング (Van Helsing)
2006年 タロットカード殺人事件 (Scoop)
2006年 X-MEN ファイナルディシジョン (X-Men: The Last Stand)
2006年 プレステージ (The Prestige)
2006年 ファウンテン 永遠につづく愛 (The Fountain)
2006年 マウス・タウン ロディとリタの大冒険 (Flushed Away) *声優
2006年 ハッピー フィート (Happy Feet) *声優
2008年 彼が二度愛したS (Australia)
2008年 ウルヴァリン:X-MEN ZERO (X-Men Origins: Wolverine)
★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1887
トラックバック
トラックバックURL:
今年初の映画レビューをようやくアップ!

もうそろそろ公開終了かもしれませんが、オススメ!!

リアル・スティール / REAL STEEL

2020年、近未来のアメリカではロボットによる過激な格闘技が人気を...
RISING STEEL  2012年08月09日(木) 23時13分


ボクシング映画に間違いはないという言葉がありますが、これもそれにあたるかな。話そのものには目新しい事は特にありません。
ハリウッドらしい娯楽作、多少の突っ込みどころはあるにせよ、迫力ある映像とディズニー仕様という事で安心してみられる作品になっていたと思う。
元ボクサーの父親が、息子と向き合い絆を深めていくという展開、ロボットにボクシングを教える姿、やっぱり感動しちゃったよ?。また息子役のダコタ・ゴヨ君が演技達者で可愛いんだ。
リング上で戦うロボットたちの動きも格好良くて、ついつい応援に力が入っちゃった。
しかし現実をいわせてもらうと、旧式ロボットがいくら頑張っても、所詮は機械、人間ではないのだからそこに能力差がでてきてしまうのは必然であるとは思う。気合・根性なんてものは通じない。ただATOMは打たれ強い(打たれ強すぎだと思う…)&シャドー機能がついてる分、学習してチャーリーのボクシングスタイルを身につけられるのだ。

小さな試合からはじまり連戦連勝をかざるATOM、ついにはWRBの公式戦の前座でも勝利を。無配の王者ゼウスに挑戦状をたたきつけたマックス、その通り試合は行われる。
ロボットたち...
いやいやえん  2012年05月31日(木) 9時32分



 原作はアイ・アム・レジェンドのリチャード・マシスン、監督はナイトミュージアムシリーズのショーン・レヴィ。さらに製作総指揮にロバート・ゼメキスとスティーヴン・スピルバーグらが参加。こんなメンバーがタッグを組んだらどうなるか?
 予告編を見るとそんなにおもしろいようには見えないんだけど、すこぶる評判のいいリアル・スティールを見てきました。
よしなしごと  2012年02月12日(日) 5時52分
11-84.リアル・スティール■原題:Real Steel■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:128分■字幕:松浦美奈■料金:1,000円■鑑賞日:12月14日、TOHOシネマズ渋谷□監督・製作:ショーン・レヴィ□脚本:ジョン・ゲイティンズ□原案:リチャード・マシス...
kintyre's Diary 新館  2012年01月28日(土) 16時26分
今年一発目の映画。
今年は映画感想は簡単にする。見た映画をすべてメモするとなると、簡単にしないと時間がかかって、しょうがないからだ。
或る日の出来事  2012年01月15日(日) 19時58分
 リチャード・マシソン原作の短編小説「四角い墓場」を、「ナイトミュージアム」のショーン・レヴィ監督、「ウルヴァリン」のヒュー・ジャックマン主演で映画化。
 近未来、ロボットボクシングの隆盛により戦う場所を奪われた男と、10年ぶりの再会を果たしたその息子が、捨
新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜  2011年12月28日(水) 18時57分

 
 
チャーリー・ケントン(ヒュー・ジャックマン)はかつて将来を嘱望された期待のボクサーだった。チャンピオンを目指してトレーニングに打ち込んできたものの、時代は高性能のロボットたちが死闘を繰り広げる“ロボット格闘技”の時代に突入。もはや人間のボクサーは生きる場所を失い、チャーリーは人生の敗残者も同然だった。辛うじてロボット格闘技のプロモーターとして生計を立てているものの、乏しい資金力で手に入れられるロボットは、リングの上であっという間にスクラップ状態。人生...
Cartouche  2011年12月25日(日) 10時27分
スーパーダメンズパパがまともになっていく成長物語。 いい加減あらすじ 2020年
映画感想メモ  2011年12月25日(日) 8時06分
原題REAL STEEL監督ショーン・レヴィ出演ヒュー・ジャックマン
ダコタ・ゴヨ
エヴァンジェリン・リリー
ケヴィン・デュランド
アンソニー・マッキー公開2011年 12月
映画 K'z films 2  2011年12月25日(日) 2時53分
2011年・米/ドリームワークス=配給:ディズニー 原題:Real Steel 監督:ショーン・レビ 原作:リチャード・マシスン Steelストーリー:ダン・ギルロイ、ジェレミー・レビン 脚本:ジョン
ブログネタ:最近いつ泣いた?  参加中

冬ぬくしアトムハートな絆かな


 最近泣いたと言えば、ずばり、映画「リアル・スティール」を観ていたとき。まさか、こんなに泣かされる映画とは思わなんだ。ちゅうのも、偏に、戦うロボットの名が「アトム」というだけで観に行っ
空想俳人日記  2011年12月22日(木) 6時14分
最初、この映画の情報を見た時は「ロボット・ボクシング? 何それ面白いの?」と、あんまり期待していなかった私。

でも、映画を観ている最中から「おお、超悪男子、カッコいい! 子ども、生意気で可愛い!! ヒュー・ジャックマン、やっぱりカッコいい!!!」と、かなり興奮。
2020年、ボクシングはロボットが行う時代。
プロモーターとして生計を立てる元ボクサーが
母親の死で、11年間、生き別れになっていた息子を
ひと夏預かる事になる...

【個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞)

原題:Real Steel
原作:リチャード・マシスン 短編小説『四角い墓場』
cinema-days 映画な日々  2011年12月19日(月) 0時23分
●「リアル・スティール Real Steel」
2011 アメリカ Touchstone Pictures,Dream Works SKG,21 Laps Entertainment,127min.
監督:ショーン・レヴィ 制作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ゼメキス他
出演:ヒュー・ジャックマン、ダコタ・ゴヨ、エヴァンジェリン・リリー、アンソニー・マッキー他。

<評価:★★★★★★★★☆☆>
<感想>
ロボット同士がボクシングをする時代を描くが、アメコミではない。アメリカ人が好みそうな
親子の再生、スポーツ、賭け、英雄、物言わぬものとの通じ合いなどの受け...
映画!That' s Entertainment  2011年12月18日(日) 20時43分
往年の名作『ロッキー』の興奮と感動を思い起こさずにはいられない情感あふれる人間ドラマと劇的なクライマックス。
それぞれに生きる気力を少しずつ見失っていたチャーリーとマックスが、廃工場で見つけたロボットATOMとの出会いを通して活気を取り戻し、同時に互いの絆を深めていくという王道ストーリー。これがまた実に気持ちいい。
廃棄されていた型遅れの小さなスパーリング用ロボットがあれよあれよと勝ち進んでいく様に出来過ぎ感は否めないが、それでもやっぱりこういうストレートな作品、私は大好きだ。たっぷり...
SOARのパストラーレ♪  2011年12月18日(日) 18時15分
うん、素晴らしい。この作品を、主人と息子と3人で観られた事を幸せに思います。今年、一番と、いろんな方がおっしゃる意味、よくわかりました。特に、子役の坊やが凄く表情が良くて。ヒュー・ジャックマンを喰っていた感があります。トランスフォーマーのようなロボットの
★the tip of the iceberg★氷山の一角  2011年12月17日(土) 23時46分
【=64 -11-】 ゴルフはそうとう向いていないようだ、俺・・・つるやカントリークラブ西宮北コース、ワースト更新┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ?・・・147(6回目・平均141.3・Best131・Worst149)


 2020年、ボクシングは、生身の人間ではなく高性能のロボットたちが闘う競技になっていた。...
労組書記長社労士のブログ  2011年12月16日(金) 11時47分
王道な展開ながらもとても良い作品。
だらだら無気力ブログ!  2011年12月16日(金) 1時39分
映画「リアル・スティール」観に行ってきました。
人間に変わり、ロボットがボクシングの試合を担うようになった近未来を舞台に、1体のロボットとの出会いから変わっていく父と子の絆を描く作品。
物語の舞台は2020年。
かつてはボクシングのプロボクサーとしてそれなりの実力と名声を誇っていた主人公チャーリー・
タナウツネット雑記ブログ  2011年12月16日(金) 1時15分

2020年。
リモコンで遠隔操作されたロボット同士が戦う“ロボット格闘技”が大流行。
かつて優秀なボクサーだったチャーリー・ケントン(ヒュー・ジャックマン)は、ロボット格闘技の世界に身を転じていた...
心のままに映画の風景  2011年12月16日(金) 0時37分
夏ぐらいから盛んに予告編を流していた本作、さっそく初日に観てきました。 結果から
はらやんの映画徒然草  2011年12月15日(木) 20時43分
晩御飯は外食し、熊本方面まで出たので珍しくクリスタルモールの東宝シネマで『リアル
コリちょこ  2011年12月15日(木) 18時07分
ロボットもの&ヒュー様なら絶対初日〜[E:heart04]ってむちゃくちゃ楽しみにしていた作品。んでもって、私にはズバっとど真ん中のストライクで大満足。ロボットバトルでは燃えるわ泣けるわで、子役を使っ
たいむのひとりごと  2011年12月15日(木) 17時18分
リアル・スティール
? REAL STEEL ?


監督: ショーン・レヴィ

  
出演: ヒュー・ジャックマン、ダコタ・ゴヨ、エヴァンジェリン・リリー、アンソニー・マッキー、ケヴィン・デュランド、カー...
映画@見取り八段  2011年12月15日(木) 15時50分
ロボットの格闘技を通して結ばれた親子の絆の物語です。
水曜日のシネマ日記  2011年12月15日(木) 13時04分
 西暦2020年、人間に代わって高性能のロボットたちが死闘を繰り広げる時代になり
みんなシネマいいのに!  2011年12月15日(木) 0時25分




映画『リアル・スティール(字幕版)』(公式)を本日初日第1回目の回で劇場鑑賞。キャパ182名に10名ほど。


採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。不覚にも?ロボット格...
ディレクターの目線blog@FC2  2011年12月14日(水) 23時21分
鋼鉄のリングに挑む親子鷹!

「ナイト・ミュージアム」シリーズで知られるショーン・レビ監督の最新作は、近未来のロボット格闘技の世界を舞台に、戦う場所を奪われた元ボクサーと、長年離れて暮らしていた...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2011年12月14日(水) 21時24分
リアルスティール
★★★★★(★満点!)



人間の代わり、高性能のロボットが死闘を繰り広げる時代
夢に破れた元ボクサーの父と、息子がであったのは、
ゴミ置き場に捨てられた旧式ロボットATOMだった。

ATOMのシャドー機能を利用して、ATOMは無敗ロボットゼウスに挑戦状をつきつけるが・・・。


いや〜。うるっと来ちゃいましたよ
息子のマックス君が、まっすぐでブレなくて、ステキなキャラでした。
頑固だけど最後まで突き通す。
あんなまっすぐな瞳で訴えられたら、お父さんも折れちゃうよね。。。
お父さんに持ちかける、交渉も上手い(面白い!)

マッチ前に踊るダンスがかわいくて、もっと見たかったよ〜〜

公開されたらもう一回行こうかな〜〜...
食はすべての源なり。  2011年12月14日(水) 20時25分
わたしを離さないで
★★★★☆(★4つ)



この命は、誰かのために。
この心は、わたしのために。

「17歳の肖像」のキャリー・マリガンと、「ソーシャル・ネットワーク」のアンドリュー・ガーフィールド、「つぐない」のキーラ・ナイトレイと豪華なメンツ。

清水玲子さんの漫画「輝夜姫」と根本的な秘密は同じなのかな。(漫画はその後SFな展開になってたけど・・・)
誰かのドナー提供者になるため、隔離されて育てられた子ども達のかなしい運命。


救う命と、救うための命にどれだけの違いがあるか分からないか。
純粋培養で手塩にかけて育てられた子はともかく、貧困層で売られた子はどうなんだろう。「闇の子供たち」とか。
親もいなくて、ただ売春を強要され、生き地獄を味わい、大人になったらもう誰からも同情されない。それだったら、誰かの為に・・・、と思ってしまう。...
食はすべての源なり。  2011年12月14日(水) 20時23分
シュガー・レイ・レナードがボクシングの監修をしていて、ロボットの動きはモーションキャプチャーだという。ある意味狼男のヒュー・ジャックマンが情けない男性を見事に演じていて、子役のダコタ・ゴヨもすばらしい。ボクシングをテーマにした感動作だった。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2011年12月14日(水) 16時42分

<リアル・スティール を観て来ました>

原題:Real Steel
製作:2011年アメリカ



ヤプログさんのブロガー限定試写会にて鑑賞してきました
とっっっても観たかったから、すごくうれしいです。本当、いつもいつもありがとうございます

今回は毎度おなじみ、都内某所のディズニー試写室です。
しかし、この日は左目が超痛くて(充血しちゃってて)、入場までずっと眼帯してました…コスプレじゃないのに、眼帯って…



才能あるボクサーだったチャーリー(ヒュー・ジャックマン)は、高性能なロボットが格闘する世界に身を投じ、スクラップ同然のロボットを試合に出場させて一攫千金を夢見、借金に苦しむ毎日だった。
ある日、元恋人が無くなったことから離れて暮らしていた11歳の息子マックス(ダコタ・ゴヨ)をひと夏だけ預かることになる。
マックスは覚えてもいない父親に心を開くはずもなく、二人は気まずい状態のまま暮らすことに…。

そんな中、スクラップ置き場で拾った、旧式ロボット”ATOM”を見つける。
格闘用には使えそうになさそうに見えたロボットだったが、”ATOM”には他のロボットには無い、特殊な機能が備わっていた。
そして、この”ATOM”...
★紅茶屋ロンド★  2011年12月14日(水) 14時26分
父と子の、熱い絆…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201112090004/



リアル・スティール-オリジナル・サウンドトラック




ダニー・エルフマン サントラ リンプ・ビズキット ライヴァル・サンズ アレクシ・マードッ
日々“是”精進! ver.A  2011年12月14日(水) 12時31分






 REAL STEEL

 2020年のアメリカ。ロボット同士が闘う格闘技「ロボット・ボクシング」が隆盛
を極める近未来。元ボクサーのチャーリー(ヒュー・ジャックマン)は、10年以上
会っていなかっ...
真紅のthinkingdays  2011年12月14日(水) 12時27分
親子の絆・・・リアルスティールを観てきました  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】2020年、ボクシングは、生身の人間ではなく高性能のロボットたちが闘う競技になっていた。元ボクサーのチャーリーは、ロボットの賭け試合などで生計を立てていた。ある日、かつての恋人が亡くなり、その息子・マックスがチャーリーの元にやって来る。部品を盗むために忍び込んだゴミ捨て場で、マックスはATOMという旧型ロボットを見つけ、家に持ち帰ってきた。マックスはATOMをチューンナップし、試合に出場する事を決意する・・・監督 ショーン・レヴィ   製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ出演:ヒュー・ジャックマン、エヴァンジェリン・リリー、ダコタ・ゴヨ、アンソニー・マッキー、ケヴィン・デュランド、ホープ・デイヴィス、カール・ユーン、ジェームズ・レブホーン、リマ・ファキ・・・とにかく、面白かったなんとなく西部劇的だけど、コンピュータ周りが近未来。ロボットによるボクシングも違和感なく、ついつい感情移入してしまう。とても優しいまなざしのATOM。倒されても倒されても立ち上がる姿に感動途中途中、おもわずちっちゃ...
じゅずじの旦那  2011年12月14日(水) 9時10分
 【ネタバレ注意】

 面白い映画を作りたい。多くの映画制作者がそう思っているだろう。
 面白くするにはこうすべき、という鉄則はあるものの、それを踏襲したから必ず面白くなるとは限らない。
 しか...
映画のブログ  2011年12月14日(水) 8時02分
『リアル・スティール』 を なんとウォルト・ディズニーの試写室で鑑賞です。

  ↓ ディズニー試写室入り口 (中は禁断の園のため、撮影禁止(笑))
 

兎に角、音響良し、スクリーン大きめ、椅子は(映画館並み(笑))で
映画を観るには適した環境です。
ここで観れるなら映画館には行かないな・・・

【ストーリー】
 かつて優秀なボクサーだったチャーリー(ヒュー・ジャックマン)は妻子と離れ、ただ自分の夢だけに没頭してきた。だが、西暦2020年の今では人間に代わり、格闘技ロボットたちがボクサーとして活躍していた。ある日、どうにかロボット格闘技のプロモーターとして生活していた彼の前に、母を亡くした息子(ダコタ・ゴヨ)が姿を現わし……。


この映画は、映画館で観なきゃダメな映画ですよ
私は、今年のbP候補の作品です
お世辞抜きで、気に入りました~

子供ころに夢中になった(ゲームですけどね(笑))あの感覚が蘇ってきます。
そして、何より親子の愛情劇と、そこにATOMが居るという・・・この映画は色んな
要素が見事にミックスされた最高の作品でした

ヒュー・ジャックマンとダコタ・ゴヨの演技は素晴らしいです
そして、ロボットのボク...


予告編でもう泣きそうになってたんで、ハンカチ持ってスタンバイ♪

もう、ね、最高でしたよ?!!

諦めないことで、希望が見えてくる。
胸が熱くなる、親子の感動のストーリーです!!



映画『リアル・スティール』 - シネマトゥデイ

にほんブログ村






よくばりアンテナ  2011年12月14日(水) 7時22分
【ストーリー】
ヒュー・ジャックマン主演、「ナイトミュージアム」のショーン・レビ監督で、ロボット格闘技を通じて父子が絆を取り戻していく姿を描く。2020年、リモコンで遠隔操 ...
気ままな映画生活  2011年12月14日(水) 1時50分
2020年、ロボット・ボクシングが全盛の時代。元プロボクサーの父親と幼い頃に捨てられた息子が、廃棄されていた旧型ロボットATOMを通じて親子の絆を取り戻してゆく感動の物語だ。主演は『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のヒュー・ジャックマンと子役のエヴァンジェリン・リリー。監督は『ナイト ミュージアム2』のショーン・レヴィが務め、製作総指揮にはロバート・ゼメキスが参加している。
LOVE Cinemas 調布  2011年12月14日(水) 0時17分
2011年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf