映画「ミッション:8ミニッツ」その時を取り戻すまで何度でも

2011年11月10日(木) 22時15分
「ミッション:8ミニッツ」★★★★
ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン
ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー・ライト 出演

ダンカン・ジョーンズ 監督、
94分、 2011年10月28日公開
2011,アメリカ,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(原題:SOURCE CODE )







<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

興行収入は初登場5位から2週目には8位と
地味なチャートアクション
でも映画は面白かった!


「予告で分かっていたのは爆発テロで死亡した人の
8分間の意識に入り込むということ、
そこで何がどうなるの?ってのは全く分からなかったが
ジェイク・ギレンホールが演じるくらいだから
ちゃんとした映画なんだろうと劇場へ、
これって何がどうなってるの?
まさに見ながらこちらも頭フル回転の映画鑑賞だった」



死んだ人間の意識の最後の8分間に入り込む
画期的なプログラムにより
コルター大尉(ジェイク・ギレンホール)は
列車の爆発に居合わせたショーン・フェントレスという
教師の体に入り込み
爆発犯人を突き止めようとするが
多くの乗客の中から犯人はなかなか見つからず
最後の8分間を何度も繰り返す。


何度かの学習を経て
犯人を見つけ
予告されたもっと大きなテロを
阻止することに成功するが、
その過程で自らは戦闘で
脳死状態にあることを知り
生命維持装置を外すことを願うが
実はそれには大きな企みがあった。



頭のなかで整理しようとすると
卵が先か鶏が先か
そんな堂々巡りで理解不能になる、
でもハイテンションのスピード感が
そんな些細なことをぶっ飛ばして
もっと先の夢のような未来予想図を見せてくれるので

なんかちょっと幸せな気分で
映画を見終えることが出来るが
まさに目の前でマジックを見せられたような
やはりどこか釈然としない気分は拭えない。


でもまあ日常においても
目に見える範囲ですら全部しっかり
理解しているかと言えば
多くの場合、
「まあ、いいか」とか
「そんなもんだよ」
「仕方ないよ」

なんて言葉でやり過ごすことも多いから
映画に限って白黒つけなくても
なんとなく夢みたいに騙されるなら
それでいいんだ、きっと。


94分という短い時間の中で
描くべきことをしっかりと見据えて
そんな慌ただしい時間の中にも
親への後悔の気持ちや
目の前の人を救いたい
大切にしたというごくシンプルな気持ちも

充分に伝えてくれて
だからだろうか
見終えた後は全部キッパリ忘れてしまうような
大袈裟な大作アクション映画を見たときとは違う
満足した気分は悪くなかったな。


名作「バタフライ・エフェクト」に近いモノを感じたが
あちらはもっと切なく
でもこちらは緊迫感では負けてない作品だった。


★100点満点で80点



★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←



soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ジェイク・ギレンホール作品
1991年 シティ・スリッカーズ (City Slickers)
1999年 遠い空の向こうに (October Sky)
2001年 バブル・ボーイ (Bubble Boy)
2001年 ドニー・ダーコ (Donnie Darko)
2002年 グッド・ガール (The Good Girl)
2002年 ムーンライト・マイル (Moonlight Mile)
2004年 デイ・アフター・トゥモロー (The Day After Tomorrow)
2005年 ジャーヘッド (Jarhead)
2005年 プルーフ・オブ・マイ・ライフ (Proof)
2005年 ブロークバック・マウンテン (Brokeback Mountain)
2006年 ゾディアック (ZODIAC)
2009年 マイ・ブラザー
2010年 プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂
2010年 ラブ&ドラッグ

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1875
トラックバック
トラックバックURL:


毎回異なる8分間、それぞれ事態も変って行くのがとってもスリリングに描かれてました。「月に囚われた男」の監督さんの2作目になるSFサスペンスもの。94分と短いですが内容は濃かった。パラレルな展開は混乱を生みますが、ここはあまり深く考えないのがいいのかも。
要は8分間を繰り返すことで、爆弾の隠し場所や犯人を捜し出すというものですが、それは何度でも繰り返し可能なのでした。パズルを組み合わせるみたいにあっちこっち色々考える事はありますが、ひとまず犯人逮捕で主人公の任務は終了になるはずだったのですが…ここからがまさに本腰というか。(犯人はわかってもフーン程度だった)
父親とのエピソードは良かったですが、しかし並行世界から現実世界にメ?ルが届くものなのかしら?ここは多分みんなが謎に思うところだと思いますが、私もちょっと意味がわからなかった。
死んだ人の脳は直前の記憶を保持していて、その死んだ人間の最期の8分間に入りこんでしまうプログラムが「ソース・コード」というのはわかるのですが、それでしたら矛盾を抱えた二重オチは必要なかったように感じました。タイムパラドックス?
しかし死を人としてどう捉え...
いやいやえん  2012年04月01日(日) 9時31分
デヴィッド・ボウイの息子であるという、一般人とはかなり違う育ち方をしたであろう出自を持つ若手監督、ダンカン・ジョーンズが手がけた映画『ミッション:8ミニッツ』。

既に死んでしまっている人間の死の直前8分間の意識の中に入り込むことができるというプログラム“ソース
11-71.ミッション:8ミニッツ■原題:Source Code■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:94分■字幕:林完治■鑑賞日:11月13日、TOHOシネマズ有楽座□監督:ダンカン・ジョーンズ□脚本:ベン・リプリー□撮影監督:ドン・バーゲス□編集:ポール・ハーシー□美術...
kintyre's Diary 新館  2011年12月25日(日) 18時28分
『警告:このラスト、映画通ほどダマされる』
という謳い文句にはすっかりダマされてしまった。

これ、罪作りだなぁ。
というのも、この宣伝コピーのおかげで、観る前にある種の心構え(先入観)が生まれてしまったからだ。
それは、どんな風にダマしてくれるのだろうという期待感と、ちょっとやそっとじゃダマされないぞという警戒感が相混じったもの。
そのせいで映画を純粋に楽しめなくなっちゃったのだ。

うまくダマしてくれたら、まあ結果オーライだったかもしれない。
だけど、この映画は、そういう“ダマし”をメインテーマにしたものではなかった。
それだけに、なんか肩すかしをくらった感じで、...
映画の心理プロファイル  2011年12月14日(水) 13時15分
『ミッション:8ミニッツ』は、非常に入り組んだ設定が用意されたストーリーで、一回観ただけではその全貌がよく分からず、ともすれば大きな矛盾を感じるかもしれない。
私も当初、日本の配給会社による宣伝文句、「映画通ほどダマ
k.onoderaの日記  2011年12月13日(火) 22時38分
ジェイク・ギレンホールったら、相変わらず濃いお顔。アップになると凄いなぁと思ったりして。8分のミッションを繰り返し、その結果は?前情報何も入れずに映画の日で、早番だったから勢いだけで観に行ってきましたが、やっぱり顔が濃いなぁって思っていたら、いつの間にか疲
黒猫のうたた寝  2011年12月03日(土) 1時06分
2011年・アメリカ/配給: ディズニー 原題: Source Code 監督: ダンカン・ジョーンズ 脚本: ベン・リプリー 製作: マーク・ゴードン、フィリップ・ルスレ、ジョーダン・ウィン 製作総
予告編が面白そうだったミッション:8ミニッツを鑑賞。

シカゴで乗客が全員死亡する列車爆破事故が起こり、事件を解明すべく政府の極秘ミッションが始動。爆破犠牲者が死亡する8分前の意識に入り込み、犯人を見つけ出すという任務遂行のため、軍のエリート、スティーヴンス(ジェイク・ギレンホール)が選ばれる。
事件の真相に迫るため何度も8分間の任務を繰り返すたび、彼の中である疑惑が膨らんでいく。

まず最初に言いたい。
「このラスト、映画通ほどダマされる。」というコピーだ。
ハッキリ言います。全く的外れなクソコピーです。最低最悪大馬鹿なクソです。
騙すとか騙されるとか、そういう性質のラストではありませんので、このコピーは無視しましょう。

さて本筋です。
「デジャヴ」のような「バタフライ・エフェクト」のような話です。
時空を行ったりきたりして、その都度変化がありますが、「過去は変えられない」あるいは「過去を変えると、現在と辻褄が合わなくなる」という"タイム・パラドックス"がまたしても話の焦点になったり、ツッコミを生んだりするでしょう。
しかしこの映画は、そのタイムパラドックス自体を肯定し...
燃える映画軍団【ブログ編】  2011年11月24日(木) 22時13分
乗客が全員死亡したシカゴの列車爆破事件。犠牲者の「死ぬ8分前」に入り込み、犯人を見つけ出すというミッションに、米軍エリートのコルター・スティーヴンス大尉(ジェイク・ギレンホール)が選ばれたのは何故か。そして本人がそのことを理解し納得する間もなく、ミッション
美容師は見た…  2011年11月24日(木) 10時41分
 



 
映画レビューしました。(ネタバレ雑感です。ミステリーなのに。^^;)
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id340423/rid295/p1/s0/c1/
 
雑感になりますが、予想以上に面白かったのと、
救いのある終わり方で楽しめたので、お勧めしたい気持ちで投稿しました。
 
レビュー中の“シュレーディンガーの猫”については...
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**  2011年11月24日(木) 9時20分
《ミッション : 8ミニッツ》 2011年 アメリカ映画 − 原題 − SOUR
Diarydiary!   2011年11月23日(水) 19時22分


 
ある朝。コルター・スティーヴンス(ジェイク・ギレンホール)は列車の座席で目覚める。目の前の女性(ミシェル・モナハン)が、親しげに話しかけてくる。だが、コルターには自分がなぜここにいて、彼女が誰なのかわからなかった。陸軍大尉のコルターは、アフガニスタンで戦闘ヘリを操縦していたはずなのだ。鏡を覗きこんだ彼の眼に映ったのは、見知らぬ別人の顔。所持していた身分証明書には、“ショーン・フェントレス:教師”と記されていた。そのとき突然、車内で大爆発が発生。なす術もなく炎に飲み...
Cartouche  2011年11月20日(日) 22時52分
時空超えSF大好きな私にとって久々に登場のこのジャンル。主人公がある時間を繰り返すうちに状況が変化していくというアイデアは過去にも秀作があるが、本作はそれをさらに一捻り二捻りさせたうえでの二段オチという凝りに凝った作品である。
少々ややこしいし最後まで疑問の残る部分もあれこれとあるにはあるが、それでもとにかく面白かった。
SOARのパストラーレ♪  2011年11月20日(日) 19時24分
試写会で見ました。主人公が軟禁され、ちょっと前に起こった列車爆破犯を見つけるまで
うろうろ日記  2011年11月20日(日) 4時09分
今月面白い映画が目白押し・・・と思っていたら、これもなかなか面白い♪
ラストは大きな?マークが出るけど、斬新なアイデアと、先の見えないハラハラ感で、そんな違和感吹っ飛んじゃう!!
ネタばれ完璧NGレビュー、果たしてどうやって書こう・・・・?
ノルウェー暮らし・イン・原宿  2011年11月18日(金) 23時02分
ある意味裏切られた作品かな。 いい加減あらすじ シカゴで列車の爆発テロが起きる。
映画感想メモ  2011年11月18日(金) 5時52分
観る者の想像を完璧なまでに裏切る鮮やかなプロットで全米の映画ファンを熱狂させた『ミッション:8ミニッツ』(原題:Source Code)。日本公開に合わせて初来日していたダンカン・ジョーンズ監督に、お話をうかがう時間を特別にいただいた。
INTRO  2011年11月17日(木) 22時30分
この世界、果たしてホンモノか?

「月に囚われた男」で脚光を浴びた、ダンカン・ジョーンズ監督による長編第二作。
今回は、8分間という時間を無限ループする男の話で、言わば「時に囚われた男」。
厳密...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2011年11月17日(木) 22時08分
■ 試写会にて鑑賞ミッション:8ミニッツ/SOURCE CODE
2011年/アメリカ/93分
監督: ダンカン・ジョーンズ
出演: ジェイク・ギレンホール/ミシェル・モナハン/ヴェラ・ファーミガ/ジェフリー・ライ...
映画三昧、活字中毒  2011年11月17日(木) 4時54分
3日連続試写会に行って参りました。
そして、とても期待していて楽しみにしていた作品でもあります。
本作は日本での配給はディズニーで、試写会のお土産で沢山の
過去に公開されたディズニー映画の販促グッズ等を頂きました。
その楽しみにしていた作品は『ミッション:
映画批評_気ままにツラツラと・・  2011年11月16日(水) 0時15分

邦題よりも、原題の《Source Code》の直訳で《ソースコード》のほうが、テーマに合ってるかなと思うがどうでしょう。映像は過激ですが、テーマはなかなかしっとりとした男の世界である。結構泣かせてくれます。


予想できないドラマ性に気持ちが引っ張られて、この作品の持つ本当のメッセージに正確に辿りつきにくい作品だ。つまりが制作チームにうまく《騙されている》。《映画通と称する人ほど騙されている》、殆どの人が《わたしゃ騙されてないわよと高笑いし、これ変だ!》と言い放つ人が多い。それをしめしめとほくそ笑むダンカン監督の顔を想う。もっとも彼は騙そうとも難解にしようともしているわけではな...
KATHURA WEST  2011年11月15日(火) 23時54分



☆☆☆☆− (10段階評価で 8)
10月29日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 17:20の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2011年11月15日(火) 20時47分
アメリカ空軍のパイロット、コールターは、列車の座席で目を覚まします。目の前には彼をよく知るらしき女性がいて彼に「ショーン」と呼びかけます。コールターはワケが分からず混乱しますが、やがて、列車は爆発。その後、装置の中で意識を取り戻したコールターは、彼にある任務が

<ミッション:8ミニッツ を観て来ました>

原題:Source Code
制作:2011年アメリカ



毎度ヤプログさんの試写会にて鑑賞してきました。
本当月に何度お世話になってるんだろう!感謝感謝です。

これは予告を一度見たっきりなんだけど、すごく面白そうで、めちゃくちゃ興味があったんですよ〜。
監督はなんと「月に囚われた男」で監督デビューしたダンカン・ジョーンズ。
主演は眉毛が印象的なジェイク・ギレンホール。


シカゴで乗客全員が死亡するという列車爆発事故が発生する。
犯人を特定するために政府が極秘ミッションを行うことに…。それに選ばれたのは米軍パイロットのスティーブン(ジェイク)。
列車事故で亡くなるはずの人物の意識に入り込み、その人物になりすまして列車を捜索し、犯人を探し出すというものだ。しかし、必ず8分後に爆発が起こり、その度にスティーブンは繰り返し意識に入り込み、何度も「死」を体験することに…。
そして、次第にそのミッションへ疑問を抱くようになるのだが…




最初は状況が理解できずに爆発する列車の中で目覚めるスティーブン。
自分の記憶ではついさっきまで戦場でヘリを飛ばしていたはずだったんだけ...
★紅茶屋ロンド★  2011年11月15日(火) 19時46分


予告編で見て面白そうだなと思ったのと、
『プリンス・オブ・ペルシャ』でめっちゃイイ男を演じてたジェイク・ギレンホールが
出てるので、見ておこうかとo(^-^)o

列車爆破事故を、その犠牲者の亡く...
よくばりアンテナ  2011年11月15日(火) 18時49分
 
●原題:SOURCE CODE
●監督:ダンカン・ジョーンズ
●出演:ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー・ライト 他

先日、(ワケあって)なんと数年ぶりに映画館で映...
★Go!Go! Cinema★私の映画日記  2011年11月15日(火) 9時14分
本日も映画を観てきました。映画通ほどダマされるラストがあるらしい「ミッション:8ミニッツ」でございます。私はこの監督さん、ダンカン・ジョーンズという方を知らず、ほぼ予備知識無しで観たのですが、な...
生まれてから今まで観てきた映画全部  2011年11月15日(火) 8時42分
「ミッション:8ミニッツ」
監督
ダンカン・ジョーンズ
出演
ジェイク・ギレンホール(コルター・スティーヴンス大尉)
ミシェル・モナハン(クリスティーナ・ウォーレン)
ヴェラ・ファーミガ(コリーン・グッドウィン大尉)
ジェフリー・ライト(ラ
だめ男のだめブログ  2011年11月15日(火) 8時13分
安らぎはいつ訪れる

延々と8分間を繰り返しながら真実に近づく男
この映画のキャッチコピーは「映画通ほどだまされる」
映画通じゃないのでだまされませんでした

しかし、面白い

SFの設定というの...
as soon as  2011年11月15日(火) 7時09分
'11.10.18 『ミッション:8ミニッツ』@ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン試写室

これスゴイ見たくてyaplogで試写会応募したけとハズレ(涙)しかし!お友達のmigちゃんからお誘いがー!やった☆



*ネタバレありです!

「シカゴで起きた列車爆破テロ。さらなるテロ攻撃を防ぐため、事故の犠牲者の最期の8分間に入り込み、犯人を探す任命を遂行するスティーブンス大尉。犯人が見つかるまで、爆発の瞬間までの8分間が何度も繰り返される中、1人の女性と出会う。彼女を救いたいと願う大尉に驚愕の真実が伝えられる…」という話。これはおもしろかった。まず、言っておきたいのは、宣伝コピーの"ダマされる"というのを、どんでん返し的なものを想定していると、肩透かしだと思う。オチもついたような、ついてないような… ダメとはならないまでも、つまらなく感じる人はいるかも。個人的には好きだった。

見たいと思った最大の理由はダンカン・ジョーンズの長編2作目だから。前作『月に囚われた男』かなりおもしろかった。当blogの去年のベストテン入り作品。アイデア勝負という部分もありつつ、ちょっとチープなSF感が個人的に好きだった。まだ2作しか見ていない...
・*・ etoile ・*・  2011年11月15日(火) 1時49分
8分間だけ犠牲者の意識に入れる装置を使って、連続爆破テロの犯人を突き止めようとするSFサスペンス。
未完の映画評  2011年11月15日(火) 0時19分


 
清朝末期の中国。ホノルル留学中に近代思想を学んだ孫文(ウィンストン・チャオ)は、衰退する祖国の現状を憂い、革命を志すが、武装蜂起に失敗して日本に亡命。そこで義に厚く実直な黄興(ジャッキー・チェン)や張振武(ジェイシー・チェン)と出会い、同志の絆を結ぶ。1908年に溥儀が宣統帝として即位すると、1911年に張振武らの指導によって武昌で武装蜂起が発生。やがて各地に飛び火し、全土規模の辛亥革命へと発展してゆく。                              ...
Cartouche  2011年11月14日(月) 22時42分
2011年。アメリカ。"SOURCE CODE".

















  ダンカン・ジョーンズ監督。

















 姉のマギー・ギレンホールとともに、柔軟性に富んだ演技スタイルで、さまざまなジャンルの映画に出演し、好調の波を維持
映画の感想文日記  2011年11月14日(月) 22時16分

列車の座席で目覚めたコルター・スティーヴンス(ジェイク・ギレンホール)は、目の前にいる見知らぬ女性(ミシェル・モナハン)から親しげに話しかけられた。
状況が理解できないコルターは、鏡を覗き込...
心のままに映画の風景  2011年11月14日(月) 13時47分
1日のことですが、映画「ミッション:8ミニッツ」を鑑賞しました。

列車爆破事件の犯人を見つけるべく
犠牲者の爆破8分前の意識に入りこみのだが・・・

SFサスペンス
タイムスリップというか パラレルワールドというか

ループする8分間

なかなか面白い設定で
この...
笑う学生の生活  2011年11月13日(日) 18時01分

監督:ダンカン・ジョーンズ
出演:ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ。ジェフリー・ライト

「爆破された列車の乗客の意識に潜り込み、犯人を見つけ出す」

映画の予告があってたときはさほど興味がなかった。
過去に戻って繰り返す「タイムパラドックス」ものは、自分の考えと合ってないと納得がいかないから。
でも、監督が「月に囚われた男」のダンカン・ジョーンズだと知り興味がわいた。
あの映画の映像と哲学は好きだったから。


列車爆破の犯人を突き止め、次に起こる爆破テロを回避することが目的で、列車事故は起こったこと、列車の爆発を止める必要はない...
tom's garden  2011年11月12日(土) 19時05分
デビッド・ボウイの息子が監督しているという情報を抜きにしても、なんか面白そうとい
事務職員へのこの1冊  2011年11月12日(土) 17時22分








 SOURCE CODE

 コルター・スティーヴンス大尉(ジェイク・ギレンホール)は、目を覚ますとシカ
ゴ行きの列車の中にいた。目の前には、クリスティーナ(ミシェル・モナハン)と
いう女...
真紅のthinkingdays  2011年11月12日(土) 17時12分
<ネタバレありありなので注意です> スティーヴンス大尉はある時目覚めると、電車の
はらやんの映画徒然草  2011年11月12日(土) 9時49分
三度のメシぐらい映画が好きな
てるおとたくおの
ぶっちゃけシネトーク
●今日のてるたくのちょい気になることシネ言
「最近、リンジー・ローハンと小○美奈子がダブってしまう」






シネトーク85
『ミッション:8ミニッツ』
SOURCE CODE
ブルーレイ&シネマ一直線  2011年11月12日(土) 3時37分
★ネタバレ注意★


 『月に囚われた男』のダンカン・ジョーンズ監督の長編第二作。
 前作と比べると、かなりハリウッド的に派手な演出になっていますが、他人の意識に入り込む装置、平行宇宙、プチタイムトラベル、時間改変などなど、前作同様古きよき時代のかほりが漂うノスタルジックな感触のSFです。監督がこういう世界観を愛して丁寧に作っていることが感じられて大変心地よいです。

 アフガニスタンでの任務遂行中、ヘリコプターの事故で重傷を負ったコルター・スティーヴンス大尉(ジェイク・ギレンホール)が昏睡から目覚めたとき、なぜかそこは列車の中で、見知らぬ女性が親しげに話しかけてきた。混乱し...
キノ2  2011年11月11日(金) 21時47分
【ミッション:8ミニッツ】 ★★★★  映画(53)ストーリー 列車の中で目を覚ましたコルター・スティーヴンス(ジェイク・ギレンホール)は、
りらの感想日記♪  2011年11月11日(金) 21時45分
「このラスト、映画通ほどダマされる」って宣伝文句は、いったい何について言ってるんだろう?いやに挑戦的なふれこみだったので、映画好きとして負けるもんかとアレコレ勘ぐりながら観ていたけれど、中〜後盤にかけ
たいむのひとりごと  2011年11月11日(金) 21時38分
列車爆破事件の犯人を突き止めるために、軍の施設から爆弾で死亡する男性の意識に入り込むというとんでもないお話だ。ジェイク・ギレンホール演じる主人公はアフガニスタンで大怪我を負い、シカゴの列車内に転送される。8分しか爆死前の意識に留まれないので、何回も繰り返す
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2011年11月11日(金) 20時56分
 「月に囚われた男」のダンカン・ジョーンズ監督2作目は、爆破テロ発生までの8分間を繰り返し、電車内に潜伏する犯人を捜し出すミッションを与えられた男の活躍と悲哀を描く、サスペンススリラー。

 
 果たして「映画通ほど騙される」とのキャッチコピーほど騙されたか
新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜  2011年11月11日(金) 19時07分
監督、ダンカン=ジョーンズ。脚本、ベン=リプリー。原題『SOURCE CODE』
erabu  2011年11月11日(金) 11時24分
今日は、『ミッション:8ミニッツ』 を試写会で鑑賞です。

実はですね・・・最近連ちゃんで観ているのでかなりお疲れです。
なんだかダルクテ頭が痛くなってきた

【ストーリー】
 シカゴで乗客が全員死亡する列車爆破事故が起こり、事件を解明すべく政府の極秘ミッションが始動。爆破犠牲者が死亡する8分前の意識に入り込み、犯人を見つけ出すという任務遂行のため、軍のエリート、スティーヴンス(ジェイク・ギレンホール)が選ばれる。事件の真相に迫るため何度も8分間の任務を繰り返すたび、彼の中である疑惑が膨らんでいく。


看板に偽りあり。 
映画通ほど騙されるとありましたが、そもそも全てに無理がありますよ〜
そんなに怒るほどもでもないんですけど
まず、
 1)パラレルワールドのように何度も感じられる世界に(といっても同じ過去ですけど)
   何度行けば気が済むんだ
 2)ミッションをこなすのに失敗しすぎだろ
 3)死んで帰ってくるな
 4)で、乗り移った元の人は

原題はsource codeだと思いますが、それは何?
プログラムらしきものすら出て来ないぞ〜

アメリカ国家って何か企んでいるように描かれるけど
そういものなんでしょうか...
 【ネタバレ注意】 (2011/11/3 改稿し再公開)

 公式サイトによれば、ダンカン・ジョーンズ監督は『ミッション:8ミニッツ』の内容に関する科学的データを徹底的に調べ上げたいという強い好奇心に駆られ...
映画のブログ  2011年11月11日(金) 8時48分
 列車爆破事件の犯人を見つけるため、死者の死ぬ直前8分間の意識に入り込むことがで
みんなシネマいいのに!  2011年11月11日(金) 6時44分
原題SOURCE CODE監督ダンカン・ジョーンズ出演ジェイク・ギレンホール
ミシェル・モナハン
ヴェラ・ファーミガ
ジェフリー・ライト
マイケル・アーデン公開2011年 10月
映画 K'z films 2  2011年11月11日(金) 0時55分
『月に囚われた男』のダンカン・ジョーンズ監督の長編第2作目となるSFサスペンスだ。主人公は爆破テロで死亡する人間の8分前の意識に入り込みテロの犯人を探してゆく。主演は『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』のジェイク・ギレンホール。共演に『SOMEWHERE』のミシェル・モナハン、『マイレージ、マイライフ』のヴェラ・ファーミガが出演している。ラストの意外な展開に注目だ。
LOVE Cinemas 調布  2011年11月10日(木) 23時42分
2011年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf