映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」地球絶対絶命の危機

2011年10月01日(土) 0時09分
「世界侵略:ロサンゼルス決戦」★★★★☆
アーロン・エッカート、ブリジット・モイナハン、
ミシェル・ロドリゲス、マイケル・ペーニャ、Ne-Yo主演

ジョナサン・リーベスマン 監督
116分、2011年9月17日公開
2011,アメリカ,ソニーピクチャーズ エンタテインメント
(原作:原題:BATTLE:LOS ANGELES )






<リンク:人気ブログランキングへ>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「冒頭から激しい襲撃に遭う人々
世界各地の主要都市が同様の状態だ、
何が起こったんだ
宇宙人が攻めて来たんだ
信じられない地獄を映画は一気に描いている」



細かい説明もなく
圧倒的な物量とすぐれた破壊力で
人間はなすすべなく逃げまどい
多くは殺されていく
さっきまで平和だった光景が
わずかの間に死の街と化す。


こんなことあり得ない
そうすぐに思うが
そうでもないと
今、自分達日本人は知っている。


さて映画に話を戻すと
地球を奪おうとしている宇宙人に
立ち向かおうとする海兵隊員たち
どう見ても勝ち目はない
主軸となるチームも一枚岩ではなく、
新米のマルティネス少尉は頼りなく
古参のナンツ曹長が中心となっていくが
かつて彼の指揮下で戦死した
兄を持つロケット伍長の反感など
常に激しい戦闘を繰り返しながらも
人間模様も交差しどちらも目が離せない。



映像は最近たまに経験する
手持ちのカメラでよりリアルな臨場感をを
撮影しているのだろう
海兵隊2−5小隊と一緒に行動している目線で
エイリアンから攻撃されると
自分も座席の上で身をよじること何度か。




自分も小隊の仲間として
その視線で戦友を見て
状況を確認し
民間人を助けようと
なんだか一体となって
エイリアンと戦っているようなのだ。




だからラストの高揚感はちょっと無いくらい、
達成感と安堵が同時に訪れ
めでたし。めでたし、となるわけだけど
終わってみて冷静に考えると
今後また奴らはやってくるだろうし
何とかしないと
次に備えないとと
起こってしまったものは仕方ない
次をどうするか
自分達はやはりそのことに真剣に向き合うべきだろう、

エイリアンとの戦闘映画を観ながらも
それでも何かと関連付けて考えてしまう。


映画自体は期待を遥かに超えて
すごく良い出来だった。



★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

★100点満点で75点★



soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

アーロン・エッカートの出演作
世界侵略:ロサンゼルス決戦(2011)
ダークナイト(2008)
幸せのセラピー(2007)
幸せのレシピ(2007)
ブラック・ダリア(2006)
サンキュー・スモーキング(2006)
ウィッカーマン(2006)
カンバセーションズ(2005)
サスペクト・ゼロ(2004)
ザ・コア(2003)
ミッシング(2003)
ペイチェック 消された記憶(2003)
抱擁(2002)
プレッジ(2001)
ベティ・サイズモア(2000)
エリン・ブロコビッチ(2000)

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1856
トラックバック
トラックバックURL:
JUGEMテーマ:洋画&nbsp;



&nbsp;

地球に侵略してきた異星人と海兵隊の戦いを

&nbsp;

ドキュメンタリー風に描いているところが面白い。

&nbsp;

&nbsp;

&nbsp;

海兵隊の諦めない戦い方が、今の自分と重なって

&nbsp;

励みになりますね。

&nbsp;

ワイルドスピードにレティ役を演じていたミシェル・ロドリゲスが

&nbsp;

出演していたのには、吃驚しました。

&nbsp;

&nbsp;

&nbsp;

2011年 コロンビア映画

&nbsp;

&nbsp;

キャスト

 マイケル・ナンツ二等軍曹・・・・・アーロン・エッカート

 ウィリアム・マルティネス少尉・・・ラモン・ロドリゲス

 リー・イムレイ伍長・・・・・・・・ウィル・ロスハー

 グレイストン伍長・・・・・・・・・ルーカス・ティル

 ジェイソン・ロケット伍長・・・・・コリー・ハードリクト

 ケヴィン・ハリス伍長・・・・・・・ニーヨ

 ニック・スタヴロー伍長・・・・・・ジーノ・アンソニー・ペシ

 ピーター・カーンズ上等兵・・・・・ジム・パラック

 スティーブン・モ...
こみち  2015年05月22日(金) 23時49分
エイリアン相手の戦争。おもしろかったよ。
或る日の出来事  2012年12月23日(日) 11時17分
 本日は、2011年度ベスト10の続きを発表したいと思います。では、2011年度の第5位を紹介します。

【題名】
世界侵略: ロサンゼルス決戦
【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  2012年08月07日(火) 13時03分

この作品も劇場公開していた時に気になっていた作品ではあるんだけれど、結局映画館では観れずじまい。
やっとのことでDVDで鑑賞しました。

********************

エイリアンによる容赦のない地球侵...
Cinema+Sweets=∞  2012年04月24日(火) 21時39分
11-64.世界侵略:ロサンゼルス決戦■原題:World Invasion:Battle Los Angeles■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:116分■字幕:太田直子■鑑賞日:10月10日、新宿ピカデリー(新宿)■料金:1,800円□監督:ジョナサン・リーベスマン□脚本:クリス・バ...
kintyre's Diary 新館  2011年12月01日(木) 23時17分



 エイリアンものは好きなんだけど、予告編を見ても目新しさを感じない。なのであまり期待せず観に行ってきました。と言うわけで今回は世界侵略:ロサンゼルス決戦です。
よしなしごと  2011年11月15日(火) 1時27分
「マリーンズ最強!」
「オレたちは例え死んでも民間人を守るぜ!!」
「撤退NO!!!!」

とばかりに、アメリカ海兵隊の戦士たちが、襲い来る謎のエイリアンからロサンゼルスの街を守ろうと必死で戦う映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』。

「衛星からミサイルって落とせないの
謎の隕石が地球に落下。その数時間後、世界中の都市は未知なる敵の容赦ない攻撃を受け次々と侵略されてしまう。
rambling rose  2011年10月18日(火) 20時29分
海兵隊版インデペンデンス・デイ本当の戦場にドラマなんかない敵の弾をかいくぐり、敵を倒して生き延びる・・それのみの世界「Noretreat!」(退却NO!)評価は低いと聞いていたが、どう...
帰ってきた二次元に愛をこめて☆  2011年10月14日(金) 2時05分
【世界侵略:ロサンゼルス大決戦】 ★★★★ 映画(49)ストーリー ある日、大量の隕石が地球に降り注ぐ。しかしそれは単なる隕石ではなかった。
りらの感想日記♪  2011年10月12日(水) 19時24分
先週また映画を観てきました。「世界侵略:ロサンゼルス決戦」でございます。なんかひっそりと公開されてますけど、これもっと前に公開する予定が震災の影響で、と言いますかいろいろ事情があって自粛したのか...
生まれてから今まで観てきた映画全部  2011年10月12日(水) 6時36分
 2011年/アメリカ
 監督/ジョナサン・リーベスマン
 出演/アーロン・エッカート
     ミシェル・ロドリゲス

 本当は4月公開の予定でしたが、東日本大震災の影響を受け、公開延期となっていた作品。確かに人が容赦なく死ぬので、延期は正解だったかもしれないですね。作品としては息もつかせぬ展開で面白かったです。私ってこういう八方塞りバトル系が好きなのね・・・(←どんな系統だ。笑)。
 そういや、「スカイライン−征服−」でもエイリアンに攻め込まれた地球。エイリアンは地球を目指すのね・・・。

 2011年。各国の海岸に迫る流星群。しかしそれはエイリアン達の大襲来だった。...
It's a wonderful cinema  2011年10月12日(水) 0時57分
洋画の未消化前売券より世界侵略:ロサンゼルス決戦を鑑賞。

1942年、ロサンゼルス上空で発光する謎の飛行物体25機を空軍のレーダーがとらえる。その後もブエノスアイレスやソウル、ロンドンでも未知の飛行体が目撃されたが、その真相は不明だった。
そして2011年、これまで世界各国で確認されたUFO事件を通して人類を監視してきたエイリアンたちがついに侵略を開始し、ロサンゼルスで海兵隊と市街戦を繰り広げる。

実は、映画を観る前に、既に見た人から、あるいはうっかりネットのレビューから「今イチ」という声を目に(耳に)していました。
しかし、自分の目で観るまでは人の意見なんか信用するもんか!と思っていました。

が・・・・

うーむ、確かにあまり面白くなかったです(; ̄Д ̄)

作風はSF映画、あるいはアクション映画と思いきや、実際は「戦争映画」といった方がしっくり来ます。
そしてストーリーの中心は、とにかくドンパチと銃撃戦の嵐で、見ようによってはノンストップ銃撃戦で面白いのかもしれません。
そして銃撃戦オンリーという訳ではなく、ちゃんと兵士個人のストーリーや一緒に逃げる民間人の話も混じってお...
燃える映画軍団【ブログ編】  2011年10月11日(火) 22時05分
★ネタバレ注意★


 Retreat, Hell! うおーっ!!!(←燃えた)。

 本来今年の4月に公開される予定だった本作、震災の影響で、一時は公開見送りとまで言われていたのでヤキモキしていたのですが、思ったより早く公開にこぎつけられてよかった☆ だって、久しぶりのアーロン・エッカート主演作なんですもん!

 ある日突然、エイリアンによる侵略を受けた地球。集中的に狙われた大都市が次々と陥落していく中、ロサンゼルスもまた苦戦を強いられていた。海岸から攻め寄せてくるエイリアンとの防衛戦を繰り広げつつ、民間人を内陸部へと避難させていた矢先、逃げ遅れ取り残された民間人から救援...
キノ2  2011年10月11日(火) 0時04分




映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』(公式)を、一昨日に鑑賞。平日の夜とあって100席余りに数名ほど。既に人気のピークは過ぎたのか?


かなり期待した割りにって事で、5点満点で1点を付けたい所...
ディレクターの目線blog@FC2  2011年10月10日(月) 18時16分
【映画】世界侵略:ロサンゼルス決戦(BATTLE: LOS ANGELES)
ロサンゼルスを舞台に、地球を侵略してきた
エイリアンに立ち向かう海兵隊員の死闘を描いたSFアクション。



【あらすじ】
1942年、ロサンゼルス上空で発光する謎の飛行物体25機を空軍のレーダーがとらえる。そ
B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら  2011年10月06日(木) 21時08分
三度のメシぐらい映画が好きな
てるおとたくおの
ぶっちゃけシネトーク
●今日のてるたくのちょい気になることシネ言
「座席はやっぱり劇場内の中央がベストポジションやね」







シネトーク79
『世界侵略:ロサンゼルス決戦』



監督:ジョナ
ブルーレイ&シネマ一直線  2011年10月06日(木) 4時05分
アーロン・エッカート主演のSFアクション大作です。 予告編を観て、ハードそうな戦いだなあとちょっと怖くなりつつも気になっていました。 圧倒的な武器で侵略されていく展開に、うわーっと思いながらスクリーンを見つめていました。
とりあえず、コメントです  2011年10月05日(水) 23時33分
試写会で見ました。淳さん、相変わらず喋ってしまいます。(※前説)まー語るほどのス
うろうろ日記  2011年10月05日(水) 20時04分
主人公たちは海兵隊の兵士たち。地球の大都市の海岸沿いに堕ちてきた隕石群実はこれは宇宙からの侵略者たち。未確認生命体に破壊されるロスの市街地。取り残された民間人救出のために出動する部隊のメンバーは実戦経験のない将校と、実戦で若い部下を失った経験を持つ曹長。
黒猫のうたた寝  2011年10月05日(水) 0時14分
もうアメリカの敵は宇宙に求めるしかないというわけで、世界中にエイリアンが隕石みたいな感じで襲ってくる。大気圏に入るまで全く感知されないハイテクを持っているのに、案外エイリアンが弱い。海兵隊賞賛映画になるのはわかっていたけど、迫力映像に圧倒された。映画館で
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2011年10月04日(火) 5時37分
 なんでも、当初は4月1日に公開予定だったのだが、震災の影響で延期になっていたという作品らしい。ことさら“地震”や“津波”を想起させる作品じゃないけど、ほぼ全篇、瓦礫と化した町で話が展開するので、延期...
闘争と逃走の道程  2011年10月04日(火) 3時25分

<世界侵略:ロサンゼルス決戦 を観て来ました>

原題:Battle: Los Angeles
制作:2011年アメリカ



ずーっと公開を待っていました。本当は日本公開は4月1日だったんだけど、地震で公開延期になってしまいました。
私がグアム旅行から帰ってきたその当日が3月11日で、その日がグアムではこの映画の先行上映の日でした。一日滞在が長ければ(字幕ないけど)この映画を早くみられたのにねって、話していたのですが…

いやー、ちょっと私の英語力では字幕無いと楽しめなかったわ(笑)。

とにかく公開するずっと前から楽しみにしていたこの作品、やっと観られました!!


2011年8月…世界は穏やかだった。
しかし、突然大気圏付近に現れた流星郡は、次々に地球に落下。そして、それは宇宙からの未知なる生物の”地球侵略”の開始の合図だった……
世界の大きな都市は破壊され、ロサンゼルスも壊滅寸前に追い込まれてしまう。だが、逃げ遅れた民間人を救い出すため、わずか10人の海兵隊は戦火の中に突撃していく…




思いっきりアメリカ万歳ドンパチエンターテインメントです。
主演は「ダークナイト」などのアーロン・エッカート。イケメンですw
...
★紅茶屋ロンド★  2011年10月03日(月) 23時45分
《世界侵略:ロサンゼルス決戦》 2011年 アメリカ映画 − 原題 − WORL
Diarydiary!   2011年10月03日(月) 21時53分



☆☆☆−− (10段階評価で 6)
9月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 12:45の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2011年10月03日(月) 21時44分
どなたかもブログで書いてらっしゃいましたが、このところ未知の宇宙人に地球が侵略さ
はらやんの映画徒然草  2011年10月03日(月) 21時12分
東日本大震災のために上映が延期されていた映画のひとつがようやく公開。世界中の主要都市が壊滅的なダメージを受けまくるわけで、被災者心理に配慮して見送られたものと思われるが、それ程神経質に考えるほどのもの
たいむのひとりごと  2011年10月03日(月) 18時13分


BATTLE: LOS ANGELES
アメリカ
監督:ジョナサン・リーベスマン
出演:アーロン・エッカート、ミシェル・ロドリゲス、ラモン・ロドリゲス、ブリジット・モイナハン、Ne-Yo、マイケル・ペーニャ、コリー・ハードリクト、他

珍しく続けて劇場作品を。

ある日、大量の隕石が地球に降り注ぐ。しかしそれは単なる隕石ではなかった。数時間後、世界中の都市は未知の敵による大規模かつ容赦のない攻撃によって次々と陥落していく。そしてロサンゼルスも、もはや壊滅寸前に。そんな中、ロサンゼルス西警察署に逃げ遅れた民間人5人が取り残されていた。彼らを救出すべく、退役間近のベテラン兵士ナンツ軍曹をはじめ10人からなる海兵隊2-5小隊が、瓦礫の山と化した市街地へと進入していくのだが…。 allcinema ONLINEより

ここ最近、エイリアン侵略モノが多く
この手の作品がスキなワタクシとしては全部観たかったんですが・・・

結局、劇場鑑賞はコレだけ・・・残念。

ほっほーこれはこれは・・・

(『スターシップ・トゥルーパーズ』+『ブラックホーク・ダウン』)÷『サイン』
=海兵隊バンザイ!・・・余り『第9地区』

なんのことかサッパリ判りませんが
とにかく男...
肩ログ  2011年10月03日(月) 12時44分
おんもしろかったー。すげー面白かった。全世界でヒットしたのに、評価は最悪。曰く
事務職員へのこの1冊  2011年10月03日(月) 8時33分
個人的に『 世界侵略:ロサンゼルス決戦 』の見所はヤフコメなんかにも書いてあったんだけど、アレかな。うん、アレだ。しかし、出だしのところでソレを書くとまずいかなぁーって思うので、あらすじを載せたあとに書くことにします。なので、この映画を見てないひとはネタバレが含まれますので、あらすじをあたりで読むのを止めてくださいね(^^ それでは、あらすじを。 2011年8月12日、海沿いにある世界各地の大都市付近に流星群が降り注いだ。やがて海の中から何者かが現れ、人類に攻撃を開始する。そのころロサンゼルスのサン...
R.LiFE  2011年10月03日(月) 7時19分
ロサンゼルスを、死守せよ・・・



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109170006/





ブライアン・タイラー/オリジナル・サウンドトラック『世界侵略:ロサンゼルス決戦』

posted with amazlet
at 11.09.12

オリジ
日々“是”精進! ver.A  2011年10月03日(月) 5時06分
[世界侵略:ロサンゼルス決戦] ブログ村キーワード
 震災の影響で公開延期になっていた話題作が、遂に公開!「世界侵略:ロサンゼルス決戦」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。エイリアンVS人類のバトルを描いた話題作。さあ、その出来映えや如何に?


 アメリカ海兵隊のナンツ二等軍曹(アーロン・エッカート)は、直近の作戦で部下を失った苦しみから、退役願いを提出。あと1日で、長年の軍隊生活にピリオドを打とうとしていた。同じ頃、突如地球の周辺に接近した流星群が、次々と海中に落下。やがて世界各地の海岸部に、正体不明の何ものかが出現し、攻撃を開始する。人類は反撃を試みるも、謎の...
シネマ親父の“日々是妄言”  2011年10月03日(月) 0時29分
 客席は満席、補助椅子にまで人が座っている。
新・辛口映画館  2011年10月03日(月) 0時29分
流星群と思われた落下物から“何か”が現れ突如人々を襲い始める中、民間人救出に向かった海兵隊一個小隊。特別な装備を持っているわけでもないこの部隊が、エイリアンに遭遇し民間人を守りながらの戦闘に巻き込まれていく様子を描く本作。
戦闘時にブレまくる映像は実際の戦場におけるドキュメンタリーのようでもあり、最近流行のエイリアンVS人類映画にあってかなりの見応えを感じた。
SOARのパストラーレ♪  2011年10月03日(月) 0時21分
映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」観に行ってきました。エイリアン達による地球侵略に立ち向かうアメリカ海兵隊員達の戦いを描いたSFアクション作品。人が血を流して死ぬ描写や...
タナウツネット雑記ブログ  2011年10月02日(日) 23時23分
今日は、『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 を試写会で鑑賞です。

実はこの映画の試写会には幾つか当たったんですが
観れないと思って諦めていました。
震災中で中止になった試写会やこの間の豊洲のオーシャンスクリーンの
試写も当たってたのですが、日程合わず断念していました。
そこに、最後の救いで @mattsuanko さんが試写状を分けてくれました。
有難うございました!!

【ストーリー】
 1942年、ロサンゼルス上空で発光する謎の飛行物体25機を空軍のレーダーがとらえる。その後もブエノスアイレスやソウル、ロンドンでも未知の飛行体が目撃されたが、その真相は不明だった。そして2011年、これまで世界各国で確認されたUFO事件を通して人類を監視してきたエイリアンたちがついに侵略を開始し、ロサンゼルスで海兵隊と市街戦を繰り広げる。


この映画は幾ら使ったんだ ってくらいの派手な戦闘シーンの連続でした。
最初の20分位は戦争の前に、登場人物の背景が説明されているので
そのままだったら確実に落ちてたw
でも、途中からドンパチ始まりだして、そこからは寝る間もなく観れました
ただ、ドンパチの中に人間ドラマを織り込むのですが、それが、感情移...
気ままな映画生活  2011年10月02日(日) 23時17分
2011年9月17日(土) 19:25〜 丸の内ピカデリー1 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り購入) パンフレット:未確認 『世界侵略:ロサンゼルス決戦』公式サイト マイケル・ベイやローランド・エメリッヒの映画のようだ。 新味と言えば、 優男イメージがある穴顎男アーロン・エッカートが、なんと無骨な軍曹であること。 そして、軍人女優のミシェル・ロドリゲスが、軍の中でも技術班というのに属す知的な役であること。まあ、実際していることは、いつもと変わらない破壊工作なのだけど。 ぐらい。 ということで、書くこともあまり無い作品だが、当然、俺には面白かったぜ。 「あいつら」「みんな」「繋がっている」と民間人は臭い台詞を吐かないが、海上保安庁と海兵隊がシンクロしたシーンは、単純な俺には燃える名場面だ。 ゲス美(のむらさん命名)が、一向にヘルメットを脱がないので、魅力が半減しているのが残念。 異星人解剖シーンあり!注意。 お勧め度:☆☆★ ベイ・エメ度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆★
ダイターンクラッシュ!!  2011年10月02日(日) 22時54分
 震災の影響で4月公開が9月に変更。 その間にパチモンのような「スカイライン-征
みんなシネマいいのに!  2011年10月02日(日) 22時41分
監督、ジョナサン=リーベスマン。脚本、クリストファー=バートリニー。2011年米
erabu  2011年10月02日(日) 22時40分
2011年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf