映画「ライフ -いのちをつなぐ物語」どーやって撮影したんだ?この自然の驚異

2011年09月07日(水) 7時11分
「ライフ -いのちをつなぐ物語」★★★☆
マイケル・ガントン、マーサ・ホームズ製作
松本幸四郎&松たか子による“父娘”ナレーション

88分、2011年9月1日公開
2011,イギリス,エイベックス・エンタテインメント
(原作:原題:ONE LIFE)







<リンク:人気ブログランキングへ>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい



9/4付け最新ランキングでは「ライフ -いのちをつなぐ物語」は
初登場1位を獲得、公開4日で30万人の動員を記録した。
最終的に20億円くらいの興業成績となりそう。
今また改めて「自然」に対して色々考える時なのかも。



「最初の方はずっと
どうやって撮影したんだろう?
そんなことばかり考えていた、
慣れてくると同じ目線で
一緒に居る様な気分になった」



予告ではすごく近くで
動物の行動を追ったカメラが強調されていたが
実際の映像は確かにスゴイけど
そのうち慣れてきて
「それ程でも」ないなと感じた。



ただこういう映像の力は素晴らしい
色々考えさせられるからね、

ナレーションもそれ程力が入ってなくて
親子共演のアイデアは良いなと感じたが
どこかに導こうとしたようなナレーションは
見る側の想像力を奪うことにもなるから
正確な事実だけにとどめた方が良かっただろう。




見て思ったのは自然のシステムの複雑さと
奇跡的なバランスの上に成り立っているという事実、
そのほとんどを自分達人間が壊してるというのは
知っていた事実だけれど
やはりこうして突き付けられると
自分達の求める「快適さ」が
やはりどこかで相当の負担を強いることに
なっているのだと改めて実感。



9/2.3.4と台風がゆっくりと通過した週末、
大変な被害を受けた日本列島だが
これさえも自然のシステムだとするなら
そこからも自分達は何かしらの
意味を考えるべきなのだろう。


大画面で自然の驚くべき映像を見る事は
それだけで価値があるが
今回の映画は目新しい驚きはそれ程なかった、
けれどたまにはこういう映像を目にして
普段はあまり考えていない
自分達の存在が地球に与える影響について
考える時間を持つことは
それだけで意味があることだと思った。



この映像を撮影するには
最新のテクノロジーはもちろん
地道な情熱と努力があったのだろうな、
そんな仕事に対する情熱が
ちょっと羨ましくもあった




★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

★100点満点で70点★




soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

9/4付け最新ランキングでは「ライフ -いのちをつなぐ物語」は初登場1位を獲得、
公開4日で30万人の動員を記録した。
ちなみに、08年の「アース」(興収24億円)は、
オープニング2日間で動員28万5000人、興収3億5900万円。
10年の「オーシャンズ」(興収25億円)は、
オープニング3日間で動員32万8100人、興収3億9200万円。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1848
トラックバック
トラックバックURL:



 年に一作はネイチャームービーが公開されるよね。そんなわけでライフ ―いのちをつなぐ物語―を見てきました。
 が、見てから記事にするまで1ヶ月たったら、こういうストーリーのない映画は覚えてられない。。。と言うわけで今回はストーリーはgoo映画の紹介をそのまま引用させてもらいました。すんまそ。
よしなしごと  2011年11月03日(木) 23時05分
映画『ライフ ―いのちをつなぐ物語―/ONE LIFE』を見たよぉ〜

オフィシャル・サイト
http://onelifemovie.jp/



メディア 映画
上映時間 85分
製作国 イギリス
公開情報 劇場公開(エイベックス・エンタテインメント)
初公開年月 2011/09/01



地球上の全大陸でロケを敢行し、撮影日数のべ3000日、総製作費35億円というかつてないスケールで製作されたBBC EARTHのネイチャー・ドキュメンタリー・プロジェクト“ライフ”の劇場版。世界で初めてカメラに収められたいくつもの決定的瞬間をはじめ、多種多様な動植物が見せる驚きの生態やその営みの中で紡ぎ出される感動的ないのちの物語を、最先端技術を駆使し、動物と同じ目線にこだわった驚異の映像で映し出していく。日本語版のナレーションは松本幸四郎、松たか子親子が担当。




いやぁ〜普通によかったっす
ただ・・・ナレーションに癒されちゃって、
中盤40分くらい寝てしまいましたケド・・・www

よく、あの角度からよく撮影したよねぇ〜
ただひたすら関心





オタマナ評価:★★★☆☆














人気ブログランキングよろしければひと押しお願いします...
オタマ・レベルアップ  2011年10月20日(木) 22時16分
そう製作費35億円で地球規模のロケを敢行、撮影日数のべ3000日という脅威のドキュメンタリーフィルムだ。地球上に生を受けた動物・植物全ての生きとし生けるものが命を繋ぐ姿に密着している。超ハイスピードカメラで撮影された映像は驚嘆の一語だ。日本版ナレーションを松本幸四郎と松たか子父娘が担当している。
LOVE Cinemas 調布  2011年10月15日(土) 2時40分
【ライフ−命をつなぐ物語−】 ★★★☆ 映画(45)解説 地球上の全大陸でロケを敢行し、撮影日数のべ3000日、総製作費35億円というかつて
りらの感想日記♪  2011年09月19日(月) 19時57分
2011年/イギリス/35mm/88分/ビスタサイズ/ドルビーデジタル

ナレーション:松本幸四郎・松たか子

全大陸にわたる十八カ国・二十四カ所で撮影し、陸・海・空に生息する三十六種の生き物が登場します。
...
愛知女子気侭日記  2011年09月18日(日) 2時15分
内容が気になったので見ることにしました。
2011年位イギリスで作られた生き物のドキュメンタリー

ナレーションは松本幸四郎・松たか子
二人が交代で進めてく形でした。

全大陸にわたる十八カ国・二...
単館系  2011年09月16日(金) 22時07分
いろいろあって映画など観に行く気分ではなかったのですけれど、じっと丸まっててもネ
はらやんの映画徒然草  2011年09月15日(木) 22時07分

ミスチルの「蘇生」聞くと脳内でコイツが走る。(笑)

もともと、映画館で予告を見るたびに見たいみたいと思ってたんだけどね。



あの映像はどうやって撮影したのかってのを
小出しに小出しに「とくダネ」で見てしまってたもんで
実は新鮮味がなかったのな。
逆に撮影秘...
ペパーミントの魔術師  2011年09月12日(月) 11時57分
超ハイスピードカメラを駆使して撮影された、地球に生を受けたさまざまな動物たちの生きざまに迫る驚異のドキュメンタリー。アザラシやチーターなどの動物をはじめ、ハネジネズミやカイツブリなどの珍しい生き物たちが必死に知恵を絞って命をつなぐ姿を追い掛ける。イギリ...
だらだら無気力ブログ!  2011年09月11日(日) 19時16分
生命とは、生きることとは     。

連綿と続くこと。親から子へ、またその子へ。紡がれていく系譜。守り、慈しみ、共に歩む。
知恵と勇気を振り絞ること。立ち止まれば、たちまち捕食される。立ち止まれば、獲物を取り逃がす。未来への活力のために、出来る限りの力を懸命に出し尽くす。
時に残酷であること。甘い香りは獲物をおびき寄せるため。自分の子孫を残すための、勝ち残りを賭けた戦い。油断は己の身を破滅に追いやることもある。

そんな、微笑ましくて、優しくて、残酷で、厳しくて、でも気高く躍動感溢れる...
Diary of Cyber  2011年09月10日(土) 9時33分


ONE LIFE

動物と同じ目線で描いた驚きの世界。
90分間、あなたは動物になる

映時間 85分
製作国 イギリス
公開情報 劇場公開(エイベックス・エンタテインメント)
初公開年月 2011/09/01
ジャンル ドキュメンタリー
映倫 G

 【解説】 

地球上の全大陸でロケ...
Cinema Collection 2  2011年09月09日(金) 16時50分
 8月24日(水)シネマート六本木にて試写会「ライフ-いのちをつなぐ物語-」を鑑賞。

 当選確率激減の試写会で久しぶり当たったこの映画が映画館での上映なのでとても期待してやってきた。


 あら...
気ままにブログ  2011年09月09日(金) 8時07分
【映画】ライフ ―いのちをつなぐ物語―
イギリスのBBCが製作を担当。
日本版ナレーションは松本幸四郎と松たか子。
そしてエイベックソ配給。



【あらすじ】
南極では、天敵から襲われない氷に覆われた海の上を子育ての場に選んだ母アザラシが子育てを開始。一方、エチ
B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら  2011年09月08日(木) 21時58分
大自然の中で生きるために生きている生き物達のありのままの姿に感動した。知っていたことも、初めて知ったことも、すべての映像が興味深くて引きこまれ、昔で言うなら(昔でなくても)「文部省推薦」なんて宣伝文句
たいむのひとりごと  2011年09月08日(木) 19時41分
ライフ―いのちをつなぐ物語―
★★★★☆(★4つ)



初の東京独女スタイルさんからの招待で行ってきました!ありがとうございます!

動物苦手なくせに、何だかんだで、「アース」や「オーシャンズ」も劇場で見てて、今回も大スクリーンで鑑賞です。
ちなみにホラーは苦手だけど、生き物の弱肉強食の殺し合いは大丈夫です。

毎回落ちちゃいそうになるのですが(苦笑)今回は、驚きのあまりあっという間の90分でしたとなりのおばちゃんも関心してた!!


どうやって生き延びるか、子孫を残すか・・・。ほんとよく考えている。そうやって各々独自の進化を遂げてきたんだな〜。
地下でキノコを栽培する蟻も、天然の囲い網で猟をするイルカも、獲物が息絶えるまでしぶとく何週間もまつトカゲも・・・。

生き物は、人間が考えるようなことは、すでにやっている。考えもしないことも、やっている。
by養老孟司さんのコメントより...
食はすべての源なり。  2011年09月08日(木) 15時23分
☆正直、『オーシャンズ』の捏造ドキュメントの流れに属するものだと思い、見るのが嫌だったのだが、いちお見たら、やや「ライフ」と言う総括的なタイトルにはふさわしくないが、気楽に見ることの出来る、普通にいいドキュメント作品であった。

 なんか、ここ数年、おそ...
'11.08.21 『ライフ いのちをつなぐ物語』(試写会)@よみうりホール

yaplogで当選。いつもありがとうございます! これは見たかった。動物は好きだし、今こそ見るべきな気がした。



*一部ネタバレありです

『アース』『オーシャンズ』に続きBBCが製作した地球ドキュメンタリー。今作では全大陸で撮影、地球制覇したとのこと。見たかった理由はこの地球制覇と、技術の進歩により撮影可能になったという、動物達と同じ目線という映像。この映像は良かった! 迫力があるというだけじゃなくて、まるで自分もその動物になったように感じることができる。実はこの視点って大事なんじゃないだろうか… 人間も動物であって、地球は人間だけのものではないということは、ネイチャーものの映画なり、ドキュメンタリーなど見ていると感じることではあるけれど、彼らの日々の営みを俯瞰で見ていたのでは、やっぱり上から目線になってしまう。もちろん、俯瞰で見ることも大切なのだけど…

動物達と同じ目線で見ると、同じ気持ちになれるとまでは言わないけれど、初めて見る動物からおなじみの動物まで、彼らの知らなかった姿を間近に見ることができる。時にコミカル、そして時に過...
・*・ etoile ・*・  2011年09月08日(木) 0時53分
映画「ライフ −いのちをつなぐ物語−」観に行ってきました。イギリスのBBCが製作したドキュメンタリー映画作品。この映画は、世界各国で生息している様々な動物の変わった生態...
タナウツネット雑記ブログ  2011年09月08日(木) 0時26分
試写会で見ました。海遊館で見たのですが、ホント係の方統一してください。とクレーム
うろうろ日記  2011年09月07日(水) 22時57分
すべての「いのち」は、つながっている。 地球上の全大陸、陸・海・空で生きる動物たちの奇跡の瞬間を、BBC(英国放送協会)が超ハイスピードカメラ、ハイビジョンマクロカメラ、ヨギカム等の最新装置で撮影。 18ヵ国、24ヶ所で6年の歳月をかけて製作した、「いのち」のドラマ。 ネイチャードキュメンタリー。 ≪生きる長さは違っても、みんな全力で生きている≫
象のロケット  2011年09月07日(水) 22時33分
85分の上映時間なのに、地球全体でロケをして35億円を投じて撮影した内容は濃密な物語になっている。テレビで見るのはもったいないので、映画館で体験してほしい。動物や植物が生き延びるためにいかに色々な工夫をしているか、驚くしかない。映画マニアもCGなしの撮影技術の
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2011年09月07日(水) 20時13分
 今回は「Yahoo!映画 ユーザーレビュアー試写会」に参加しました、客入りは7割くらい。
 
 映画の話
 南極では、天敵から襲われない氷に覆われた海の上を子育ての場に選んだ母アザラシが子育てを開始。一方、エチオピアのシミエン山地では、骨も溶かす強力な胃液を持っているヒゲワシが、大きいサイズの骨を食べやすくするため、高所から岩場に落として割っている。そしてケニアの草原では、とても珍しいチーター三兄弟が協力して獲物を狙う。
新・辛口映画館  2011年09月07日(水) 16時52分

 英国BBC製作のネイチャー・ドキュメンタリー。「一体どうやって撮影したんだ
?!」 と思わせられる、迫力満点の映像の数々。是非劇場で体感してほしい
作品。

 この地球上には、500万種の生物がい...
真紅のthinkingdays  2011年09月07日(水) 10時03分
ライフ -いのちをつなぐ物語-8月21日(日)@よみうりホール。
美女様のお誘いをうけ、日曜夜間の試写会に出かけてきた。
あーうぃ だにぇっと  2011年09月07日(水) 8時42分
今日の2本目は、『ライフ 〜いのちをつなぐ物語〜』 を試写会で鑑賞です。

ドキュメンタリーですが、効果音入れすぎのような・・・

【ストーリー】
 南極では、天敵から襲われない氷に覆われた海の上を子育ての場に選んだ母アザラシが子育てを開始。一方、エチオピアのシミエン山地では、骨も溶かす強力な胃液を持っているヒゲワシが、大きいサイズの骨を食べやすくするため、高所から岩場に落として割っている。そしてケニアの草原では、とても珍しいチーター三兄弟が協力して獲物を狙う。


これは、お子様と楽しんで観ていただくのが一番いいですね。
少し凄いシーンもありますが、クジラやアザラシ、猿にチーターなどなど
陸、海、空(これってコクリコ坂からの名前のような。。。)に様々な動物たちが観れます。
正直、そんなにすごいのかなぁって気もしますが、よくよく考えると
海の中にしろ、陸にしろ、あそこまで奇麗に映像として残すのは不可能に近いですよね。
動物の生態に触れ、人間も同じ地球に生き、生活しているんだということを感じて欲しい。

今日は、トークショーがあり、栗城史多(登山家) 中村征夫(写真家)が登壇しました。
生きるって素晴らし...
気ままな映画生活  2011年09月07日(水) 7時57分
2011年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf