映画「ツリー・オブ・ライフ」善き人であろうと、もがきながら生きている

2011年08月18日(木) 19時09分
「ツリー・オブ・ライフ」★★★★
ブラッド・ピット、ショーン・ペン、
ジェシカ・チャスティン出演

テレンス・マリック監督
138分、2011年8月12日より公開,
2010,アメリカ,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(原作:原題:THE TREE OF LIFE)







<リンク:人気ブログランキングへ>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

日本では公開週末ランキング7位初登場


「題名の『Tree of Life』は旧約聖書の
エデンの園の中央に植えられた木で
生命の樹の実を食べると、
神に等しき永遠の命を得るとされるという、
タイトルが示す通り
映画の内容は宗教的で観念的、
ストーリーを追うというより
イメージの世界で遊ぶのが正解か」



ブラッド・ピット、ショーン・ペン出演で
カンヌグランプリと宣伝されているが
メジャーな映画のつもりで行くと
「何だこれ?」とはぐらかされる。


前半は数少ない情報を自分で組み立てようと
努力するがその画像が輪郭を捉えようとすると
宇宙の映像や過去の地球の様子
果てには恐竜まで登場して
簡単に結論を出させてはくれない。



こういう映画だと退屈で眠ってしまいそうだけど
そこがこの映画の不思議なところで
結構緊張して見続けて
眠気は追いやられ
そのうち後半ではブラッド・ピット演じる父親が
音楽家になれなかった自分を
反面教師にするようにと子供に
厳しく接していまうという、
いかにも人間臭い部分を見せて
どこにでもある普遍的な家族の姿を映す。

大人の欺瞞を見破る子供、
懸命に子供の模範になろうとするあまり
かえって溝が出来てしまうような
もどかしさ、
良き人間であろうともがく様子
どれも誰もが経験し
今も持ち続けている心情の一部を表している、
そんなことを考えると胸が苦しくなる。



映画はショーン・ペン演じる今では成功した男が
かつて子供だった頃を振り返って
あの頃「なりたかったもの」に
今の自分は果たしてなれたのだろうかと
その思いが何度も何度も過去をさまようが
その答えは見てる観客一人ひとりが
自分自身の事として考えるべきなのかも。

生まれてから生きている限り
何かを得る事より
失い続けていくのかもしれない

ラストシーンをどう解釈するかだけど
そういった喪失を繰り返しながらも
必ず先達の真の思いに触れる時が来て
そのとき心は暗く沈んだ中からでも
光を見出すのだ。

難解だと簡単に言ってしまえば
容易いがせっかくなので
少し考えるのも良い体験だと感じた。

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

★100点満点で80点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

テレンス・マリックのお仕事
ツリー・オブ・ライフ (2011) 監督/脚本  
アメイジング・グレイス (2006) 製作  
ニュー・ワールド (2005) 監督/脚本  
アンダートウ 決死の逃亡 (2004)<未> 製作  
ベアーズ・キス (2002) 脚本  
至福のとき (2002) 製作総指揮  
シン・レッド・ライン (1998) 監督/脚本  
天国の日々 (1978) 監督/脚本  
地獄の逃避行 (1973)<未> 監督/脚本/製作  



★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1836
トラックバック
トラックバックURL:


苦痛・難解というより睡魔との闘い。
父息子の葛藤と生命の繋がりを同一哲学視し、要するに難解すぎて意味が解らないといったような作品^;観る人を選ぶよ?気をつけよう。
前半のドキュメンタリー映像(生命誕生から進化していく映像)でどうしようかと思ったのですが、かろうじて寝ずに鑑賞。ただ映像と音楽は美しいしどこか儚い雰囲気も良いとは思う。
厳格な父をブラッド・ピットさん、成長した長男にショーン・ペンさん。
力こそが正義…というわけではないけれど、厳格な父と、大らかで優しい母、その中で確立していくアイデンティティ。父のようにはなりたくない、でも結果的に父の望んだとおりになっているのが自分。そこで葛藤が生まれる…あの頃に戻りたいという気持ちも。そのあの頃は「モルダウ」の流れる短かったけど家族で楽しく暮らしていた少年期。そこを回想する1人の男性の物語、といえばいいのかな。
全ては神の創造という宗教観に基づいた抽象的な表現力は素晴らしいのですが、少々大げさに描かれている。どこにでもある一家のちょっとした確執から世界の創造までもが一緒くたになり、壮大な叙事詩へと変化する。
「私たちの生き方はふたつ...
いやいやえん  2012年03月13日(火) 14時30分
『 ツリー・オブ・ライフ 』 (2011)  監  督 :テレンス・マリックキャスト :ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン、フィオナ・ショー、ハンター・マクラケン、ララミー・エ...
さも観たかのような映画レビュー  2011年10月22日(土) 14時52分
〔2011年/アメリカ〕 これは何と書いたらいいものか。 カンヌ映画祭でパルムドール賞受賞、 ブラピ主演とくれば、 もう少し評価が高くても良さそうなものだが、 日本ではそれほど盛り上がっていないように思える。 で、昨日、劇場に出向いたわけだが、 私が気が付いただけで、 二人のお客さんが途中で帰っていった。 (映画館のトレイを持って出ていかれたので、  戻ってくるつもりはないと思われる) 三人の息子を育てるブラピだが、 躾が厳しすぎて、 息子から嫌われるというストーリー、 という知識はあったが、 前半の1時間くらい、 観念的というか、宗教的というか、哲学的というか、 イメージ映像のような場面が延々と続く。 これにハマれれば、 意外と心地良く観ていられるが、 「こんなものを観にきたんじゃない」と思ってしまうと、 どうにも許せなくなってしまうかもしれない。 ブラピの、高圧的だと言われる息子への態度も、 この程度の親父なら、 昔は多数いたという感じがして、 それほど衝撃は、私にはなかったな。 親なんて、元々理不尽なものでしょ。 酒に酔って暴れたり、 妻子に暴力を振るう父親を描いた映画も多数ある中で、 このブラピな...
のんびり。  2011年10月04日(火) 13時45分
カンヌ映画祭パルムドール受賞作品。

評判が天地のように別れていたので、DVDスルーしようと思っていた。
すると「抽象的な映像が多いから、DVDだとつらいかも」という話もあって、新宿での公開最終日に駆け込み(汗)


オープニングで、旧約聖書のヨブ記38章の4節が引...
日々 是 変化ナリ ? DAYS OF STRUGGLE ?  2011年09月26日(月) 20時58分
ツリー・オブ・ライフ  原題:The Tree Of Life



【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

シン・レッド・ラインのテレンス・マリックが放つ、50年代のアメリカの家族を題材にし、訴えかける...
No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)  2011年09月19日(月) 1時12分
とある映画館のメンズ・デーにブラッド・ピットとショーン・ペンが親子役という映画『ツリー・オブ・ライフ』を見に行ってきました。
マチルダベイビー!  2011年09月16日(金) 23時04分
太古の昔、宇宙の始まりから連綿と続く、いのちの営みを、美しい映像で描き出した唯一無二の映画『ツリー・オブ・ライフ』。

ブラッド・ピットとショーン・ペンという二大俳優が出演している本作ですが、この作品は俳優の演技を見るというよりも、映画の中にあるすべてを“体感
一家族のある期間を、濃密に丁寧に描写しながら、命の起源、地球、宇宙の営みを壮大に描き、そして神への問いを繰り返す。 それぞれが独立しながらも絶妙なバランスで交錯する、その、異質でいながらも、自然な違和感は、初めての感覚。 心象風景を映し出す、命の木、草、…
試写会帰りに  2011年09月08日(木) 19時57分



最近、自分の周りで、
書いたレビューの内容でもって攻撃されてるひととかいて、
なんだかものすごく感想が書きにくいんだけど。

正直いうとね、
開始直後に帰りたくなった。(オイ)

話が大きすぎる、あまりに宗教色が強い。

人の営みなど、宇宙ができて、地球がで...
ペパーミントの魔術師  2011年09月02日(金) 1時39分





 THE TREE OF LIFE

 オブライエン家の長男ジャック(ショーン・ペン)は二人の弟とともに、厳格な
父(ブラッド・ピット)と慈愛に満ちた母(ジェシカ・チャスティン)に育てられた。
都会で...
真紅のthinkingdays  2011年09月01日(木) 17時24分
 「シン・レッド・ライン」「ニュー・ワールド」で知られる「伝説の監督」テレンス・マリック最新作にして、第64回カンヌ映画祭パルム・ドール受賞作品。

 ブラッド・ピット×ショーン・ペンの2大ハリウッドスター共演でも注目を浴びた本作。ハーバードとオックスフォー
新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜  2011年08月31日(水) 19時37分
 エデンの園の中央には、二本の木が生えているという。
 一つが知恵の樹、もう一つが生命の樹(Tree of Life)である。
 『旧約聖書』の『創世記』に登場する生命の樹は、孫悟空が食べた蟠桃(ばんとう)のご...
映画のブログ  2011年08月30日(火) 21時45分
《ツリー・オブ・ライフ》 2011年 アメリカ映画 − 原題 − THE TRE
Diarydiary!   2011年08月30日(火) 20時50分
Watcher Of The Skies
sailor's tale  2011年08月27日(土) 13時56分

   生き方には2つある   
   世俗に生きるか      
   神に委ねるか
☆お気楽♪電影生活☆  2011年08月26日(金) 17時01分
「ツリー・オブ・ライフ」を観て来ました。
気楽にMyway  2011年08月25日(木) 23時17分
 テレンス・マリック監督は、これで本年度カンヌ国際映画祭パルムドール賞に輝いたが、『天国の日々』や『シン・レッド・ライン』ほか、本作品を含めこれまで5作品しか発表していない。マスコミが嫌いなようで、メジャーな場にはほとんど顔を出さず、“伝説の監督”と呼ばれている。この新作にショーン・ペンとブラッド・ピットが競演した。
今日の素敵さがし  2011年08月25日(木) 10時14分
109シネマズ名古屋のエグゼクティブシートで初日に鑑賞してきました。予告で観た時から、寝る系統の作品であることはあらかじめ予想していたんですが・・・でも果敢に挑む自分を褒めてあげたい(どこが?) 寝そうな要因としてはBBCのネイチャードキュメンタリーぽい映像と
黒猫のうたた寝  2011年08月23日(火) 23時11分
「わけ分からんかった」「失敗やったな」という呟きがもれ、久し振りに途中退場が続いたパルムドーム受賞作を鑑賞した。

監督 テレンス・マリック
出演 ブラッド・ピット
ショーン・ペン
ジェシ...
くまさんの再出発日記  2011年08月23日(火) 18時45分
ロンドンで最後にできたフリーな1日。
貴重な1日をどう過ごそうか?
勿論、ずっと忙しくて行けなかった映画だよね〜
貴重なロンドン最後を飾った映画は、カンヌ映画祭で最高賞を取った「ツリー・オブ・ライフ」
はてさて・・・
ノルウェー暮らし・イン・原宿  2011年08月22日(月) 11時07分
'11.07.25 『ツリー・オブ・ライフ』(試写会)@よみうりホール

yaplog!で当選! いつもありがとうございます。これは見たかった! シネ通かSHOWBIZで紹介された時の映像、大好きな「モルダウ」が感動的に美しかったから。試写状届いた時はガッツポーズだった(笑)



*ネタバレありです!

「成功した実業家ジャックは人生の岐路に立ち、人生で最も辛かった時、両親がどうやって乗り越えたのか、思いをはせる。やがて思いは、少年時代に遡り…」という話で、これは美しかった。個人的には好き。見終わった後もよかったけれど、実は後からじわじわ来ている。ただ、これはダメという人は多いんじゃないかな…。

初めに書いてしまうけど、普段あまり映画は見ないけど、"ブラピ様"は大好きという人には、あまりオススメできない。これは間違いなく映画だけど、いわゆる普通の映画とはちょっと違う。そして、何よりブラピはカッコイイ役ではないので。このブラピの役柄は、劣等感があり、人生に悩み、息子達を愛しながらも、厳しく接してしまう不器用な父親。このブラピの演技は素晴らしいので、ファンなら必見だと思うけれど、どうファンかによると思う。ファンになり方は...
・*・ etoile ・*・  2011年08月20日(土) 4時36分
  


『ツリー・オブ・ライフ』  (2011)


1950年代、オブライエン夫妻は3人の息子にも恵まれ、テキサスの小さな町で満ち足りた生活を送っていた。

一家の大黒柱の父親(ブラッド・ピット)は、西部男らしく子どもたちに厳しく接し、逆に母親(ジェシカ・チャステイン)がすべての愛情を彼らに注ぎ込んでいた。

一見、幸福そうに見える家族の中で、長男ジャックは孤独を感じていて・・。


製作国 アメリカ  THE TREE OF LIFE  (138分)
...
サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村  2011年08月20日(土) 1時17分
ツリー・オブ・ライフ / The Tree of Life
2011/08/12公開 公式HP:http://www.movies.co.jp/tree-life/

寡作で知られるテレンス・マリック監督新作はブラッド・ピット主演作です。もちろん一筋縄にはいか...
エミー・ファン!ブログ  2011年08月20日(土) 0時04分
人間とは何者か、神は何処にいるのか・・・・?
「ツリー・オブ・ライフ」は、商業映画デビュー以来38年で、発表した作品は僅かに5本という、超寡作な異才テレンス・マリックの6年ぶりの新作である。
二世代...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2011年08月19日(金) 22時09分
映画「ツリー・オブ・ライフ」観に行ってきました。
……しかしいきなりで何なのですが、この映画、製作者達が一体何をテーマにしたかったのかすらも意味不明な作品構成です。
一応公式サイト等の紹介によれば、1950年代のとある家族にスポットを当てた物語とのことなのですが、作中では何故か数十億年前の地球&生物
タナウツネット雑記ブログ  2011年08月19日(金) 21時57分
【映画】ツリー・オブ・ライフ
『シン・レッド・ライン』テレンス・マリック監督
ブラッド・ピットとショーン・ペンを迎えた壮大な家族物語



【あらすじ】
1950年代、オブライエン夫妻は3人の息子にも恵まれ、テキサスの小さな町で満ち足りた生活を送っていた。一家の大
B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら  2011年08月19日(金) 20時28分
テキサスのとある家族の生活を描きながら、人とは、生命とは、宇宙(世界)とは何か、
はらやんの映画徒然草  2011年08月19日(金) 20時26分



☆☆☆★− (10段階評価で 7)
8月13日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 12:50の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2011年08月19日(金) 20時08分
成功した実業家ジャックは、少年時代を回想する。 1950年代のアメリカ・テキサス州。 厳格な父が家長として全てを取り仕切る家の中で、育ち盛りの3兄弟は、父のいないところでしか自由に伸び伸びと振る舞えない。 特にジャックは父への反発心が強く、明るく優しいが何もかも父の言いなりになっている母にさえ不満を抱いてしまうのだった…。 家族と生命の連鎖。
象のロケット  2011年08月19日(金) 19時12分
2011年8月17日(水) 20:45〜 TOHOシネマズ川崎4 料金:1100円(レイトショーvit購入) パンフレット:未確認 『ツリー・オブ・ライフ』公式サイト そもそも2時間20分くらいと長尺なのだが、体感時間は4時間くらいだ。 冒頭、物語の設定紹介的な話が終了すると、いきなり21世紀版「2001年宇宙の旅」が展開される。これが、なんと体感時間1時間超。このまま最後まで進んだらどうしようと思い、人生初の途中退室を覚悟した。 その後、本編本題物語開始。断片的で散文的に描かれるブラッド・ピット演じる嫌われオヤジ。嫌な時代の南部らしく嫌な感じ。よってもってこれも長く感じる。体感時間2時間。 そして成長したブラピ息子ショーン・ペンのシーンとなるが、ここで再度いきなり「2001年宇宙の旅」状態。ここは流石にそんなに時間をかけないだろうと思ったが、甘い考えだった。体感時間が30分超。 いいかげんエンドロールだろうと思うと、前半の宇宙の旅編で最も苦しめられた青い炎のような宝石の輝きのような物体が画面中央に登場。「ギャー!勘弁してくれ!」と思ったところ、幸い1分くらいそれが蠢いたらエンドロールとなった。(違ったかな?) ということ...
ダイターンクラッシュ!!  2011年08月19日(金) 15時12分
   「The Tree of Life」




ブラッド・ピット×ショーン・ペン×テレンス・マリック。
それ聞いただけでもワクワクするのに、
さらにカンヌ映画祭でパルムドール ときたらもう絶対観たーい!


ありがたいことに 東京独女スタイル から試写会のご招待をいただき、
まいふぇいばりっと ゆる日記  2011年08月19日(金) 10時05分
名匠テレンス・マリックが脚本・監督を担当した、旧約聖書の創世記の世界感と1950年代の強権的父親を持った家族の物語が融合された映画だ。説明的セリフが一切ないので、映像から伝わってくる事象を理解しながら物語についていく必要がある。生命の系図(The tree of life)
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2011年08月19日(金) 9時29分
まるで芸術作品のような映画。この映画は、感想としてわかったような事を書きたくないと思う作品。ただひたすら自分が感じたことをモヤモヤと考えるだけで、その考えが纏まらないから書けないとも言える。とても簡単
たいむのひとりごと  2011年08月19日(金) 8時50分
人生を、見つめ直しませんか・・・



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201108120004/





The Tree Of Life (Original Motion Picture Soundtrack)

posted with amazlet
at 11.08.09

Tree of Life
Lakeshore Records
日々“是”精進! ver.A  2011年08月19日(金) 5時41分
7月25日(月)@よみうりホール。
いよいよ公開が近づいてきた問題作(笑)。
あーうぃ だにぇっと  2011年08月18日(木) 21時41分
美しき河よモルダウの
青き水面は今もなお
流れに優しく陽はそそぎ
さざなみはいつも歌うたい
岩にあたりしぶきあげて渦を巻く

この旋律はなじみの深いもので
合唱曲として歌ったことがある
しかし歌...
as soon as  2011年08月18日(木) 21時34分
2011年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf