映画「海洋天堂」名古屋でも公開スタート

2011年08月11日(木) 19時09分
「海洋天堂」★★★★
ジェット・リー、ウェン・ジャン、
グイ・ルンメイ、ドン・ヨン出演

シュエ・シャオルー監督
98分、2011年7月9日より全国順次公開,
2010,中国,クレストインターナショナル
(原作:原題:海洋天堂 )






<リンク:人気ブログランキングへ>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


名古屋では名演小劇場で公開中!←



「我らがジェット・リーがただのおっさんで登場、
妻に先立たれ自閉症の息子、大福(ターフー)を
ひとり育てる父親役を演じている、
過剰な泣きのシーンも無く
気を張った過剰な演出もない
淡々と親子の愛情とその周辺の人々を映画いた、
しみじみ色々考えさせられた良い映画でした
近所で上映されてるなら是非見て欲しい」



冒頭小さな船で海に出た二人
足にロープを結えコンクリートブロックと共に
海中へ、
ラストシーンから映画が始まったのかと思った、
このシーンから始めて
時間を戻してこれまでの苦労等を見せて行くのかと。

あのジェット・リーが始終肩を竦めるように歩き
メガネをかけしかも末期ガンという役どころ、
キレの良いカンフーは微塵も見えない、
でもこの役にかける熱い魂は充分に伝わった



電車の中でも時々見かける
同じこと何度もつぶやき足を踏みならし
そんな子供をじっと見守る親の姿、
この映画を見て彼らが自立することの
大変さを改めて感じた、
そしてそんな子供を残して
親はいつまでも子供の面倒を
見続けることは出来ない、
そんな現実的な苦悩。



この映画はジェット・リーが主役でなければ
きっと公開されなかっただろう、
そのくらい何度もドラマや映画で見たテーマ
その意味で目新しさはない

でも自分達は映画に常に何か
新しいモノを求めてるわけでもなく
大切にしたいことは
折に触れ何度も何度も確認することも必要。


ジェット・リーの小さい写真のお墓を
この映画で見ることになるなんて
思ってもみなかったが
水族館でまじめに清掃作業する大福の
真剣なまなざしに希望の光を見た、
甘めのラストかもしれないが
これこそ映画で見たいラストだ。



「少林寺」のつるつるボーズの
リー・リン・チェイから一貫して
アクションを売り物にしてきたジェット・リー、
次は見事なカンフーも見たいけれど
こんなさりげないドラマで
彼の内面に触れるようなそんな映画も。


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

★100点満点で80点★



こんな優しい笑顔のジェット・リーは初めてだ。

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

劇場には福祉関係の学校の生徒さんらしき人達もいた、
親でさえ時には声を荒げてしまう事実があるが
そんな仕事を選んでこれから続けて行くであろう彼らは
この映画をどう見たのだろう。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1830
トラックバック
トラックバックURL:
あらすじ水族館で働くシンチョンは、妻を亡くして以来自閉症を抱えた息子ターフーを男
虎団Jr. 虎ックバック専用機  2012年08月05日(日) 21時01分
あらすじ水族館で働くシンチョンは、妻を亡くして以来自閉症を抱えた息子ターフーを男手ひとつで育ててきたが・・・。解説『ロミオ・マスト・ダイ』のジェット・リーがノーギャラで...


脚本に感銘を受けノーギャラでの出演を申し出たというジェット・リーが、アクションを封印して、自閉症を抱える子を思う父親の心情を包容力たっぷりに演じています。
しかし癌だとわかった父親は、一度は心中を図るものの、息子にひとりでも生きていけるように生活手段を教えていくというストーリー。
やはりこういった問題をかかる子供の両親は大変なのでしょうね。その子の将来を考えると、自分で出来ることを増やしてあげることしか出来ない。しかしそれを教えることすらままならない。
養護学校の先生や水族館の館長、周囲の人々のあたたかいまなざしに見守られながら、シンチョンは息子ターフーに食事の作り方や着替え、バスの乗り方、買い物の仕方などを一つ一つ教えていく。
自閉症の息子にそれら日常生活の仕方を教えるのも一苦労。ままならないことが続く。ちゃんと理解出来るまで何度も何度も同じことを繰り返す。自分の病も進行しているというのに、この父親の笑顔がまたとてもいい。
泣かせようという演出はないものの、これは自然と泣けてくる。親子の愛にとても感動した。ジェット・リーが是非にと望んだのもわかるような気がする。また、この作品...
いやいやえん  2012年06月29日(金) 9時02分

   約束の楽園・・・
     父さんは海亀になる。
☆お気楽♪電影生活☆  2011年11月25日(金) 15時48分
海洋天堂
この切なさ。
そしてやさしさ。
やわらかな画面。
じわりじわりと胸に迫る映画。
成人した自閉症の息子と末期の肝臓がんを宣告された父親の物語。
物語は静かに海に浮く一艘の手こぎボートが映し出されて始まる。
ボートに乗るふたりの男。
穏やかに波に手を差し入れたり、静かな始まりだ。
やがて、ロープをお互いの足にくくりつける。
コンクリートの塊がそのロープにくくられていた。
ふたりは一気に海に飛び込む。
このシーンが静かに流れる音楽でゆるやかなテンポで進む。
見...
おじさん(Age.55)日記By宙虫  2011年10月31日(月) 0時47分
危うく見逃すとこだった・・・。
だらだら無気力ブログ!  2011年10月22日(土) 23時25分
ジェット・リー主演。 自閉症の息子を男手ひとつで育ててきたワン。 彼は自分が余命幾ばくもないと知り、一人遺される息子のために奔走する… ジェット・リーがアクションを封印して臨んだという作品。 アクション抜きの彼の演技がとても新鮮で、不死身のヒーロでもなんでもない平凡な父親の役がとても自然で息子役の役者さんの演技と。 涙必至の感動作ではあるけれどお涙ちょうだい的なあざとさはなく、淡々と静かにただ息子のためだけにひたすらに無性の愛を注いで行く父親の姿にウルウル。 久石譲の音楽と(なんとなく「おくりびと」...
てるてるブログ  2011年08月16日(火) 9時13分
映画館(名古屋の名演小劇場)で観た。主演はジェット・リー、監督シュエ・シャオルー、脚本シュエ・シャオルー、製作ビル・コン、ハオ・リー、マー・フェァフォン、他の出演者はウェン・ジャン、グイ・ルンメイ、ジュー・ユアンユアン、カオ・ユアンユアン、ドン・ヨン、音楽久石譲、撮影クリストファー・ドイルというスタッフもそうそうたる顔ぶれ。
やっと観ることが出来た。「アクション俳優のジェット・リーがアクション抜きで演技!」というキャッチコピーがついてしまう李連杰は損だなあとつくづく思う。李連杰の裁縫や...
シネマドライブ(シネカフェ)  2011年08月15日(月) 22時09分
 8月1日(月)シネスイッチ銀座にて映画「海洋天堂」を鑑賞。

 たまには映画サービスデーに映画を観ようと、バイト明け後ネットカフェ経由で銀座に行く。

 まだ30分以上前なのに10人位並んでる...
気ままにブログ  2011年08月13日(土) 8時51分
自閉症の息子と末期がんに侵された父との深い絆を描いた愛の物語です。 ジェット・リーが出演を熱望したと話題になっていたのでチャレンジしてみました。 21歳の自閉症の息子を置いていく辛さと父の愛の強さ、そしてそんな親子を見つめる人々の優しさに 思わず涙がこぼれてしまうような作品でした。
とりあえず、コメントです  2011年08月12日(金) 22時59分

リンチェイ映画「海洋天堂」(原題:海洋天堂 Ocean Heaven)を
観てきました。

「ジェット・リーがアクションを封印して挑む新境地」なんて
アオリがついているもんで
”ジェット・リーにも演技力があったんですね!見直した!”的感想が
ネット上に見られるんですが、
リンチェイ好きな私としては声を大にして「マテ」と言いたい。

いや、だって前からリンチェイには演技力あるよ?
決してアクションだけの人ではありません。

「ダニー・ザ・ドッグ」の時は犬化してたしさ〜(←苦笑)
「SPIRIT」の時なんて前半と後半で人格違うし。
抑える演技なら「ウォーロード/男達の誓い」の時に既にやっている。

今回はアクションこそしないものの、
置かれた状況と戦う人であり続けるリンチェイなのでありました。

お話はこんな感じ。

「シンチョン(李連杰/ジェット・リー)は
 自閉症の息子ターフー(文章/ウェン・ジャン)と暮らしている。

 シンチョンは水族館で働いており、
 泳ぎの得意なターフーは水族館のプールや水槽で泳ぐのが日課だ。

 ターフーは少しなら言葉を話すことが出来る。
 ただ、自分で料理や着替えは出来ないし、買い物も出来ない。
 電...
ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー  2011年08月12日(金) 22時39分
中国・チンタオ。 海で息子と心中を図ったものの失敗。 海辺の水族館で設備技師として働くワン・シンチョンは末期の肝臓ガンで余命幾ばくもない。 21歳の息子ターフーは自閉症で発達障害があり、一人になってしまう息子の将来を案じてのことだった。 心中をあきらめたシンチョンは、自分の死後、ターフーを預かってくれる施設を探しながら、ターフーに一人で生きていく術を教えるのだが…。 ヒューマンドラマ。
象のロケット  2011年08月12日(金) 20時27分



☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
7月23日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ3にて 14:45の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2011年08月12日(金) 20時05分



 脚本に惚れ込み、世界的なアクションスター・ジェット・リーがノーアクション、ノーギャラで出演した海洋天堂です。音楽は久石譲が担当しているにもかかわらず、日本公開が長い間未定だった作品。日本でも配給されることになり、良かったですね。
よしなしごと  2011年08月12日(金) 4時02分
今回の映画を観る会の作品です。
メンバーのチョイスなのですが
他にも粒ぞろいの作品が多かったのに、
意外でした。

中国、チンタオ。
水族館に勤めるワン・シンチョンは、
妻に先立たれ、自閉症の息子ターフーを男手ひとつで育ててきたが、
自分が癌で余命わずかと知
映画、言いたい放題!  2011年08月12日(金) 3時48分
★ネタバレ注意★



 ジェット・リーが一切アクションをせず、ひとりの平凡な父親を演じている映画なんですが、これが(>_<)。
 決してお涙頂戴ではなく、演出的にはむしろ控えめな筆致なのに、次第次第に胸が苦しくなってきて、途中から泣きっぱなしになってしまいました。油断するとコヨーテ泣きになってしまいそうなくらい、泣けて泣けてしかたなかったです。でも、泣いてたのはわたしだけではなくて、劇場中にすすりあげる声がこだましていたです。おぢさんもおばさんもおにいさんもおねいさんも、みんな泣いていたと思います。

 だってほんとに、切なくて、やるせなくて、悲しくて、いとしくて、優しく...
キノ2  2011年08月11日(木) 23時37分
妻に先立たれ、水族館の設備職員をして、自閉症の息子大福(ターフー)(ウェン・ジャン)を一人 で育てている王心誠(ワン・シンチョン)(ジェット・リー)。大福は21歳になるが、王は自分の余命がいくばくもないことを知り、息子の将来を案じて心中を図る。だが、大…
シネマ大好き  2011年08月11日(木) 23時16分

<海洋天堂 を観て来ました>

原題:海洋天堂
製作:2010年中国・香港合作



ヤプログさんのご招待で観て来ました。
試写会から数日での公開で、本日(7月9日)より劇場公開されています。

アクション俳優でもあるジェット・リーが脚本に惚れこみ、アクションを封印し、ノーギャラで出演したという親子の感動物語です。

水族館で働くワン(ジェット・リー)は、妻と死別してから、男手一つで息子ターフーを育ててきた。
しかし、ガンに侵され、余命わずかと知り、身の回りの整理を始めるのだが、一つ気がかりなことがあった…。それは、自閉症の息子の事だった…。
自分が居なくなった後、ターフーは一人で生きていけるのだろうか。ワンは悩み、そして…

あの!ジェット・リーがアクション無しだなんて!
確かに、ジェット・リーはアクションも凄いけど、時折見せる表情がとても優しくて、物腰が柔らかい印象があったから、見た目は普通の優しそうなおじさん。
だけど、実はめちゃ強いんだぜ!というギャップ萌えな人だったんだけど、今回は見たまんまの役という。



ちょっと不安には思っていたけど、この作品、あらすじ読んだだけで、これは脚本にほれ込む...
★紅茶屋ロンド★  2011年08月11日(木) 22時48分

海洋天堂 予告篇
 
中国、チンタオの水族館で働くシンチョンは、泳ぐ事が大好きな自閉症の息子ターフーを男手ひとつで育ててきた。ある日、シンチョンは自分が癌に侵され余命わずかだと告知される。彼は仕事の合間を縫って、自分が亡きあとに息子を預かってくれる施設を探して回るが、なかなか見つからない。そんな中、以前世話になった養護施設の劉先生が民間の施設を紹介してくれ、シンチョンは最期の日まで息子と共に暮らす事を決心する。                             ...
Cartouche  2011年08月11日(木) 22時12分
今日は、2本鑑賞してきましたw

先ずは、『海洋天堂』 をシネスィッチ銀座で鑑賞。
朝一の回にしては、客入り良好。
初めての映画館ですが、2階席があり2階席の一番前が見やすそうでした。
(私は1階で鑑賞)

【ストーリー】
 水族館勤務のシンチョン(ジェット・リー)は、21歳になる自閉症の息子ターフー(ウェン・ジャン)を男手ひとつで大切に育ててきた。ある日シンチョンはガンで余命わずかと診断され、息子の将来を案じて心中を図る。だが、泳ぎの得意なターフーが海面に顔を出したため、シンチョンは息子に一人でも生きていけるよう教育することを決意する。


公開前かまら内容が気になっていて、とても観たかった作品
劇場が男性にはあまりサービスよろしくないシネスィッチ銀座なので、
いつ観てもお得な日はなし。(1日の映画の日ですが、8月は難しそうなんで
本日の鑑賞を決行)

期待度も高かったのですが、観て満足です。
想像していたラストとは全然違って希望のあるラストでもありましたし、
満足です。
内容も理想の父親(私とは大違いw)がしっかりと描かれ、あそこまで
実直まじめで怒らない父親はいないんじゃないかなと思えるくらいの
理想...
気ままな映画生活  2011年08月11日(木) 22時04分
2011年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf