映画「BIUTIFUL ビューティフル」砂上の楼閣を守り続けるということ

2011年07月16日(土) 0時09分
「BIUTIFUL ビューティフル」★★★★
ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス、
エドゥアルド・フェルナンデス、
ディアリァトゥ・ダフ、チェン・ツァイシェン 出演

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督
146分、2011年6月25日,
2010,スペイン、メキシコ,ファントム・フィルム
(原作:原題:BIUTIFUL)






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「スペインのバルセロナ。
その言葉だけで異国情緒を感じ
ガウディの建物や乾燥した青い空が浮かぶが
この映画ではそんな“晴れの日”は描かれない、
主人公ウクスバル(ハビエル・バルデム)は
妻とは別居し2人の子供を育てていたが
自分が末期ガンであると知らされる、
果たしてタイトル通りの美しい何が見つかるだろう」



ウクスバルは、中国人移民への不法労働を手配し、
出来あがったニセブランド品を街頭で売りさばく
口利きなどをして生計を立てている。
まとまった多くの金は警官への賄賂に消え、
彼の生活は最下層に近い。

血尿の出る体、子供たちとの生活
部屋の窓からふと見ると
路上生活者が眠りこけている
壁一枚隔ててなんとも脆い現在の生活を暗示する。



自分達はこの震災で今の生活が
なんて脆い土台の上にあるのか思い知らされた、
モノに溢れた生活を豊かと感じ
それらに囲まれていれば
彩りある未来があるような錯覚を実感した、
だからこの映画の見せる
主人公の「なんとかしなければ」という思いが
重くこちらの心にものしかかる。

ではどうしたらいいのか、
そんなことの正解は無い、
結局ただ懸命になすべきことをするだけ、
色々な事件が起こり
薄暗い路地を駆けまわる主人公、
滑稽だけれど決して笑えない。



自分勝手で情緒不安な妻、
でも捨てきれない
穏やかな日々をかつて過ごしてからだ、
可愛い2人の子供
この子たちの未来を絶望的な目で見つめる、
だめだだめだまだ死ねない
なんとかしなければ。



彼の家族や触れ合った人への
優しい心は
暗闇の中を這いずる生活の中でも
救いの光のように輝く
いとおしく感じる
今を生きる、ただそれだけなのだ。


★100点満点で80点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

「ノーカントリー(2007) 」衝撃的な出会いから様々な役をこなしているハビエル・バルデム、
大作には出ないのか。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1810
トラックバック
トラックバックURL:
いいんだろうけどなあ。
或る日の出来事  2012年09月11日(火) 0時00分
11-43.BIUTIFUL ビューティフル■原題:Biutiful■製作年・国:2010年、スペイン・メキシコ■上映時間:148分■鑑賞日:7月10日、TOHOシネマズ・シャンテ■料金:1,600円□監督・脚本・製作:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ□脚本:アルマンド・ボー、ニ...
kintyre's Diary 新館  2011年09月28日(水) 22時57分
人は、人生最後の日々に何をするのだろう

という謳い文句の映画である。末期がんの宣告をされて余命二ヶ月。こういう男の物語は「生きる」を出すまでもなく幾つも作られた。しかし、予想に反して男は何かを...
くまさんの再出発日記  2011年09月18日(日) 18時04分
“絶望”の中にも必ず“光”は存在する。











愛する家族を守るため、



男がすべてをかけて生きた最期の2ヶ月







これは、父が生きた証
■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞BIUTIFUL ビューティフル/BIUTIFUL
2010年/スペイン、メキシコ/148分
監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演: ハビエル・バルデム/マリセル・アルバ...
映画三昧、活字中毒  2011年07月28日(木) 22時31分
バルセロナの片隅。男手ひとつで2人の子供を懸命に育てているウスバル。だがある日、自分が末期ガンである事を知らされる。
rambling rose  2011年07月28日(木) 8時33分
かねてより交際のあったスペインの名花ペネロペ・クルスととうとう結婚し、私生活でもノリにノッているハビエル・バルデム。

この映画『BIUTIFUL ビューティフル』は、そんな彼にカンヌ国際映画祭主演男優賞をもたらした作品。
『ノーカントリー』でアカデミー賞助演男優賞を
とてつもなく優しい「父」であり「漢(おとこ)」の物語。 そして、とてつもなく重い映画ですが、主人公と同年代の自分にとって、心の琴線に触れる、深く深く染み渡る名作となった。
向島のつむじ風  2011年07月22日(金) 1時03分
BIUTIFUL ビューティフル
★★★☆☆(★3つ)



数々のブロガーさんの鑑賞レビューを見ると評価が高かったので、楽しみにしていました!

が、途中おちちゃった。。。2時間半もある長い作品。寝てて友達に起こされた
でも上映後に立たないお客さんも多数で、やっぱり評価高いんだろうな〜。

でも、あえて私は言ってしまおう。

自業自得でしょ、と。
...
食はすべての源なり。  2011年07月20日(水) 17時26分
★ネタバレ注意★


 久々に、「凄い映画を観た」と思いました。
 今年にはいってからも、よくできた映画、感動的な映画、わくわくする映画、すばらしい映画、などはいくつも観てきたと思いますが、「凄い映画を観た」と思ったのは、この映画が今年初めてです。

 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品。
 言わずとしれた『21グラム』や『バベル』の監督ですが、作品の密度がちがいます。それってつまりは、監督の母国語で撮った映画だからだろうと思います。やはり、ほんとうに言いたいことを語るには、外国語じゃダメなんじゃないかと思う。コトバって、それくらい大きい。

 2010年の...
キノ2  2011年07月19日(火) 21時59分
〔2010年/スペイン・メキシコ〕 スペイン、バルセロナ。 ハビエル・バルデムは情緒不安定な妻と離婚し、 二人の幼い子供を育てている。 生活は苦しく、金の為には 中国やアフリカからの不法入国者への仕事の斡旋など、 非合法な事も厭わない。 彼は数ヶ月前から体調不良を覚え、 病院で診察を受けたところ、 末期癌で、余命2ヶ月である事を告げられる。 自分が死んだら子どもたちはどうなるのか、 考えねばならない事は山ほどあるが、 日々の生活に追われる彼は、 今日を生きるだけで精一杯だ。 別れた妻と再会し、 もう一度、家族で住む事を決めるが、 しかし、妻は子どもに暴力を振るい、 夜遊びに出掛け、 やはり一緒に暮らすのは無理だと判断、 再度、別れる。 さらに、バルデムのある行動が原因で、 不法滞在する中国人25人全員の身に、 大惨事が起きてしまう。 良かれと思ってした事が、 そのような事件を引き起こし、 彼は罪の意識に苛まれる・・・。 閉塞感、孤独感が大変に辛い。 落ち込んでいる方、 落ち込みたくない方にはお勧めできない。 監督はアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。 元々、明るい映画を作る監督ではなかったが、 「...
のんびり。  2011年07月19日(火) 13時25分
ハビエル・バルデム主演の映画、「BIUTIFUL ビューティフル」を見ました。ス
セレンディピティ ダイアリー  2011年07月19日(火) 7時48分
スペイン・バルセロナ。 不法移民たちの就労手配や、麻薬取引、死者と話す霊媒師、そんな非合法な仕事で何とか生計を立てている中年男ウスバルは、2人の子供たちと暮らしている。 前立腺癌で余命2ヶ月と宣告された彼は、躁鬱病で薬物依存から更生中の別れた妻マランブラと再び向き合い、家族の生活を立て直そうとするのだが…。 ヒューマンドラマ。
象のロケット  2011年07月18日(月) 8時33分
冒頭、ウスバル(ハビエル・バルデム)と娘のアナ(ハナ・ボウチャイブ)の手が、中空で指輪について語り合っている。
そこからウスバルの話は風へと移り、画面はウスバルと若い男が林の中で風について語るシーンへとつながっていくんですね。
このふたつのシーンからなるシークェンスは、映画の終盤にそっくり繰り返されます。
でもそのときには僕たちは、林の中の男が誰なのかを知っているでしょう。
同時に、なぜ唐突に、風をめぐる父娘の会話の場面が若い男とウスバルの会話へと移行するのか、その理由についても知...
weekly? ぱんだnoきぐるみ  2011年07月18日(月) 8時21分

 
スペイン・バルセロナ。その華やかな大都市の片隅で、厳しい現実と日々対峙して生きているウスバル(ハビエル・バルデム)は、離婚した情緒不安定で薬物中毒の妻を支えながら、2人の幼い子供たちと暮らしている。決して裕福とはいえず、生活のためにあらゆる仕事を請け負っていたウスバルは、ときには麻薬取引、中国人移民への不法労働の手配など非合法な闇の仕事も厭わない。しかし、争いごとの絶えない日々のなか、ウスバルはしばしば罪の意識を覚えていた。ある日、ウスバルは末期がんであることがわかり ...
Cartouche  2011年07月17日(日) 15時22分

<BIUTIFUL/ビューティフル を観て来ました>

原題:Biutiful
製作:2010年スペイン・メキシコ合作



cinema.cafeさんのご招待で観て来ました。
主演のハビエル・バルデムが第83回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた作品です。ハビエルはペネロペ・クルスと結婚して、この年はいろんな意味でステップアップしたんじゃないでしょうか。

監督は「バベル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督。実はこの監督の作品、どれも見た事が無く…(またかよ)上映時間も2時間40分あると聞いて、ちょっとビビッてましたw一人で観に行ったしね。
でも、一人で観に行ってよかったかも…。観終わった後、何しゃべっていいか、困惑状態(笑)。
ずーーんと、心に重くのしかかるような、作品でした。

スペイン、バルセロナ。
その大都市の片隅で生きるウスバル(ハビエル)は、妻と別れ、二人の子供を育てていた。
日々は貧しく、生活のために彼は非合法な仕事もいとわず働いていた。
しかし、体調不良で病院にいくと、下された診断は”末期ガン”……
残された時間は2ヶ月。
家族にも打ち明けず、彼が選んだ道は、子供達のために生きることを決意する…
...
★紅茶屋ロンド★  2011年07月17日(日) 9時47分
 【ネタバレ注意】

 「成仏」とは仏教用語である。
 カトリック教徒が圧倒的に多いスペインを舞台とした映画を語るのに、あまり適した言葉ではないが、あいにくと日本語には他にこれといった表現がない...
映画のブログ  2011年07月17日(日) 7時07分
「Biutiful」 2010 メキシコ/スペイン

ウスバルに「宮廷画家ゴヤは見た/2006」「コレラの時代の愛/2007」「それでも恋するバルセロナ/2008」「食べて、祈って、恋をして/2010」のハビエル・バルデム。
マランブラにマリセル・アルバレス。
アナにハナ・ボウチャイブ。
マテオにギレルモ・エストレラ。
イヘにディアリァトゥ・ダフ。
監督、製作、原案、脚本に「バベル/2006」のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリト。


ウスバルはバルセロナの裏社会で、中国やアフリカからやって来た移民の不法労働を手配する傍ら、時には警察に彼らを売ったり、麻薬取引も含め...
ヨーロッパ映画を観よう!  2011年07月16日(土) 21時13分





 BIUTIFUL
 サグラダ・ファミリアを遥かに望む、スペイン・バルセロナの貧民街。幼い二人
の子どもを抱え、裏社会に生きる男ウスバル(ハビエル・バルデム)。彼は末期
癌に侵され、余命2ヶ月...
真紅のthinkingdays  2011年07月16日(土) 14時09分
生きる事は痛みを伴う。
しかし、それでも人は生きなければならない。
「BIUTIFUL ビューティフル」は、メキシコの鬼才アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督が、スペインの名優ハビエル・バルデムを...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2011年07月16日(土) 13時38分
吹き荒ぶのは風の音か、海の音か。
人生の終盤にみた暗澹たる雲行きの中、
群舞する鳥のように足取りは風向きを追って。
残した者への最後の愛を集めて。




『BIUTIFUL ビューティフル』
2010年/スペイン・メキシコ/148min
監督・脚本:アレハンドロ・ゴンサレス・イニ
シネマな時間に考察を。  2011年07月16日(土) 12時46分
2011年6月30日(木) 16:00〜 TOHOシネマズシャンテ2 料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認 『BIUTIFUL ビューティフル』公式サイト 「21グラム」、「バベル」の監督の人の新作。赤の他人が、どこかで関わりあっていく話が得意な人だが、Ikiru Filmsなる会社の製作の本作は、「生きる」にインスパイアされた作品のようで、ぐるぐる回りせず淡々と真っ直ぐに物語が進む。 「生きる」は、事なかれ主義のような役人が、余命の宣告を受けて、一念発起する作品であったが、本作の主人公、ノーカントリーの人は、裏社会のオッサンである。精神的に不安定な元妻と小6くらいの娘と小2くらいの息子持ち。 余命の宣告を受けて、一念発起し、真人間となり、家族が安定して暮らせる基盤を作る話なのかと思ったが、そんな目出度い話を、この監督があの役者で作るべくも無く、裏稼業の仕事をし続けて、死ぬまで苦労している話だった。何も変わっているように思えない。子供に対する態度が、急に良くなった訳でもない。そもそも元々悪くないし。 ただ、駄目男の人生の晩年を見せられただけのようで苦しい。 が、元来人柄はいい奴のようなので...
ダイターンクラッシュ!!  2011年07月16日(土) 12時45分
Biutiful(film review) 『ビューティフル(原題:Biutif
Days of Books, Films   2011年07月16日(土) 12時05分
おやじが主人公の映画2本まとめて。
まず、結論から
あーうぃ だにぇっと  2011年07月16日(土) 12時00分
『21グラム』、『バベル』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督最新作。バルセロナを舞台に、移民や不法滞在者への仕事のブローカーで稼いでいる男が末期がんに冒される。絶望に打ちひしがれながらも、残された子供たちの為に生き抜こうとする姿を描いている。2010年のカンヌ国際映画祭でパルムドールにノミネートされると同時に、主演ハビエル・バルデムは男優賞に輝いた。
LOVE Cinemas 調布  2011年07月16日(土) 0時35分
2011年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf