映画「阪急電車 片道15分の奇跡 」奇跡というと大袈裟だけど優しい時間

2011年05月13日(金) 19時09分
「阪急電車 片道15分の奇跡 」★★★★
中谷美紀、戸田恵梨香、南果歩、
谷村美月、有村架純、芦田愛菜、小柳友、
勝地涼、玉山鉄二、宮本信子出演

三宅喜重監督、
119分、2011年4月29公開
2011,日本,東宝
(原作:原題:阪急電車/ 有川浩)


  


                  →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「評判の小説の映画化、
先に読もうと購入しているが
本は読む順番があるので先に映画を見て来た。
TVドラマでもそれほど変わらないと思うが
映画は映画館で見ることが違うところ、
大画面を見つめる観客の一人になって
この一回きり、同じ物語を見守るのは
やはり映画ならではの醍醐味



劇中で中谷美紀が
行き交うたくさんの人の中で
「同じ場所ですれ違いながらも
決して交わることがなく
ただすれ違って行く」
そんなことを心の中でつぶやくが
そんな瞬間は誰にでもある。



言葉を交わせば
それがかけがえのない
出会いになるかもしれなくても
普通は言葉も交わさず
それぞれの目的の場所へ、
そんな日常からほんの少しだけ
僅かなきっかがこの映画となっている。



阪急電車って乗ったことはないが
片道15分という短い路線、
見知った顔を見つけられそうだ、
その電車に乗り合わせた
もしくはホームで
ちょっとした出会いが
なんとなく心を癒してくれる、そんな映画。

電車に乗っていて
急に話しかけられたら警戒するだろう
なんだか都会生活ってそんなふうに出来ている、

自分は田舎者なので
地元に戻るとすれ違う人のほとんどが顔見知り
だから最初はその落差に戸惑ったが
今ではだからと言って混乱することもない。


そんなふうに馴染んで行く、
最初は戸惑っても
ちゃんと対応していける
だからこそ同じ場所に居合わせても
別に言葉も交わさない
なるべく視線を避け
それぞれがまるで別の場所にいるみたいに
無関係を装うのだ。

この映画はその暗黙の了解を
ちょっとだけ破って一歩相手の心に近づいて
そして僅かの間だけ心を通わせる、

それぞれのエピソードは短いか
それは丁度電車に乗り合わせた
駅ひとつかふたつぶんの距離のよう。


映画を見終えて地下鉄に乗る、
多くの乗客が降りた後
乗り合わせた同じ方向へ行く人たち
自分もその一人だ
もちろん言葉なんて交わさない
けれどなんだか暖かい気分になった。



★100点満点で75点★


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

そのうち原作も読もう
★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1771
トラックバック
トラックバックURL:
 今日は、朝からよい天気です。まさに、秋晴れですねぇ。今日は休みだし、外出前にこちらの作品を紹介します。


【題名】
阪急電車

【製作年】
2011年

【製作国】
日本

こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  2012年10月03日(水) 9時14分
片道わずか15分のローカル線に乗り合わせただけの乗客の人生が少しずつ交差し、やがて希望の物語が紡がれる。  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】兵庫・宝塚市の宝塚駅から西宮市の今津駅までを結ぶ阪急今津線を舞台に、婚約中の恋人を後輩社員に奪われたアラサーOL、恋人のDVに悩む女子大生、息子夫婦との関係がぎくしゃくしている老婦人らの人生が交錯する。片道15分のローカル線で起きる小さな奇跡の数々・・・監督:三宅喜重  原作:有川浩  出演:中谷美紀 、戸田恵梨香、南果歩、谷村美月、有村架純、芦田愛菜、小柳友 、勝地涼、玉山鉄二、宮本信子、相武紗季、鈴木亮平、安めぐみ・・・何気ないちょっとしたことが、こんな物語になるんですねぇ。と、原作を読んだ時の感想がそのままあてはまるいい映画になっていると思います。  人々はそれぞれ皆やりきれない思いをかかえて生きている  死ぬほどつらいわけではないけれど、  どうにもならない思いをかかえて生きている  そして、その気持ちは誰にも言えない。  自分自身で解決するしかないのだ。でも、話を聞いてくれる人がいるだけで心が安らぐ。それ...
じゅずじの旦那  2012年01月23日(月) 12時56分
ブログネタ:睡眠時間足りてる?
参加中

この映画、全く興味がなかったのだけれど、
評判がとても良いので気になってました。
遅い時間だったけれど、
見始めてしまいました。
オムニバス作品だと思ったので、
眠くなったら、
キリの良いところで止めて寝ればいいと
映画、言いたい放題!  2011年11月15日(火) 17時10分
阪急電車 片道15分の奇跡


監督: 三宅喜重

  
出演: 中谷美紀、戸田恵梨香、宮本信子、南果歩、谷村美月、勝地涼、有村架純、玉山鉄二、芦田愛菜

公開: 2011年5月


          
...
映画@見取り八段  2011年11月14日(月) 1時39分
〔2011年/日本〕   始まって5秒で心を掴まれた。 そういう映画も時々はあるけれど、 テンションが段々落ちてくる場合も多い。 しかし本作は、最後までそれが持続する。 満足感で胸が一杯。   婚約者に浮気され、相手の女が妊娠、 別れざるをえなかった中谷美紀。 彼女はある復讐を企て、それを実行する。   憧れのイケメン、小柳友と付き合う事になったはいいが、 次第に彼の暴力に悩み始める戸田恵梨香。   孫、芦田愛菜を預かり、面倒をみる宮本信子。 二人はよく阪急電車に乗り、お出掛けする。 宮本は、息子夫婦とはしっくりいっていないらしいが、 一本筋の通ったお婆ちゃんで、 過去の思い出も楽しそう。   軍事オタクで、パンク野郎で、大学で浮いてしまっている勝地涼。   勝地と同じ大学に通う、 他のオシャレな女子大生に今一つ馴染めない、谷村美月。   勝地と谷村が通う関西学院大学への入学を目指してはいるが、 あと一歩成績が振るわず、教師の一言に傷つく、有村架純。 しかし有村には社会人の恋人、玉山鉄二がおり、 玉山はそんな彼女をとても大切にしてくれている。   PTA仲間の主婦...
のんびり。  2011年07月12日(火) 12時41分
ぐはあ
えぐられた

だいたいわたしはほのぼのしようと思ってこの映画を観に行ったわけでね、
ボディーブローをくらわされるためじゃないんですよ
とんだドM!

いい映画ですよ
いい映画です
キツい...
as soon as  2011年07月12日(火) 6時33分
「終着駅は、きっと笑顔。」











その出会いは



偶然なんかじゃ



……ない














































有川浩のベストセラー連作短編小説集の映画化。関西のローカル線「



 なんか超ローカルっぽくて、阪急電車に乗ったことのない僕はスルーしようかと思っていたのですが、ツイッターでの評判が上々。と言うわけでポイントを使って無料で見てみることに。と言うわけで今回の記事は阪急電車 片道15分の奇跡です。
よしなしごと  2011年06月22日(水) 22時16分
4月に公開当初、金沢ではまったく予定がなくて、
ずっと見られないのかと残念に思ってたんですが、
ようやくこちらでも公開されることになって、
わくわくして待ってました(^^)♪


原作を読んだときも...
よくばりアンテナ  2011年06月19日(日) 19時54分
【阪急電車 片道15分の奇跡】  高知県生まれの有川 浩(ひろ:女性)が著した、ベストセラー小説「阪急電車」を原作にした映画だそうです。阪急電鉄今津線の(阪急)宝塚駅から西宮北口までの8駅を舞台にした、オムニバス風の作品です。人それぞれが普
Kirkの独白  2011年05月27日(金) 4時37分
【4月23・24日】上映スクリーン数: 32関西オープニング土日動員: 4万41
映画コンサルタント日記  2011年05月23日(月) 20時38分
心に悩みを抱えた人々がローカル電車の中で織り成す人間模様…といってもほぼメインは女性です。
しかもその女性たちを演じる女優といえば、宮本信子、中谷美紀、南果歩といった錚々たる顔ぶれに加え、戸田恵梨香や芦田愛菜といった旬な名前もあるわけですね。
ですから内容はともあれ、とりあえず彼女たちを見ているだけでいいか、という気にもなるかもしれません(笑)。
いや、たぶんそれでいいんだろうと思います。
間違っても、もう少し何とか…、なんて愚痴を口にしてはいけないんですね。
走る電車の中、ドレ...
weekly? ぱんだnoきぐるみ  2011年05月21日(土) 15時03分
管理人より→ご一読ください。 祝日のFM横浜Re:wind、アイコバナシでは「阪
DJAIKO62京都通への道  2011年05月21日(土) 13時48分
関東では今日から公開の阪急電車 片道15分の奇跡を早速鑑賞。

花嫁と見間違えるような純白のドレスに身を包み、結婚式に出席したOLの翔子(中谷)。
唖然とする新郎新婦を尻目に、颯爽と披露宴会場を後にした。
ほろ苦い復讐。
翔子は会社の同僚でもある婚約者を後輩に寝取られてしまった上に、新婦からの妊娠を告げられた新郎は、翔子に別れ話を切り出してきた。そんな最悪の状況の中で、翔子は毅然とした態度で、ある条件を出した。それは2人の結婚式への出席だった。
帰宅途中、純白のドレス姿が車内で好奇の視線を集めていた翔子に、一人の老婦人が声をかけてきた。

わたくしは根っからの関東人なので、阪急今津線というのがどういう電車なのか1ミリも分かりません。
でも、それは重要な問題では無いでしょう。
片道15分と言う短い時間だが、そんな時間の中で関わった人たちのちょっと心温まる群像劇だ。

中にはちょっとやりすぎな感じ(現実離れが激しい)のエピソードはあるものの、現在は日本がこういう状況だからね。
無関係・無関心だったり、見て見ぬフリだったりというよりかは、お節介であっても手を差し伸べたり、相手の人生にちょっ...
燃える映画軍団【ブログ編】  2011年05月19日(木) 8時39分
以前、関西出身の友人Oから「阪急電車って何であんな色してるか知ってる?」と問いかけられたことがあった。こちとら関西に住んだことがないし、鉄ちゃんでもないので当然知らなかったのだが、Oが言うには阪急電車のチョコレート色は…あの色の塗料が一番安いからなんだとか。いかにも関西らしい話だなぁと感心し、後日、会社の同僚で芦屋出身のU嬢にこのうんちくを自慢げに語ってみたら真っ向から否定されてしまった。彼女の主張は阪急に限ってそんなわけないってニュアンスであった。そのやり取りをOに話したところみんな騙されてるだけと、こちらも一歩も引かない。個人的にはOの説が正しい方が話としては面白いと思うのだが、真偽のほどは分からない。とりあえず関西人にとって阪急ブランドの評価の高さを初めて知った。これは関西に住んだことがないとなかなか分からない。むしろ野球のお陰で阪神電鉄の方がメジャーなくらいである。まぁ、同時に阪神ブランドの評価の低さも分かったりして。で、安い塗料で日夜走る阪急電車の今津線を舞台にした映画『阪急電車 片道15分の奇跡』を観たのだが…基本的にこの作品は物語の柱が一本通ったものではない。阪急今津線を...
古今東西座  2011年05月18日(水) 2時36分
半年くらい前に、ネッ友真冬ちゃんの記事で原作を知りました。 すぐに、文庫本を買いに〜すでに「映画化」の帯が掛っていて 中
ほし★とママのめたぼうな日々♪  2011年05月16日(月) 23時22分
有川浩の原作がとにかく好きで好きでそれはもう大好きで、これまでに何度読み返したことか。
宮部にしろ伊坂にしろこれほど繰り返し読んだ本は他にない。それだけに原作での主要人物のうち一組のカップルが登場しないと知った時は愕然としたものだが、いざ観終えてみるとこのカップルが抜けたことで起こる矛盾をきちんとフォローしたうえで、原作の“味”を少しも損なわない脚本が素晴らしかった。好きな小説が映画化されると、とたんにトゲトゲした酷評に走る傾向にある私も本作については文句なし!
SOARのパストラーレ♪  2011年05月16日(月) 22時32分
映画【阪急電車 片道15分の奇跡】/関西を離れて一ヶ月経っていた
僕らのドラマ  2011年05月16日(月) 21時26分
せっかく関西先行上映なのでもう少し速く観に行きたかったのですが、
それでもまぁ、全国上映よりは速いタイミングで観に行けたのでよかったです。

というわけで、有川浩さん原作の「阪急電車」観に行きま...
ぐ?たらにっき  2011年05月16日(月) 19時53分
監督:三宅喜重
出演:中谷美紀、宮本信子、戸田恵梨香、南果歩

 終着駅は、きっと笑顔。

「宝塚駅と西宮北口間を走る阪急今津線、その空間の15分間の中ですれ違う人たち。何も関係ないはずの人たちが少しずつ影響を与え合って重なっていく。
会社の後輩に恋人を
日々のつぶやき  2011年05月16日(月) 12時38分
有川浩著の同名小説を映画化した群像ドラマです。 原作は読んでいたので、この物語をどんなふうに映画化するのかなと楽しみにしていました。 多くの人物のほとんどを登場させながら、それぞれにまつわる物語を温かく伝えてくれる作品でした。
とりあえず、コメントです  2011年05月15日(日) 22時49分
宝塚?西宮北口間を約15分で走る、えんじ色の車体にレトロな内装の阪急今津線。 後輩に婚約者を寝取られたOL、彼氏の暴力(DV)に悩む女子大生、息子夫婦との関係がぎくしゃくしている老婦人、主婦同士の付き合いに参っている中年女性、おしゃれな大学に馴染めない地方出身の学生男女、社会人と交際中の受験を控えた女子高生。 彼らの車内での出会いは、人生に何をもたらすのか…。 ヒューマン群像ドラマ。
象のロケット  2011年05月15日(日) 18時43分



☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
4月29日(金・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 12:20の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2011年05月15日(日) 12時41分
『阪急電車 片道 15分の奇跡』

片道15分の阪急今津線の電車内を舞台にした有川浩のベストセラー小説を、絶妙なキャスティングで映画化したハートフルな群像ドラマ−。
阪急沿線の方々のみならず、すべてのひと(特にちょっと背中を押されたい女の子)にオススメしたい、物語で
ketchup 36oz. on the table 〜新作映画レビュー  2011年05月15日(日) 7時53分
有川浩さんはこちらで何度も取り上げているように、好きな作家の一人なのですが、なか
はらやんの映画徒然草  2011年05月15日(日) 7時07分
映画『阪急電車 片道15分の奇跡』は、通俗ですけどなかなかツボを心得た娯楽感動作
大江戸時夫の東京温度  2011年05月15日(日) 0時22分
有川浩による同名の短編小説集を映画化

兵庫県の宝塚駅から今津駅までを結ぶ阪急今津線は
片道15分

そこで出会う人々のエピソード集かな?


集団おばちゃん連中、うるせー!!と思った。
中谷美紀...
単館系  2011年05月14日(土) 23時23分
2011年5月3日(火) 19:05〜 TOHOシネマズ川崎1 料金:1300円(シネマイレージデー) パンフレット:未確認 『阪急電車 片道15分の奇跡』公式サイト 主役を張る役者が大挙出演。ただし地味な奴多し。 地味に豪華オールスターキャストだ。 一方演出は、監督がテレビ局のサラリーマン演出家であり、これは地味なキャストに輪をかけて地味な演出だ。そして、どこか古臭い。 が、過度に煽るようなものより、本作は、斯様なゆらゆらした演出で丁度いいと思われる。 中谷美紀の婚約者を寝取る役で安めぐみが出てくるが、まあ、俺も安めぐみを選ぶよ。 戸田恵梨香が小柳トムの息子に殴られたりでDVもどき行為を受けるが、逆だろうと思ってしまう。 玉木宏と混同してしまう玉山鉄二だが、今回は間違えなかった。 盛り上がりは無いが、ファンタジックで優しい心地のいい作品である。 宮本信子の婆さんと芦田愛菜ちゃんの掛け合いが、特に楽しい。 お勧め度:☆☆☆ ゆるゆる度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆
ダイターンクラッシュ!!  2011年05月14日(土) 22時26分
  5月2日、ゴールデンウィーク・ムービー第2弾として、話題の映画「阪急電車 片道15分の奇跡」を観た。宝塚〜西宮北口間を約15分で走る阪急今津線を舞台にさまざまな人生を描いた有川浩原作の小説の映画化。 片道わずか15分のローカル線で起こる
Serendipity !  2011年05月14日(土) 21時06分
 有川浩原作。阪急今津線を舞台に、そこに乗り合わせる人々の抱える悲喜を織り交ぜつつ、それぞれが小さな幸せを手にしていく姿を描く。

 
 まったく期待していなかった本作だが、これは意外なクリーンヒット。本作といい「少年マイロ」といい、今年のGW映画は期待値が
新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜  2011年05月14日(土) 16時49分
 【ネタバレ注意】

 こいつは一本取られた。

 実在の阪急電車を舞台にした映画『阪急電車 片道15分の奇跡』は、阪急電鉄の多大なる協力を得て制作されている。とうぜん企業イメージを悪くする内容の...
映画のブログ  2011年05月14日(土) 15時32分
実際に存在する今津線という阪急電鉄の一路線を舞台に、人間関係に悩んでいる登場人物たちが新しい一歩を歩みだすまでを丁寧に描いている。その中で一番存在感を放っているのが宮本信子で、中谷美紀のウェディングドレスを着てふられた婚約者の結婚式に列席するシーンも爽快
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2011年05月14日(土) 13時27分
『阪急電車 片道15分の奇跡』を観てきた。

電車の中でこんな奇跡が起こるかどうかはさておき。
誰もが、人に言えない思いを抱え、人に言ってもどうにもならない思いを抱え、自分の中でやりきれなさを広げていく。
そういう気持ちの一つや二つ、きっと誰もが抱えている。
そのことには凄く共感。
(ノД`)ワカル!ワカルヨ!

良い映画やけど、鬱の所為か、個人的には心に響きすぎる物がある映画。...
フキダマリ  2011年05月14日(土) 12時07分







映画 「阪急電車 片道15分の奇跡」
ようこそMr.G  2011年05月14日(土) 11時44分
阪急電車 片道15分の奇跡
監督:三宅喜重
出演:中谷美紀/戸田恵梨香/宮本信子
内容:宝塚〜西宮北口間を約15分で走る、えんじ色の車体にレトロな内装の阪急今津線。その電車に、さまざまな“愛”に悩み、やりきれない気持ちを抱えながら、偶然乗り合わせただけの乗客たちがいた。後輩に婚約者を寝取られたOL。カレシのDVに悩む女子大生。息子夫婦との関係がぎくしゃくしている老婦人。セレブ気取りの奥様たちとの付き合いに疲弊する平凡な主婦。おしゃれな大学になかなか馴染めない地方出身の男...
シネマDVD・映画情報館  2011年05月14日(土) 11時18分
2011年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf