映画「八日目の蝉 」他人と違う経験を自分がどう感じるか

2011年05月11日(水) 19時09分
「八日目の蝉」★★★★☆
井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子出演

成島出 監督、
147分、2011年4月29公開
日本,松竹
(原作:原題:八日目の蟬/ 角田光代)






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「原作の評判が高かったので先に読もうと思っていたが
他に読む本がたまってきたので
映画を先に見ることにして劇場へ、
昨年の「告白」程の衝撃は無いにしても
ホントとても良い出来に仕上がっていて
147分も長いとは感じなかった、
井上真央、永作博美とも良い作品に出会えて良かったね」



不倫相手の赤ん坊を誘拐した希和子(永作博美)、
そしてその誘拐された娘(井上真央)、
ふたりは実際には同じスクリーンには登場しない、
大学生に成長した娘が
自分の子供の頃過ごした場所をたどりながら
その頃の事を徐々に思い出していく。


何事にも無気力な様子の現在の主人公は
自分をかつて誘拐した女と同じように
不倫相手の子供を身ごもってしまう、
その子供を産んで育てることは出来るのか
悩みながらも心に封印した
誘拐犯と一緒に居た日々をたどっていく。


普通に育てられなかったトラウマからか
愛情というものに
心底身を委ねられず
実の母の苦しみを目の当たりにして
家族という繋がりも
なんだか面倒なくらいに感じる主人公。


言葉で多くは語らないが
無気力な様子や
好きという感情さえ持っていないような
不倫相手の時間を過ごして
誘拐されていたという特殊な状況が
どんなことに影響を及ぼしていくのか
恐ろしいなと感じた。

錯乱気味の実の母親も
血気迫るものがあって
誰も悪くないのに
何も築くことができないもどかしさ、
そんな状況は特殊なんだけど
なんだか理解出来るように感じた。



そして小豆島での日々、
二人にとってそこで過ごした時間は
まさに親子で過ごした時間、
誘拐犯にとってはいつか消えてなくなるかもと
不安を抱きつつも子供を見つめる
奇跡のような時間。



自分はちゃんと愛されていたんだ。


その大切な事を実感した娘は
初めてお腹の子供に愛情を抱くわけだけど
大袈裟な音楽の盛り上げもなく、
ことさら声を張り上げる様な
熱演じゃなく、
感情を押し殺した演出で永作博美が
女優として輝いていた。

★100点満点で85点★


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

そのうち原作も読もう
★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1770
トラックバック
トラックバックURL:
テレビシリーズは良かったけれど、
キャストを変えて映画化すると聞いても
何度も観たいという話ではなかったので
観る気はありませんでした。
丁度公開している時に、
テレビで数人の映画評論家が
この映画の感想を言っていて、
男性は、けちょんけちょんでした。
ただ一
映画、言いたい放題!  2012年01月17日(火) 10時26分



 久々の映画記事。見たけど記事にしていない作品が溜まってきた。今週末はブログに専念したい。と言うわけでその1弾は八日目の蝉です。
よしなしごと  2011年06月18日(土) 7時46分
不倫相手の赤ちゃんと誘拐した母と、16年後に母と同じように妻子ある男と不倫して妊娠した娘の人生をうまく交差させた物語になっている。ごく普通の家庭で育つことができなかっただけで、こんな悲しい経験をするのを涙をボロボロ流しながら見た。永作博美がうまいのは当然な
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2011年06月04日(土) 22時00分
★★★★  自分は堕胎したため、子供の産めない体になってしまった希和子。そして捨てられた愛人の本妻には、可愛い女の子が産まれる。 ある雨の日のことである。愛人の家に不法侵入した希和子は、赤ん坊を誘拐して自分の子供として育てながら、4年間の逃亡生活を送るのだ
ケントのたそがれ劇場  2011年05月27日(金) 18時08分

2011年
監督:成島出
出演:井上真央
   永作博美



無責任な男によって、人生を大きく狂わされた女たち。
もう男に何も期待してない。
女の世界だけで、苦しみや恨み、様々な思いが渦巻いてる。


母性って、いつ芽生えるものなんだろう。
実の母親より、育てた誘拐犯の方がよほど母性に満ちている。
恵理菜は、既に母性が芽生えている。

以前、TV番組で原作者の角田光代さんが言ってたことを思い出した。
家族であるということは、相手の食事の心配をすることだ。と。
ちゃんと食べてるのか。って、毎日毎日心配すること。
そこが、恋人と家族の違い。だって。...
えいがの感想文  2011年05月27日(金) 14時23分
小説の感想はこちらです。 2011年02月20日:八日目の蝉 昨日から公開の映画
晴れ、ときどき読書  2011年05月27日(金) 9時16分
すんごい映画でした。母性とは?という女性にしか理解できそうもないテーマだったのに、いや?ぁ、久々に泣いた。瀬戸内の美しさと、女性たちの迫力に負けました。永作博美と小池 ...
たび☆めし☆うま BLOG  2011年05月24日(火) 22時00分


2分でわかる『八日目の蝉』あらすじ紹介いってみます。

(ネタバレ注意!)

希和子(永作博美)は不倫相手である秋山丈博
(田中哲司)の子どもを身ごもります。
「いつか ...
23:30の雑記帳  2011年05月21日(土) 5時39分
 不倫の相手の子供を妊娠した希和子。子供ができたらつけようと二人で薫という名前も考えていたのに、相手は「君とはちゃんとしたいから。今産んだらせっかくの将来がめちゃくちゃになる」といい、希和子は子供を堕ろし、そのために不妊になってしまう。その同じ時期に男…
シネマ大好き  2011年05月19日(木) 19時56分
「八日目の蝉」は角田光代が手掛けた初の長編サスペンス。映画「八日目の蝉」の監督は『孤高のメス』の成島出。映画「八日目の蝉」の主役の恵理菜役には井上真央。対する希和子役には永作博美。...
やっぱり邦画好き…  2011年05月17日(火) 7時14分
 不倫相手の赤ちゃんを誘拐した女性が、いかに捕まるまでの4年間にわたって<母と娘
みんなシネマいいのに!  2011年05月15日(日) 19時12分
「前に、死ねなかった蝉の話をしたの、あんた覚えてる?七日で死ぬよりも、八日目に...
社長ブログ  2011年05月14日(土) 22時44分
お星さまのうた。 家族写真。 八日目の蝉が見るもの。
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常  2011年05月14日(土) 21時49分
映画「八日目の蝉」 原作は読んでいない(角田光代自体ほぼ読んだことがない)。 た
ペチョーリンの天鳳日記  2011年05月14日(土) 21時14分
どうしようもない男とのどうしようもない不倫に傷ついた女性が、不倫相手の男性と奥さんの間に生まれた赤ちゃんを誘拐したことから起こる悲しい物語を描いた映画『八日目の蝉』。

誘拐犯の女性・野々宮希和子を永作博美、彼女に誘拐されて数奇な人生を送ることとなった女の子を
優しかったお母さんは わたしを誘拐した人でした



連続ドラマ化された角田光代の同名小説を『孤高のメス』の成島出監督が、映画化。今回は、誘拐された子供、恵理菜目線で描かれます。井上真央、永作博...
映画通信みるみる  2011年05月14日(土) 9時24分
試写会で見ました。原作を読んでから見たので、あーこの辺削ったかーと本と比べてしま
うろうろ日記  2011年05月14日(土) 8時12分
八日目の蝉
監督:成島出
出演:井上真央/永作博美/小池栄子/森口瑤子/田中哲司/市川実和子/平田満/劇団ひとり/余貴美子/田中泯/風吹ジュン
内容:不実な男を愛し、子供を身ごもった女、野々宮希和子。母となることが叶わない絶望の中、同時期に男の妻が女の子を出産したことを知る。「赤ちゃんを一目見たい、見たらけじめがつけられる…」夫婦の留守宅に忍び込み、ベビーベッドで泣いている赤ん坊を見た瞬間、希和子は思わず子供を抱えて家を飛び出していた。刹那的な逃亡を繰り返し、絶望と幸福感の中で疑...
シネマDVD・映画情報館  2011年05月14日(土) 0時00分

★★★★


エンゼルたちのウォーズ


二人の女性の違いは、人と魂で向き合っているかどうかである。
エンゼルさんが希和子に語った言葉が真理だ。

実母は娘の心を理解しようとせず、自分を母親だと認...
《八日目の蝉》 2011年 日本映画 産まれてすぐに父親の愛人に誘拐された恵理菜
Diarydiary!   2011年05月13日(金) 22時29分
ちょうど1年前、ドラマの第1回が放映された後 多くのネッ友さんからお薦めいただいて 1週遅れて見始めて、すっかりはまって
ほし★とママのめたぼうな日々♪  2011年05月13日(金) 22時09分
角田光代の同名ベストセラー小説を映画化。
生まれてすぐに誘拐された少女が大学生になってからの姿と、
誘拐した犯人が逃亡を続ける4年間の両方を描いたヒューマンドラマ。

不倫相手の子供を生まれてす...
単館系  2011年05月13日(金) 22時03分
「八日目の蝉」
監督
成島出
出演
井上真央(秋山恵理菜=薫)
永作博美(野々宮希和子)
小池栄子(安藤千草)
森口瑤子(秋山恵津子)
田中哲司(秋山丈博)
市川実和子(沢田久美(エステル))
平田満(沢田雄三)
劇団ひと
だめ男のだめブログ  2011年05月13日(金) 16時41分
震災後初の試写会鑑賞です。
今までとは違う何かを感じて・・・

『八日目の蝉』

【ストーリー】
 子どもを身ごもるも、相手が結婚していたために出産をあきらめるしかない希和子(永作博美)は、ちょうど同じころに生まれた男の妻の赤ん坊を誘拐して逃亡する。しかし、二人の母娘としての幸せな暮らしは4年で終わる。さらに数年後、本当の両親にわだかまりを感じながら成長した恵理菜(井上真央)は大学生になり、家庭を持つ男の子どもを妊娠してしまう。


井上真央さん、永作博美さんの好演
内容も深く考えさせられる内容で、じっくりと描かれています。
尺が長いのは全然気になりませんでした。
むしろ、もう終わり・・・・これからなのにってところで終わってしまいました。

誰が悪いのか・・・
実の母、浮気相手、父親・・・
決して子供に責任は無い、悪いのは親だろう、しかし、同じ境遇になった時に
実の子のように育てられるか、子供が心を開いてくれるのか、現実的には
このようになるのだろうと思う。。。
そして、同じことを繰り返し、子供を身ごもってしまう。
その時に、何を感じたか・・・
初めて親の気持ちを知ることにより、そして、過去を思い出すこ...
気ままな映画生活  2011年05月13日(金) 12時52分
タイトル:「八日目の蝉」 Yahoo!映画:http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id338475/ 日にち:2011年4月4日(月) 場所:都内試写室(試写会)==================== 心に深い闇を抱えた女性4人が描かれています。 不倫の末、不倫相手とその妻の間にできた女の子を連れ去って育てる女。 夫の不倫相手に自分の子をさらわれてしまった女。 父の不倫相手にさらわれ、幼い頃に実家へ連れ戻された女。 周りと隔絶された、女ばかりの偏った環境で育てられた女。 映画は永作博美扮する女・希和子が不倫相手の家庭から生後4ヶ月の赤ちゃんを連れ去り、数年間を放浪しながら過ごす様子と、その連れ去られた女の子・恵理菜(井上真央)が成人してからの様子が交互に描かれる。 主にこの2人が中心に描かれているけれど、子供をさらわれ、やがて数年たって戻って来た我が子とどう接していいか分からず苦悩する母親(森口瑤子)と、成人した恵理菜にライターと称して接触する女・千草(小池栄子)がそこに絡み、それぞれが心の内に抱える深い闇をえぐる様に描き出している。 みんな普通じゃあり得ない環境なので、実のところ誰に感情移入する訳でもな...
Penguin Cafeのいろいろ感想文  2011年05月13日(金) 12時14分
2011年・日本/松竹=日活・配給:松竹監督:成島 出原作:角田 光代脚本:奥寺 佐渡子 直木賞作家・角田光代の同名ベストセラー小説を、「孤高のメス」の成島出監督により映画化。脚本は「時をかける少女」



☆☆☆★− (10段階評価で 7)
5月6日(金) 神戸国際松竹 スクリーン2にて 16:00の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2011年05月12日(木) 20時15分
まちがいなく泣く!って観る前から思っていたけれど、終盤にはいったらずっと泣きっぱなしで、嗚咽を漏らさないようにするため、何度も深呼吸する私だった[E:coldsweats01]ここ数年の永作さんの演技
たいむのひとりごと  2011年05月12日(木) 18時27分
 角田光代原作のサスペンス小説を、「孤高のメス」の成島出監督、「サマーウォーズ」の奥寺佐渡子脚本で映画化。
 
 
 とにかく、何をさしおいても女優陣、特に主要人物を演じる3人の演技がハンパなく素晴らしい。この御三方の存在自体が、本作に魂を吹きこむアイデンテ
新・狂人ブログ〜暁は燃えているか!〜  2011年05月12日(木) 18時19分
妻子ある男を愛し妊娠するが出産を諦めた野々宮希和子は、男と妻との間に生まれた生後6ヶ月の秋山恵理菜を誘拐し逃亡。 1995年に逮捕された。 4歳で実の両親の元に戻り、普通の親子関係が築けないまま成長し大学生となった恵理菜の前に、誘拐事件を本にしたいというルポライターが現れるのだが…。 ヒューマン・サスペンス。 ≪優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした。≫
象のロケット  2011年05月12日(木) 17時43分
監督:成島出
出演:永作博美、井上真央、小池栄子、田中哲司、森口瑤子

優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした。

「不倫相手との子供を堕胎したことでもう子供を持つことは出来なくなってしまった野々宮希和子、妻からの嫌がらせも不実な相手も全て断ち切る
日々のつぶやき  2011年05月12日(木) 8時47分

不実な男を愛し子を宿すが、母となることが叶わない絶望の中で、男と妻との間に生まれた赤ん坊を連れ去る女、野々宮希和子(永作博美)と、その誘拐犯に愛情いっぱいに4年間育てられた女、秋山恵理菜(井上真央)。実の両親の元に戻っても普通の生活は望めず、心を閉ざしたまま大学生になった恵理菜は、ある日、自分が妊娠したことに気づく。相手は、希和子と同じように家庭を持つ男だった。 過去と向き合うために、かつて母と慕った希和子と暮らした小豆島へと向かった恵理菜が、そこで知った衝撃の真実とは?(TOHO CINEMAS)★★★★原作の角田光代さんがTVでこの作品について話していた。子供が出来たら 女性はみんな母性があるんですか?では 子供が出来ない人には 母性はないんですか?母性とは何か?それに疑問を感じてこの作品を書きました。と。原作では少し長すぎると感じた逃亡劇は映画ではコンパクトに・・・そして 恵理菜の視点で描かれていたと思う。誘拐した女と誘拐された少女の逃亡劇。決して許されないものだけれど幸せだった。それは 本当の親子以上の愛情にあふれていたのではないだろうか。だからこそ ふたり別れのシーンは切なくなる。4歳...
voy's room  2011年05月12日(木) 6時06分
3月24日(木)@一ツ橋ホール。
ほぼ2週間ぶりの一般試写会。
この間ムダになった試写状たくさん。
あーうぃ だにぇっと  2011年05月12日(木) 5時21分
八日目の蝉


監督: 成島出
  
出演: 井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、
     田中哲司、田中泯

公開: 2011年5月





原作は角田光代氏の同名小説。未読です。

しかし、2...
映画@見取り八段  2011年05月12日(木) 3時28分
2011年5月3日(火) 15:25〜 TOHOシネマズ川崎1 料金:1300円(シネマイレージデー) パンフレット:未確認 『八日目の?』公式サイト 檀れい主演のドラマを一話だけ観た。小説は、例によって読んでいない。 ドラマでは、岸谷五朗との恋愛未満な描写があったりしたが、本作は、徹頭徹尾男を無視である。 不倫をする男二人も、劇団ひとり筆頭に、てんでカッコ良くない。容姿だけでなく、人間としても駄目だ。 3人の女性が物語の中心なのだが、 小池栄子が男性恐怖症という、らしからぬキャラクターを、わざとらしい猫背とさらしを巻いたような胸で怪演。 井上真央が劇団ひとりとの行為後の背中のみの露呈と中学生のようなキスという中途半端な色気サービス。 永作博美は誘拐した赤子に乳を与えようとするが、カメラを意識した不自然に堅牢な胸ガード。 ということで、小池栄子以外いまひとつ女優根性に欠け、一話だけ観たドラマのほうが面白かったレベルの出来だ。 まあ、永作博美より、女性から(金麦で)評判の悪そうな檀れいのほうが俺が好きだからというのが、真の理由だろう。 150席ほどしかない映画館であるが、場内は満員。しかし、泣いている声は、一名分...
ダイターンクラッシュ!!  2011年05月12日(木) 2時18分
 【ネタバレ注意】

 劇中、母と娘が「男とは何か、女とは何か」を語り合うくだりがある。
 母曰く、「薫ちゃんは女なの。薫ちゃんが好きになって、結婚したいと思う人が男のひと。」
 この映画に、結...
映画のブログ  2011年05月12日(木) 1時39分
角田光代著の同名小説を映画化したドラマです。 原作もドラマも好評でしたけど、未見のままでした。 今回はじめて知った世界は、子を思う母の深い愛情と、愛を覚えていない子の痛みが心に残る物語でした。
とりあえず、コメントです  2011年05月12日(木) 0時31分







映画 「八日目の蝉」
ようこそMr.G  2011年05月12日(木) 0時26分


日本
監督:成島出
原作:角田光代
出演: 井上真央、永作博美、小池栄子、渡邉このみ、森口瑤子、田中哲司、劇団ひとり、余貴美子、風吹ジュン、市川実和子、他

久しぶりの劇場鑑賞
しかも邦画

そして重いテーマ・・・凹

生まれてすぐに誘拐され、犯人の女によって4歳になるまで育てられた秋山恵理菜。両親のもとには戻ったものの、もはや普通の家庭を築くことは出来なくなっていた。やがて21歳となった彼女は、妻子ある男の子供を身ごもってしまう。恵理菜はやがて、封印していた記憶と向き合うべく逃亡生活を辿る旅に出る──。会社の上司との不倫で妊娠し、中絶手術の後遺症で二度と子供を産めない体となったOL、野々宮希和子。相手の男はいずれ妻と別れると言いながら、その妻はいつの間にか子供を産んでいた。自らにケリをつけるべく、赤ん坊の顔を一目見ようと夫婦の留守宅に忍び込んだ希和子。ふと我に返ると、赤ん坊を抱えたまま家から飛び出していた。赤ん坊を薫と名づけた希和子は、そのまま逃亡生活の中で薫を育てていくことに。一時身を寄せた奇妙な集団生活施設“エンジェルホーム”にも危険が迫り、追いつめられた末に流れ着いた小豆島で束の間の安...
肩ログ  2011年05月11日(水) 23時51分

 
       ***STORY***               2011年        日本 
1995年10月東京地裁。秋山丈博(田中哲司)、恵津子(森口瑤子)夫婦の間に生まれた生後6カ月の恵理菜を誘拐、4年間逃亡した野々宮希和子(永作博美)への論告求刑が告げられた後、希和子は静かにこう述べた。「四年間、子育ての喜びを味わわせてもらったことを感謝します」と……。会社の上司で妻帯者の丈博を愛した希和子は彼の子供を身ごもるが、産むこと...
Cartouche  2011年05月11日(水) 23時45分
映画「八日目の蝉」を鑑賞。
FREE TIME  2011年05月11日(水) 23時43分



なんとなくあらすじを知っていて、見ないだろうと思ってた。
去年NHKのドラマでやってた時、知らなくて、
ちょうど『Mother』にはまっていた頃に、似たようなテーマのドラマを
やってたんだなぁ・・...
よくばりアンテナ  2011年05月11日(水) 23時20分
永作博美が演じた野々宮希和子と幼児誘拐の件とその後の恵理菜が自分に起こったことを結果的に確かめに行く旅を交互に見せる演出もさることながら永作博美演技がとてもよかったですね。
ゼロから  2011年05月11日(水) 23時13分
角田光代の同名ベストセラー小説を映画化。生まれてすぐに誘拐された少女が大学生になってからの姿と、誘拐した犯人が逃亡を続ける4年間の両方を描いたヒューマンドラマだ。出演は『花より男子ファイナル』の井上真央と『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』の永作博美。共演に小池栄子、森口瑤子、田中哲司、風吹ジュンといった実力派が揃う。監督は『孤高のメス』の成島出。
LOVE Cinemas 調布  2011年05月11日(水) 22時35分
2011年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf