映画「ブルーバレンタイン 」幸せの意味は変化するもの

2011年05月04日(水) 10時47分
「ブルーバレンタイン 」★★★☆
ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ出演

デレク・シアンフランシス監督、
112分、2011年4月23日公開
2010,アメリカ,クロックワークス
(原作:原題:BLUE VALENTINE)






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「結婚7年目、娘と3人で暮らす夫婦の
現在を描きながらも
時折、出会った頃の二人が描かれると
もう結末がわかってしまう、
タイトルもタイトルだしね、
映画として面白かったが
いろんな意味で残念な映画だった」



妊娠で将来が閉ざされたシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)は、
強引なディーン(ライアン・ゴズリング)に惹かれて
親の反対をよそに結婚する、
神父の前で二人だけの式も
幸せに溢れていた、
けれど時が経つと
お互いの存在だけでは幸せになれない。



こんなの仕方ないと言ってしまえば
身も蓋もないが
出会った頃のときめきは
確実に失われるもの、
それと現在を比較しても
それはフェアじゃない。

長年の努力の末、資格を取得し、
病院で忙しく働いてるシンディから見れば
上昇志向のないダンナは
色褪せて見えるのかもしれないが
そんなふうに描いてしまったら
夢が見れない。



それが現実だということなんだろうが
自分と比較して
相手に何かを常に求めるのが人間、
ましてすぐそばに
手の届く身近なところに
ダンナとは違う輝きを見つけたら・・・。

何かを諦めながら暮らしていくのは厭なことだ、
そんなふうに思ってしまったら
それは不幸なことだ、

だかれこそこの映画には
もっと別な新しい何かを見たかった、
これでは今まで幾多描かれたことを
なぞっているだけ。


今回の震災で「幸せとは」とか
「生きること」とはとかを
自分達ははっきりと立ち止まって考えた、
そんなとき自分の考えは
はっきりと見えるものだ、
そして見えたなら心のままに行動すべきなんだろう、
誰かの為なんて言い訳しないで。


★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ライアン・ゴズリングはヤフーの映画で検索すると
カナダ出身の注目の若手スターとあるが、そんな溌剌さはこの映画には無かった。
ラースと、その彼女(2007)
きみに読む物語(2004)

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/1765
トラックバック
トラックバックURL:


これは痛い。痛くて上手い作品だ。結婚している人は身につまされる部分もあるだろうし、独身の人は恋愛と結婚が嫌になるかもしれない。でもこれが現実。
若い頃の愛に溢れた2人と、結婚後の愛だけじゃ足りなくなった2人の姿を交互に映し出す手法が上手くいっていて、ライアン・ゴズリングさんもミシェル・ウィリアムズさんもどちらも上手い。決して面白い映画ではないけれど、素晴らしい作品だと思います。愛の誕生と破綻を映し出しているのだから。
キラキラした愛に満ち溢れた日々と、相手の言動にいちいちイライラさせられる日常。こんなにも愛は変化していくものなのか、驚きと共に共感出来る部分もあり、夫婦の心が擦れ違い離れてゆく様を容赦なく描いているその悲哀感が半端なかったですね。
しかし、高学歴のシンディに向上心のないディーン…彼らの結婚は最初からうまくいくはずもなかったともいえる。元彼の子供を身ごもった彼女を丸ごと愛し、ただその愛情と優しさだけがディーンが捧げられるものだった。シンディは妻から母親へと変化し、仕事も育児も家事もあれこれしなくてはならなかった。犠牲になるのは、勿論シンディのほう。愛情だけでは生活は...
いやいやえん  2012年03月24日(土) 9時08分
きれいな女は悪女だ。周りがチヤホヤするから(そうなっていく)。
或る日の出来事  2012年03月11日(日) 21時52分
ブルーバレンタイン
男女の愛の始まりと終わりを
現在と過去を交錯させて描く...

【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞)

原題:Blue Valentine
cinema-days 映画な日々  2012年03月10日(土) 18時38分
仕事が芳しくないディーンと、長年の勉強の末に資格を取り、病院で忙しく働くシンディの夫婦は、娘のフランキーと3人暮らし。2人はお互いに相手に不満を抱えていたが、それを口に ...
気ままな映画生活  2012年01月28日(土) 18時08分
■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞ブルーバレンタイン/BLUE VALENTINE
2010年/アメリカ/112分
監督: デレク・シアンフランス
出演: ライアン・ゴズリング/ミシェル・ウィリアムズ/フェイス・ワディ...
映画三昧、活字中毒  2011年05月21日(土) 14時17分




 BLUE VALENTINE

 シンディ(ミシェル・ウィリアムズ)とディーン(ライアン・ゴズリング)の夫婦は、
幼い娘フランキーと3人暮らし。夫婦はそれぞれに娘を愛しながら、互いへの
不満を募らせ...
真紅のthinkingdays  2011年05月18日(水) 20時46分
ストーリー:結婚7年目を迎え、娘と共に3人で暮らすディーン(ライアン・ゴズリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)夫妻。 努力の末に資格を取って忙しく働く妻シンディに対し、夫ディーンの仕事は順調ではない。 お互い相手に不満を募らせながらも、平穏な家庭生…
ブルーバレンタイン  原題:Blue Valentine



【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】

一組のカップルの始まりから終わりまでを描いたヒューマンドラマ。監督は新鋭のデレク・シアンフランス...
No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)  2011年05月10日(火) 0時12分
2010年。アメリカ。"BLUE VALENTINE".







  デレク・シアンフランス監督・脚本。







 ブルーという形容詞は映画のタイトルにはよく使われているが、この映画でのブルーは、ポスターを見て一瞬連想した『マイ・ブルーベリー・ナイツ』のブ
映画の感想文日記  2011年05月09日(月) 11時10分
『ブルーバレンタイン』 "BLUE VALENTINE” (2010・アメリカ) 1h52 監督・脚本 : デレク・シアンフランス  製作総指揮・出演 : ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ 出演 : フェイス・ワディッカ ディーンとシンディ。永遠の愛で結ばれたはずの二人の愛の行方。 永遠の愛と言えば現実世界ではなかなか手に入れる事は難しく、だからこそフィクションの世界においても絶対的で神聖で、それを手に入れた者には必ずやハッピーエンドが待っている。 はずなのにこの映画、永遠の愛って本当に永遠?と余計なお世話な感じで疑問を投げかけてくる。 ディーンにとっては間違いなく永遠の愛だったと思うし、これから先も多分永遠なのだと思う。 ただそれを受け止める側のシンディにとってはそれは重過ぎてしんどかったんだと思う。 途中まではディーンの愛を受け入れないのはシンディがわがままなだけなんじゃないかと思った。 でもよく考えてみるとディーンの愛は一途で全力で。しかもそれに対して見返りを求める。 100パーの愛を注いだらそれと同等かそれ以上の見返りを求める。それが返ってきたらまたそれ以上の愛を返す。そしてまたそ...
映画尻エリカ  2011年05月07日(土) 22時14分
若い夫婦の壊れ行く絆を描いた哀しいラブストーリーです。 ライアン・ゴズリングとミシェル・ウィリアムズの共演で どんな演技を見せてくれるのか気になっていました。 深く愛し合っていた二人の心のすれ違いが丁寧に描かれている切ない作品でした。
とりあえず、コメントです  2011年05月07日(土) 21時58分
★ネタバレ注意★


 ライアン・ゴズリングとミシェル・ウィリアムズが主演と製作も兼ねた作品。
 一組のカップルの出会いから破局までを、ヒリヒリとリアルな描写で描くビターなラブストーリーです。

 主演のふたりは、役作りのためにそれぞれ6sと7s増量したそうで、なるほど、過去と現在の時間軸がシャッフルする描写ながら、ふたりの外見の明瞭な違いから、混乱することなく観ることができます(ゴズリングに至っては、髪の毛まで薄くなってるし(>_<)!)。役者さんも大変です。

 ディーン(ゴズリング)は高校を中退し、様々な半端仕事を転々とした後、引っ越し屋で働いていた。仕事先の老人ホ...
キノ2  2011年05月07日(土) 19時30分
すれ違ってしまったふたり公式サイト http://www.b-valentine.comディーン(ライアン・ゴスリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)の夫婦は、娘フランキーと3人暮らし。シンディ
風に吹かれて  2011年05月07日(土) 15時35分
ブルーバレンタイン
監督:デレク・シアンフランス
出演:ライアン・ゴズリング/ミシェル・ウィリアムズ
内容:病院で看護師として忙しく働く妻と、朝からビール片手にペンキ塗りをして一応の収入を得ている夫――そんな若い夫婦の間で、2人の感情が変化していくどうしようもない現実と、だからこそ輝かしい、愛が生まれる瞬間を丁寧に紡ぐ。過去と現在を交差させながら愛の移ろいを描き、ラストは観る者の感情を強く揺さぶる事だろう。11年もかけて改訂し続けたという緻密な脚本を手がけたのは、本作のメガホンをとった新鋭デ...
シネマDVD・映画情報館  2011年05月07日(土) 11時25分
永遠…の儚さ


【Story】
結婚7年目を迎え、娘と共に3人で暮らすディーン(ライアン・ゴズリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)夫妻。努力の末に資格を取って忙しく働く妻シンディに対し、夫デ...
Memoirs_of_dai  2011年05月07日(土) 1時46分
ペンキ塗装の仕事をする夫ディーンと、看護師として忙しく働く妻シンディは、幼い娘フランキーと3人暮らし。 飼い犬が事故死したことを気づかれないようにフランキーをシンディの父親に預けた日、ディーンは強引にシンディをラブホテルへ誘う。 お互い不満だらけで口喧嘩が絶えず、夫婦生活もない状態を何とかしたいと思ったのだが…。 ラブ・ストーリー。
象のロケット  2011年05月06日(金) 23時48分

結婚7年目を迎え、娘のフランキーと3人で暮らすディーン(ライアン・ゴズリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)夫婦は、平穏な家庭生活をおくりながらもお互いに不満を募らせていた。

あるカッ...
心のままに映画の風景  2011年05月06日(金) 23時35分
  
『ブルーバレンタイン』  (2010)


結婚7年目を迎え、娘と共に3人で暮らすディーン(ライアン・ゴズリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)。

努力の末に資格を取って忙しく働く妻シンディに対し、夫ディーンの仕事は順調ではない。

お互い相手に不満を募らせながらも、平穏な家庭生活を守ろうとする2人だったが、かつては夢中で愛し合っていた時期があった・・。


製作国 アメリカ  BLUE VALENTINE  (112分)

監督: デレク・シア...
サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村  2011年05月06日(金) 23時31分
一組のカップルの出会い・結婚・別れの全てを描いたラブストーリーだ。一見幸せな生活を送る2人を描きつつ、出会いから結婚までの回想が挿入される。主演は『ラースと、その彼女』のライアン・ゴズリングと本年のアカデミー賞で主演女優賞にノミネートされたのミシェル・ウィリアムズ。監督・脚本はこれが長編2作目となるデレク・シアンフランスが務める。
LOVE Cinemas 調布  2011年05月04日(水) 11時55分
2011年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf